茹で 鶏 タレ。 【無限】自宅で作れるお店の味!本格濃厚棒々鶏(バンバンジー)の作り方!【タレ】【茹で鶏】【飯テロ】

【展開レシピ】棒棒鶏 by 基本の茹で鶏|真野遥|発酵料理家|note

茹で 鶏 タレ

茹で鶏は、鶏の胸肉・水・塩・砂糖を小鍋に入れて弱火で加熱し、煮汁に浸けたまま冷ましてやわらかく仕上げたものだとされています。 しっとりとして淡白な味なのでいろんな料理にアレンジすることができます。 鶏むね肉はタンパク質が豊富なうえ低カロリーな食材として知られています。 パサパサにならないために 茹で鶏をパサパサにしないためには、沸騰したら弱火で加熱する・ゆで汁に浸けたまま余熱で熱を通す、というポイントがあります。 沸騰するまで中火〜強火で加熱し、沸騰したら弱火に調節しましょう。 ある程度火が通ったら火を止め、鍋のふたを閉じて余熱を通しながらそのまま冷まします。 竹串で刺した時に濁った汁が出ていなければ加熱できています。 終始強火で加熱したり、加熱した肉をすぐ取り出さないようにしましょう。 ブライン液でしっとりする ブライン液は、水・塩・砂糖を混ぜ合わせたもので、ブライン液に鶏むね肉を漬け込んでおくことで肉に水分が浸透するため、茹で鶏がしっとりと仕上がるとされています。 ブライン液を使って肉を漬け込む方法をブライニングといいます。 ブライン液の作り方は、水100㎖・塩5g・砂糖5gの割合で混ぜ、肉と共に密閉袋に入れ、肉の大きさに合わせて1時間以上漬け込みます。 漬け込み過ぎると肉が固くなるので気をつけましょう。 冷凍保存は可能? 茹で鶏は冷凍保存が可能な食材です。 冷凍保存のやり方は、茹で鶏を使いやすい大きさに切ったり食べやすく割いたものを、小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ入れます。 夕食に使いたいときは、朝のうちに冷蔵庫へ移動させておくとよいでしょう。 ちなみに、ゆで汁も冷凍しておくことができるので、フリーザーバッグに注いで空気を抜き、密閉して冷凍庫で保存しましょう。 茹で鶏は安価な鶏むね肉を使って簡単に作れるところが魅力です。 鶏むね肉・水・塩・砂糖さえあればいつでも作ることができるので、特売の鶏むね肉で多めに作っておき、冷凍保存しておけば食事作りも楽になるでしょう。 以下に、茹で鶏のおすすめレシピをご紹介します。 1:茹で鶏と香味野菜のナッツサラダ 香味野菜やナッツと一緒に食べる、茹で鶏のナッツサラダをご紹介します。 マスタードのきいたドレッシングをかけてたっぷりといただきましょう。 作り方は、ちぎった春菊・千切りの青シソ・茹で鶏を盛り付け、砕いたナッツをトッピングし、ドレッシングをかけたら完成です。 鶏ムネ肉は沸騰したお湯に入れて、再び沸騰したら火を止めてフタをして冷めるまで、そのまま入れておいてから、薄くスライスする 2. 春菊は手でちぎり、青しそは細くカットする クルミは大きいようなら手で割る 3. 2:塩ナムルそうめん 茹で鶏ときゅうりのナムルをのせたそうめんをご紹介します。 食欲のない時や、手軽にスタミナをつけたいときにもおすすめのアレンジレシピです。 作り方は、ごま油に塩を混ぜ合わせ、割いた茹で鶏・水気をきったきゅうりの塩もみと和えてゆでたそうめんの上に盛り付け、めんつゆをかけてキムチ・白ごまをトッピングしたら完成です。 鶏肉がかぶるくらいの水とスライスした生姜を鍋に入れて火をつける。 沸騰したら弱火にしてアクを取り15〜20分茹でてから粗熱がとれるまで置いておく。 めんつゆ、水、酢を合わせる 2. きゅうりは薄くスライスして塩をふり(分量外)揉んでから水気をキュッと絞る 3. ボウルにごま油と塩を合わせる。 1の鶏肉を手で細かく割ききゅうりと一緒にボウルに入れて和える 4. そうめんを茹でて冷水にさらし水気を切ったらお皿に盛り付け3を上に乗せてめんつゆを注ぎ入れる 5. 前菜やおつまみとして、活躍してくれること間違いなしのアレンジレシピです。 作り方は、もやしと春菊を茹でてしっかり水気をきり、食べやすく割いた茹で鶏・キムチのタレ・醤油・ポン酢・ごま油を加えて全体をしっかり混ぜ合わせたら完成です。 時間をおくと味がなじんでおいしくなるとされています。 しっとり茹で鶏を作ります。 鶏肉1枚がちょうど入るくらいの鍋を用意して、お湯を沸かします。 沸騰したら、塩と酒を入れて、更にグツグツ煮たたせます。 塩はパスタを茹でる時くらいの塩を入れてください。 酒は大さじ1くらいです。 グツグツ煮立ったところに鶏肉を入れて、蓋をして火を止めます。 20分経ったら、煮汁ごとボウルに移して冷まします。 冷めたら皮を除いて、手で裂いておきます。 もやしは1分ほど茹でて、ザルにあげてよく水気を切ります。 春菊も茹でて、4cm幅に切り、水気を絞ります。 ボウルに全ての材料と調味料を入れて混ぜ合わせたら、出来上がり。 1日経つと、さらに味がしみて美味しくなります。 4:茹で鶏のチキンライス 茹で鶏のうま味を存分に活かしたチキンライスをご紹介します。 鶏のゆで汁で炊いたご飯、茹で鶏、野菜まで一度に楽しめる嬉しいアレンジレシピです。 作り方は、茹で鶏のゆで汁と薄口しょうゆで米を炊いて盛り付け、切った茹で鶏と好みの生野菜をのせて、薄口しょうゆ・レモン・ごま油・蜂蜜・水を合わせて作ったタレを添えたら完成です。 〇 4人分 鶏モモ肉… 450~500g(1枚半~2枚) 塩… 6. Bを混ぜ合わせてドレッシングを作り、皿にごはん・鶏肉・生野菜を盛り付けて完成 5:茹で鶏のホットサンド 茹で鶏をパンにはさんで食べるホットサンドをご紹介します。 シンプルなレシピですが、茹で鶏のうま味をダイレクトに感じることができるアレンジレシピとなっています。 作り方は、焼いた食パンにバターかマーガリンをぬってレタスを敷き、そぎ切りにした茹で鶏をのせて、塩・あらびき黒こしょうを振ってサンドし、しばらく置いて馴染ませてから半分に切れば完成です。 材料(1人分) *茹で鶏 削ぎ切りで5枚 *8枚切り食パン 2枚 *サニーレタス 1枚 *マーガリンorバター *塩 少々 *粗挽き胡椒 少々 作り方 1. 食パンをトースター860wで2分焼く。 茹で鶏を削ぎ切りにする。 マーガリンorバターを食パンに塗ってサニーレタスと2を乗せて塩、粗挽き胡椒をふりサンドする。 しばらく落ち着かせてから半分に切る。 作り方は、少し大きめの茶碗にごはんをよそい、ほぐした茹で鶏・錦糸卵・小口切りの万能ねぎをのせて紅しょうがを添え、茹で鶏の茹で汁に塩で調味したスープをかければ完成です。 好みに合わせて味付したしいたけやたくあん、海苔、ごまをトッピングしてもよいとされています。 茹で鶏や焼きなす、ねぎソースはどれも保存がきくので作り置きしておくのもおすすめだとされています。 作り方は、フライパンにサラダ油・生姜・にんにくを入れて加熱し、香りが出たら火を止め、小口切りにしたネギ・酢・醤油を加えてねぎソースを作っておきます。 茹で鶏と焼きなすを割いて盛り付け、ねぎソースをかけて仕上げます。 ・サラダ油 大さじ1 ・生姜 1かけ ・にんにく 1かけ ・青ねぎ 4~5本(みじん切りにして大さじ3くらい) ・醤油 大さじ2 ・酢 大さじ2 小さめのフライパンにサラダ油、生姜とにんにくのみじん切りを入れて火にかけます。 香りが出てきたら火を止め、小口切りにした青ねぎ、酢、醤油を加えます。 作っておいた茹で鶏と焼きなすを割いて、ねぎソースをかければ立派な一品に。 どれもそれぞれ保存可能なので、材料があるときに作り置きしておくと楽です。 8:サッパリ!茹で鶏のピリ酢味噌和え 茹で鶏ときゅうりのピリ辛酢味噌和えをご紹介します。 ピリ辛酢味噌が個性的な味付けで、食欲をそそるさっぱりした和え物です。 副菜やおつまみとしていかがでしょうか。 作り方は、砂糖・酢・味噌・醤油・はちみつ・山椒を混ぜ合わせたものと、食べやすく割いた茹で鶏・千切りのきゅうりをよく和えて皿に盛り付け、柚子の皮を刻んでトッピングすると完成です。 茹で鶏は細かく裂いて、皮の部分があれば細く切っておく 2. きゅうりは千切りにする 3. 調味料を混ぜ合わせ、1と2を入れて和える 4. 味を見ながら調整して下さい。 あればホールタイプ(花椒)を荒みじんにしたものが香りもいいです。 9:茹で鶏で油淋鶏風冷菜 茹で鶏で簡単にできる油淋鶏風の冷菜をご紹介します。 鶏肉を油で揚げていないので、さっぱりと食べられるアレンジレシピとなっています。 ボリュームのある副菜として、またはメイン料理としても楽しめるでしょう。 作り方は、みじん切りにしたネギ・醤油・砂糖・酢を混ぜてタレを作っておき、ちぎったレタス・千切りのきゅうり・食べやすく切った茹で鶏の順番に盛り付け、ネギダレをかけたら完成です。 アクは適宜とる。 2.沸騰してから強めの弱火で7〜8分茹でたら火を止めてそのまま粗熱をとる。 冷めたら食べやすい大きさに切り、汁ごと冷蔵庫で冷やす(タッパーなどに鶏肉とひたる程度の汁を移してオッケーです。 残った汁はスープに使ったらおいしいです!!ぜひ!) 3.きゅうりを細切りにし、レタスは食べやすい大きさに千切って洗っておく 4.白ネギを大きめのみじん切りにし、*印の調味料とともに混ぜる 5.皿にレタス、きゅうりを敷き2.の鶏肉を乗せる。 4.のネギダレをかけ、好みでごまを散らして出来上がり 10:茹で鶏とキャベツのさっぱりわさび風味和え 茹で鶏とキャベツの和え物をご紹介します。 茹で鶏とキャベツをわさびドレッシングで和えて、さっぱりと仕上げたアレンジレシピです。 お好きなドレッシングでアレンジを楽しむこともできるでしょう。 作り方は、茹で鶏を小さく裂き、サッと茹でたキャベツの水を絞ります。 合わせておいたわさびドレッシング・鶏肉・キャベツをボウルでよく和えてさらに盛り付け、千切りの青じそを飾れば完成です。 キャベツ、しそは千切りにし、熱湯を沸かし鶏胸肉を入れて、鶏肉が茹で上がる3分前にキャベツを時間差で加えて調理する。 ボールにAをあわせてかき混ぜておき、茹でた鶏肉を手で裂き、キャベツの水気を絞って、両方をボールに入れて良く混ぜる。 冷蔵品なので届いてすぐに小分けして冷凍しておけば、いつでも鶏むね肉料理を楽しむことができます。 量がたっぷりあるので茹で鶏を好きなだけ作り、冷凍保存しておくのもおすすめです。 肉質は国産の若鳥特有とされる締まりがあり、柔らかくて美味しいとされています。 唐揚げ・親子丼などの家庭料理からおもてなし料理まで、幅広くアレンジしてみてはいかがでしょうか。 茹で鶏の作り方はマスターしたけれど、アレンジ方法が尽きてしまって思いつかないという悩みはありませんか、そんな時には、鶏肉料理のプロがおすすめする絶品レシピを参考にしてみましょう。 知っているようで知らない鶏肉料理のテクニックから、多種多様な絶品レシピの数々を学べば、茹で鶏の世界が一気に広がることでしょう。 料理の初心者から愛好家まで、すべての人におすすめのアレンジレシピ本を以下にご紹介します。 1:鶏むね肉100レシピ 料理研究家の市瀬悦子さんが提案する、鶏むね肉を使った美味しいレシピ本をご紹介します。 誰にでもわかりやすく、間違いないおいしさの鶏むね肉レシピが100種類も紹介されています。 パサつきがちな鶏むね肉を、しっとり美味しく調理するテクニックがぎっしりと詰まった1冊となっており、安価で栄養たっぷりの鶏むね肉を使った料理のレパートリーを爆発的に増やすことができるおすすめの本です。 茹で鶏はすでに調味されており、うま味・食感がバランスよく整っている状態なので、そのまま食べてもアレンジしても鶏肉の魅力を味わうことができます。 しかもアレンジの幅は想像以上に豊かなので、飽きずに取り入れることができるのも嬉しいポイントです。 茹で鶏を初めて作る方や、茹で鶏マスターの方も、今回ご紹介した茹で鶏のアレンジレシピを参考にして、美味しく健康な茹で鶏レシピを存分にお楽しみください。 この記事に関連する情報もチェックしよう! 節約料理としても優秀な茹で鶏ですが、茹で鶏を作る際には生煮えに気をつけなければなりません。 パサパサになるのを防ごうとして火を止めるのが速すぎた場合、加熱不足による生煮えが発生することもあるので、加熱のコツをつかんで上手に作りましょう。 鶏肉の生焼けを防ぐ方法や、加熱不足の鶏肉を食べた時の症状のほか、節約レシピなども以下にご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

次の

思ってたより簡単だった!「ゆで鶏」の人気アレンジレシピ5選

茹で 鶏 タレ

こんにちは kurasitenです。 以前にも記事で書いたんですがということで只今ダイエット中です。 そして、ダイエットには欠かせないのが鶏むね肉!! タンパク質が多くて、糖質が少ない食べ物で、コストが安い「鶏むね肉」を毎日食べて5kg痩せまでもう少し・・・。 鶏むね肉はダイエットの強力な味方。 そしてダイエットのために鶏むね肉を美味しく食べようと思い最近ハマっているのが 「しっとり茹で鶏」。 鶏むね肉は熱を通すとパサパサになりがちで、しっとりした食感を残すにはコツが必要です。 作り方のポイントは「10数えて30分待つ」こと。 今回はパサパサになりがちな鶏むね肉を美味しく食べられる「茹で鶏」の作り方を紹介します。 鶏ムネ肉 1枚(200g前後)• 塩 小さじ1杯• 水 500cc まずは、鶏むね肉に塩を揉み込みます。 次に鍋に沸騰したお湯を用意。 水の量は鶏胸肉が浸かるぐらいで、あまり多すぎたり少なすぎるのは出来上がりに影響するので注意。 お湯が沸騰したら、鶏むね肉を鍋に入れ、すぐに蓋をして10数えます。 そして、10秒数えたらすぐに火を止めます。 15秒だと長過ぎるし、5秒だと短すぎるのでここは10秒を正確に測ります。 「いーち、にーい、さーん・・・・・・じゅーう!」という数え方だと少し長過ぎるかもしれません。 不安なら時計やタイマーを見ながら正確に10秒数えましょう。 そしてここからがしっとりさせるためのポイント。 「火を止めたら30分ほったらかします。 」 30分、他の料理を作ったり、テレビを見たりしてのんびり待ちましょう。 のんびり待っている間に鶏むね肉に少しずつ火が通っていきます。 30分経ったら、あとは鍋からお肉を取り出して薄切りに。 マヨネーズやドレッシングなどで味付けして完成! 写真では、キューピーのテイスティドレッシング「胡麻こく味(ピーナッツ入り)」をかけています。 ごまドレッシングの中にピーナッツが入っていてコクがあり、鶏肉との相性もピッタリで美味しいです。

次の

カオマンガイ(タイ風茹で鶏炊き込みご飯) ※タレ付き

茹で 鶏 タレ

茹で鶏は5日ほど日持ちするとはいえ、やっぱり だんだん肉の表面の色が悪くなってきます。 そのため早めに食べきるのが理想ではあるのですが、できることなら長く楽しみたいですよね。 茹で鶏に満遍なく調味料が馴染むよう、先に A を混ぜておくのがポイントです。 棒棒鶏は、一般的には茹で鶏の上にタレをかける料理ですが、このように事前にタレで和えておくことで、常備菜としてすぐに使えて便利ですし、保存性も向上します。 劣化の原因は 酸化の要因が大きいので、ねりごまたっぷりの棒棒鶏ダレでコーティングすることで、空気に触れるのを極力防ぎます。 お酢を使うので酸性になり、また砂糖も入っているため、雑菌が繁殖しにくくもなります。 茹で鶏の状態によりますが、 冷蔵庫で3日程度は日持ちします。 千切りにしたキュウリの上に乗せるだけで、パパッと簡単おつまみが完成。 これほんと美味し過ぎて、最近毎晩食べてます。 笑 仕上げにラー油を垂らして糸唐辛子を乗せると、見栄えが良くなりますよ! ところで、棒棒鶏って、なんでこんなにキュウリが合うのでしょう。 キャベツやレタスを下に敷いて食べると、イマイチしっくりこない。 キュウリだからこそ、 「棒棒鶏うま!!」てなる。 この青っぽい味と、みずみずしさが良いのでしょうか。 不思議なものです。

次の