乃木坂 46 生田 絵梨花。 乃木坂46・生田絵梨花、さえない高校生活を語る「『誰?』みたいな…」(2020年6月13日)|BIGLOBEニュース

乃木坂46、白石に続き生田も卒業か…“この娘たち誰?”状態で早くも正念場か

乃木坂 46 生田 絵梨花

略歴 [ ] 1997年1月22日、ので誕生し、5歳から東京で育つ。 は3歳から始め、先に習っていた姉の影響で4歳から習い始める。 6歳の時にミュージカル『』を観て、ミュージカル女優を目指す。 2007年に、ミュージカル『 〜明日へのロックンロール〜』で初舞台。 小学生や中学生の時は、 、書道、水泳、英語、ピアノ 、数学と習い事の予定がみっちりと入って多忙であった。 中学校へ進学後、学級委員を務めた。 中学3年生の時、父親からグランド・ピアノを買い与えられた。 その時から歌やダンスが好きで将来は音楽の道に進みたいと考えていたところ 、ちょうどインターネットで乃木坂46の1期生オーディションを知り 、アイドルを目指していたつもりはなかったが、子どもの頃からミュージカルを観に行くのが好きでステージという共通点があったことから 、このグループは自分の目指しているところにあると考え 、母親に知らせた上で応募した。 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではの「」を歌った。 暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった。 2011年12月、第21回(日本クラシック音楽協会)のピアノ部門に入選。 2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「」でCDデビューした。 2012年9月、『』()公演で観客による投票の結果、全9公演のうち6公演で主演・アリス役に選ばれた。 また映画『』の日本語吹替版の声優の座をめぐり乃木坂46のメンバー33人が参加した「サバイバルオーディション」に合格し、ルー役に選ばれた。 2013年12月17日、で開催されたのライブイベント『第3回AKB48紅白対抗歌合戦』で、が乃木坂46の楽曲「」を披露した際にサプライズ出演し、ピアノ伴奏とコーラスを務めた。 乃木坂46のメンバーで個人として「AKB48紅白対抗歌合戦」に出演したのは生田が初となる。 2014年4月20日、で開催された8thシングル「」の個別握手会で大学進学のための準備期間として『』()終了後から9thシングルまで参加せず、一時休業することを発表した。 2014年6月15日、『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇し、3年連続全公演2幕出演を達成した。 その後、芸能活動を一時休業したが 、10thシングルから芸能活動を再開し、同年10月に開催されたミュージカル『』では主演を務めた。 2014年10月8日発売の乃木坂46の10thシングル「」で初めてシングル表題曲のセンターを務めた。 2015年1月14日、『』()でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始し 、ピアニストを夢みる女子高校生の細井美香役を演じた。 2015年1月23日、『』()に乃木坂46として出演し、「君の名は希望」でピアノ伴奏を披露した。 2015年3月20日、高等学校を卒業後 、へ進学し、仕事を終えては約1時間ほど仮眠し、栄養ドリンクを飲んで登校する日々を送った。 2015年11月に東京、12月に大阪で上演された『』では、主人公・役を務めた。 2016年1月21日に初のソロ写真集『転調』が発売され 、週間推定売上3万8335部を記録し 、2016年2月1日付オリコン週間ランキングでグループで初めてBOOK総合・写真集の2部門で1位を獲得した。 2016年12月1日には、『ベスト・クラシック100』シリーズのイメージキャラクターに就任することが発表された。 2017年1月から3月にかけて、ミュージカル『』でジュリエット役 、同年5月から10月にかけて、ミュージカル『』でコゼット役を務める。 同年6月12日、ミュージカル女優として評価され、第8回奨励賞を受賞した。 2017年12月25日、で乃木坂46初のソロライブ『MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46』が開催された。 この様子はで生中継され、ライブの生中継はMTV Unplugged史上初という快挙である。 2018年5月から6月にかけてミュージカル『』での妻・を演じる。 2019年1月には、ミュージカル『 ()』 にナターシャ役で出演。 4月から9月にかけては、『レ・ミゼラブル』にコゼット役で出演。 2019年1月22日発売の2ndソロ写真集『インターミッション』が初版20万部となり、1909年創業のにおける女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数となる。 さらに予約殺到で発売前に重版が決定し、累計発行部数が22万部で発売開始となった。 1月30日発売の『』で女性誌の表紙にソロで初登場。 2月4日付オリコン週間BOOKランキングでは、初週売上17万9000部で初登場1位、女性ソロ写真集の初週売上歴代1位となった。 同ランキング写真集部門で1月から2か月連続で1位を獲得。 2019年4月には、『モーツァルト! 』のコンスタンツェ役、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のナターシャ役の演技が評価され、第44回を受賞。 同年7月には、『』のタレントパワーランキング2019「女子アイドルランキング」で5位となる。 また同年11月6日には、写真集『インターミッション』により第1回特別賞を受賞した。 2020年3月には、ミュージカル『 ()』にヒロインのスワロー役で出演した。 人物 [ ] 愛称は、いくちゃん 、いくたどん 、えりか。 は「どんどんいくどん生田どんっ U〜DON! 自宅はを演奏するための防音室を完備し、リビングは床暖房。 自室は姉と2人1部屋だったため、2016年頃までベッドを置く場所がなく、布団で寝ていた。 22時以降はハイテンションになる。 「スフィンくん」という生田のデザインしたオリジナルキャラクターがある。 将来の夢は舞台役者。 中学生の時に2級、準2級、3級、準7段に合格して資格を取得。 語彙・読解力検定3級の資格も保有。 音楽プロデューサー・は、生田の父の従兄弟に当たり、生田の祖父がの洋楽部門に勤務していた頃によくレコードを持って行っては聴かせてあげていた親戚のおじさんだった。 佐久間は生田の父から生田が乃木坂46のメンバーであることは聞いており、乃木坂46の5thシングル表題曲「」を「いい曲だ」と語っている。 生田はブログで佐久間へ「一緒に歌ったり演奏する機会を持てたらうれしい」と共演を希望し、佐久間が「一緒に音楽できるといいな! 」とTwitterで共演に応じた。 その後、乃木坂46の7thシングル「」の特典映像として収録された個人PVで共演した。 佐久間は2014年1月に61歳で没し 、遺作「」では、特技のピアノ 、バッキングボーカルで参加した。 乃木坂46が初出演した『』の2013年3月16日の放送では、ピアノ伴奏をしながら歌唱を披露した。 また、生田のピアノ演奏による「君の名は希望」が2016年3月26日より、のとして用いられている。 音楽プロデューサーのやピアニストのらは、生田のピアノ演奏を絶賛している。 2016年12月14日放送の『』第2夜()では、共演した()とのペアがファンから「W生田」と呼ばれて話題となったり 、・との3人でコラボレーションを披露した。 2017年8月2日放送の『』や同年12月6日・12月13日放送の『』では、乃木坂46を離れてソロ歌手として他のミュージカル歌手との共演でミュージカルメドレーを披露している。 出演の5年前から見ている大好きな番組という『』の2019年5月6日放送分で初出演して、「慣れないツッコミも声を張って頑張ってみたけど難しかった…でもとても楽しかったです」とコメントしている。 嗜好 [ ] 好きな食べ物は 、キノコ 、チョコレート 、豆乳 、納豆 、りんご。 好きな映画は『』。 好きな漢字は。 苦手な物は鳩 、料理。 ただし、生田によれば、は作れる。 2011年放送の『』の料理企画ではの上にじかに溶き卵をかけ、出汁として昆布と煮干しを加えるというありさまだったが(IH事件)、2017年放送の『』のお弁当企画では長足の進歩を示し、によって「T-1(卵焼き)グランプリ」に選ばれた。 作ってみたい料理は、、ミートソースパスタ。 好きな人物は、。 で推したいメンバーはであった。 趣味 [ ] 趣味は音楽鑑賞、模写。 が好きで 、よく聴く曲はの「」。 カラオケでよく歌う曲はの「」 「」「」「」「」 、の「」「」「」「」 、の「」「」「」「」 、の「」「」「」 、の「」「」「」 、aikoの「」「スター」「」 、の「」。 模写は人物の模写を得意とする。 絵は小学生時代に交通安全のポスターコンクールで受賞した経験がある。 生田によれば、絵は色のバランスが重要である。 中学生の時には、書画展で金賞を受賞した。 乃木坂46 [ ] 乃木坂46の 、。 中学校3年生の時、生田絵梨花・・の3名で「中3組」 、「いたいこりずみかる中3ほねほね同盟」を結成している。 生田は、中元がメンバーの嘘や冗談にひっかかりやすいピュアな性格であることから、いつか俺様タイプに騙されるのではないかと心配している。 高校1年生の時、乃木坂46内に肘専門モデルの派遣を手がける仮想上の肘専門モデル事務所「生プロダクション」を設立し、なまた社長を名乗り出した。 生プロダクションの所属モデルは・、マネージャー役は高山一実、照明係は。 生プロダクジョンにおける白石の月給は13円だが給料が支払われたことはなく、開店休業状態である。 乃木坂46を象徴するメンバーと称され、「ドイツ生まれのお嬢様」「才色兼備の優等生」 「天才」と呼ばれていたが、のちに「変人」と呼ばれるようになった。 大食いキャラで 、によれば、が全部無くなっていたことに激怒していたというエピソードがある。 理想のセンター像は周りに気を配れる人。 乃木坂46で好きなミュージック・ビデオは「」、「」、「」。 作品 [ ] シングル [ ] 乃木坂46• 白い雲にのって(2012年2月22日、SRCL-7906) -。 ハウス! (2012年5月2日、SRCL-7972) -。 人はなぜ走るのか? 指望遠鏡〜アニメ版〜(2012年12月19日、SRCL-8208) -。 人間という楽器(2013年7月3日、SRCL-8321) -。 やさしさとは(2013年11月27日、SRCL-8429) -。 月の大きさ〜アニメ版〜(2013年11月27日、SRCL-8430) -。 ダンケシェーン(2014年4月2日、SRCL-8526) -。 転がった鐘を鳴らせ! 私、起きる。 Tender days(2014年10月8日、SRCL-8627) -。 泣いたっていいじゃないか? (2017年8月9日、SRCL-9497) -。 新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜(2017年10月11日、SRCL-9580) -。 あんなに好きだったのに…(2018年8月8日、SRCL-9921) -。 曖昧(2019年5月29日、SRCL-11194) -。 僕のこと、知ってる? 僕の思い込み(2019年9月4日、SRCL-11268) -。 (2020年5月25日) まゆ坂46• 乃木坂AKB• アルバム [ ] 乃木坂46• その他• エメ(2018年10月24日、SICL-30046) -。 映像作品 [ ]• (2011年12月2日) -。 AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012(2012年6月13日) -。 (2012年7月25日) -。 生田絵梨花(2012年12月19日) -。 (2012年12月26日) -。 16人のプリンシパル PARCO劇場ダイジェスト(2013年7月3日) -。 初夏の全力! 乃木坂46大運動会(2013年7月3日) -。 Making of 6th Single(2013年7月3日) -。 (2013年7月3日) -。 (2014年2月5日) -。 (2014年3月7日) -。 (2014年3月19日) -。 Creator's Etude 濱口優編(2014年4月2日) -。 第3回 AKB48紅白対抗歌合戦(2014年4月9日) -。 (2014年9月12日) -。 生田絵梨花(2014年10月8日) -。 生田絵梨花の『推しどこ? 』(2015年3月25日) -。 (2015年4月24日) -。 (2015年6月17日) -。 (2015年7月29日) -。 (2015年10月16日) -。 生田絵梨花(2015年10月28日) -。 (2015年11月18日) -。 完全版 第弐集(2015年12月16日) -。 (2016年1月20日) -。 (2016年2月19日) -。 生田絵梨花(2016年3月23日) -。 (2016年4月28日) -。 (2016年7月6日) -。 (2016年9月30日) -。 こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜(2017年4月19日) -。 (2017年6月28日) -。 (2017年8月4日) -。 (2018年3月16日) -。 (2018年3月28日) -。 (2018年5月16日) -。 (2018年7月11日) -。 (2018年10月19日) -。 (2019年7月3日) -。 (2019年10月25日) -。 (2019年10月25日) -。 (2019年12月25日) -。 (2020年2月5日) -。 出演 [ ] 乃木坂46メンバー複数による出演については「」を参照 舞台 [ ]• 〜明日へのロックンロール〜(2007年8月) - ココ 役。 (2009年) - クララ 役。 (2014年10月2日 - 5日、) - 主演・ルイズ 役。 (2017年・2019年) - ジュリエット 役。 (2017年・2019年) - コゼット 役。 (2018年5月26日 - 6月28日、帝国劇場) - 役。 ()(2019年1月5日 - 27日、) - ナターシャ 役。 ()(2020年3月20日 - 27日 、) - スワロー 役。 (2020年7月、) - 主演・宮園かをり 役。 テレビドラマ [ ]• (2010年9月5日、)• 第5話(2013年2月11日、) - 田辺美鈴 役。 第1話(2013年10月14日、フジテレビ) - 女子大生 役。 (2015年1月14日 - 3月25日、フジテレビ) - 細井美香 役。 (2015年7月11日 - 9月26日、テレビ東京)- ショパン 役。 「もう1人のエレベーター」(2016年8月20日、フジテレビ) - 菊地明 役。 「」(2019年4月21日 - 6月23日、) - 三友銀行イメージガール 役。 バラエティ [ ]• (2014年1月4日、フジテレビ) - ピアノ部門に出場。 (2019年12月26日、) - 凛 役。 その他のテレビ番組 [ ]• ハロー・グッバイの日々〜音楽プロデューサー佐久間正英の挑戦〜(2013年12月26日、NHK総合)• 「小学校の部」「中学校の部」(2015年10月11日 - 12日、) - 司会。 ミュージカル特集(2017年2月4日・2017年9月2日・2019年4月6日、フジテレビ)• : Erika Ikuta from Nogizaka46(2017年12月25日、)• 直前SP in (2018年6月10日、)• 第72回トニー賞授賞式(2018年6月11日、WOWOWプライム) - ナビゲーター。 ラジオ [ ]• 乃木坂46生田絵梨花のラジオ(仮)(2019年1月5日、) - パーソナリティ。 インターネットテレビ [ ]• (2019年7月16日 - 9月14日、) - 学生 役。 映画 [ ]• (2014年12月6日、) - 主演・村田育子 役。 (2017年9月22日、) - 一堂寧々 役。 吹き替え [ ]• (2012年9月28日、) - 日本語吹替版・ルー 役。 オリジナルビデオ [ ]• (2011年12月2日、アムモ98) - 主演・柊花子 役。 イベント [ ]• (2016年10月8日、)• 作曲活動50周年記念コンサート LA meets TOKYO(2017年12月15日、)• MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46(ソロコンサート)(2017年12月25日、会場未発表 ) - で生放送。 広告 [ ]• 『ベスト・クラシック100』イメージキャラクター(2016年12月 - )• 西善商事 成人式振袖・卒業袴 イメージモデル(2019年6月 - ) 書籍 [ ]• クラシックバレエは10年間習っていた。 夏季休業中、ピアノは1日10時間以上練習した。 プロデューサーの小原一隆によれば、ピアノが得意で母娘の葛藤に悩む女子高校生役が必須となり、2013年に『』(フジテレビ)のテレビドラマで生田絵梨花と仕事をした経緯から直感で起用した。 日本語版では「」を参照。 トリプルキャストで大阪公演は3月30日のみ出演。 とくに鴨南蛮うどんを好む。 理由はキノコは味やダシが染み込んで美味しいからである。 とくにを好む。 木下晴香とダブルキャスト。 、木下晴香とトリプルキャスト。 2017年は、とトリプルキャスト。 2019年は小南満佑子、とトリプルキャスト。 、木下晴香とトリプルキャスト。 新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、公演期間短縮となった。 新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、富山・北九州・愛知・大阪公演は中止となった。 直接ドラマに出演することはなく、ポスターやモニター画面で流れる動画などで登場。 観覧当選者のみに公表。 出典 [ ]• 乃木坂46公式サイト. 2020年2月14日閲覧。 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい「INTERVIEW」『乃木坂派』双葉社、2013年10月22日、153頁。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年9月8日. 2013年9月29日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年3月11日. 2013年3月11日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年7月25日. 2014年7月25日閲覧。 月刊AKB48グループ新聞 日刊スポーツ新聞社 2012年10月号 : pp. 24-25. 2012年10月19日• 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2014年9月26日. 2014年9月26日閲覧。 インタビュアー:斉藤貴志. Deview. 2015年7月8日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2019年4月6日. 2019年4月6日閲覧。 Real Sound blueprint. 2017年2月5日閲覧。 ジョーズカンパニー. ジョーズカンパニー. 2014年1月1日閲覧。 「乃木坂46 生田絵梨花 旅立ちの春〜新たな一歩〜」『FLASHスペシャル』2015年GW月号、光文社、2015年4月24日。 生田絵梨花 2011年11月2日. インタビュー. ORICON STYLE.. の2013-11-11時点におけるアーカイブ。 2011年11月2日閲覧。 インタビュアー:西廣智一. ナタリー. 2014年10月7日閲覧。 「STAR PORTRAIT 生田絵梨花(乃木坂46)」『TVステーション』2015年1月31日号、Megumi Kato、ダイヤモンド社、2015年1月28日、隔週刊版、91頁。 24、松井俊夫、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2012年11月29日、38頁。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年2月25日. 2015年2月25日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2011年6月29日. 2011年6月29日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月22日. 2013年4月13日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月22日. 2013年4月13日閲覧。 乃木坂46『ぐるぐるカーテン』Type-C、Sony Music Records、2012年2月22日。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2012年9月27日. 2012年9月27日閲覧。 東スポWEB 東京スポーツ新聞社. 2013年12月17日. 2013年12月17日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年12月17日. 2013年12月17日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年4月20日. 2014年4月20日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年6月18日. 2014年6月18日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年6月28日. 2014年6月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年7月25日. 2014年7月25日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年8月4日. 2014年8月4日閲覧。 SANSPO. COM 産業経済新聞社. 2014年12月22日. 2014年12月22日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2014年12月22日. 2014年12月22日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年1月23日. 2016年3月31日閲覧。 生田絵梨花 2015年3月20日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年3月20日閲覧。 CINRA. net. 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年12月3日. 2015年12月3日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2016年1月. 2016年2月1日時点のよりアーカイブ。 2016年2月1日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年1月28日. 2016年1月28日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年4月5日. 2016年4月5日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年7月28日. 2016年7月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年5月25日. 2019年4月19日閲覧。 MANTANWEB MANTAN. 2017年6月12日. 2017年6月12日閲覧。 ナタリー. 2017年12月1日. ナタリー ナターシャ. 2017年5月19日. 2017年6月1日閲覧。 東宝オフィシャルサイト. 2018年8月17日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2018年8月10日. 2018年8月11日閲覧。 梅田芸術劇場. 2018年8月17日閲覧。 ステージナタリー. ナターシャ 2018年8月7日. 2018年8月7日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年4月17日. 2018年4月17日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2019年4月19日. 2019年4月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年1月16日. 2019年1月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月18日. 2019年1月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年4月1日. 2019年4月13日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年11月28日. 2019年11月30日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年4月4日. 2019年4月4日閲覧。 日経クロストレンド. 日経BP. 2020年1月6日閲覧。 講談社公式ウェブサイト• モデルプレス ネットネイティブ. 2019年12月17日. 2020年1月10日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年10月4日. 2020年1月11日閲覧。 「」『ヤングジャンプ』2014年5月22日23号、集英社、2014年5月8日、週刊版、25頁。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月20日閲覧。 意外な!? 友情関係を直撃! 」『Top Yell』2015年11月号、竹書房、2015年10月6日、13頁。 生田絵梨花 2013年6月26日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年6月26日閲覧。 「ホテルにて。 」『EX大衆』2015年5月号、双葉社、2015年4月15日。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年7月30日. 2013年7月30日閲覧。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2015年7月9日閲覧。 Masahide Sakuma 2013年9月16日. masahidesakuma. Twitter. 2015年10月5日閲覧。 ナタリー. ナターシャ 2013年11月12日. 2013年12月28日閲覧。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 2014年1月21日. 2015年12月14日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年3月1日. 2014年7月25日閲覧。 BARKS グローバル・プラス. 2013年3月15日. 2013年5月2日閲覧。 音楽ナタリー ナタリー. 2016年1月20日. 2016年1月20日閲覧。 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2016年3月22日 , 2018年12月29日閲覧。 AOLニュース AOL. 2015年4月20日. 2017年4月2日閲覧。 真紀和泉 2014年1月6日. ライブドアニュース. TechinsightJapan. 2017年12月6日閲覧。 ミュージックヴォイス MusicVoice. 2016年12月16日. 2017年10月4日閲覧。 E-TALENTBANK E-TALENTBANK. 2016年12月15日. 2018年6月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年12月24日. 2018年5月29日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月25日. 2019年11月30日閲覧。 」『EX大衆』2014年11月号、大貫真之介、双葉社、2014年10月15日、月刊版。 「生田絵梨花-芸術的な雰囲気を身にまとう坂の上のピアニスト」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドルSpecial』高倉文紀、日経BP社、2013年11月29日、22-23頁。 zakzak 産経デジタル. 2017年7月4日. 2017年11月30日閲覧。 ランキングBOX rankingbox. 2016年7月26日. 2016年7月26日閲覧。 生田絵梨花「Genius Melancholy 乃木坂46 生田絵梨花」『BUBKA』2016年2月号、白夜書房、2015年12月29日、14頁。 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日。 「生田絵梨花の一問一答」『CM NOW』2016年7月号、玄光社、2016年6月10日、8頁。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年11月29日閲覧。 向原康太 2015年3月30日. Real Sound blueprint. 2015年3月3日閲覧。 向原康太 2017年4月17日. Real Sound blueprint. 2018年4月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2011年11月. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、87頁。 斎藤ちはる 2012年8月2日. 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年8月30日時点のよりアーカイブ。 2019年4月9日閲覧。 メンバー本人に徹底追及!! ウワサの真相」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、65-67頁。 生田絵梨花 2016年7月27日. インタビュー. TOKYO POP LINE. 2016年7月27日閲覧。 生田絵梨花; 星野みなみ 2016年5月5日. インタビュー. ドワンゴジェイピーnews. 2016年5月5日閲覧。 T-SITE TSUTAYA. 2016年5月11日. 2016年5月11日閲覧。 Real Sound blueprint. 2014年10月14日. 2016年4月6日閲覧。 生駒里奈; 白石麻衣; 堀未央奈; 西野七瀬; 生田絵梨花 2015年12月23日. インタビュアー:林将勝・関根弘康・榛村季溶子・岡本温子・青木悠. 週プレNEWS. 2015年12月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 OVERTURE〜輝け!! ミュージカル少女達〜. BitPure 2009年4月22日. 2014年1月1日閲覧。 Sponichi Annex 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年1月15日. 2017年1月15日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年11月25日. 2017年1月15日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 2017年10月9日. 2017年10月9日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年5月21日. 2019年5月21日閲覧。 公演オフィシャルサイト、アミューズ・東宝• アミューズ・東宝、2020年4月8日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 com. ワイヤーアクション 2010年. 2020年5月16日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2013年2月1日. 2013年2月1日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 2013年10月13日. 2013年10月13日閲覧。 初森ベマーズ. テレビ東京 2015年8月11日. 2015年8月11日閲覧。 とれたてフジテレビ. フジテレビ 2016年7月29日. 2016年7月29日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年4月13日. 2019年4月13日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年12月25日. 2019年12月26日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年1月13日. 2020年1月14日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年12月19日. 2017年8月9日閲覧。 CINRA. NET. 2019年10月12日. 2019年11月30日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年12月27日. 2013年12月27日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年3月28日. 2014年3月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年10月1日. 2015年10月1日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年1月31日. 2017年1月31日閲覧。 生田絵梨花 2017年9月1日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年9月1日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年4月2日. 2019年4月8日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2018年5月28日. 2018年5月28日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2018年4月25日. 2018年4月26日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年12月18日. 2018年12月18日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年1月2日. 2019年1月4日閲覧。 AbemaTV 2019年7月16日. 2019年7月27日閲覧。 映画『超能力研究部の3人』公式サイト. 2014年9月5日閲覧。 クランクイン! 2017年5月31日. 2017年5月31日閲覧。 アムモ 98. 2020年5月15日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年7月21日. 2016年7月21日閲覧。 ナタリー. 2017年7月6日. モデルプレス ネットネイティブ. 2017年12月1日. 2017年12月19日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 生田絵梨花 2019年9月7日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2019年11月30日閲覧。 西善商事公式サイト. 2019年11月30日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年1月22日. 2020年1月27日閲覧。 「生田絵梨花」『季刊 乃木坂』vol. 4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日、4-13頁。 生田絵梨花『転調』、集英社、2016年1月21日。 生田絵梨花『インターミッション』中村和孝、講談社、2019年1月22日。 「鍵盤をまな板に換えて」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol. 01、片貝久美子、KADOKAWA、2016年4月2日、114-121頁。 乃木坂46、2014「超能力研究部の3人」製作委員会『映画 超能力研究部の3人 公式ブック』モーニング編集部、講談社〈講談社 Mook〉、2014年12月5日。 外部リンク [ ]• - 乃木坂46公式サイト• - 乃木坂46公式サイト(2011年11月13日 - )• - (2015年2月28日 - )•

次の

乃木坂46【生田絵梨花】の卒業はいつ?白石麻衣の卒業にも影響か?

乃木坂 46 生田 絵梨花

生田絵梨花といえば、乃木坂46の一期生として在籍している主力メンバーです。 生田絵梨花は ピアノがかなり上手く、あの小室哲哉さんやプロピアニストの高橋多佳子さんが腕前を 評価しているほどです。 また、初出演にして初主演だった手塚治虫原作の舞台で、共演していたベテラン俳優陣に負けず劣らずの 演技を披露して、その才能・実力を見せつけています。 そんな優秀な生田絵梨花なんですが、 家族も凄いそうです。 生田絵梨花はあとで詳しく書きますが、沢山の資格や特技を持ち、乃木坂46の中でかなり 優秀なことで知られていますが、 姉はそれ以上の秀才だそうです。 というのも、生田絵梨花の姉はなんと 東京大学理科一類を卒業しているとの噂があるんです。 話題になる芸能人の家族といえば、芸能人またはお金持ちの祖父母か親、芸能活動をしている兄弟であることが多いですが、生田絵梨花の姉に関しては芸能人かどうか分かっていません。 今回は生田絵梨花の 凄すぎる家族の紹介と、姉について見ていきます! 生田絵梨花のプロフィール 生年月日:1997年1月22日 出身地:ドイツ・デュッセルドルフ生まれ、東京育ちの帰国子女 身長:160cm 学歴:東京音楽大学に在籍中 資格:英検2級、書道準7段、漢検準2級、数学検定3級、語彙・読解力検定3級 特技:英語、クラシックバレエ、書道(前に触れた準7段だけでなく、書展で金賞受賞) 乃木坂46には1期生として在籍中で、「 第二の前田敦子」とも言われていました。 生田絵梨花の凄すぎる家族とは!? まず生田絵梨花の父親は、一橋大学を卒業した 超エリートサラリーマンです。 そんな父親が仕事の関係で ドイツにいたため、生田はドイツで生まれたのです。 また、父親の従兄弟には音楽プロデューサーの 佐久間正英氏がいます。 佐久間氏は、JUDY AND MARYやGLAY、エレファントカシマシetc. といった超一流バンドを プロデュースしたことで知られています。 生田自身もピアノがかなり上手く、 東京音楽大学に在籍中で歌唱力も抜群なのですが、そんな生田の音楽の才能は佐久間氏から受け継いでいるのかもしれませんね。 生田絵梨花の姉とは、一体どんな人なの? 前でも触れたように、生田はいろんな資格や特技を持っていてかなり優秀です。 たまにバラエティで馬鹿っぷりを見せることがありますが、それはテレビ特有のやらせの可能性が高いです。 そんな生田以上に、 姉の方がかなり優秀な人だそうです。 生田の姉は、なんと東京大学理科一類を卒業した 超秀才だそうです。 ちなみに、この学歴は 菊川怜さんと同じです。 また、妹・生田絵梨花はその優秀さに加えて 堀北真希さんに似ていると言われるほどのルックスで注目を浴びていて、まさに才色兼備という感じですが、姉の方も妹に負けず劣らずの 美人だ そうです。 生田の姉が芸能人であるかどうかはまだ情報はなく、今の段階では一般人である可能性が高いです。 また、東大出身であることもあくまで噂なのですが、優秀であることに間違いはなさそうです。 でも、姉も美人なら、芸能界デビューまではしなくても才色兼備姉妹として、妹とテレビで共演しても良さそうですね。 まとめ 生田絵梨花は、父親が 一橋大学を卒業した超エリートサラリーマン、父親の従兄弟が超一流 音楽の佐久間正英氏、姉が東京大学卒業(確定ではないが)と、身内にかなり優秀な人が沢山いました。 小さい頃からこれだけの人たちに囲まれて育ったんなら、生田自身が美形で優秀な才色兼備であることもうなずけますね。 もちろん、本人の 努力でつかんだものもあるんでしょうが、努力できるのも1つの 才能なんでしょうね。 そして姉も東大出身という噂がありますが、妹同様これだけの人たちに囲まれて育ったんなら本当に東大出身だったとしても全然不思議じゃないですね。 それに加えて美人という話もありますから、いつか妹と一緒にテレビに出て欲しいですね。

次の

乃木坂46 生田絵梨花、グループの魅力を横に広げる音楽面での成長 ソロでの活躍を振り返る(リアルサウンド)

乃木坂 46 生田 絵梨花

今年2月にデビュー8周年を迎えた乃木坂46。 毎年恒例の『真夏の全国ツアー』『BIRTHDAY LIVE』はドーム規模、5年連続の『NHK紅白歌合戦』出演、躍進するアジア進出……と坂を登り続けるグループの現在地を象徴するトピックはいくつもあるが、それらはメンバー個々の活躍があって成り立っているものだ。 現在『クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 』(テレビ朝日系)にて、高山一実がMCを、山崎怜奈が解答者としてそれぞれの役割を持ち出演しているのは、メンバーの個性にも多様性が生まれているいい例である。 そんな生田も、乃木坂46の活動と並行してミュージカル女優としてグループを横に広げてきた第一人者。 ドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』には、多忙なスケジュールの中、舞台出演と乃木坂46の現場を行き来する生田の姿が映し出されている。 長期間のミュージカル出演からコンサートに出演出来る方が稀な生田の場合、乃木坂46に帰ってくるという表現が正しいだろう。 幼少期をドイツ・デュッセルドルフで過ごした生田は、3歳の時にピアノを始め、中学時代には東京代表として全国大会のコンクールに出場するほどの腕前に。 後に、音楽大学のピアノ科に進学する生田、そして乃木坂46にとっての代名詞となるのが、2013年リリースの5thシングル曲「君の名は希望」だ。 乃木坂46 『君の名は希望』Short Ver. 「君の名は希望」は、2015年に乃木坂46が『NHK紅白歌合戦』に初出場した楽曲。 『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)での初の生田のピアノ伴奏から、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演時にも彼女がピアノ演奏を披露している。 ピアニストの清塚信也は度々、音楽番組で「君の名は希望」を絶賛しているが、最近も『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)の特集「クラシックのプロが選ぶJ-POPのスゴイ曲」の中で「あえてシンプルな和音でのピアノ演奏」を取り上げ、生田の名前を挙げている。 オーケストラをバックにしたコンサートでのパフォーマンスや、生田が演奏した音源が乃木坂駅の発車メロディとして使用されていることなど、「君の名は希望」にまつわるエピソードは多くあるが、筆者が特に忘れられないのが、生田と佐久間正英の「君の名は希望」。 生田が、それにする形で実現した2人の演奏は、どこか気恥ずさが垣間見えながらも不思議な温かさに包まれている。 生田の「また、いつか」という約束は、佐久間の遺作「Last Days」で叶うことに。 TAKUYAのボーカルに、生田のコーラス、ピアノ演奏が乗る。 この楽曲が配信リリースされたのは、2014年2月。 同年1月に『TEPPEN』(フジテレビ系)に出た生田が弾いていたJUDY AND MARYの「そばかす」、『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京系)で熱唱していたGLAYの「誘惑」、 さらに『乃木坂工事中』(テレビ東京系)の「私の1曲」に選んでいたGLAY「LET ME BE」には、佐久間への思いが透けて見えてくる。

次の