ペット カメラ アプリ。 監視カメラアプリPC用!無料で使える【Ivideon Serever】

見守りカメラおすすめ10選!ペットや介護のネットワークカメラの比較は?

ペット カメラ アプリ

無料アプリ『AtHome Camera』 わたしが使っているアプリは 『AtHome Camera』です。 機種変更したりして不要になったスマホって、電話はかけられなくても 自宅にWi-Fi環境があればネットを見たりアプリを開いたりとかはできるんですよね。 Wi-FiモデルのiPadみたいなかんじ。 わたしは最近iPhoneXSに機種変更して、その前に使っていたiPhone7を手元に残していたので、それを使うことにしました。 もちろんiPadなどのタブレットでもできます。 古いスマホを撮影用、今使っているスマホを視聴用として、 別々のアプリをインストールします。 (iOS iPhone,iPad 、Android、両方あります。 ) それぞれのアプリを設定する 視聴用のスマホにいれるアプリはこちら。 (名前や住所の登録は不要。 視聴用スマホの方は、アプリを開いて視聴する時に通信料がかかります。 その時、視聴用スマホがWi-Fiに接続されてないと「通信料金が多くなる可能性があるのでWi-Fiの利用をお勧めします」という注意書きが表示されますが、視聴することはできます。 動画を見る時と同じくらいの通信料がかかるかんじです。 スマホの契約によって通信容量はいろいろありますが、ギガモンスター!とかじゃなければ Wi-Fiにつないでいない時の長時間視聴は要注意ですね。 タイムラグ ほぼほぼリアルタイムですが、何秒かはラグがあります。 視聴画面のストロボや通話の操作は、タップしてから反応するまでに少しラグがあります。 充電コードはつなげたまま必須 撮影側のカメラはずっと撮影して通信している状態なので、充電がどんどん減っていきます。 とくに機種変更した古いスマホとかは充電がすぐなくなるようになってる場合も多いかと思うので、 充電コードはつなげっぱなしでないと途中で切れる可能性大です。 撮影用カメラはズームできない、動かせない これがちゃんとしたスマカメに劣るところかな?視聴用スマホから撮影用カメラでズームしたり、動かしたりはできません。 視聴画面を指でピンチアウトするとズームっぽく見えますが、画面を拡大しているだけなので画質は荒くなります。 (でも大きく見えるので使えなくはない。 ) また、見る角度を変えたりカメラを動かすことができないというのはありますが、基本的に鳥さんなどの場合はケージの中から出ないと思うのでそこまで問題ではないと思います。 長時間の外出時や体調が悪そうでちゃんと観察したいという時は、わたしは 古いiPhoneと古いiPadの2台体制をとります。 視聴用アプリへの撮影用端末の登録は複数台できるので、iPadで正面から、iPhoneで上から、というかんじで死角がなるべくできないようにセッティングしています。 外出時以外にも使えます 産卵時・抱卵期 うちのきなは3回ほど産卵しましたが、産卵を目撃できたのは最初の1回だけ! いつも、もうすぐ生まれるかな?と思っても近くにいたら産まなくて、ちょっとトイレにいったすきに産んでたりするんです。 やっぱり気になるんでしょうね。 そんな時は、ケージにあらかじめカメラをセッティングしておいて、生まれそうになったら隣の部屋に移動してアプリで観察する、という使い方もしました。 卵詰まりなどになっていないか、体調は大丈夫かなど、とくに鳥さんは体調が悪いのを隠す生き物なので、刺激せずに観察できるのもリモートカメラのいいところかと思います。 (カメラ(スマホ)を怖がらないことが前提ですが・・) 抱卵の時も気が立ってて近づくだけで怒られたりするけど、体調が心配なのでカメラでしれっと観察したりしました。 今きなはごはんの量を調整して発情を抑えるようにがんばってます。 ひとつだけ、 暗視機能が使えるレベルではないので、どうしても夜のケージの中の様子とか、泊まりで外出する時に夜の様子を見たいとかいう欲求が抑えられなくなったらスマカメを購入しようと考えています。 あと、無料アプリだし海外のだし、もしかしたらいつかいきなりサービスが終わったりする可能性もあるかな〜と思うので、その時はスマカメですね。 (この記事に掲載したアプリのキャプチャ画面などは2018年10月現在のものなので、アプリのアップデートなどで変更になる可能性があります。 ご了承ください。

次の

ペットの監視に!iPhoneアプリあんしん監視カメラ

ペット カメラ アプリ

パナソニック・ネットワークカメラ スマホ・アプリ連動 〇 双方向会話機能 〇 Wi-Fi(無線LAN)対応 〇 おすすめスマホ連動見守りカメラ1つ目は、パナソニックのネットワークカメラです。 こちらは室内カメラとホームユニットのセットアイテムです。 ホームユニットとはパナソニック製品とネットワーク環境で繋ぐことができるアイテムのことです。 パナソニック製のドアホンや電話等と接続すれば、家にいなくても大切な人やペットを見守ることができます。 また、こちらのネットワークカメラはSDカードスロットが内蔵しており、SDカードに録画をすることも可能です。 価格は高いですが、連動性に優れているため、導入していると非常に便利です。 こちらの見守りカメラの最大の特徴は、Wi-Fi機能を強化、改良してあるという点です。 従来品に比べスムーズな通信ができる点で進化しており、超高画質の動画をスマホへ送信してくれます。 また、双方向会話機能も備わっているので、見守りカメラとしての使用はもちろんのこと、離れた場所に住む家族とのテレビ電話用機器としても使用することが可能です。 また、専用アプリがあれば家族内で共有することもできるので、幅広い使用用途があると言えます。 そのため、赤ちゃん部屋のチェックから監視カメラとしての使用まで幅広く使用できます。 また、こちらは暗い場所の撮影にも適している夜間撮影機能も搭載されているので、夜間の防犯対策としてはもちろんのこと、旅行や出張等などで家を空ける時の留守の防犯にもとても役立ちます。 ちなみに、動画はすべてスマホアプリを通して見ることができるので、とても便利です。 こちらのカメラの特徴は、プライバシー保護が徹底されているという点です。 動画はすべて暗号データ化されているほか、内臓されているマイクロSDカードが盗難されたとしても動画データを見ることは不可能です。 またこちらのカメラは、平置きできるのはもちろんのこと、監視カメラのように天井に設置することもできます。 場所を選ばないので、家庭用の見守りカメラとしての使用以外にも、会社のオフィスを監視するカメラとしても使用することができます。 こちらのカメラの特徴は、動体検知機能を搭載しているという点です。 そのため、夜間の侵入者があるとカメラがさっと起動し、瞬時に連動しているスマホへ動体検知警報を送ります。 もちろん、赤外線ライトも搭載されているため、夜間の防犯対策にも最適です。 また、双方向機能も搭載されているため、遠方に住む家族や留守間の子供の見守りアイテムとしても使用することができます。 ちなみにこちらのカメラは、専用アプリやQRコードの読み取りで複数のデバイスで動画を見ることができます。 こちらのカメラは、すぐ見てわかる通り本体自身が移動できるというのが最大の特徴です。 スマホアプリのジョイスティックで操作すれば、カメラ自身を写したい場所で移動させることが可能です。 暗視撮影機能も搭載されているので、就寝中にほかの部屋で物音がしたといった場合にもスマホで操作すれば、安全に色々な場所を監視することも可能です。 もちろん、介護や子供の見守りに最適な双方向通話機能も搭載されているので、コミュニケーションツールしても使用することが可能です。 その名の通り、給餌機能がついたこちらのカメラは留守時のペットの見守りに最適なアイテムです。 水や餌をセットし、時間になったらスマホアプリを通して餌をあげることができます。 もちろん、見守り機能もきちんと搭載されているので、ペットとの会話はもちろんのこと、留守中の様子をのぞき見することも可能です。 ちなみに、本体はAC電源以外にも電池を使用することが可能なので、ペットがコンセントをいたずらしてしまう場合には電池を使用するとよいでしょう。 こちらも先ほどの給餌機能付きのカメラ同様、給餌機能がついているアイテムなのですが、こちらはスタイリッシュさとSNS連動機能が付いている点で少々異なると言えます。 まず、インテリアにもしっかり馴染む点がオシャレですよね。 そして、給餌機能については、スナックタイプの餌を、操作によってはじき出すことができます。 そして、このカメラの最大の特徴は、かわいいペットの様子を専用アプリ内のSNSツールにシェアすることが可能だという点です。 この機能により、全世界のペット愛好家たちと友達になることもできます。 こちらは、見た目は完全にLED電球ですが、れっきとした見守りカメラです。 電球の先端部にカメラとマイクが搭載されているので、LED電球としてはもちろんのこと見守り機能もしっかり果たしてくれます。 もちろん、スマホアプリを通して動画を見ることが可能なので監視カメラや見守りカメラとして使用することもできるほか、会話することもできます。 ちなみに、見た目が完全にLED電球なので、カメラであることが来客者に気づかれづらい点でもおすすめです。 通常、監視カメラというと結構なお値段がするものです。 しかし、見守り・介護用のネットワークカメラなら、非常に安価で導入することが可能です。 しかも、パナソニックのアイテムのように、電話やドアホンといった他の機器連携性があるネットワークカメラなら、各部屋1台ずつに監視カメラを設置するよりもずっと便利、しかも安く導入することが可能です。 そのため、使いたい場所に対応した導入しやすいコストのアイテムかどうかを比較して選ぶことも大切だと言えます。 しかし、その間に何かあったらどうしようという不安があっては、自分の意識も散漫になってしまいますよね。 そんなとき、見守りカメラがあれば自分がいないときに相手の確認を簡単にすることができます。 さらに双方向会話機能がついていれば、コミュニケーションツールとしても使うことができます。 防犯カメラや監視カメラというと、少々仰々しい感じもしますが、気軽に導入できる見守りカメラなら比較的嫌がられることなく使うことができるでしょう。 ぜひみなさんも、見守りカメラで大切な人の安全をチェックしてみましょう!•

次の

ペットカメラおすすめ10選~お留守番に人気のスマホ録画やおやつ機能

ペット カメラ アプリ

無料アプリ『AtHome Camera』 わたしが使っているアプリは 『AtHome Camera』です。 機種変更したりして不要になったスマホって、電話はかけられなくても 自宅にWi-Fi環境があればネットを見たりアプリを開いたりとかはできるんですよね。 Wi-FiモデルのiPadみたいなかんじ。 わたしは最近iPhoneXSに機種変更して、その前に使っていたiPhone7を手元に残していたので、それを使うことにしました。 もちろんiPadなどのタブレットでもできます。 古いスマホを撮影用、今使っているスマホを視聴用として、 別々のアプリをインストールします。 (iOS iPhone,iPad 、Android、両方あります。 ) それぞれのアプリを設定する 視聴用のスマホにいれるアプリはこちら。 (名前や住所の登録は不要。 視聴用スマホの方は、アプリを開いて視聴する時に通信料がかかります。 その時、視聴用スマホがWi-Fiに接続されてないと「通信料金が多くなる可能性があるのでWi-Fiの利用をお勧めします」という注意書きが表示されますが、視聴することはできます。 動画を見る時と同じくらいの通信料がかかるかんじです。 スマホの契約によって通信容量はいろいろありますが、ギガモンスター!とかじゃなければ Wi-Fiにつないでいない時の長時間視聴は要注意ですね。 タイムラグ ほぼほぼリアルタイムですが、何秒かはラグがあります。 視聴画面のストロボや通話の操作は、タップしてから反応するまでに少しラグがあります。 充電コードはつなげたまま必須 撮影側のカメラはずっと撮影して通信している状態なので、充電がどんどん減っていきます。 とくに機種変更した古いスマホとかは充電がすぐなくなるようになってる場合も多いかと思うので、 充電コードはつなげっぱなしでないと途中で切れる可能性大です。 撮影用カメラはズームできない、動かせない これがちゃんとしたスマカメに劣るところかな?視聴用スマホから撮影用カメラでズームしたり、動かしたりはできません。 視聴画面を指でピンチアウトするとズームっぽく見えますが、画面を拡大しているだけなので画質は荒くなります。 (でも大きく見えるので使えなくはない。 ) また、見る角度を変えたりカメラを動かすことができないというのはありますが、基本的に鳥さんなどの場合はケージの中から出ないと思うのでそこまで問題ではないと思います。 長時間の外出時や体調が悪そうでちゃんと観察したいという時は、わたしは 古いiPhoneと古いiPadの2台体制をとります。 視聴用アプリへの撮影用端末の登録は複数台できるので、iPadで正面から、iPhoneで上から、というかんじで死角がなるべくできないようにセッティングしています。 外出時以外にも使えます 産卵時・抱卵期 うちのきなは3回ほど産卵しましたが、産卵を目撃できたのは最初の1回だけ! いつも、もうすぐ生まれるかな?と思っても近くにいたら産まなくて、ちょっとトイレにいったすきに産んでたりするんです。 やっぱり気になるんでしょうね。 そんな時は、ケージにあらかじめカメラをセッティングしておいて、生まれそうになったら隣の部屋に移動してアプリで観察する、という使い方もしました。 卵詰まりなどになっていないか、体調は大丈夫かなど、とくに鳥さんは体調が悪いのを隠す生き物なので、刺激せずに観察できるのもリモートカメラのいいところかと思います。 (カメラ(スマホ)を怖がらないことが前提ですが・・) 抱卵の時も気が立ってて近づくだけで怒られたりするけど、体調が心配なのでカメラでしれっと観察したりしました。 今きなはごはんの量を調整して発情を抑えるようにがんばってます。 ひとつだけ、 暗視機能が使えるレベルではないので、どうしても夜のケージの中の様子とか、泊まりで外出する時に夜の様子を見たいとかいう欲求が抑えられなくなったらスマカメを購入しようと考えています。 あと、無料アプリだし海外のだし、もしかしたらいつかいきなりサービスが終わったりする可能性もあるかな〜と思うので、その時はスマカメですね。 (この記事に掲載したアプリのキャプチャ画面などは2018年10月現在のものなので、アプリのアップデートなどで変更になる可能性があります。 ご了承ください。

次の