麒麟がくる あらすじ ネタバレ。 「麒麟の翼」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|東野圭吾

麒麟がくる ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ

麒麟がくる あらすじ ネタバレ

- 2020年 4月月6日午前7時38分PDT 今川軍にいる松平元康を離反させる工作は失敗に終わった織田信長。 織田信長は、父・織田信秀の教えを思い出し、今川軍の兵数を疑問に思います。 今川軍は、2万もの大軍とウワサをされているが、そんなにはいないのでは? 織田信長は、戦略を立てながら、前線へ出陣します。 今川義元自ら率いる本体から、徐々に兵を引き離す作戦を決行します。 今川方は、自軍の兵を温存し、三河の兵を駒のように扱います。 松平元康は、次第に嫌気がさし始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否します。 天気が悪くなり、暴風雨が吹き始めます。 今川本隊は、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされます。 そこに織田信長率いる織田本隊が、今川義元に襲い掛かります。 果たして、勝負の結末はどうなるのでしょうか・・・。 「麒麟がくる」の21話「決戦!桶狭間」感想 「みなさんが知っている、あの織田信長に一歩近づく。 それが、桶狭間の戦いだと思います。 今川義元は、沓掛(くつかけ)城に入城しようとします。 沓掛城から大高城に入り、清州を攻める作戦です。 大高(おおだか)城では、松平元康と菊丸が話をしています。 菊丸は、織田家に寝返ることを松平元康に進言します。 松平元康は、 今川軍と織田軍の兵力差が違いすぎることを懸念します。 「家族がいる家臣たちに、勝てるかわからない今川とは戦えない」と言います。 松平元康は、織田軍が守る丸根砦(まるねとりで)を再び、攻めることを決めました。 松平元康の決断は、当然と言っていいでしょう。 今川軍25000VS織田軍3000(兵力数には諸説あり)。 この兵力差を見たら、誰だって、今川軍に着くと考えるはずです。 その頃、明智光秀は、明智左馬之助をお供に連れ、清州城に急いでいました。 清州城では、織田信長が家臣に今川の情報についての報告を受けていました。 織田信長は、家臣に 「籠城(ろうじょう)する」と言います。 「籠城(ろうじょう)」とは、城に籠って戦う戦略のことです。 織田信長は、突然、「敦盛(あつもり)」を謡いだします。 「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり・・・」 「敦盛(あつもり)」は、幸若舞(こうわかまい)の演目のひとつです。 幸若舞(こうわかまい)とは、能や歌舞伎の原型と言われ、室町時代に流行しました。 「信長公記」にも、桶狭間に出陣する前に、織田信長が謡ったと記されています。 敦盛を謡った織田信長は、ふと、ひらめきます。 「今川の数は2万以上・・・、しかし、その兵は各砦に分けられている」 今川義元がいる本陣を守る兵数は、おのずと限られます。 そのことに気づいた織田信長は、籠城から一転、打って出ることを決意します。 そして、横にいた帰蝶に向かって言います。 「叔父(道三)殿なら、打つなら今しかない!と言っただろう」 織田信長は、帰蝶に子供を会わせます。 その子供は、側室・吉乃(きつの)との間にできた奇妙丸(きみょうまる)でした。 奇妙丸はのちの、 織田信忠(のぶただ)であり、父・信長と共に、生涯を閉じます。 織田信長は、 「わしが死んだら、あの子を育ててくれ」と帰蝶に頼みます。 「いま言うのか、信長!!」と思ったのは、私だけではないはず 笑。 戦場は、今川軍の手により、 丸根砦と鷲津砦(わしずとりで)が陥落しました。 今川義元は、沓掛城から大高城に進軍をしていました。 尾張の清州城に、明智光秀が到着します。 しかし、織田信長は、すでに清州城を出発し、 善照寺砦(ぜんしょうじとりで)に向かっていました。 帰蝶から織田信長の行き先を聞いた明智光秀は、急いで善照寺砦に向かいます。 善照寺砦に着いた織田信長は、今川義元が大高城に入城する前に攻撃をしようと考えます。 しかし、松平元康の動きが気になる織田信長。 その頃、松平元康は砦を落とし、兵を休めていました。 そこに今川義元の家臣・鵜殿長照(うどのながてる)が現れます。 鵜殿長照は、 「すぐに、鳴海城に行ってもらいたい」と松平元康に命令します。 「今は、兵を休ませたい」と松平元康が言うと、鵜殿長照は 「すぐに向かえ」と命令します。 その頃、今川義元は、桶狭間で昼休憩をしていました。 中島砦に兵を割いた今川軍を見た織田信長は、ついに動きます。 その時、天候が変わり、強風が吹き、大雨が降りだします。 「今川の家臣に自分たちが軽んじられていると感じ、桶狭間への出陣を拒否。 そこに再び、鵜殿長照が現れ、 「休息してる暇はない、今度は桶狭間に向かってもらう」と言われます。 三河の兵を駒のように使う今川軍に、イラ立ちを覚える松平元康。 そして、松平元康は言い放ちます。 「三河の者は桶狭間に参らない、一歩もここを動かぬ!!」 松平元康は、今川軍に反発しました。 今川義元は、強風や雨の為、雨宿りをしていました。 そこに、織田軍が今川義元本隊めがけて、奇襲を仕掛けます。 織田の奇襲隊と、今川本隊との激しい戦闘が繰り広げられました。 「桶狭間の戦いという重要な回に出演ということで、身の引き締まる思いと胸が高鳴る時間を過ごさせていただきました。 激しい格闘の末、毛利新介は今川義元を討ち取り、勝どきをあげました。 それにしても、今井翼の突撃ジャンプは完全に、 戦国無双の真田幸村でしたわ 笑。 総大将の首を討ち取った織田信長ですが、この後、今川軍を追撃をせずに、帰ったといいます。 兵数が少ない織田軍には、追撃する兵が足りなかったのです。 大将を討ち取られた今川軍は、兵を引き上げ、駿府に戻ることになります。 その後、今川家は、織田信長と徳川家康に攻められ、今川家は滅亡します・・・。 今川義元の子・今川氏真(うじざね)は、徳川家康と和議を結び、家康の庇護を受け、生涯を閉じます。 勝負に勝った織田信長は、岐路に着きます。 「桶狭間の戦いでの信長には、父・信秀や斎藤道三が舞い降りたような感覚がありました。 戦(いくさ)のシーンはもちろん、出陣のシーンでも、顔があつくなり、心臓の鼓動が激しくなりました。 織田信長は、明智光秀に 「勝ったぞ」と言います。 明智光秀は、 「お見事でございます」と返します。 明智光秀は、織田信長に次の野望を聞きました。 「今川を倒した次は、何をなさいますか?」 織田信長は答えます。 「美濃国を獲る・・・、美濃を獲って、帰蝶を喜ばす。 」 明智光秀は、続けて聞きます。 「そのあとは?」 織田信長は、その問いには答えず、 ニヤッと笑い、その場を去りました。 駿府では、望月東庵と駒がいました。 二人は、そろそろ京に戻ろうと話をしていました。 駒は、奇妙な薬屋の芳仁(ほうじん)と会い、薬の説明書を貰らいました。 織田信長を見送った明智光秀。 明智光秀は、織田信長の劇的な勝利を知り、何を思ったのでしょうか。 明智光秀と織田信長は、 同じ武士であり、同じ斎藤道三から認められた男。 織田信長の活躍を見て、明智光秀は、嫉妬心を持ったと思います。 いつか、自分も武士として、一旗揚げて見せると・・・。 明智光秀は、斎藤道三の言葉を思い出していました。 「大きな国をつくるのじゃ、誰も手出しのできない大きな国を」 明智光秀は、その言葉の意味を考え、馬を走らせました・・・。 ついに「麒麟がくる」は、一旦、お休みになってしまいます。 このあと、明智光秀は、越前から京都に行き、織田信長の家臣となります。 そして、織田家臣団として、一、二を争う人物に成り上がります。 今後の明智光秀の活躍に期待をしましょう。 それではみなさん、再開の日に、また会いましょう。

次の

麒麟がくる 20話&21話 岡村隆史 正体は水野春次 桶狭間の戦い 今井翼 登場! あらすじネタバレ感想

麒麟がくる あらすじ ネタバレ

しかし、朝倉義景から紹介された家はなんとあばら家…ボロボロです。 それに加えて義景からの支援も断ったため、ボロボロの家を掃除する事もできず光秀の大切な数珠を「質屋」に 持っていくはめに… 駒と煕子は「質屋」へ行き、数珠の代わりに煕子の帯を売るんですね~。 まさに妻の鏡… 光秀は母と会話の中、打ちひしがれてしまいます。 今回は光秀の父の光綱の影がちらほら出てくるんですよね。 そして、駒ともお別れの時が、お方様も煕子も駒との別れを惜しみます。 そしてシーンは変わり、尾張の信長(染谷将太)は柴田勝家と会議をするのですが、織田の中に謀反の計画があるという情報を掴むんですね、信勝(木村了)が謀反を企てていると。 信勝に会えと信長に忠告するんです。 信長と会う信勝は霊験豊かな「水」を持ってくるんですね、病だと偽りをいった信長に唖然とする信勝。 信長は信勝を殺そうとしたと話、母の愛が信勝に注がれていると呟くんですね。 ここで二人は本音で話し合うんですね、お互いに「妬み」合っていたのだと知る事になります。 高政(伊藤英明)と手を結んだ信勝に信長は涙ながらに持ってきた「水」を飲めと詰め寄るんですね。 信勝は飲むことが出来ませんと、そう「水」には毒が。 信長を「飲め!」と叫ぶんです! あっけなく信勝…死亡…そして今回は終了です。 ほんとあっと言う間の45分でしたよ。 第十九回「信長を暗殺せよ」です、これまた面白そうですね~! Twitterでの口コミはどうでしょうか?.

次の

麒麟がくる第18話ネタバレ,あらすじ「越前へ」

麒麟がくる あらすじ ネタバレ

・見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信!! 一部(レンタル対象商品など)課金作品があり ・ビデオ見放題サービス1,990 円を31 日間無料でお試し可能 ・1000円分のU-NEXTポイントを貰える ・ポイントでレンタル動画や電子書籍がレンタルできる!! 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 U-NEXTは、とにかく見放題作品が130,000 本もあるので、無料期間中に他の好きな作品をお試しで無料で視聴できるというのが魅力的ですね。 麒麟がくる6話からのキャスト出演者・登場人物 国広富之:細川晴元役 足利義輝と主従関係にある室町幕府管領家の「細川晴元」を国広富之さんが演じて登場します。 また、細川晴元と主従関係にあり、京での派遣争いを演じる晴元の家臣、三好長慶を山路和弘さんが演じて登場します。 一方、光秀は鉄砲の内部構造を知るため、伊平次を探し当て、伊平次に鉄砲を解体しながら詳細を聞いているうち、松永久永が今日討たれるかもしれないと伊平次から情報を得ます。 松永久永の襲撃計画を伊平次から聞いた光秀は、伊平次を伴い三淵のもとを訪れます。 光秀は、今日催される連歌会で、松永久秀と三好長慶を不逞の輩が襲撃する計画があることを告げ、恩義のある松永を救いたいと申し出ます。 話を聞いていた三淵の同僚である細川藤孝は、三好が斬られれば、細川晴元の無礼な振る舞いを抑えることができなくなると、連歌会の場に人を向かわせようとします。 しかし、三淵は、我らが兵を向ければ将軍家が動いたと誤解を与えるため、動くわけには行かぬと諭します。 それに対し、光秀は、武士を取りまとめる将軍家が、京の平安のために動くべきと主張し、連歌会の会場へと向かいます。 三淵は、光秀の後を家臣に追わせます。 連歌会の会場では、松永久秀と三好長慶らが襲撃を受けていて、光秀らも松永と三好の二人を加勢します。 襲撃した賊達を撤退させた光秀でしたが、左肩を負傷していることがわかり、京に戻っている東庵のもとへ三淵の家臣に伴われて向かいます。 東庵のいる場所の近くまでたどり着いた光秀は、肩の傷から高熱を出し、二日間眠り続け、目を覚ました光秀の前には看病する駒がいます。 東庵の元で養生する光秀のもとを、細川藤孝が松永久永らから託された水飴を詰めた壺をもち、見舞いとお礼に訪れます。 藤孝は、光秀が三淵に話した将軍が「世を平らかにせよ」と言ってくれれば、すべての武士は安寧の世にするために動けると話したことに感銘したと語り、京に残ってくれないかと話します。 それを聞いた光秀は、現在の美濃が一致団結した状態にあるわけではなく、まずは美濃に戻り、武士の団結を完成せねばならず、五年は待ってくれと語ります。 そこへ、東庵が山城で戦が始まったことを伝えます。 その後、織田信秀が支配していた大垣城を、美濃の斎藤道三が攻め、陥落させたとの知らせを受けます。 傷が癒えた光秀が美濃に戻ろうとすると、完全に傷が癒えたわけではないと、駒が美濃まで付き添うと言い張ります。 美濃までの道中、夜を迎えた光秀と駒は、焚き火のそばで肩を寄せ合い眠りにつこうとしながら、光秀は、東庵の元で目を覚ます直前に聞いた駒の歌について聞きます。 駒は、幼少の頃、旅芸人と生活を共にしていた頃に覚えた数え歌であると話し、その歌を歌います。 その歌を聴きながら、光秀は眠りにつきます。 理屈ではなく、人として当たり前のことを現実にするのが、戦国時代にいかに難しかったのかを推測させ、現代でも当たり前のことが、なかなか実現できない実情にも似ているように思えました。 また、駒の光秀に寄せる想いが、傷を負った光秀の看病や、その後美濃へと戻る光秀に意地でも寄り添おうとする姿が、いじらしく感じられました。 麒麟がくる大河ドラマ6話の評判・見どころ 細川家の当主・晴元が、重臣・三好長慶の勢力拡大を危険視して、連歌の会の席上で彼の暗殺を謀りました。 その計画を小耳に挟んだ光秀が、将軍家に介入を依頼。 初めは渋っていた将軍家の一党も光秀の熱量に押され、関わることを決定します。 この時の光秀が「偉い人がその役目に応じた仕事をしっかりしないと、世の中よくならない」的な台詞をいうのですが、ここが最初の見どころでしょうか。 そして暗殺を防ぐために怪我を負った光秀は東庵先生の庵に転がり込みます。 助手の駒の付きっきりの看護を受けることになるのですが、美濃で争乱が起き、怪我が癒えきらないまま光秀は帰国することに。 ここで駒が「傷の経過が気になる」と強引に同行、光秀の「来なくても大丈夫」という抵抗を押し切りました。 第2の見どころはこのあたりのやりとりかと。

次の