ドラクエ 呪文 最強。 ドラクエ11で憶えていた最強の復活の呪文を入力したら衝撃の結果に…!!

ドラゴンクエストシリーズの呪文体系

ドラクエ 呪文 最強

現環境トップクラスの性能を誇る「ワイトキング」の専用装備とも言える装備で、ゾンビ系の呪文火力を更に底上げすることができます。 現環境トップクラスの性能を誇る「キラーマシン」や「グレイトドラゴン」と相性がよく、「マヒャド斬り」や「ブリザーラッシュ」の火力を底上げすることができます。 ストーリー終盤で大活躍する「カイザードラゴン」や「グレイトドラゴン」の物理攻撃火力を上げることができます。 メラ属性のブレス「しゃくねつ」を持った「れんごくちょう」や、高火力かつ広範囲のメラ属性体技攻撃持ちの「にじくじゃく」と相性のいい装備になります。 単体270%のデイン属性物理攻撃「天雷山」持ちの「カイザードラゴン」と最も相性のいい装備になります。 最強ランキング筆頭の「ワイトキング」の「バギクロス」や「バギマ」の火力を底上げすることができます。 ヒーラー兼サポーターの「スライムエンペラー」に攻撃呪文を習得させ、スライムワンドでさらに呪文火力を上げることで、 さらに強力な呪文アタッカーにすることができます。 最強ランキング筆頭の「テンタクルス」や自然系モンスターの物理攻撃火力を上げられる性能になります。 特に、超高火力の広範囲呪文「イオナズン」持ちの「アークデーモン」と相性抜群で、他にも悪魔系の呪文火力を上げられる装備になります。 特に、最強ランキング上位の「にじくじゃく」と相性がよく、他にも魔獣系の息火力を上げられる装備になります。 特に、物理タイプ最強クラスの「おにこんぼう」と相性がよく、全ての火力を上げることができます。 特に、自然系かつ「しゃくねつ」持ちの「れんごくちょう」と相性抜群で、他にも自然系のすばやさを上げられる装備になります。 リセマラ情報• ランキング記事• パーティー編成• モンスター• Sランクモンスター• レア度別モンスター一覧• 系統別モンスター一覧• タイプ別モンスター一覧• ガチャ• 初心者・序盤攻略• 攻略お役立ち• アイテム• ゲームシステム• システム関連• ストーリー攻略• ボス攻略• バトルロード攻略• イベントバトルロード• スライム系• 悪魔系• 魔獣系• 物質系• ゾンビ系• 自然系• ドラゴン系• VSクエスト攻略• 掲示板•

次の

【ドラクエタクト】魔法(呪文)最強モンスターランキング【DQタクト】

ドラクエ 呪文 最強

最強呪文ランキングTOP10 今回は呪文限定ということでヒュンケルのグランドクルスやダイのギガストラッシュ、バランのギガブレイクなどの闘気を使って繰り出す技は対象外とします。 それでは早速ランキングスタートです。 第10位:メラゾーマ(火炎系呪文) ポップの得意呪文。 冒険序盤のクロコダイン戦から大活躍の呪文でした。 ゲームのドラクエのメラゾーマは単体呪文としてボス戦で大活躍の高火力の呪文ですが、ダイの大冒険ではベギラマよりも劣る位置づけとされています。 それはメラゾーマとマヒャドの上に君臨する呪文があるからですが。 第9位:ベギラマ(閃熱呪文) こちらもポップの得意呪文がランクイン。 マトリフから修行を受けてレベルアップしたポップがハドラー相手に使用しました。 ダイの大冒険ではゲーム版のドラクエと異なりかなり高火力な呪文として描かれています。 第8位:ベタン(重圧呪文) 師マトリフからポップが伝授されたダイの大冒険のオリジナル呪文。 竜騎衆をポップが一人で足止めする際の先制攻撃に使用しており、竜騎衆が乗ってきたドラゴンを一発で倒すという見せ場が用意された呪文でした。 ポップファンならお気に入りの呪文でしょう。 終盤になってめっきり使われなくなってしまったのが残念です。 第7位:バギクロス(極大真空呪文) ダイの大冒険ではバギ系呪文の使用頻度が少なくあまり日の目をみません。 しかし極大呪文だけあって強力なことは間違いありません。 フェンブレンがダイとバランの動きを封じるためにバギクロスを使用しており、一時的に二人の動きを封じ込めることに成功していました。 第6位:イオナズン(極大爆裂呪文) ハドラーの得意呪文。 アバンとの戦闘の際に必殺技として使用しています。 その威力は衰えてはいるもののアバンのアバンストラッシュを上回る威力でした。 第5位:ベギラゴン(極大閃熱呪文) アバンを倒した後に新たに覚えたハドラーの最強呪文。 習得後はベギラゴンを必殺技として使用しており、ポップ、マァムとの戦いや、ヒュンケルとの戦いの際に使用しています。 ちなみにマトリフも使用可能です。 第4位:フィンガーフレアボムズ(五指爆炎弾) フレイザードが使用する禁呪で、メラゾーマを5発同時に打ち出すという反則的な呪文。 普通の人間が使うと寿命を縮めますがその威力は絶大です。 ポップも一度この呪文を使っていますがその時はメラゾーマを3発同時が限界でした。 大魔導士に覚醒前とはいえポップで3発同時が限界なのですからフレイザードの魔力は相当なものといえます。 なお、大魔導士覚醒後のポップなら5発同時にメラゾーマを発動出来たと思われます。 第3位:カイザーフェニックス 大魔王が放つメラゾーマです。 通常のメラゾーマとの違いは放たれた炎がフェニックスの形をしている点です。 呪文が効かないはずのヒュンケルの鎧ですら持ちこたえることが出来ない反則的な威力の呪文といえます。 しかしポップが装備したシャハルの鏡にははね返されていることから普通の呪文と同じく呪文返に弱いという弱点はあります。 また終盤の覚醒したポップにはカイザーフェニックスのツボを抑えられたため無効化されています。 「今のはメラゾーマでは無い。 メラだ」というのはダイの大冒険を読んだことがない人ですら知っている有名なセリフですが、カイザーフェニックスも大魔王のメラゾーマとしてふさわしい威力でした。 なおメラ系しか使っていない大魔王バーンですが、ベギラゴンなどの他の系統の呪文を使ったらどれくらいの威力なのかと気になってしまいます。 第2位:ドルオーラ(竜闘気砲呪文) 竜の騎士であるダイとバランの最強呪文であるドルオーラがランクインです。 魔法とはいいつつもその実態は圧縮したドラゴニックオーラ(竜闘気)を放出するものなのでマホカンタが無効です。 その威力は絶大で一発で一国を滅ぼすほどです。 その威力の高さゆえいくら屈強な竜の騎士といえど竜魔人形態にならないと発射することが出来ません。 しかしダイはバランの紋章の力を受け継いだことにより通常の竜の騎士を超えるドラゴニックオーラを身に着けたため竜魔人形態でなくても使えるようになりました。 作中ではドルオーラ2連発により老バーンを倒しています。 第1位:メドローア(極大消滅呪文) 最強呪文はやはりこれにしたいです。 メラ系呪文とヒャド系呪文を合体させた極大消滅呪文であり、設定からして最強感が漂っています。 使用するにはメラ系とヒャド系を同じ力で出力する必要があるため使用者のセンスが問われます。 マトリフ曰くセンスがないやつには一生出来ないとのことなので一発で成功させたポップはやはり優秀だったのでしょう。 当たればオリハルコンでも関係なく全てを消し去ることができる最強呪文です。 ただし唯一の弱点としてマホカンタ等の呪文返しに弱いことが挙げられます。 強力過ぎるがゆえに、跳ね返されると味方を全滅の危機にさらしてしまうのです。 そのためメドローアを放つときは万が一跳ね返されたことを想定して2発打てるMPを残しておく必要があります。 ちなみに作中で呪文を跳ね返えせるのはバーンのマホカンタ、バーンとミストバーンのフェニックスウィング、シグマのシャハルの鏡とそこまで多くありませんでした。 シリーズ最新作であるゲームのドラクエ11でも出てきたところから人気の高さが伺えます。 この呪文を覚えたことでポップのパーティー内での強さが一気に上がりました。 正直1位はドルオーラと迷いました。 ドルオーラは高威力な上にマホカンタに跳ね返されないという強みがありますから。 しかし当たれば一撃で敵を消滅させるという設定は魅力的であり最強の名にふさわしいものと判断してメドローアを上に置きました。 ランキング外の強力呪文 TOP10ランキングには入らなかったものの高威力の呪文を紹介します。 メガンテ(自己犠牲呪文) 自らの命と引き換えに敵を討つ自己犠牲呪文。 作中でメガンテは2回使用されています。 1回目はアバンが教え子のダイとポップを守るためにハドラーを相手に使いました。 2回目はポップが記憶を失った親友ダイを守るためにバランに使いました。 どちらも敵を倒すことは出来ませんでしたがメガンテによって起きた爆発を見ると相当な威力があったと予想できます。 ギガデイン(極大電撃呪文) 唯一バランが使用出来るギガデイン。 ギガブレイクのために使用するのみで直接攻撃に使用していたのはライデインの方でした。 ただし攻撃に直接使用していたら強力なことは間違いなしですのでランキング外の強力呪文として入れておきます。 まとめ いつ見直しても面白いダイの大冒険。 その中でも今回は呪文に焦点を当ててみました。 様々な呪文が登場しますがやはり設定や習得の経緯も含めてメドローアは管理人の中では別格です。 皆さんが考える最強呪文はどの呪文でしょうか。 <次のオススメ記事>.

次の

ドラクエの呪文一覧 (どらくえのじゅもんいちらん)とは【ピクシブ百科事典】

ドラクエ 呪文 最強

概要 基本的に「初級」「中級」「上級」「最上級」 DQMJより追加 の4段階が存在し、系統と作品によっては「準上級」にあたる呪文も存在する ヒャダイン、ベホイム等。 ただし補助系などは大抵1、2段階のみとなっており、初級や上級にあたる呪文が存在しない系統も多い。 また、最上級を超える究極的な力を持つが、条件を満たした複数人が同時に唱えなければ発動できない儀式的な呪文 ミナ~系、オメガ~系 も存在する。 IXからは呪文版「会心の一撃」といえる「魔力暴走」が起こるようになり、それを誘発する「暴走魔法陣」等の技術や装備も現れるようになった。 シリーズの長期化や多様化に伴い、外伝等の作品によっては同名で効果の異なる呪文や、別名で同じ効果を持つ呪文が登場することもある。 「モンスターバトル」や「バトルロード」の連携技でのみ見られるものもあるが、そちらは「魔法」に該当するか微妙な為、以下には記載しない。 モンスターの技として、数発放つ「ストーム系」も存在する。 賢者のみが可能とする、異なる2つの系統を組み合わせた合体呪文。 2020-07-26 18:00:00• 2020-07-26 17:00:00• 2020-07-25 18:00:00• 2020-07-25 17:00:00• 2020-07-24 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-27 11:04:12• 2020-07-27 11:03:50• 2020-07-27 11:02:03• 2020-07-27 11:01:42• 2020-07-27 11:00:51 新しく作成された記事• 2020-07-27 10:52:01• 2020-07-27 10:46:00• 2020-07-27 09:38:05• 2020-07-27 07:52:23• 2020-07-27 06:43:03•

次の