セントラル パーク ファイブ。 ニューヨークでいちばん美味しいバーガー

セントラル・パーク

セントラル パーク ファイブ

2020年6月22日 お知らせ• 2020年6月22日 お知らせ• 2020年6月21日 お知らせ• 2020年6月11日 お知らせ• 2020年6月5日 新規オープン• 2020年6月5日 新規オープン• 2020年5月31日 お知らせ• 2020年5月29日 お知らせ• 2020年5月29日 お知らせ• 2020年5月29日 お知らせ• 2020年5月14日 お知らせ• 2020年5月10日 お知らせ• 2020年5月8日 お知らせ• 2020年5月1日 お知らせ• 2020年5月1日 お知らせ• 2020年4月25日 お知らせ• 2020年4月25日 お知らせ• 2020年4月24日 お知らせ• 2020年4月24日 お知らせ• 2020年4月24日 お知らせ• 2020年4月2日 お知らせ• 2020年4月1日 お知らせ• 2020年3月24日 お知らせ• 2020年3月12日 お知らせ• 2020年3月9日 お知らせ• 2020年3月4日 新規オープン• 2020年3月2日 お知らせ• 2020年2月28日 お知らせ• 2020年2月27日 お知らせ• 2020年2月26日 お知らせ• 2020年2月25日 お知らせ• 2020年2月25日 お知らせ• 2020年2月21日 お知らせ• 2020年2月21日 お知らせ• 2020年2月20日 お知らせ• 2020年2月10日 大会結果• 2020年2月10日 大会結果• 2020年2月3日 新規オープン• 2020年1月31日 新規オープン• 2020年1月16日 新規オープン• 2020年1月16日 新規オープン• 2019年12月23日 大会結果• 2019年11月25日 大会結果• 2019年11月16日 新規オープン• 2019年11月11日 大会結果• 2019年11月9日 大会結果• 2019年10月28日 大会結果• 2019年10月15日 大会結果• 2019年10月1日 新規オープン• 2019年10月1日 新規オープン• 2019年9月24日 大会結果• 2019年9月19日 新規オープン• 2019年9月2日 大会結果• 2019年8月20日 お知らせ• 2019年7月29日 お知らせ• 2019年7月24日 お知らせ• 2019年7月17日 新規オープン• 2019年7月16日 新規オープン• 2019年7月8日 新規オープン• 2019年7月5日 大会結果• 2019年6月24日 大会結果• 2019年6月21日 新規オープン• 2019年6月5日 新規オープン• 2019年5月23日 お知らせ• 2019年5月21日 大会結果• 2019年5月20日 大会結果• 2019年5月20日 大会結果• 2019年5月13日 新規オープン• 2019年4月23日 大会結果• 2019年4月22日 大会結果• 2019年4月1日 お知らせ• 2019年3月16日 新規オープン• 2019年2月1日 新規オープン• 2019年2月1日 新規オープン.

次の

【セントラルスポーツ】スポーツクラブ・フィットネスクラブを全国230か所から選べる

セントラル パーク ファイブ

1989年のニューヨークで起きた「セントラルパーク・ジョガー事件」(=本国では「Central Park Five(セントラルパーク・ファイブ)」事件と呼ばれる)をご存じでしょうか。 これは投資銀行に勤務する28歳のトリーシャ・メイリさん(Trisha Meili)が被害者となった、実に残忍なレイプ事件です。 その捜査の中で、ケヴィン・リチャードソンさん(Kevin Richardson、当時15歳)、レイモンド・サンタナさん(Raymond Santana、当時14歳)、アントロン・マックレイさん(Antron McCray、当時15歳)、ユーセフ・サラームさん(Yusef Salaam、当時15歳)、コリー・ワイズさん(Korey Wise、当時16歳)ら5人の少年が、嘘の自白を強要され有罪となります。 以来、この事件に関して数多くの記事が書かれてきました。 ですが、その中でもニューヨークのタブロイド数紙の記事は容赦のない内容でした。 もう少し細かく説明すれば…警察は長時間におよぶ取り調べを行い、その圧力からか5人の少年たちは虚偽の自白をすることになったのです。 ですが、少年たちはその後、懲役6年~13年の実刑判決が下されることになったのです。 そうしてその事件から13年の時が過ぎ…、2002年になって再度のDNA鑑定の結果、真犯人が特定されることになります。 そしてさらに、彼らが警察から自白を強要されていたことも立証されることとなり、彼らはここで無罪を勝ち取ることができたのです。 もちろん新聞各紙は、ここでも大きな見出しとともに取り上げています。 ですがそこに、かつての報道への謝罪があったかどうかは不明ですが…。 このたび、2019年5月31日より(エヴァ・デュヴァネイ原作・制作)が、この満を持して配信となり話題となっています。 そこで、この事件に関する一連の顛末(てんまつ)の中でニューヨークの不動産業者から転身をはたしたドナルド・トランプ大統領は、延々と公の発言を続けてきていたので、それを振り返ってみましょう。 トランプ大統領はこの無罪の少年たちに対し、どのような脅迫めいた暴言を投げつけてきたのか、ご確認ください。 Shawn Ehlers Getty Images 被害者となったメイリさんがようやく意識を取り戻したのは、事件から実に10日後のことでした。 警察を復権させよ!(BRING BACK THE DEATH PENALTY. BRING BACK OUR POLICE. )」という巨大な見出しで広告記事を掲載しています。 その広告記事にはトランプ自身の言葉として、「いったいいつから、私たちの安全で安心な市民生活が脅かされるようになったのだろう。 無力な女性に対する暴行やレイプが行われ、犯人が被害者をあざ笑うかのような、あらゆる年齢層の犯罪者たちが跋扈(ばっこ)する社会に、いつからなってしまったのだろうか?」と、制御不能に陥った犯罪社会に対して言及されていました。 「私はこのような殺人者たちを憎み、また憎み続けるだろう。 私は精神鑑定に頼るつもりも、彼らに理解を示すつもりもない…。 また、彼らに私たちの怒りを理解してもらおうとも考えていない。 彼らに恐怖を与えるほかないのだ」と。 、(冤罪で犯人とされていた一人)ユーセフ・サラームさんは、この記事を目にしたときのことを振り返りながら次のように語っています。 「ドナルド・トランプによるあの広告記事を読んで、有力者は本気で私たちの死を願っているのだと思い知りました」と…。 This is the full-page advertisement Donald Trump took out calling for the execution of the Central Park Five. They were later exonerated by DNA evidence, although President Trump maintains that they are guilty. — Scott Bixby scottbix そして、トランプのこの広告の影響によって、集団リンチさえ許容されてしまうような社会的風潮がエスカレートしてゆきます。 例えばは、5人の少年のうち最年長のワイズさんを名指ししたうえで、「セントラルパークに吊るされるて然るべきだ」と言い放ち、他の少年たちについても「丸裸にしたうえで鞭打ちし、そして牢獄へとぶち込むべきだ」と付け加えています。 5人の少年たちはそのまま有罪判決を受け、少年鑑別所行へと送られ収監されてしまいました。 に対し、「トランプの行為によって、被害者に同情するニューヨークの人々の意識が汚染された」とコメントしています。 そしてトランプも陪審員も、誤ちを犯していたことが明確となりました。 2002年に殺人犯であり婦女暴行の常習犯でもあったであることを自白。 そしてDNA鑑定の結果で真犯人であることを確定させたのです。 そうして「セントラルパーク・ファイブ」と呼ばれた少年たちは無罪となり、その後、を求める人権裁判を起こしています。 冤罪の証明された彼らに対し、トランプの取った態度とは しかし、事件の真相が分かった後でも、誰もが「彼ら5人の無実」に納得したわけではないようで、トランプもまた然りだったのです。 2014年、彼はしています。 「セントラルパーク・ジョガー事件のあの結末は、私にとって屈辱的なものだ。 事件は幕引きとなったが、1989年から追いかけてきた人々にとって、あれは象徴的な大事件だったのだ。 幕が引かれたことがすなわち、無罪を証明するということではない」と。 さらに 「検察にもっと話を聞けば、なにが事実であるかが分かるだろう」と、トランプは続けています。 「あの若者たちはいずれも、叩けばホコリの出る身なのだから…」などと記されているのです。 トランプは、自らの過ちを認めたのか? そうです。 トランプは大統領選出馬に際しても、自らの主張を曲げることはありませんでした。 で答えてもいます…。 「警察による取り調べでも彼らは有罪だった。 あれだけの証拠があった事件が、このように闇に葬られてしまうのは言語道断というほかない」とも…。 「ドナルド・トランプ本人が、アメリカの病理を示す端的な一例であるこは明らかです。 私たちが有罪判決を受けたのは、ひとえに肌の色のせいというほかありません。 ドナルド・トランプに代表される傲慢なニューヨーカーの責任ですね」とサラームさんは語っています。 Object. 341. 0","environment":"prod","sampleRate":0. 5,"whitelistUrls":["www. esquire. hearstapps. lazySizesConfig. hearstapps. com"; window. mylo. id"; window. feature. hearstapps. net","prod":"www. esquire. com","stage":"esquire. stage. hearstapps. feature. hearstapps. net","prod":"patty-esquire. prod. hearstapps. com","stage":"patty-esquire. stage. hearstapps. facebook. instagram. taboola. html","copyright":"HEARST FUJINGAHO All rights reserved. hearst. ensighten. ensighten. ensighten. ensighten. hearstapps. hearstapps. js"; window.

次の

エヴァ・デュヴァネイがNetflixの限定シリーズで描く緊迫のドラマ「セントラルパーク・ファイブ」の世界

セントラル パーク ファイブ

称賛された監督のAva Duverneyはソーシャルメディアを利用して、今後の「セントラルパークファイブ」ミニシリーズのキャスティングコールを正式に発表しました。 Netflixが制作したショーは、1989年にセントラルパークでジョガーを強姦したと誤って告発された5人の若者の試練を描写します。 Deadlineによると、DuverneyとNetflixは2017年7月にプロジェクトを確認していた。 「「13日」にNetflixを使った素晴らしい経験がありました。 刑事司法制度を物語のプロジェクトとしてこの調査を続けることは大喜びです…」とDuVernayはNetflixのウェブサイトの声明で述べました。 「セントラルパークファイブとして知られる男性の話は、20年以上にわたって私を苦しめてきました。 彼らの旅の中で、私たちは、強要された自白から不当な投獄、合衆国の大統領になりそうな男による処刑の公募まで、あらゆる角度で不正に遭遇した5人の無実の若者を目撃します。 」 現在、Duverneyは、プロジェクトのキャスティングコールの詳細をTwitterに投稿しています。 #キャスティング centralparkfive actors pic. twitter. この犯罪により、白人ではない5人の若い個人(アントロン・マクレイ、ケビン・リチャードソン、ユセフ・サラーム、レイモンド・サンタナ、コレイ・ワイズ)が逮捕されました。 十代の若者たちを犯罪に結び付けたDNA証拠は、彼らをまったく関係させなかったが、法廷では、証拠は「決定的でない」とみなされた。 それにもかかわらず、10代の若者は、1990年に犯罪で有罪判決を受け、5年から15年の刑を言い渡されました。 2002年に、投獄された殺人犯であり連続強姦犯であるマティアス・レイエスは、メイリを強姦したと告白した。 DNAの証拠は後で彼の罪悪感を確認するでしょう。 誤って告発された5人の有罪判決はその後破棄され、2003年に悪意のある訴追、人種差別、および精神的苦痛でニューヨーク市を訴えました。 この問題に関する政治的意見が大きく変わった後、市は2014年まで訴訟の解決を拒否した。 数十年にわたる苦難は、刑事司法制度内の人種的偏見に関する全国的な会話を引き起こしました。 当時、社交界で不動産界の大御所だったドナルド・トランプは、検察だけでなく、被告人5人の死刑を訴える最も大きな声の1つでした。 トランプは、容疑者の死刑を求めるニューヨークの主要新聞4紙で全ページを取り上げました。 「私たちの社会の問題は、被害者が絶対に権利を持たず、犯罪者が信じられないほどの権利を持っていることです…たぶん私たちが何かを成し遂げるなら憎しみが必要です」とトランプは1989年のラリー・キングのインタビューで有名に言いました。 被告人の弁護士は、犯罪に対するトランプの意見が事件に大きな影響を与えたと主張しようとした。 トランプは2014年に被告人と市の和解に反対し続け、彼の名を冠した財産に対する抗議につながった。 2016年の大統領選挙の間、トランプは彼の立場を維持し、再び男性が有罪であることを宣言しました。 Duverneyは、2018年3月に「Playback」ポッドキャストのシリーズについて議論しました。 彼女は、特に1989年から2014年までのケースのすべての段階をカバーするショーの執筆と監督の両方を担当します。 デッドラインによると、オプラ・ウィンフリーは、デュバーニー自身とともに、プロジェクトのエグゼクティブプロデューサーとしてリストされています。 Colliderによると、Netflixは2019年中にプロジェクトをデビューする予定です。

次の