くもん うた 200。 数ページ読める|ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん|絵本ナビ : 公文教育研究会 みんなの声・通販

くもんの童謡カードの口コミ|言葉の発達に買って良かった知育グッズ

くもん うた 200

このたび、くもん出版(代表取締役社長 志村直人)は、親子の絆を深め、乳幼児のことばの世界を広げる、絵本『くもんの うた200えほん』を刊行いたしました。 くもんの半世紀以上の指導実践のなかで、うたが好きな子ども、たくさんのうたを覚えた子どもほど、ことばが豊かにそだつことが、たしかな経験として伝えられています。 本書は、くもんが大切にしてきた、うたを通してことばの力を伸ばすという考えを、ご家庭で実践していただけるようにと制作いたしました。 しかし、公文公がそれ以前に重視していたのは読書教育でした。 わが子への家庭教育をうたで語彙を増やすことから始めて、読書好きに育てようと考えたのです。 無理やり詰めこむのではなく、たくさんの歌いかけや語りかけをすることで、心とことばが豊かになり、親子の絆が深まります。 特にうたにはリズムやメロディーがあるため、歌詞が記憶されやすく、語彙を増やし、ことばの世界を広げるのに、とてもよい方法だと、くもんでは考えています。 付録ノート 付録ポスター うたのある楽しい子育てを! 本書は、くもんが持つ子育ての知恵をお伝えし、歌うことを親子の習慣にして、子どもの成長とともに長く楽しんでいただける絵本です。 お子さまのお気に入りのうたを見つけたり、手あそびうたで遊んだり、季節のうたで新しいことばを覚えたりと、楽しみかたはいろいろ。 うたを通して、お子さまのことばの世界を豊かに広げてあげましょう。 うたのある、楽しい子育ての一助となる一冊です。 書店にない場合は、店頭にてご注文ください。

次の

くもんのうた200 えほん&CDセット

くもん うた 200

この作品の関連記事• 関連するスペシャルコンテンツ お子さまのことばの世界は、赤ちゃんの時期からの語りかけや、絵本やうたを通したことばのやりとりによって、はぐくまれます。 とくに「うた」は、心地よいメロディーやリズムとともに、ことばが記憶に残りやすいといわれます。 うたがすきな子ども、たくさんのうたをおぼえた子どもは、ことばも豊かにそだっていきます。 『くもんのうた200えほん』は、KUMONが大切にしてきた、こうした子育ての知恵を、ご家庭で実践していただくために生まれました。 公文式教室でも長く歌われてきたうたを中心に、ことばの世界を広げるのに最適なうたを、なつかしい童謡から子どもたちに人気の曲まで、バラエティ豊かに200曲セレクトし、美しい絵とともに収録しています。 『くもんの うた200えほん』で、今日から、うたのある楽しい子育てをはじめてみましょう。 また、主要音楽配信サイトより、ダウンロード版を配信しております。 (CD版、ダウンロード版の曲目・音源は同じものです) うたも絵本も好きで、他にもうた絵本を所持しています。 けれど、1冊に200曲ものうたが載っている絵本は見たことがありません! 分厚いから使いにくいかな?と心配しましたが、ページも大きく開くようになっていて、すぐに閉じてしまうことがなく、こどもが使うことを考えられている!と感動しました。 読みやすい大きめの文字も気に入りました。 2歳になったばかりの娘は5歳の息子より言葉がゆっくりでしたが、最近になって、この絵本のうたをたくさんうたうようになってきました。 何度も娘にうたってきたうたが言葉になって出てきた時は本当に嬉しかったです。 言葉がどんどん溢れてくる時期というのがこどもにはあるような気がしますが、今まさに娘はその時で、たくさんのうたを歌っています。 (同じフレーズを繰り返し歌ったり、間違いもまだたくさんでそれもまた可愛いです)。 息子が幼稚園で覚えてきたうたの歌詞が分からなくなったときにも開いています。 スマホで調べれば歌詞はすぐに出てきます。 けれど、こどもと一緒に絵本を開き、うたう時は、かけがえのない幸せな時間だと実感できます。 出産祝いにも良いなと思いました。 特に2人目以降の時は何を贈ろうか悩みますが、これなら兄弟で楽しめるでしょう! いつまでも手元に置いておきたいオススメの1冊です!これからも「うた」を楽しみ、ことばの豊かな子に育ってほしいと願っています。 (ぼてじんさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳).

次の

【楽天市場】くもんのうた200えほん&CDセット:ゆめたまご

くもん うた 200

・くもん(公文)が出版されている安心感 ・200曲の収録なので、漏れなし、偏りなし ・保育園、幼稚園~小学校までの童謡を網羅 ・曲調が子供向き(割とアップテンポ) ・アルバム専用の絵本も販売されている やはり、なんといっても、「公文」ブランドの安心感。 公文といえば、習い事として昔から人気のお教室。 私は通っていませんでしたが、夫はくもん育ちだったようです。 公文の人気って習い事だけではなくって、実は公文ブランドの「知育玩具」が人気なんです。 公文から、たくさんの種類の知育玩具が発売されていますが、どれもチープで質の高いものが多いので、知育に詳しいママの間では根強い人気。 例えば、コレ。 はじめてのジグソーパズルはくもんのものを選ばれる知育ママが多いです。 確かに、今YouTubeやAmazonミュージックでも童謡が聴けたりするので、わざわざ買う必要あるのかな?と思われる方も多いかと思います。 でも、 YouTubeやAmazonミュージックなどで聴く童謡は、やはり曲数が少ない。 私も出先やお風呂などでは、上記の音楽も活用することがありますが 曲が少なく、かなり偏りがあると感じています。 やはり、毎日繰り返し聴くのであれば、たくさんの童謡を耳に入れてあげたいなと思うと、このくもんうた200アルバムがおすすめです。 確かに高いCDアルバムなんだけど、このCDは知育界隈では人気の商品なので、確実に需要があります。 そう、一度購入して、パソコンなどに取り込んだ後は、メルカリで転売するんです。 実際、私は楽天BOOKSで購入しました。 楽天スーパーセールやお買い物マラソンの買い回りの際に購入すれば、10店舗買い回りでポイント10倍(実質10%引き)それに、SPU! のポイントも含めると、、、、 中古で購入するより断然安く購入できます。 5400円で購入しましたが、上記のポイントプログラムを駆使しして、実質16%引きくらいかな? 実質4500円ほどで購入できたものを、メルカリで5000円で転売しました。 メルカリの手数料や送料はかかるとしても、数百円で童謡200曲が聴けると思うとお得感。 もちろん最初からメルカリなど中古品を購入して転売することもできますが、やはり中古品。 トラブルが無いとは限らないので、私はなるべく新品を購入することが多いです。 童謡を聴かせるメリット 童謡を聴かせると、情緒穏やかになるとか、感情豊かになるとか、様々メリットが言われていますが、医学的な根拠は私にはわかりません。 ただ、お母さんと一緒に歌ったり、絵本を読んだり、1対1で向き合う時間は、子どもにとって必ず良い影響をもたらすと感じています。 あと個人的にいいなと思ったのは、 保育園や幼稚園入園前の乳児期に童謡を一緒に楽しむこと。 と、いうのも保育園や幼稚園って、慣れてしまえばとっても楽しい場所なんでしょうが、初めは誰でも不安だと思います。 いつも一緒だったママから離れて、お友達や先生と過ごす中で、子どもなりの葛藤や不安がたくさん出てきますよね。 そんな時に、「この歌聞いたことがある」や「この歌ママが歌っていたな」とか「この歌一緒に歌ったな」とか。 そんなちょっとしたきっかけが、慣れない環境や先生に心許したり、馴染むきっかけになるのかな、なんて思ったり。 でも、こういった些細なきっかけが案外大事。 こどもってそいう些細なきっかけで警戒心が取れて、心を開いたりするんですよね。 うちの息子もにも近い将来必ず訪れるであろう、保育園・幼稚園デビューに向けて、今は親子で童謡を楽しんでいます。 まとめ 乳幼児って、自宅で過ごす時間が案外長いので、保育園・幼稚園までに通うまでの間、質の良い音楽をたくさん聴かせてあげたいですよね。 私はこのCDを息子と一緒に聞くようになってから、たくさんの歌を思い出しました。 自分も小さい頃、お母さんや幼稚園などでお歌を歌ってきたのでしょうね。 このCDのおかげで、今では散歩中も二人でお歌を歌ってルンルン。 息子もどんどん歌える歌が増えてきて、母はとっても楽しみです。

次の