渦の左がネ。 過・渦・蝸・禍・鍋

道中クエスト/渦の迷い道

渦の左がネ

表現 [ ] 日本語 [ ] 巻きの方向を表す語として、• (ゼットより、Z縒りとも)、(エスより、S縒りとも)• (ゼットまき、Z捲きとも)、(エスまき、S捲きとも)• (みぎて)、(ひだりて)、• (みぎねじ)、(ひだりねじ) などがある。 詳細は以下に解説する。 「巻き」などの語句は省略される事もある。 「巻く」と「回る」はよく似ている。 この場合も、混乱を招く場合がある。 英語 [ ] 英語では、次のような表現がある。 right-handed「(の、である)」、 left-handed「左手(の、である)」• s twist「またはS巻き」、 z twist「Z撚り、Z巻き」• 「の巻き方という性質を示す」 - 日本語に移した という言葉は自然科学分野で使われる。 「ヘリシティーに類似した言葉」 - 日本語に移した と言う言葉はの分野で、 と言う言葉はの分野でよく使われる。 主に植物用語として、語源的に各々右巻き、左巻きを意味するdextrorse、sinistrorseという語、および幾つかの派生語がある。 dextrorseはS巻き、sinistroseはZ巻きを表す約束だが、混乱し易いので、あまり使われず、小型の辞書には掲載されていない。 なお、日本語の「右巻き」を直訳するとright-windingとなる。 こういった表現は皆無ではないが、ほとんど目にしない。 巻き方一般について [ ] 右巻き、左巻きという区別が用いられる対象は、との2種類がある。 のように、見る方向によって、渦巻とも螺旋とも考えられるものもある。 「巻く」という語の与える意味合いには• 収縮、収束、もしくは伸長、展開に、一定方向への回転や旋回を伴う事• 一定の形状を持つ線状のもの、あるいは模様があり、線をたどる動作が1の意味で巻く事 がある。 これ以外の意味を辞書で見つける事ができるが、この記事とは関係が無いので割愛する。 渦巻き [ ] 図-2 螺旋(A):右手、右ねじ、Z巻き(B):左手、左ねじ、S巻き (らせん)の例は、ばね、正確にはコイルばね(つるまきばねとも言う)である。 定義をすると、円柱を考え、その軸方向の一つに進みながら、一定方向に巻きつく様、形状である。 なお、、つまり平面内のものを指して、螺旋と呼ぶ事もあるが、この項目では使わない。 螺旋の巻きには二種類ある、言葉で説明すると、不透明な円柱に糸を巻き付け、糸の見える部分、すなわち手前にある部分が• 右上と左下を結ぶもの(図-2(A))• 左上と右下を結ぶもの(図-2(B)) がある。 螺旋の巻き方の呼称は、混乱している。 前者(図-2(A))を右巻き、後者(図-2(B))を左巻きと呼ぶ事が多いようだが、この方法も、逆の方法も、どちらも根拠があり、一方が合理的という事は無い。 これについては、の節で後述する。 螺旋の巻き方の名称には、統一されたものが無く、混乱している。 以下にいくつか、何らかの分野で使われている呼び名で、矛盾なく定義されたものを紹介する。 Z巻き、S巻き [ ] アルファベットの文字の形にちなみ、図-2(A)を Z巻き、(B)を S巻きとする呼ぶ方法がある。 言葉で書くと、文字Z、Sの斜めの部分の違いに着目し、右上から左下に向かう部分のあるZを、螺旋の見えている部分の向きが一致する(A)の巻き方を、Z巻きと呼ぶ。 S巻きも同様。 この呼び方は主にロープやケーブル、ワイヤーなどで使われている。 螺旋の上下を180度回しても、手前と向こう側を回して入れ替えても、Z巻きはZ巻きに見える、合理的な呼び方である。 類似の表現として、糸やロープ等の撚り方の呼称として一般的な Z撚り、 S撚りがある。 アパレル業界においてはこの撚りに付いて、英語では上記の方向での用い方をするが、日本のアパレル業界においては左右の呼称が上記と反対になる。 すなわち、撚られた糸を縦に置き、上を固定し下を「右方向(時計回り)に」回転して撚りをかける方向をS撚り、逆にZ撚りは左方向に縒りこれと全く反対になる。 上記の図2の画像の解説にあるものと反対の解釈になる。 螺旋一般に通用する呼称が無いため、このページではロープ等以外を説明する為にも、Z巻き、S巻きの語を使うが、ロープ等以外の分野ではあまり使われているわけではないことを断わっておく。 後述する「」や「右ねじ、左ねじ」も同様である。 「右巻き、左巻き」の混乱 [ ] 見えている手前が右上がりで金属製ので成長する「」 特に、の巻き方を表す方法では、Z巻きを右巻きを呼ぶものとS巻きを右巻きと呼ぶもの、両者が使われており、混乱の原因になっている。 Z巻きを右巻きと呼ぶ根拠は、2つある。 縦に螺旋を置いたとき、見えている部分、すなわち手前の部分が、上がりながら、右に向かう。 後述する、からの連想。 S巻きを右巻きと呼ぶ根拠はこうである。 巻き付くもの自身の立場からは、上へ行きながら右へ右へ巻いているから、というものである。 螺旋階段を登りながら、右に曲がり続ける事から想像できる。 円柱を上から見て、(反)時計回りと呼べば解決する、という説もあるが、誤りである。 たとえば、の幼木は上から見るのが自然だが、巨木は見上げるのが自然であり、上から、あるいは下から見るのが当然というわけではない。 右手、左手 [ ] (みぎて)、 左手(ひだりて)とは、の巻く方向の名称であり、日本の内外を問わず使われる。 学術的にはこの語が使われることが多いが、分野にもよる。 螺旋が右手である、右手巻きであるとは、こういうことである。 右手を握り、親指を立てる。 螺旋の軸を、親指を出した方向に進む時、握った四本の指の付け根から、指先方向に巻きつくこと、これを言う。 上述のZ巻きである。 これは、の作るの記憶法の姉妹版である。 の項目も参照の事。 右巻き、左巻きを使う習慣のある世界で、右手と言うと、右巻きと混同される可能性もある。 巻き方向を表すために、もよく使われる。 右ねじは右手、Z巻き• 左ねじは左手、S巻き に各々等しい。 混乱の原因 [ ] 内に行くのか、外に行くのか。 上に向かうとしたら、どの部分がそうなのか、等、選び方が複数ある所に、一つを選んでの語をあてはめることが、一つの問題である。 また、巻き方の名称と、定義、記憶法、この三つを区別しなければ、混乱に陥る可能性がある。 逆に、これらが良く一致する名称は、混乱の余地が少ないと言える。 より深い原因については、このページのの節を参照の事。 辞書による説明 [ ] 『広辞苑』(第五版)、『大辞林』(初版)、『新明解国語辞典』(第四版)などの代表的な辞書による「右巻き」等の説明は、十分ではない。 「右巻き」の項が無い辞書もある。 一方「左巻き」は「変わり者」の意味と対比させて、巻き方の説明がある。 それらは「左回り」もしくは「反時計回り」とされている。 渦巻に限っても、左巻きが反時計回りであるとしたところで、左に行きながらに外側に向かうのか、内側に向かうのかをはっきりさせなければ、説明にはならない。 螺旋の場合は更に丁寧な説明を要する事は、本記事に見る通りである。 なお、「左巻き」や「左回り」が反時計回りであるというのは、渦の中心の上側が左に向かう、とする立場である。 下側ではなく上側に着目するのが、人間の認識、本能の形なのかもしれないが、不詳である。 螺旋の呼称のまとめ [ ] 以下に挙げた内、「右巻き、左巻き」以外は、矛盾の無い定義である。 右巻き、左巻き 従来から良く使われており、言葉自体は馴染みがある。 統一された定義がない分野もある。 図鑑でこの語を見たら、図を見て確認することが望ましい。 右手、左手 右ねじ、左ねじ 矛盾のない定義であり、主に学術的な分野で、国際的にも使われる。 S撚り、Z撚り 糸、紐、ロープ、ワイヤーなど専用の、矛盾のない定義。 視覚的表現。 S巻き、Z巻き 矛盾のない定義。 主に糸、紐、ロープ、ワイヤー等に使われる。 それ以外にも使われるのを見かけるが、まれである。 視覚的表現なので、雌ねじのねじ山のように、普通と見える位置が逆のものには、紛らわしい。 「巻き」等の送り仮名は省略される事もある。 一つの分野で常識の用語でも、他でそうとは限らない。 ねじ回しを持った事のある人には右ねじは良く分かるが、そうでない人も多い。 具体例 [ ] 巻貝 [ ] アサガオの「つる」 の巻き付き方向は、通常右巻き、左巻きの語が用いられている。 しかし、を右巻きと呼ぶ方法と、を右巻きと呼ぶ方法の両方が使われている。 図鑑でこの語を見たら、図を見て確認することが望ましい。 昔はS巻きを右巻きと呼ぶ事があったが、最近はZ巻きを右巻きと呼ぶ事が多い。 学際的、国際的に使われるという表現の「右」に合わせるため、というのが一つの理由である。 「右手、左手」に関して、次の事を注意しておく。 わかりにくいと思ったら、無視しても良い。 このページで説明をした定義は、他の分野で広く使われるものである。 しかし、つる植物の世界では、(他の分野とは逆に)右巻きをS巻きと 定義した時、 記憶法として右手を使う場合がある。 また、「右手、左手」は矛盾なく定義された語だが、右手と言った時、相手が従来の右巻きと誤解する可能性もある。 いずれにせよ、つる植物の巻き付き方向の名称で、曖昧さがなく、しかも広く受けいれられているものは、2006年5月の時点では無い。 のはS巻き(左手、左ねじ)だが、はZ巻き(右手、右ねじ)であり、この違いは種の同定する時の判別ポイントの一つとなる。 の植物の例 、・ の植物の例 ・・、・、、 他 ・、のように、同一個体が両方の巻きを取り得るものもある。 また、のには「ひだりまき」という別名がある(実際にはその巻き方向は一定ではない)。 ねじ [ ] ねじ の巻き方向は2種類あり、片方を 右ねじ、もしくは単に右などと呼ぶ。 他方は 左ねじあるいは 逆ねじと呼ぶ。 とは、ねじ頭を手前に、螺旋部分を向こう側にした時、時計回りに回すと、奥に進む、すなわち締め付けられるものを言う。 ほとんどのねじは、右ねじであり、逆ねじは特殊な用途にのみ用いる。 例えば水道の蛇口やディスクグラインダーの刃など、ねじで固定するもの自体がねじ頭の役割をしたり回転するとき等に用いられる。 右ねじが多いのは、が多く、右手にねじ回しを持つと、右ねじは締める時に力が入り易いためである。 を表すために、右ねじの語を使うことも多い。 右ねじと同じ方向に巻くものが、右ねじである。 ねじはとがあるので、溝の形状に着目して、と呼ぶより、こう考えた方が確実である。 紐状のもの [ ] 拡大したロープの表面 、、、などでは、細い単位を撚り合わせて、より太く、丈夫なものを作る事がきわめて多い。 これらに関しては、 Z撚り、 S撚り、または Z巻き、 S巻き、の名称が一般的に使われ、として標準化されている。 天然の繊維を糸にするには撚りが必要であり、撚りの無い糸は無いからである。 「右巻き、左巻き」も目にするので、傾向として、• 撚りの組合せは実用上重要である。 撚りは戻ろうとする傾向を持つ為である。 たとえば、紐を編んでロープを作る際、各々の紐がS撚りならば、紐同士を編む時はZ巻きにするのが普通である。 これを S撚りZ巻きと呼ぶ。 ロープの編みの戻ろうとする方向と、紐の撚りの戻る方向が逆になるので、戻る事ができず、安定する為である。 S撚りS巻きや Z撚りZ巻きにも用途がある。 たとえばの芯で、燃え残りを防ぐ為に使われる。 これは、撚りの戻りやすさを利用している。 は、S巻きでもZ巻きでもない。 また毛糸玉など、巻いてはいるが、どちらの巻き方とも言えないものもある。 DNA [ ] のを形状で分けると、最も多いB型の他に、AとZがある。 AとBはすなわちで、Zはすなわちである。 Z-DNAのZは、英語でジグザグを意味するzig-zagから取られており、Z巻きではない。 実際、英語でZ-DNAのことを zig-zag DNAとも呼ぶ。 素粒子 [ ] サインポール (理容店の看板)は、日本ではZ巻き(右手、右ねじ)が多い。 巴紋 [ ] では左右の区別がなされる事も多いが、その意味するところは時代などにもより、必ずしも一定しない。 つむじ [ ] 他人の頭のを見て、中心から外側に向かう際、時計回りなものを右巻きと呼ぶ習慣である。 なお、左巻きのつむじに関する俗説より、左巻きの人と言うと、変わり者を指すようになったと、言われている。 少数派が悪く言われるのが普通だが、実際のところ、左巻きのつむじが極端に少ないことはない。 人物、性格 [ ] 「左巻きの人」と言うと、馬鹿者・捻くれ者の意味である。 逆に、「右巻き」という褒め言葉は無い。 前節「」も参照の事。 苗字 [ ] 著『日本苗字大辞典』には、• 「右巻」と書いて、「みぎまき」と読む苗字• 「左巻」と書いて、「さまき」と読む苗字• 「みぎまき」と読む苗字として、「右巻」 が収録されている。 「ひだりまき」と読む苗字や、他の読み方については収録されていない。 考察 [ ] において、渦巻や螺旋がどちらに巻いているかを厳密に問われることはない。 このため、多くの人は巻きの方向を区別できる明確な概念を持たず、そのような語の認知度も低い。 その一方で、馴染みのある右巻き、左巻きの語に対して「螺旋」は、明確な概念を伴わないうえに、そのことが一般に認識されていない。 このことが混乱を抑えにくい一因になっていると思われる。 関連項目 [ ]• - 繊維等のねじれの方向を示す 外部リンク [ ]• 垰田宏 2011年11月16日. 2011年12月24日閲覧。 - 日本における、つる植物の右巻きと左巻きの定義の詳しい歴史を含む。

次の

ころも ころもへん

渦の左がネ

表現 [ ] 日本語 [ ] 巻きの方向を表す語として、• (ゼットより、Z縒りとも)、(エスより、S縒りとも)• (ゼットまき、Z捲きとも)、(エスまき、S捲きとも)• (みぎて)、(ひだりて)、• (みぎねじ)、(ひだりねじ) などがある。 詳細は以下に解説する。 「巻き」などの語句は省略される事もある。 「巻く」と「回る」はよく似ている。 この場合も、混乱を招く場合がある。 英語 [ ] 英語では、次のような表現がある。 right-handed「(の、である)」、 left-handed「左手(の、である)」• s twist「またはS巻き」、 z twist「Z撚り、Z巻き」• 「の巻き方という性質を示す」 - 日本語に移した という言葉は自然科学分野で使われる。 「ヘリシティーに類似した言葉」 - 日本語に移した と言う言葉はの分野で、 と言う言葉はの分野でよく使われる。 主に植物用語として、語源的に各々右巻き、左巻きを意味するdextrorse、sinistrorseという語、および幾つかの派生語がある。 dextrorseはS巻き、sinistroseはZ巻きを表す約束だが、混乱し易いので、あまり使われず、小型の辞書には掲載されていない。 なお、日本語の「右巻き」を直訳するとright-windingとなる。 こういった表現は皆無ではないが、ほとんど目にしない。 巻き方一般について [ ] 右巻き、左巻きという区別が用いられる対象は、との2種類がある。 のように、見る方向によって、渦巻とも螺旋とも考えられるものもある。 「巻く」という語の与える意味合いには• 収縮、収束、もしくは伸長、展開に、一定方向への回転や旋回を伴う事• 一定の形状を持つ線状のもの、あるいは模様があり、線をたどる動作が1の意味で巻く事 がある。 これ以外の意味を辞書で見つける事ができるが、この記事とは関係が無いので割愛する。 渦巻き [ ] 図-2 螺旋(A):右手、右ねじ、Z巻き(B):左手、左ねじ、S巻き (らせん)の例は、ばね、正確にはコイルばね(つるまきばねとも言う)である。 定義をすると、円柱を考え、その軸方向の一つに進みながら、一定方向に巻きつく様、形状である。 なお、、つまり平面内のものを指して、螺旋と呼ぶ事もあるが、この項目では使わない。 螺旋の巻きには二種類ある、言葉で説明すると、不透明な円柱に糸を巻き付け、糸の見える部分、すなわち手前にある部分が• 右上と左下を結ぶもの(図-2(A))• 左上と右下を結ぶもの(図-2(B)) がある。 螺旋の巻き方の呼称は、混乱している。 前者(図-2(A))を右巻き、後者(図-2(B))を左巻きと呼ぶ事が多いようだが、この方法も、逆の方法も、どちらも根拠があり、一方が合理的という事は無い。 これについては、の節で後述する。 螺旋の巻き方の名称には、統一されたものが無く、混乱している。 以下にいくつか、何らかの分野で使われている呼び名で、矛盾なく定義されたものを紹介する。 Z巻き、S巻き [ ] アルファベットの文字の形にちなみ、図-2(A)を Z巻き、(B)を S巻きとする呼ぶ方法がある。 言葉で書くと、文字Z、Sの斜めの部分の違いに着目し、右上から左下に向かう部分のあるZを、螺旋の見えている部分の向きが一致する(A)の巻き方を、Z巻きと呼ぶ。 S巻きも同様。 この呼び方は主にロープやケーブル、ワイヤーなどで使われている。 螺旋の上下を180度回しても、手前と向こう側を回して入れ替えても、Z巻きはZ巻きに見える、合理的な呼び方である。 類似の表現として、糸やロープ等の撚り方の呼称として一般的な Z撚り、 S撚りがある。 アパレル業界においてはこの撚りに付いて、英語では上記の方向での用い方をするが、日本のアパレル業界においては左右の呼称が上記と反対になる。 すなわち、撚られた糸を縦に置き、上を固定し下を「右方向(時計回り)に」回転して撚りをかける方向をS撚り、逆にZ撚りは左方向に縒りこれと全く反対になる。 上記の図2の画像の解説にあるものと反対の解釈になる。 螺旋一般に通用する呼称が無いため、このページではロープ等以外を説明する為にも、Z巻き、S巻きの語を使うが、ロープ等以外の分野ではあまり使われているわけではないことを断わっておく。 後述する「」や「右ねじ、左ねじ」も同様である。 「右巻き、左巻き」の混乱 [ ] 見えている手前が右上がりで金属製ので成長する「」 特に、の巻き方を表す方法では、Z巻きを右巻きを呼ぶものとS巻きを右巻きと呼ぶもの、両者が使われており、混乱の原因になっている。 Z巻きを右巻きと呼ぶ根拠は、2つある。 縦に螺旋を置いたとき、見えている部分、すなわち手前の部分が、上がりながら、右に向かう。 後述する、からの連想。 S巻きを右巻きと呼ぶ根拠はこうである。 巻き付くもの自身の立場からは、上へ行きながら右へ右へ巻いているから、というものである。 螺旋階段を登りながら、右に曲がり続ける事から想像できる。 円柱を上から見て、(反)時計回りと呼べば解決する、という説もあるが、誤りである。 たとえば、の幼木は上から見るのが自然だが、巨木は見上げるのが自然であり、上から、あるいは下から見るのが当然というわけではない。 右手、左手 [ ] (みぎて)、 左手(ひだりて)とは、の巻く方向の名称であり、日本の内外を問わず使われる。 学術的にはこの語が使われることが多いが、分野にもよる。 螺旋が右手である、右手巻きであるとは、こういうことである。 右手を握り、親指を立てる。 螺旋の軸を、親指を出した方向に進む時、握った四本の指の付け根から、指先方向に巻きつくこと、これを言う。 上述のZ巻きである。 これは、の作るの記憶法の姉妹版である。 の項目も参照の事。 右巻き、左巻きを使う習慣のある世界で、右手と言うと、右巻きと混同される可能性もある。 巻き方向を表すために、もよく使われる。 右ねじは右手、Z巻き• 左ねじは左手、S巻き に各々等しい。 混乱の原因 [ ] 内に行くのか、外に行くのか。 上に向かうとしたら、どの部分がそうなのか、等、選び方が複数ある所に、一つを選んでの語をあてはめることが、一つの問題である。 また、巻き方の名称と、定義、記憶法、この三つを区別しなければ、混乱に陥る可能性がある。 逆に、これらが良く一致する名称は、混乱の余地が少ないと言える。 より深い原因については、このページのの節を参照の事。 辞書による説明 [ ] 『広辞苑』(第五版)、『大辞林』(初版)、『新明解国語辞典』(第四版)などの代表的な辞書による「右巻き」等の説明は、十分ではない。 「右巻き」の項が無い辞書もある。 一方「左巻き」は「変わり者」の意味と対比させて、巻き方の説明がある。 それらは「左回り」もしくは「反時計回り」とされている。 渦巻に限っても、左巻きが反時計回りであるとしたところで、左に行きながらに外側に向かうのか、内側に向かうのかをはっきりさせなければ、説明にはならない。 螺旋の場合は更に丁寧な説明を要する事は、本記事に見る通りである。 なお、「左巻き」や「左回り」が反時計回りであるというのは、渦の中心の上側が左に向かう、とする立場である。 下側ではなく上側に着目するのが、人間の認識、本能の形なのかもしれないが、不詳である。 螺旋の呼称のまとめ [ ] 以下に挙げた内、「右巻き、左巻き」以外は、矛盾の無い定義である。 右巻き、左巻き 従来から良く使われており、言葉自体は馴染みがある。 統一された定義がない分野もある。 図鑑でこの語を見たら、図を見て確認することが望ましい。 右手、左手 右ねじ、左ねじ 矛盾のない定義であり、主に学術的な分野で、国際的にも使われる。 S撚り、Z撚り 糸、紐、ロープ、ワイヤーなど専用の、矛盾のない定義。 視覚的表現。 S巻き、Z巻き 矛盾のない定義。 主に糸、紐、ロープ、ワイヤー等に使われる。 それ以外にも使われるのを見かけるが、まれである。 視覚的表現なので、雌ねじのねじ山のように、普通と見える位置が逆のものには、紛らわしい。 「巻き」等の送り仮名は省略される事もある。 一つの分野で常識の用語でも、他でそうとは限らない。 ねじ回しを持った事のある人には右ねじは良く分かるが、そうでない人も多い。 具体例 [ ] 巻貝 [ ] アサガオの「つる」 の巻き付き方向は、通常右巻き、左巻きの語が用いられている。 しかし、を右巻きと呼ぶ方法と、を右巻きと呼ぶ方法の両方が使われている。 図鑑でこの語を見たら、図を見て確認することが望ましい。 昔はS巻きを右巻きと呼ぶ事があったが、最近はZ巻きを右巻きと呼ぶ事が多い。 学際的、国際的に使われるという表現の「右」に合わせるため、というのが一つの理由である。 「右手、左手」に関して、次の事を注意しておく。 わかりにくいと思ったら、無視しても良い。 このページで説明をした定義は、他の分野で広く使われるものである。 しかし、つる植物の世界では、(他の分野とは逆に)右巻きをS巻きと 定義した時、 記憶法として右手を使う場合がある。 また、「右手、左手」は矛盾なく定義された語だが、右手と言った時、相手が従来の右巻きと誤解する可能性もある。 いずれにせよ、つる植物の巻き付き方向の名称で、曖昧さがなく、しかも広く受けいれられているものは、2006年5月の時点では無い。 のはS巻き(左手、左ねじ)だが、はZ巻き(右手、右ねじ)であり、この違いは種の同定する時の判別ポイントの一つとなる。 の植物の例 、・ の植物の例 ・・、・、、 他 ・、のように、同一個体が両方の巻きを取り得るものもある。 また、のには「ひだりまき」という別名がある(実際にはその巻き方向は一定ではない)。 ねじ [ ] ねじ の巻き方向は2種類あり、片方を 右ねじ、もしくは単に右などと呼ぶ。 他方は 左ねじあるいは 逆ねじと呼ぶ。 とは、ねじ頭を手前に、螺旋部分を向こう側にした時、時計回りに回すと、奥に進む、すなわち締め付けられるものを言う。 ほとんどのねじは、右ねじであり、逆ねじは特殊な用途にのみ用いる。 例えば水道の蛇口やディスクグラインダーの刃など、ねじで固定するもの自体がねじ頭の役割をしたり回転するとき等に用いられる。 右ねじが多いのは、が多く、右手にねじ回しを持つと、右ねじは締める時に力が入り易いためである。 を表すために、右ねじの語を使うことも多い。 右ねじと同じ方向に巻くものが、右ねじである。 ねじはとがあるので、溝の形状に着目して、と呼ぶより、こう考えた方が確実である。 紐状のもの [ ] 拡大したロープの表面 、、、などでは、細い単位を撚り合わせて、より太く、丈夫なものを作る事がきわめて多い。 これらに関しては、 Z撚り、 S撚り、または Z巻き、 S巻き、の名称が一般的に使われ、として標準化されている。 天然の繊維を糸にするには撚りが必要であり、撚りの無い糸は無いからである。 「右巻き、左巻き」も目にするので、傾向として、• 撚りの組合せは実用上重要である。 撚りは戻ろうとする傾向を持つ為である。 たとえば、紐を編んでロープを作る際、各々の紐がS撚りならば、紐同士を編む時はZ巻きにするのが普通である。 これを S撚りZ巻きと呼ぶ。 ロープの編みの戻ろうとする方向と、紐の撚りの戻る方向が逆になるので、戻る事ができず、安定する為である。 S撚りS巻きや Z撚りZ巻きにも用途がある。 たとえばの芯で、燃え残りを防ぐ為に使われる。 これは、撚りの戻りやすさを利用している。 は、S巻きでもZ巻きでもない。 また毛糸玉など、巻いてはいるが、どちらの巻き方とも言えないものもある。 DNA [ ] のを形状で分けると、最も多いB型の他に、AとZがある。 AとBはすなわちで、Zはすなわちである。 Z-DNAのZは、英語でジグザグを意味するzig-zagから取られており、Z巻きではない。 実際、英語でZ-DNAのことを zig-zag DNAとも呼ぶ。 素粒子 [ ] サインポール (理容店の看板)は、日本ではZ巻き(右手、右ねじ)が多い。 巴紋 [ ] では左右の区別がなされる事も多いが、その意味するところは時代などにもより、必ずしも一定しない。 つむじ [ ] 他人の頭のを見て、中心から外側に向かう際、時計回りなものを右巻きと呼ぶ習慣である。 なお、左巻きのつむじに関する俗説より、左巻きの人と言うと、変わり者を指すようになったと、言われている。 少数派が悪く言われるのが普通だが、実際のところ、左巻きのつむじが極端に少ないことはない。 人物、性格 [ ] 「左巻きの人」と言うと、馬鹿者・捻くれ者の意味である。 逆に、「右巻き」という褒め言葉は無い。 前節「」も参照の事。 苗字 [ ] 著『日本苗字大辞典』には、• 「右巻」と書いて、「みぎまき」と読む苗字• 「左巻」と書いて、「さまき」と読む苗字• 「みぎまき」と読む苗字として、「右巻」 が収録されている。 「ひだりまき」と読む苗字や、他の読み方については収録されていない。 考察 [ ] において、渦巻や螺旋がどちらに巻いているかを厳密に問われることはない。 このため、多くの人は巻きの方向を区別できる明確な概念を持たず、そのような語の認知度も低い。 その一方で、馴染みのある右巻き、左巻きの語に対して「螺旋」は、明確な概念を伴わないうえに、そのことが一般に認識されていない。 このことが混乱を抑えにくい一因になっていると思われる。 関連項目 [ ]• - 繊維等のねじれの方向を示す 外部リンク [ ]• 垰田宏 2011年11月16日. 2011年12月24日閲覧。 - 日本における、つる植物の右巻きと左巻きの定義の詳しい歴史を含む。

次の

ころも ころもへん

渦の左がネ

「左右の理屈」ページも、今年の1月以来まったくメンテしていない。 書き残したい話題はあるのだが、より直近の関心である遍路ページに戻ってしまうのだ。 そんな中、「お四国さんと民話たび(第二集):岸上匡」を読んでいて、次の文章を見つけた。 その三つの馬鹿は、いずれも阿波にはなくてはならない大切な観光資源である。 その筆頭は、まず阿波踊り、これは阿呆踊りともいうから馬鹿の中に入る。 つぎは鳴門の渦潮。 この渦は左巻きである。 残る一つは大歩危、小歩危、すなわち「ボケ」である。 … とまあ、「左巻き」=「バカ」と断言しているのだが、他の二つの「馬鹿」も、決して馬鹿ではないので、単なるユーモアとして許容しておこう。 ところが、どの映像も渦は「右巻き」であった。 これでは、上の「阿波の三馬鹿」説が崩れてしまうが、挿画の版画を見ると、「左巻き」である渦潮が「右巻き」で描かれている。 訳が分からない。 渦に関する描写で最も優れたものは、ポーの「メールストロムの渦」ではないか。 と言うより、他に思いつかない。 あの超自然的で全てを呑み込む渦、あの渦は「右巻き」なのか「左巻き」なのか。 室内のどこかに文庫本があるはずだが、なかなか見つからない。 やっと今日、見つけて読み直すが、渦の回転方向に関する記述は発見できなかった。 ただし、渦の回転方向に着目して読むと、どちらかというと観念的に読解される「メールストロムの渦」が物理的力学的な現象として浮かびあがってくる。 ちなみにメールストロムの渦は、ノルウェイの「ロフォーデンのモスケー島」の近くに発生するという設定になっている。 実際にロフォーテン諸島の南端にモスケネセア島があるので、このあたりの海をイメージしたのだろうか。 渦の回転方向に関する記述はなかったが、船は最初、「左舷へぐいとなかばまわり、それからその新たな方向へ稲妻のようにつき進みました。 」とあり、次には「その右舷は渦巻に近く、左舷にはいま通ってきた大海原がもり上がっていた」とある。 右側を内側にして回転するなら、この渦は「右巻き」ということになる。 断定はできないし、筆者はそんなことには関心がないから、左右の記述を厳密におこなったかは疑わしい。 渦潮は潮汐によって発生するから、満潮時と干潮時で流れが変わる。 流れの方向で渦の回転方向が決定されるというのが予想である。 以下のサイトの説明が分かり易い。 「鳴門の渦潮はこうしてできる」(うずしお観潮船のサイトより) ……流れの速い本流と、その両サイドの緩やかな流れの境目付近で渦が発生します。 速い本流の流れに流れの遅い水が引き込まれて渦潮がまくものと考えられています。 この原理から考察しますと、潮流が北から南に向かって流れている時(南流時)、大鳴門橋を背にして正面を向いた時、右側(鳴門側)には時計の針の動きと同じ右巻きの渦が、そして左側(淡路島側)には左巻きの渦が発生し、潮流が南から北へと流れている時(北流時)は逆に、鳴門側で左巻き、淡路島側で右巻きの渦が見られるはずですが、 実際自然の中の鳴門海峡では、南流時は鳴門側に、北流時には淡路島側にのみ多く発生します。 つまり、右巻きの渦潮がほとんどなのです。 まれには左巻きの渦潮も巻きます……。 この場合は、鳴門側に「右巻き」の渦が発生。 私の予測も外れた。 たまたま本を読んでいるときに、テレビが鳴門の渦を映し出さなかったら、この伝承を信じて、また知ったかぶりして、ウェブに書いてしまうところだ。 テレビでこの渦を撮影した水中カメラマンは、接近撮影で渦に巻き込まれる恐怖を感じていたのに、逆に渦に弾き飛ばされたと発言していた。 メールストロムの渦に巻き込まれた小船に乗った船員は、大きな物体は渦に呑み込まれるのに、軽い物体が渦の外側に運ばれる現象を発見し、自ら渦に飛び込み、結果として渦の外側に運ばれて生還する。 同じ現象なのだろうか。 話しは鳴門の渦に戻って、鳴門の渦に「左巻き」ができにくい理由として「コリオリ力」が使えないか考えてみよう。 「コリオリ力」は地球のような回転座標系の運動物体に働く見かけの力で、どんな本も北半球で台風の渦が「左巻き」(南半球では「右巻き」)なのは、コリオリ力の影響だと説明している。 ところが、コリオリ力は北半球では進行方向に向かって右側に働く。 普通に考えれば、北半球では台風の渦は「右向き」になるべきだ。 コリオリ力というのは直感的には分かりやすいが、きちんとした理解は困難な概念だし、何より自分のように右も左も分からない人間には説明不能である。 しかしカーナビやジャイロセンサを説明するためには、きちんと分かっていないと困る。 今日はきちんと絵を描きながら、少しでも自分の混乱した脳の理解を助けるようにしたい。 コリオリ力(高校の先生のサイトより) このサイトの海流図を使って、地球の回転方向、偏西風、貿易風を記入すると以下になる。 単純にコリオリ力だけでなく、各種の力関係が複合した結果としてではあるが、北半球の海流は「右回り」(南半球の海流は「左回り」)となる。 鳴門もメールストロムも北半球にあるが、その回転方向は一致していることになる。 問題は台風である。 ここまでの理解では、北半球の台風が「左巻き」になる理由が分からない。 ここまでの理解では、北半球の台風が「左巻き」になる理由が分からない。 最近国内でも頻発する竜巻も、ガードナーの「自然界における左と右」では、北半球では「左巻き」であるとしている。 渦の回転中心がほぼ固定していて、流れの運動だけが慣性の影響を受ける海流は、以上の説明でよいとして、台風や竜巻のように回転しながら、中心が移動すると、話しがややこしくなる。 台風の雲 という談話室があるが、これを読むともっとややこしくなる。 ただ、ともかく「台風の渦巻きはコリオリ力によって左巻きになる」など知ったかぶりしてはいけないということだけは分かった。 鳴門の渦潮から話題がどんどんズレていったが、これはコリオリ力の影響ではない。 【鏡と螺旋の迷宮】.

次の