シフト自由 正社員。 大京警備保障株式会社の求人概要

時間や曜日が選べる・シフト自由,正社員,東京のバイト・アルバイト求人情報【フロムエー】|パートの仕事も満載

シフト自由 正社員

こんにちは、たつです。 週休二日制で土日を連休にしている人が多い中、「シフト制」という働き方もあります。 シフト制の場合多くはその名の通りシフトで働くことになるので、土日休みが関係なくなることもあります。 次の仕事を探す際には、固定休でもシフト制でもよければかなり間口が広がりますよね。 ですが今まで土日祝休みだった人にとってみれば、シフト制のお仕事に変わった際には、 かなり生活サイクルが変わるものと思われます。 それは一つに「希望休」というものを申請するようになるから、というのが大きい所。 今回は、実際にシフト制の働き方を経験したことがない方に参考になるように シフト制でがっつり10年以上働いていたことがある僕の経験から• そもそも希望休ってどういうこと?• シフト制の正社員の希望休の実態 ここらへんをまとめてみたいと思います。 Contents• シフト制とは? そもそも「シフト制」ってどういう働き方なのか? シフト制のお仕事はいろんな業種でたくさんあると思いますが、ざっくりと説明すればこういうことでしょう。 ある会社には「仕事1」「仕事2」「仕事3」がありました。 こなさなければいけない仕事1〜3を曜日ごとに担当者を変えて、毎日こなせるように動くのがシフト制です。 Aさんは、月曜日に「仕事1」を火曜日に「仕事2」を水曜日に「仕事3」をこなします。 Dさんは、木曜日に「仕事1」を金曜日に「仕事2」を土曜日に「仕事3」をこなします。 このような感じで毎日仕事1〜3をこなすために複数人で協力しながら仕事を割り振っていく働き方がシフト制の働き方です。 ここにさらに時間での区切りも入ってきます。 24時間体勢のコンビニは分かりやすい例ですよね。 24時間ずっと1人でコンビニの仕事をするわけにはいかないので、同じ仕事内容を時間を区切って複数人で回していく働き方と言うことが出来ます。 希望休とは?有給との違いはあるの? 日本では固定休で働く人が多い中で、シフト制で働いている人は• 土日固定休• 祝日は絶対休み こういう考え方自体がありません。 希望休とは? 希望休という言葉は「シフト制」で働く人達が、自分の希望する休みを要求する時に使う言葉になります。 ですので「普通の人が土日休みを取る感覚」で「シフト制の人が土日休みを取る」場合は「希望休」を申請しないといけません。 シフト制の職場には 毎月のシフト作成者が存在しています。 仕事をまわすために今月はこのような人員配置で行こうと考え、一枚の紙やデータにまとめるわけですね。 本来は仕事をこなすために、シフト作成者が全員の休みを調整しながら毎月のシフトを作成します。 これがあるからこそ休みが平日や休日関係なくバラバラになってしまうのです。 有給との違いは? 希望休と有給の違いは固定休で働いている人と同じです。 どういうことかというと 土日祝固定休で働いているサラリーマンが有給を取るとします。 この図で働き方や有給と希望休の違いをイメージ出来ましたでしょうか。 会社によって「何回希望休を入れてよいのか」は違ってくると思います。 だいたい3回以下でしょう。 5回も希望できたら人員不足の職場は回らなくなってしまいますからね。 シフト制の正社員は希望休がとれない? シフト制の働き方の中でも大きく違ってくるのは、 パート社員と正社員で希望休の取り方が全く違う ということです。 パート社員はその名の通り、時間帯や曜日を決めて働く人のことなのでシフト制の職場でも• この曜日が固定で休み• 月ごとの予定で希望休の回数が上下• 時間帯も固定• いつ辞めるかわからない こういうことが多々あります。 ってことはですよ? シフト制の正社員は、パート社員も含めた全体のシフトの穴埋めも考えながら働くことが多い のです。 これは実際の職場でのリアルな声だと思います。 ですので、シフト制の正社員がいる職場では、 希望休が非常に取りにくい職場の雰囲気が出来上がっているパターンが多いのです。 1日や2日くらいなら大丈夫ですが、夏休みだから!とか正月だから!といって3日〜1週間くらい休むといったことはまず出来ません。 ですが長期休暇はかなり取りにくいのが現状です。 休暇を取ることは物理的には出来ますが、あなたの長期休暇の為に他の正社員がそのしわ寄せをくらうと分かっていたら、あなたは堂々と長期休暇+有給休暇を取れますか? 普通なら取れませんよね。 ここらへんは個々人で話し合いながら、うまくお互いの休暇を取っていく体勢が必要になってきます。 一年をかけて、正社員が順繰りで長期休暇を取得していく。 というパターンもあります。 実際にこういう職場での労働経験がない方がこれから「働いてみよう!」となったら、ちょっと億劫な感じがしますよね。 そもそもシフト制がこういう働き方なのでしょうがないんですけどね・・・。 シフト制の正社員の現場の実態はどうなの?!• シフト制は全員で協力するもの• パート社員は希望通り休む• シフト制の正社員の希望休が取りにくい現場の雰囲気• シフト制の正社員は穴埋め要員 誰が言わずとも「シフト制」の職場にはこれらの考えが根付いています。 全部が全部そうとは限りませんが これらのポイントと、 希望休の申請はみんなが見える一枚の紙に全員が書き込むことがおおいのです。 これもすべての職場でそうとは限りませんが・・・ 希望休といっても全員が「同じ日」に希望を入れられたら困りますからね・・・。 こういう現場でどのようなことが起こるのかと言うと・・・。 話し合って一人出てもらえる? これが実態です 当然といえば当然なんですが・・・。 私の職場は人が余ってます!という所ってあるんでしょうか?どこも人員不足の中でなんとか仕事をこなしているはずですよね。 結局だれが言わずともこういう雰囲気って出来ちゃうんですよね。 これが毎月続きますからね。 これってホントの意味で自分が休みたいときに休める希望休になっているのか? 特に、自分ではなく子供の用事で休みたいとなれば、希望休は絶対通したいですよね。 僕は子供が生まれてからひしひしとシフト制の「自由じゃない感」をより感じるようになりました。 まとめ 業種によってばらつきはあると思いますが シフト制の正社員は希望休が取りづらいのは確かです。 シフト制はみんなで同じ仕事をこなしていく働き方なのでしょうがないんですけどね・・・。 もうその職場の雰囲気がすでに「希望休が取りづらい」感じになっています。 よほどいい人の集まりでなければ、そのうち人間関係がね・・・。 結果としては「希望休」が取れないわけではありません。 ただ用事があるほど毎月毎月調整することになります。 やっぱり子供が小学生以上になってくると、固定休のほうがなにかと便利なのは確かですね。

次の

求人詳細【正社員登用制度あり!シフト自由自在!貴方のライフスタイルにあった働き方ができます!【小川町】】

シフト自由 正社員

シフト制の仕事が気になるけどきついのかな?• 休日の予定は立てずらい?休みの希望とかは出せるの?• シフト制の正社員の求人ってどうなんだろう… 求人情報を眺めながら、シフト制の仕事に対する興味持っている人は多いと思います。 実際そのスタイルを好んで働いている方も多い「シフト制の仕事」ですが、正社員の求人も見かけることも多いですよね。 転職にあたって 土日休みの仕事からシフト制の仕事を検討する人も多いので、休みのことなど気になることも多いはず。 僕自身シフト制の正社員をしていた経験があるので、シフト制の仕事に対する疑問にはかなり答えられる自信があります。 まず1つだけお伝えしておくとすれば、 シフト制の職業はその特性をきちんと理解した上で選ばないと必ず後悔するということ。 浅い理解で手を出せば、必ず辞めたいと思うハメになります。 シフト制に詳しくない方は、まずシフト制正社員の実態をここで学んでいって下さい。 この記事では シフト制の正社員で働いた人にしか分からない休日や実態、気になるメリット・デメリットなどについて解説していきます。 「ここだけはどうしても」という時だけ申請する シフトを作成する管理者には全員から色々な要望が寄せられるので、極力わがままは控えるのがベターなんですよ。 普段から協力的な態度を取っておくことで、いざ自分がどうしても休みたいときにすんなり休ませてもらえますからね。 いかにシフト制と言えど、正社員で毎週休みの希望を出すのは仕事上の評価を落とす原因になる可能性が高い。 自己都合の休日申請はほどほどに。 と覚えておきましょう。 休日に関してはこのくらいにして、ここからはシフト制正社員のメリットを見ていきます。 土日が休みの一般的な会社員の場合、 8時~17時などの形で仕事をしていると役場での手続きや病院などの公共機関に行けない状況が生まれる。 ただ これがシフト制の仕事であれば平日が休みになる確率は高いですし、早朝から始まるシフトなら仕事終わりにぎりぎり駆け込める可能性がある訳ですね。 なかでも一番助かるのは免許の更新。 基本的に免許の更新は平日なので、普通であれば有給休暇を取って更新に行くことも珍しくありません。 これが 平日に休みが取れるシフト制の仕事なら、シフトを調整してもらうだけで行けたりするのが良いところ。 こういった生活する上で必要な用事を溜めることなく、上手く消化していけるのがシフト制・正社員の1番のメリットと言えます。 少し遅めの時間から仕事が始まる日は通勤ラッシュを避けられますし、土日なら平日よりも平和な通勤が約束されます。 車なら渋滞を避けられますし、電車であれば座っていける確率も高いので通勤ストレスが軽減できるのがポイント。 僕の場合は電車だったので、通勤ラッシュに巻き込まれずに出社できるのが本当に嬉しかった思い出があります。 電車通勤の場合は往復の移動が楽になるだけで疲労感が全く違うので、案外馬鹿にできないメリットですね。 例えば下記のように週休二日制で土日休みの一般的な正社員を例にすると、通常5連勤の後に2日休むという形になります。 実際シフト制の仕事をしている方は、 この「適度に休みを挟んでいける」スタイルを好んでいる人も多いです。 疲れやすい人や体の弱い人など、連休よりも休みを分けて取りたい人にはピッタリかもしれない。 ただ注意して欲しいことが1つ。 これはきちんと休みが取れる企業の話です。 ブラックなところだと休日出勤や人手不足を理由に、平気で休みが取れないこともあるので要注意。 一般的な週休二日で時間固定の仕事の場合、就業時間も休日も決まっているので生活に一定のリズムが出来上がりますよね? これがシフト制の仕事であれば、早番と遅番という形で分かれる可能性が非常に高いです。 すると当然のごとく夜寝る時間や朝起きる時間、食事の時間は統一されない。 これによって生活リズムが不規則になり、体調不良を招く原因を作ってしまいます。 20代の若いうちは気になりませんが、年齢を重ねるにつれて生活リズムの乱れを「きつい」と感じることも多くなっていきます。 その過程で人員を偏りなく配置していくことが多いため、 基本的に連休になることはあまりないと思っていた方が良いです。 これは同じ人を2日連続で休みにしてしまうと、その人がいない穴をカバーするのに調整が必要になってしまうからなんですね。 そういったシフト制の事情を考えると、よっぽどの事情がない限り連休は存在しないというのがあなたにも想像できるはず。 ただそんなシフト制の正社員でも「連休を取る方法」はもちろん存在します。 シフト制の職場で連休を取る場合には、 元々ある休日に有給を足して繋げる傾向が多いんですよ。 休んでる側からすると「会社に捕まる」って感じかな・・・。 シフト制の仕事は決まった人員を配置があるため、非常時はどうしても穴埋めをしなければいけない傾向がありますね。 シフト制の正社員になる上で注意するべきポイント さてさて、そろそろシフト制の正社員について理解が深まってきたころじゃないかと思います。 せっかくなのでここから先は僕が実体験から得た、 「シフト制の正社員になる上での注意点」について的を絞って書いていく。 ただリアルな実態を書いていくだけなので、 シフト制の正社員へ転職を考えていない人は読まなくていいですよ。 職種自体がきつい・辛いと言われる職業に偏る点 シフト制・正社員の求人はあらかた見たよ、という人であれば気付くことが1つある。 それは、職種や職業が一般的に「きつい」とされている業界にかたよっているということなんですよ。 参考程度にシフト制・正社員の職業を並べてみます。 睡眠時間の確保• 栄養のある食事• 定期的なストレス解消 睡眠時間の確保、栄養のある食事、定期的なストレス解消。 シフト制の正社員を目指す場合には、これら基本的な事にいつも以上に気を付けて生活する必要があります。 後々のことまで考えた仕事の選び方をする 今は20代で勢いのある若者でも、必ず30代を迎え40代・50代と年齢を重ねていきます。 ここまで触れてきた不規則な生活や体調面への影響を考えると、 出来るだけ歳をとっても続けていける負担の少ない職種にしたほうがいい。 例えば「飲食業は年とってからキツそうだな。 やめておこう。 」とかそんな感じの自分基準でOK。 仕事を探す際は、誰しも今現在の自分を基準に職種を考えるものです。 ただ シフト制の仕事で正社員になるのであれば、後々のことまで考えた上で職種を選んでおくと結果的に長く勤められる要因にもなる。 そういった無用な転職を避けるためにも、仕事内容については時間をかけて考えておくほうがいいですね。 シフト制の仕事をしたい場合は会社選びを慎重にする ここまで書いてきた通り、シフト制正社員の仕事には「良い面」もあれば「悪い面」もあります。 そんなシフト制の正社員について理解を深めた上でなお、シフト制の仕事をしてみたいと思った方も多いはず。 そういう人はただ1つ、会社選びだけは慎重にやりましょう。 これは記事の中でも触れましたが、 休日や勤務時間が曖昧になりがちなシフト制の業界はどうしてもブラック企業が多い傾向にあるからです。 仕事は40代や50代になっても続けていくものですよ。 いつも求人情報を眺めながら「なんとなく仕事を探しているような人」は、特に注意して会社選びをしてみて下さい。

次の

大京警備保障株式会社の求人概要

シフト自由 正社員

こんにちは、たつです。 週休二日制で土日を連休にしている人が多い中、「シフト制」という働き方もあります。 シフト制の場合多くはその名の通りシフトで働くことになるので、土日休みが関係なくなることもあります。 次の仕事を探す際には、固定休でもシフト制でもよければかなり間口が広がりますよね。 ですが今まで土日祝休みだった人にとってみれば、シフト制のお仕事に変わった際には、 かなり生活サイクルが変わるものと思われます。 それは一つに「希望休」というものを申請するようになるから、というのが大きい所。 今回は、実際にシフト制の働き方を経験したことがない方に参考になるように シフト制でがっつり10年以上働いていたことがある僕の経験から• そもそも希望休ってどういうこと?• シフト制の正社員の希望休の実態 ここらへんをまとめてみたいと思います。 Contents• シフト制とは? そもそも「シフト制」ってどういう働き方なのか? シフト制のお仕事はいろんな業種でたくさんあると思いますが、ざっくりと説明すればこういうことでしょう。 ある会社には「仕事1」「仕事2」「仕事3」がありました。 こなさなければいけない仕事1〜3を曜日ごとに担当者を変えて、毎日こなせるように動くのがシフト制です。 Aさんは、月曜日に「仕事1」を火曜日に「仕事2」を水曜日に「仕事3」をこなします。 Dさんは、木曜日に「仕事1」を金曜日に「仕事2」を土曜日に「仕事3」をこなします。 このような感じで毎日仕事1〜3をこなすために複数人で協力しながら仕事を割り振っていく働き方がシフト制の働き方です。 ここにさらに時間での区切りも入ってきます。 24時間体勢のコンビニは分かりやすい例ですよね。 24時間ずっと1人でコンビニの仕事をするわけにはいかないので、同じ仕事内容を時間を区切って複数人で回していく働き方と言うことが出来ます。 希望休とは?有給との違いはあるの? 日本では固定休で働く人が多い中で、シフト制で働いている人は• 土日固定休• 祝日は絶対休み こういう考え方自体がありません。 希望休とは? 希望休という言葉は「シフト制」で働く人達が、自分の希望する休みを要求する時に使う言葉になります。 ですので「普通の人が土日休みを取る感覚」で「シフト制の人が土日休みを取る」場合は「希望休」を申請しないといけません。 シフト制の職場には 毎月のシフト作成者が存在しています。 仕事をまわすために今月はこのような人員配置で行こうと考え、一枚の紙やデータにまとめるわけですね。 本来は仕事をこなすために、シフト作成者が全員の休みを調整しながら毎月のシフトを作成します。 これがあるからこそ休みが平日や休日関係なくバラバラになってしまうのです。 有給との違いは? 希望休と有給の違いは固定休で働いている人と同じです。 どういうことかというと 土日祝固定休で働いているサラリーマンが有給を取るとします。 この図で働き方や有給と希望休の違いをイメージ出来ましたでしょうか。 会社によって「何回希望休を入れてよいのか」は違ってくると思います。 だいたい3回以下でしょう。 5回も希望できたら人員不足の職場は回らなくなってしまいますからね。 シフト制の正社員は希望休がとれない? シフト制の働き方の中でも大きく違ってくるのは、 パート社員と正社員で希望休の取り方が全く違う ということです。 パート社員はその名の通り、時間帯や曜日を決めて働く人のことなのでシフト制の職場でも• この曜日が固定で休み• 月ごとの予定で希望休の回数が上下• 時間帯も固定• いつ辞めるかわからない こういうことが多々あります。 ってことはですよ? シフト制の正社員は、パート社員も含めた全体のシフトの穴埋めも考えながら働くことが多い のです。 これは実際の職場でのリアルな声だと思います。 ですので、シフト制の正社員がいる職場では、 希望休が非常に取りにくい職場の雰囲気が出来上がっているパターンが多いのです。 1日や2日くらいなら大丈夫ですが、夏休みだから!とか正月だから!といって3日〜1週間くらい休むといったことはまず出来ません。 ですが長期休暇はかなり取りにくいのが現状です。 休暇を取ることは物理的には出来ますが、あなたの長期休暇の為に他の正社員がそのしわ寄せをくらうと分かっていたら、あなたは堂々と長期休暇+有給休暇を取れますか? 普通なら取れませんよね。 ここらへんは個々人で話し合いながら、うまくお互いの休暇を取っていく体勢が必要になってきます。 一年をかけて、正社員が順繰りで長期休暇を取得していく。 というパターンもあります。 実際にこういう職場での労働経験がない方がこれから「働いてみよう!」となったら、ちょっと億劫な感じがしますよね。 そもそもシフト制がこういう働き方なのでしょうがないんですけどね・・・。 シフト制の正社員の現場の実態はどうなの?!• シフト制は全員で協力するもの• パート社員は希望通り休む• シフト制の正社員の希望休が取りにくい現場の雰囲気• シフト制の正社員は穴埋め要員 誰が言わずとも「シフト制」の職場にはこれらの考えが根付いています。 全部が全部そうとは限りませんが これらのポイントと、 希望休の申請はみんなが見える一枚の紙に全員が書き込むことがおおいのです。 これもすべての職場でそうとは限りませんが・・・ 希望休といっても全員が「同じ日」に希望を入れられたら困りますからね・・・。 こういう現場でどのようなことが起こるのかと言うと・・・。 話し合って一人出てもらえる? これが実態です 当然といえば当然なんですが・・・。 私の職場は人が余ってます!という所ってあるんでしょうか?どこも人員不足の中でなんとか仕事をこなしているはずですよね。 結局だれが言わずともこういう雰囲気って出来ちゃうんですよね。 これが毎月続きますからね。 これってホントの意味で自分が休みたいときに休める希望休になっているのか? 特に、自分ではなく子供の用事で休みたいとなれば、希望休は絶対通したいですよね。 僕は子供が生まれてからひしひしとシフト制の「自由じゃない感」をより感じるようになりました。 まとめ 業種によってばらつきはあると思いますが シフト制の正社員は希望休が取りづらいのは確かです。 シフト制はみんなで同じ仕事をこなしていく働き方なのでしょうがないんですけどね・・・。 もうその職場の雰囲気がすでに「希望休が取りづらい」感じになっています。 よほどいい人の集まりでなければ、そのうち人間関係がね・・・。 結果としては「希望休」が取れないわけではありません。 ただ用事があるほど毎月毎月調整することになります。 やっぱり子供が小学生以上になってくると、固定休のほうがなにかと便利なのは確かですね。

次の