2020 年 ビジター アンケート。 原因は?2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートはフィッシング詐欺!答えてしまった、入力してしまった方へ

【最新】2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに答えてしまったらどうなるのか?

2020 年 ビジター アンケート

日頃のご愛顧の感謝を込めて、Galaxyが当たるかも?!などと煽ってくるではありませんか。 『ヘビーユースしていると、こんなアンケートが出ることもあるのか…』『アンケートは嫌いじゃないし、5問くらいなら試しに回答してみるか』とアンケートを入力し始めたあなた。 そして私。 完全にフィッシング詐欺に釣られています。 もし今あなたのデバイスに同じ画面が表示され、不審に思って検索でこのページにたどり着いたのであれば、すぐにその「2019年間ビジターアンケート」の画面は閉じるべきです。 賞品をもらえないどころか、最終的には、 あなたの個人情報が漏えいします。 ブラウザの意見調査を装った巧妙な手口 画面を進めると、すぐに答えられるような、かんたんな質問が続いていきます。 リアルタイムでコメントは増えていき、まるで今この瞬間にも全国各地の幸運なユーザーの手元にGalaxyが届いている、とでもいわんばかりです。 画面を次に進めると、「Galaxyを送付するため」と称して、 住所や名前、電話番号などの個人情報を入力するよう求められます。 そして最後には、「Galaxyを100円で購入するため」と称して、 クレジットカード情報の入力画面へと続くのです。 ここまでくれば、もうおわかりですね。 あなたの個人情報およびクレジットカード情報を狙った、 悪質なフィッシング詐欺なのです。 デバイスやブラウザを問わずに表示される 実際に検証してみましたが、この画面は、PCやスマートフォン、タブレットといった デバイス種別は問わずに表示されます。 また、ChromeやSafari、FireFoxといった ブラウザ種別も問いません。 しかも、各ブラウザごとにアンケート画面のデザインを変え、位置情報を取得できた場合は地名を変えて表示してくるのです。 PC(FireFox)ではこんな感じで表示されました 原因は、ウェブサイトの改ざん 原因は、この「2019年間アンケート ブラウザーアンケート」とやらが表示される、直前に見ていたウェブサイトでした。 ソースコードを確認したところ、 閲覧していたウェブサイトが改ざんされていました。 おそらく、ウェブサーバあるいはコンテンツ管理システムの脆弱性を突かれ、ソースを埋め込まれたものと思われます。 一見すると、ポップアップウィンドウが出現するかのような表示でしたが、実際には、閲覧していたウェブサイトから 別のウェブサイトにリダイレクト(指定時間後に自動転送)されていたのです。 また、リダイレクト先のIPアドレスやドメインは一時的なもので、多くのものを使いまわしているようです。 数時間後に接続を試みたところ、削除されていました。 『私は本物です』とうたっているウェブサイトから(実際に本物のウェブサイトが改ざんされていました)、まさかフィッシング詐欺に引っかかるわけがない、という油断もあったかと思います。 初回訪問時しか表示されません 途中でフィッシング詐欺であることに気付いたねっこが、直前に閲覧していたウェブサイトに戻ったとき、「2019年間ビジターアンケート」が再表示されることはありませんでした。 おそらく、 初回訪問時しか表示されない仕様となっています。 一度表示したデバイスでは再現できませんでしたが、異なるインターネット回線で接続している別のデバイスで同じウェブサイトを閲覧すると、やはり「2019年間ビジターアンケート」画面が表示されました。 そのために、 ウェブサイト運営者は改ざんの発見が遅れ、閲覧者も騙されていることに気付きにくくなっているのです。 被害拡大を防ぐため、入念に検証後、ウェブサイト運営者へ改ざんされているであろう旨をすみやかに報告しました。 ウイルス対策ソフトによっては検知されない ねっこが複数のデバイスで確認した際、市販されている某ウイルス対策ソフトがインストールされており、Webアクセスの保護機能を有効化している端末もありましたが、検知はされませんでした。 ウェブページにウイルスが埋め込まれていたわけでもなく、単純にウェブページがリダイレクトされただけと判断されたのでしょう。 個人情報とクレジットカード情報が目的のため、ウイルス対策ソフト等による検知もされず、余計に発見が遅れてしまうものと思われます。 念のためフルスキャンを実施 端末内の完全スキャンも実施しましたが、ウイルスは検知されませんでした。 対策は、むやみに個人情報やクレジットカード情報を入力しないこと ネットショッピングが気軽に楽しめる今、以前と比べ、ウェブ上に個人情報を入力する機会は格段に増えてきました。 個人情報の入力に対するハードルが下がったことで、こういったフィッシング詐欺の被害が拡大しているといっても過言ではありません。 「オレオレ詐欺」でもよく言われることですが、 「まさか自分が騙されるわけはない」という油断や慢心が、あなた自身を被害に巻き込んでしまうのです。 むやみやたらに個人情報を入力しないよう、注意しましょう。 余談 この記事を書いた時に、念のため「フィッシング詐欺」の英訳を確認しました。 記事の、htmlファイル名に設定するためです。 ねっこは、てっきり「fishing」だと思っていたのですが、英語だと「phishing」となるのですね。 おそらくスラングが変化していったものかと思います。 フィッシング詐欺に一瞬騙されたことも含めて、今回は、よい勉強になりました。

次の

100社アンケート2020年春:朝日新聞デジタル

2020 年 ビジター アンケート

スポンサードリンク 「ブラウザー意見アンケート」の表示が出てしまう原因について 結論から言うと、訪問しようとしたWebサイトが改竄(かいざん)されている可能性が高いです。 どなたかわかりませんが、悪意のある人が改竄したブログ・ホームページが原因である可能性が非常に高いです。 要は、不正にアクセスされて、ページ内に仕掛けをされてしまったのです。 この改竄されたページにアクセスすると、「フィッシング詐欺ページ」に リダイレクト(自動的に転送)される設定がされています。 1回しか表示されないケースもありますので、 ページを閉じれば同じサイトにアクセスしても表示されることは少ないようです。 ただし、私の経験上、インターネット回線が変われば、同じ表示が出ました。 ・スマホ回線、 ・カフェの回線、 それぞれ、同じ表示が出ることを確認しました。 ブラウザ、スマホ・タブレットなどの端末は関係ないようです。 端末がウィルスに感染しているわけではありませんが、 長時間開いておいたり、また新しい仕様が加わる可能性もあるので、基本的に表示が出たら 直ぐに閉じましょう。 スポンサードリンク 「2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケート」に答えると・・ それでは、ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに入力を進めていくと、どうなるか調べてみました。 以下、パソコンの画面です。 注:危険なので、真似しないでください まずは、「親愛なChrome ユーザー様」というトップページが表示されます。 こわい、こわい、入り口です・・。 アンケートに答えていただいた方に、「ありがとう」を込めてApple iPhone11 Proが当たるチャンスを差し上げます。 質問が4つあるようなので、クリックしていきます。 ( 皆さんは、絶対クリックしないでください!!) 1問目「 いつも」をクリック。 2問目「 とても満足」をクリック。 3問目、「 Crome」をクリック。 4問目「 毎日」をクリック。 本当は、こんな質問意味ないのに、、 あたかも「 アンケート」であるように見せかけてきます。 「 以上です!」という表示と共に、商品在庫を確認中という表示が出て、ゲージが左から右へ増えていきます。 「 ご参加ありがとうございました、本日は次の商品が選べます」 という表示と共に、商品と「ここをクリック」の文字が出てきます。 下には、フェイスブックのコメントのような表示も出てきます。 嬉しくなってしまいそうですが、クリックはしないでください! なぜ、賞品なのに100円なのでしょうか?? 私は、クリックして次に進みます。 Appleの公式サイトのようにも見えますが、ドメインは全く違うページが表示されます。 メールアドレスを入力し、チェックを入れ、持続するボタンをクリックするように誘導しています。 ここまできたら、あとは個人情報を搾取される段階へ。 画面下の、黒い背景部分に注目。 ・ゲームではありません。 ・試用期間があること ・30日ごとに請求されること ・お問い合わせは、nfo creditsupport. jpまで連絡すること。 「info」でなく「nfo」 ゲームってなんだよ!! 書いてることの意味がわからないし、 怪しい。。 ページ下の「AFFILIATES」をクリックすると別ページへ遷移します。 絶対に入力しないようにしましょう。 ここで注目なのは、オファーの残り時間が59分という表示であること。 そして、100円という値段。 プレゼントなのに、なぜ 100円支払う必要があるのでしょう? 支払わなければならない理由、つまり相手は カード情報が欲しいのです。 私の経験上、この手のサイトは「 基本的にフィッシング詐欺」確定です。 画面の上部に表示されるカウント。 このカウントがゼロになるとどうなるか?待ってみました。 4、3、2、1、0、、 あれ、59秒に戻った!! どうやら、個人情報を入力するまで 逃すつもりは無い ようです。 アドレスを入力し、持続するボタンをクリックすると、、 カード情報を入力する画面に移動します。 ここにクレジットカードの情報を入力をすると、カード情報が取られてしまうので、 絶対に入力しないでください! ここから先、入力をしてしまうと悪いことが起こるので、潜入操作終了です。 スポンサードリンク 個人情報・クレジット入力してしまった、答えてしまった方へ この先予測されるのは、入力した情報を元にした詐欺サイトからの反応です。 いつの日か迷惑メールが届くかもしれませんが、 相手は「名前」「住所」「誕生日」などの個人情報はわかりません。 ただ、 メールアドレス自体に個人情報が入っていると問題です。 お名前、誕生日などから、 例えばフェイスブックのログイン情報が推測されてしまわないようにしましょう。 不安な方は、パスワードを変更しましょう。 ・クレジットカードで、勝手に買い物をされてしまう ・毎月請求が発生する などの結果を招く可能性があります。 まずは、クレジットカード会社に少しでも早く連絡をしましょう。 クレジットカード会社に一刻も早く事情を説明し、 カードを再発行するなどのお手続きをしましょう。

次の

【注意!】突然現れる「2020年間ビジターアンケート ブラウザー意見アンケート」はフィッシング詐欺です!

2020 年 ビジター アンケート

来た! またこの季節がやってきた!! ちなみにこちら、PCでもスマホでも出てくるので要注意。 いったい何が起きるのかというと、ネットサーフィンをしてたら突然…… 「ラッキービジター」の私に「Apple iPhone X」が当たるチャンスを差し上げるとのポップアップウインドウが表示される。 チャンスじゃなくて本体そのものを差し出してくれよ……と思ったりもするが、とにかくこの画面が出たら、すみやかにウインドウ(タブ)を閉じること。 それがムリならアプリを閉じよう。 そしたら終わる。 対策法は以上だ。 しかし、そこに「OKボタン」があったら、ついつい押したくなるのが人間の性(さが)。 うっすら後ろに何かが見えているが、もしも仮に「OK」を押したら…… 「 おめでとうございます!」と、謎のアンケートが始まる。 ちなみにこの「おめでとうございます画面」だが、当サイトでは2016年から「20XX年間ビジターアンケート」を報じているので、 ざっと4年分の「おめござ画面」を比較することができる。 せっかくなので比較してみると…… ビミョーにバージョンアップし続けている。 しかし、この「20XX年間ビジターアンケート」が狙っているのは今も昔も何も変わらず、 個人情報とクレカ情報。 絶対に絶対に入力してはならない……が、もしも入力したらどうなるのか? と疑問に思う人も多いだろう。 あらかじめ知っていたら、もう騙されない! へGO!! Report:迷惑メール評論家・ Photo:RocketNews24.

次の