神田 すこやか クリニック。 連携医療機関について

神田すこやかクリニック|千代田区神田須田町の総合内科・検診・予防接種・訪問診

神田 すこやか クリニック

会議やプレゼンテーションなどで人前に出ると、不安や緊張で頭が真っ白になったり、動悸がしたり、手足が震えてしまったりしませんか?もちろん、不安や緊張は誰にでもあることです。 ただ、過度な症状で仕事や生活に支障が出ている場合は「社交不安障害」などが考えられます。 性格のせいとひとりで悩まず、ぜひ適切な治療を受けて頂きたいと思います。 また、出社前やオフィスに着くころになると不安や緊張が増し、気分的にもつらくなるような場合は、「適応障害」や「うつ病」が疑われます。 下痢や便秘といったおなかの症状に不安や緊張を伴う場合は「過敏性腸症候群」が考えられます。 不安や緊張を主とする精神疾患は多くありますので、まずは専門医にご相談頂ければと思います。 精神症状で悩まれる方は年々増えており、メンタルヘルスケアは喫緊の社会課題です。 しかし、仕事や家事、子育てなどでご多忙であったり、様々な不安や抵抗感から受診をためらってしまわれることで、必要なときに医療が届かず、診断や治療が遅れてしまうことに、私は精神科医や産業医として課題を感じておりました。 当院は「こころの医療を、もっと身近に。 」を合言葉に、夜間や土日の診療、オンラインによる診療、WebやLINEからのスムーズなご予約、駅前の立地などを通して、気軽に受診して頂ける、ユーザーファーストな医療サービスを目指しております。 より良い精神科のプライマリ・ケアを実現し、メンタルヘルス対策に貢献していくことで、こころの医療をもっと身近なものにし、ひとりでも多くの方がこころすこやかに暮らせる社会になるよう、尽力してまいります。 統合失調症の診断と鑑別診断.Mebio,Vol. 32 No. 10: 16-20, 2015. 統合失調症の陰性症状に対する薬物療法の可能性.精神科治療学,30 1 : 41-44, 2015. 高齢者のうつ病に対する低用量の三環系抗うつ薬.臨床精神薬理,18: 165-169, 2015. 症状に応じた向精神薬の使い方.日本医師会雑誌,143 7 : 1463-1465, 2014.

次の

【神田駅1分の精神科・心療内科】ココロモクリニック神田

神田 すこやか クリニック

会議やプレゼンテーションなどで人前に出ると、不安や緊張で頭が真っ白になったり、動悸がしたり、手足が震えてしまったりしませんか?もちろん、不安や緊張は誰にでもあることです。 ただ、過度な症状で仕事や生活に支障が出ている場合は「社交不安障害」などが考えられます。 性格のせいとひとりで悩まず、ぜひ適切な治療を受けて頂きたいと思います。 また、出社前やオフィスに着くころになると不安や緊張が増し、気分的にもつらくなるような場合は、「適応障害」や「うつ病」が疑われます。 下痢や便秘といったおなかの症状に不安や緊張を伴う場合は「過敏性腸症候群」が考えられます。 不安や緊張を主とする精神疾患は多くありますので、まずは専門医にご相談頂ければと思います。 精神症状で悩まれる方は年々増えており、メンタルヘルスケアは喫緊の社会課題です。 しかし、仕事や家事、子育てなどでご多忙であったり、様々な不安や抵抗感から受診をためらってしまわれることで、必要なときに医療が届かず、診断や治療が遅れてしまうことに、私は精神科医や産業医として課題を感じておりました。 当院は「こころの医療を、もっと身近に。 」を合言葉に、夜間や土日の診療、オンラインによる診療、WebやLINEからのスムーズなご予約、駅前の立地などを通して、気軽に受診して頂ける、ユーザーファーストな医療サービスを目指しております。 より良い精神科のプライマリ・ケアを実現し、メンタルヘルス対策に貢献していくことで、こころの医療をもっと身近なものにし、ひとりでも多くの方がこころすこやかに暮らせる社会になるよう、尽力してまいります。 統合失調症の診断と鑑別診断.Mebio,Vol. 32 No. 10: 16-20, 2015. 統合失調症の陰性症状に対する薬物療法の可能性.精神科治療学,30 1 : 41-44, 2015. 高齢者のうつ病に対する低用量の三環系抗うつ薬.臨床精神薬理,18: 165-169, 2015. 症状に応じた向精神薬の使い方.日本医師会雑誌,143 7 : 1463-1465, 2014.

次の

神田南口健診クリニック

神田 すこやか クリニック

会議やプレゼンテーションなどで人前に出ると、不安や緊張で頭が真っ白になったり、動悸がしたり、手足が震えてしまったりしませんか?もちろん、不安や緊張は誰にでもあることです。 ただ、過度な症状で仕事や生活に支障が出ている場合は「社交不安障害」などが考えられます。 性格のせいとひとりで悩まず、ぜひ適切な治療を受けて頂きたいと思います。 また、出社前やオフィスに着くころになると不安や緊張が増し、気分的にもつらくなるような場合は、「適応障害」や「うつ病」が疑われます。 下痢や便秘といったおなかの症状に不安や緊張を伴う場合は「過敏性腸症候群」が考えられます。 不安や緊張を主とする精神疾患は多くありますので、まずは専門医にご相談頂ければと思います。 精神症状で悩まれる方は年々増えており、メンタルヘルスケアは喫緊の社会課題です。 しかし、仕事や家事、子育てなどでご多忙であったり、様々な不安や抵抗感から受診をためらってしまわれることで、必要なときに医療が届かず、診断や治療が遅れてしまうことに、私は精神科医や産業医として課題を感じておりました。 当院は「こころの医療を、もっと身近に。 」を合言葉に、夜間や土日の診療、オンラインによる診療、WebやLINEからのスムーズなご予約、駅前の立地などを通して、気軽に受診して頂ける、ユーザーファーストな医療サービスを目指しております。 より良い精神科のプライマリ・ケアを実現し、メンタルヘルス対策に貢献していくことで、こころの医療をもっと身近なものにし、ひとりでも多くの方がこころすこやかに暮らせる社会になるよう、尽力してまいります。 統合失調症の診断と鑑別診断.Mebio,Vol. 32 No. 10: 16-20, 2015. 統合失調症の陰性症状に対する薬物療法の可能性.精神科治療学,30 1 : 41-44, 2015. 高齢者のうつ病に対する低用量の三環系抗うつ薬.臨床精神薬理,18: 165-169, 2015. 症状に応じた向精神薬の使い方.日本医師会雑誌,143 7 : 1463-1465, 2014.

次の