溶連菌 大人 仕事。 溶連菌感染症で大人の症状。感染原因と治療法。仕事を休む期間

溶連菌:大人の症状は?仕事に行ってはいけない理由とは?

溶連菌 大人 仕事

Contents• 溶連菌感染症は大人にもうつる? 溶連菌感染症は溶血性連鎖球菌という細菌がのどに感染することで起こる病気です。 「春から夏にかけて」と「冬」に特に流行し、学校や幼稚園などで集団発生することが多いです。 溶連菌の潜伏期間は1日~1週間程度。 咳やくしゃみによる飛沫感染や、排出された細菌が手などを介し、口に入ることによって感染する経口感染でもうつります。 子供が溶連菌感染症になった場合、看病をしている大人にもうつることがありますので注意が必要です。 また、 子供から大人だけでなく大人から子供にもうつりますので、気を付けましょう。 溶連菌自体はありふれた細菌の一つですので、健康な大人の場合は発症しないで保菌している場合もあります。 大人がうつるのは疲労などが原因で免疫力が弱っている場合が多いので、家族が溶連菌に感染した場合には自分の体調にも気を付けましょう。 溶連菌感染症に大人が感染した時の症状は? 【 溶連菌感染症の主な症状】 ・発熱(38度から40度の高熱) ・のどの痛み ・赤い発疹 ・イチゴ舌(舌がイチゴのようにポツポツとして赤くなる) この他に、頭痛や嘔吐、下痢、扁桃腺が腫れるなどの症状が出ることがあります。 イチゴ舌や発疹はでない場合もありますが、強いのどの痛みはほとんどの方が感じているようです。 厄介なのは、風邪と初期症状が似ているため、溶連菌感染症だと気づかないまま放置してしまうことがあること。 溶連菌感染症は風邪と違って細菌に感染して発症する病気なので、 抗生物質を飲まないと菌がなくなることはありません。 症状が落ち着いて治ったように見えても、菌が残っていると再発したり、リウマチ熱や腎炎と言った合併症を引き起こしてしまうことがあります。 スポンサーリンク 放っておくと違う病気を引き起こす恐れがありますから、家族が溶連菌に感染していて自分も似たような症状が出た場合には、速やかに病院を受診しましょう。 そして、 処方された薬は必ず全部飲みきりましょう。 溶連菌感染症は抗生物質を飲めば症状はすぐに良くなりますが、 よくなったところでやめてしまうと菌が体に残ってしまい、再発したり合併症を引き起こしたりしてしまいます。 抗生物質はしっかり最後まで飲みきることが重要です。 また、発症してから2週間後からひと月後くらいに尿検査を受けるように言われるかと思います。 これは腎炎にかかっていないかを調べるためですので、忘れずに受けるようにしましょう。 腎炎は見た目ではわかりにくいので、 尿検査でのチェックは大切です。 溶連菌感染症に大人が感染したら仕事は休むべき? 大人の場合、気になるのは仕事に行っても良いかどうかですよね。 休みたくても仕事の都合で休めない場合もあるかと思います。 溶連菌感染症は、 有効な抗生物質を内服後24時間経つと感染力はほとんどなくなりますので、最低でも2日は休んだ方が良いです。 抗生物質を飲めば症状は落ち着いてきますが、どういった症状が出るかは人によって違いますから、病院を受診した際に医師に相談するのが一番です。 重症になると大人でも1週間程度寝込んでしまうこともありますし、治りきらない状態で無理して仕事に行って他の病気をもらってしまうのも困りますから、無理せず体調を優先しましょう。 仕事が忙しいとついつい薬を飲み忘れたり、症状が良くなると尿検査に行くのが面倒になったりもしますが、薬は忘れずに最後まで飲み、尿検査もきちんと受けてください。 まとめ 溶連菌感染症は子供だけでなく大人にもうつる病気です。 免疫力がしっかりしていれば子供が感染しても大人がうつらないこともありますので、自分の体調にも気を配りましょう。 CHECK!>>.

次の

大人の溶連菌の感染経路と潜伏期間は?仕事復帰はいつ?

溶連菌 大人 仕事

もくじ• 主な症状は発熱、喉の痛み 溶連菌感染症とは、溶血連鎖球菌(溶連菌)という細菌が喉に感染し、発症する感染症です。 主な症状は、発熱、喉の痛みなどです。 時々、手足や体に発疹が出ます。 また、中耳炎や皮膚に感染して「とびひ」(伝染性膿痂疹・でんせんせいのうかしん)を起こすこともあります。 まれに、次のような合併症を起こす場合があるので注意が必要です。 腎炎(急性糸球体腎炎)• リウマチ熱• 劇症型溶連菌感染は、生命の危険もある感染症です。 この疾病は溶連菌が多くの毒素を出すので、発症から24時間以内で症状が急激に悪化します。 敗血症性ショックを起こすと、腎機能障害や肝障害を合併します。 早期に治療を施さないと約30%の人が死亡するような感染症です。 劇症型の溶連菌感染症にかかる人が増えたのは、次の原因のためと考えられています。 主な3つの原因:• 溶連菌保菌者の増加• 免疫力が低い高齢者の増加• 劇症型感染を引き起こす溶連菌の種類が増えた 他にも、診断方法が簡単になり、以前は見抜けなかった感染者を多く発見できるようになったのも、原因の一つと考えられます。 せき、くしゃみでうつる 溶連菌感染症と診断されると、抗生剤による服薬治療が行われます。 抗生剤を用いると、溶連菌感染症は快方に向かいますが、薬の服用はやめないでください。 薬の服用をやめると、快方に向かった症状がまた悪化したり、次のような疾病を起こしたりする恐れがあるからです。 リウマチ熱など 溶連菌感染症の治療は、決められた量の抗生剤をしっかり飲み切りましょう。 そして一ヶ月後に尿検査を受け、異常がないかを確認してください。 溶連菌感染症は、飛沫(ひまつ)感染で周囲に移す可能性があるので、感染防止のために、できるだけ人との接触を控えるようにしてください。 溶連菌と気付かずに放置するリスク 大人が溶連菌感染症に感染しても、症状が出ないまま治るケースが多いといわれています。 すでに、溶連菌に対する抗体を、持ち合わせている場合が多いからです。 また、症状が風邪の初期症状に似ているため、医療機関を受診しても溶連菌感染症を疑わず、検査をしないこともあります。 しかし、大人が溶連菌感染症を発症すると、子供よりも重症化したり、劇症型溶連菌感染症になったりすることがあります。 そうすると、ショック症状や腎不全などの合併症を起こしやすくなり、命の危機に陥るリスクが高まります。 ストレス、過労…免疫力が落ちた時は注意 感染しやすいのは、ストレスや過労、睡眠不足などで、体力や免疫力が低下しているときです。 十分注意してください。 抗生剤の服用で、発熱・喉の痛み・重症化を抑える 溶連菌感染症の治療には、子供が感染したときと同じで、抗生剤 抗生物質 を服用します。 通常、熱は1〜2日で下がり、喉の痛みや発疹も軽減してきます。 その後、溶連菌が出す毒素に皮膚感染すると指先の皮がむけてきますが、こちらは3週間ほどで治まります。 溶連菌感染症は、処方された抗生剤を服用すると喉にいた菌がほぼ消失します。 また、服用から24時間以内に、人にうつす危険性もなくなります。 風邪薬などと比べると、抗生剤の服用期間は若干長くなります。 そのために、いつまで飲み続ければいいのか、疑問に思う方もいるかもしれません。 服用を途中でやめたら、よくなりかけた症状がまた悪化することもあります。 処方された薬は最後まで飲みきり、しっかり治すようにしてください。

次の

溶連菌に大人がなった時の症状。喉や仕事はどうなる?

溶連菌 大人 仕事

兄弟から移るケースが多く5割ほどいるそうです。 大人も子供から感染して溶連菌に感染する方が2割程います。 大人の方は風邪と間違いやすいです。 でも、お子さんがその前に感染が分かっていれば溶連菌感染の可能性が高いですね。 中には風邪だと思って病院に行ったら溶連菌感染だったということもあるかもしれません。 その場合は、 内服の処方をしっかり10日から2週間指示通り内服を飲みましょう。 大人の場合、症状が子供よりひどい場合もあります。 喉が強烈に痛い 発熱がある 頭痛・全身倦怠感 腹痛・嘔吐 発疹(出ないことも) この様な症状がでます。 人によって違うようです。 しかし、中には仕事を休めないなど理由をつけて病院へ行かない方もいるかもしれません。 でも、医療に関わる物から言わせてもらうと、迷惑ですよね。 もし、具合が悪ければ 周りに何かの感染症をまき散らしているかもしれません。 溶連菌感染症に限らず、発熱があれば病院へ受診が望ましいです。 家族や職場の方へ病気を移してしまっているかもしれないのです。 もし溶連菌感染症であれば 抗生物質を飲んで24時間たつと人に移すことはないと言われていて 学校保健法でも24時間経ち医師の許可があれば学校に行っていいことになっています。 ただ、大人の方は子供と違ってそんなに直ぐに回復しません。 2~3日家で静養して出勤するのが良いと思います。 唾も飲み込むのが辛いのは夜も眠れないこともありますよね。 熱も抗生物質を飲んだ方が早く下がります。 熱が下がれば関節の痛みや、だるさも楽になるでしょう。 医師が数週間後に受診してくださいという場合は腎臓に影響がないか尿検査をします。 その検査で腎臓に異常がないか調べます。 指示があった時は必ず受診しましょう。 リウマチ熱は溶連菌感染症を発症した後、1~2週後に高熱がでます。 その7割の方に関節痛が起きます。 そして半数に心炎をおこし適切な処置をしないと、心臓の弁に障害をのこします!怖いですよね。 大人の方は副作用は少ないようですが自分がなって治療をきちんとしないと他の子供にも移すのでまずはしっかり治療をした方が良いと思います。 仕事への復帰もできれば医師に指示に従った方がいいですね。 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の