夜 に 駆ける ボカロ。 【YOASOBI】Ayaseとは?顔出しでイケメン判明、人気ボカロP

YOASOBI、新しい音楽の可能性を見出した天才ユニットの魅力に迫る

夜 に 駆ける ボカロ

YOASOBI• 活動期間:2019年〜• 楽曲制作:Ayase• この『夜に駆ける』のYouTube公式ミュージックビデオは公開1ヶ月で100万再生を突破し、2020年5月時点では1600万を超える再生数を誇ります。 SNS上でもTikTokを中心に話題となったほか、同曲がSpotifyのバイラルトップ50(日本、2020年1月)やLINE MUSICの月間ランキング(2020年4月)で1位 YOASOBI『夜に駆ける』2019年11月16日 星野舞夜の小説『タナトスの誘惑』を原作としたYOASOBIの1stシングル。 ボカロPのAyaseとは ボカロPとはボーカロイドプロデューサー(VOCALOID Producer)の略称で、 VOCALOID(ヤマハが開発した音声合成技術とその応用製品)で楽曲を制作し、動画投稿サイトへ投稿する音楽家のことを指します。 有名なボカロPには、ニコニコ動画で1000万再生したアーティストや、米津玄師のようなシンガーソングライターが別名(ハチ)で活動していたり、バンドや音楽グループのメンバーとして活動するAyaseのようなアーティストがいます。 Ayaseも2018年12月にニコニコ動画とYouTubeにボーカロイドを使った楽曲『先天性アサルトガール』を投稿したことからボカロPとしての活動がスタートしています。 Ayase• 活動期間:2018年〜• 職業:作詞家、作曲家、編曲家、ボーカロイドプロデューサー• 共同作業者:YOASOBI(所属グループ)、ikura(幾田りら)• 著名使用楽器:初音ミク、V flower• 2019年11月には1stアルバム『幽霊東京』をリリース。 そして、2019年11月、シンガーソングライターのikura(幾田りら)とYOASOBIを結成して大ブレイク。 ここまでAyaseデビューからわずか1年弱。 Ayase『幽霊東京』2019年11月23日収録曲 スポンサーリンク Ayaseが顔出しでイケメンが判明 Ayaseのアイコン画像、顔出しNG画像 ボカロP・Ayaseのwikipediaはあるものの、プロフィールにはデビュー後の音楽活動以外はほぼ未公開の状態です。 2019年1月から始めているAyase公式InstagramもTwitterでも顔出されていない画像が投稿されています。 顔出しNGがAyaseのプロモーション戦略だったのでしょうか。 ikuraはすでに顔出しして周知されていますが、Ayaseの顔出しは今回が初。 マスク出演でもよかったはずなのに、まさかの顔出しで出演してくれました。 これにはファンも驚きを隠せません。 ほとんど素性を明らかにしてこなかったAyase。 顔出しNGのプロモーション戦略かと思いきや、あっさり自宅から素顔で登場したわけですから、すでにメディアからの出演オファーがたくさんあるのかも。 スポンサーリンク YOASOBIのAyaseにファンの反応は Ayaseの顔出しにファンから様々な声があがっています。 一部のファンを除いてあまり顔面への期待はしていなかったようですから、アイコン画像に近いAyaseの素顔、しかも、かなり若い、、 ファンからの反応はほぼ好感のコメントです。

次の

ヨアソビ「夜に駆ける 」小説を音楽にしたユニット

夜 に 駆ける ボカロ

この「夜に駆ける」、初めて聴いた時から一発で気に入りました。 最近いわゆる一目惚れするような曲がなかったのですが、これは個人的に久々の大当たりです。 SEKAINOOWARIのFukaseくんもお気に入りの曲と呟いていました。 やっぱりこの曲本当にめっちゃ良いよね。 — Fukase SEKAINOOWARI fromsekaowa 歌ってるのはYOASOBI(ヨアソビ)というグループ。 ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニットです。 このユニットの面白いのは、ソニー・ミュージックが運営する小説&イラスト投稿サイト「」に投稿された小説を原作として作曲してるのが特徴です。 紹介した「夜に駆ける」は、2019年に星野舞夜の小説「」を原作としたものです。 確かにMVも物語のストーリーが再現されており、観ていて引き込まれてます。 2019年11月16日にMV(ミュージックビデオ)が公開され、約5ヶ月でYouTubeの再生回数は1,000万回を突破、TikTokでも話題となり、さらにサブスクのSpotifyやLINE MUSICの月間ランキングでも1位となり注目されるようになりました。 その影響か、5月になってもラジオでも良く流れるようになったようです。 ちなみにボーカルのikura(幾田りら)はまだ19歳ですが、かなりの実力派です。 2ndシングル(第二章)となる曲は「あの夢をなぞって」、2020年1月18日にミュージックビデオを公開されました。 こちらも小説がをもとに作られ、いしき蒼太「」が原作です。 3rdシングル(第三章)は2020年5月11日に公開された「ハルジオン」 こちらの原作は橋爪駿輝「それでも、ハッピーエンド」です。 2ndはなんとなくアニソンっぽい感じはしましたけど悪くない曲です。 3rdは「夜に駆ける」と同じような感じに仕上がっており、これも好きかもしれません。 1stも含めて、全てAppleMusicなどのサブスク(サブスクリプション)で配信されています。 (ちなみにデジタル配信のみでCDは発売されておりません) また小説が好きならば、原作も読んでみると、より深い世界観を味わえるかもしれません。

次の

YOASOBIデビュー曲「夜に駆ける」Spotify日本バイラルチャート1位!”小説を音楽にする“大注目ユニットYOASOBI、今週のTBS「CDTV」にて特集決定!

夜 に 駆ける ボカロ

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイト「monogatary. com」から誕生した小説を音楽・映像で具現化する新生ユニット「YOASOBI」。 2019年11月に公開した彼らのデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、公開1か月でYouTube100万回再生を突破、まもなく300万回再生に到達する。 SNSで話題の曲たちがランクインするSpotify「バイラルトップ50(日本)」では1位を獲得し、1ヵ月以上TOP5を継続。 2020年1月にリリースした第2弾楽曲「あの夢をなぞって」もLINE MUSICのリアルタイムチャートで4位を獲得するなど、各所で今熱い注目を集めている。 そんな「YOASOBI」が、今週2月15日 土 24:58~放送のTBS「CDTV」内の「CDTV PICK UP!」にて特集されることが決定した。 com」にて、「YOASOBI」の新曲の原作小説を募集する『夜遊びコンテスト vol. 1』もスタート。 お題は「埃っぽい朝のこと」「自悶自倒」の二つ。 あなたが考えた物語がYOASOBIの楽曲・映像となって世の中に出るかもしれないこの機会を、お見逃しなく。 1』 お題1. :「埃っぽい朝のこと」、お題2. com」で2019年7月~9月にかけて実施されていたコンテスト「モノコン2019」内の「ソニーミュージック賞」で大賞に輝いた物語を楽曲化するために結成された新生音楽ユニット。 2018年12月よりボーカロイド楽曲の投稿を開始、2019年4月に投稿した「ラストリゾート」がYouTube再生300万回を突破。 11月23日 土 にリリースしたEP『幽霊東京』はiTunesアニメランキング3位、通信販売で用意したCDも即完した。 今後の活動にも是非注目してほしい。

次の