昔のav女優。 ぷるるんお宝画像庫 : 今のAVと昔のAVはどっちが抜けるだろうかスレ

【画像あり】90年代とかバブル全盛期のAV女優、今のAVより抜ける件…

昔のav女優

今だけ!期間限定でAVが 無料で見放題に!! 30,000本以上のAVが見放題の「楽天TV」が今なら """"完全無料""""で配信中! 今やAVは無料サイトでも見れますが、広告まみれだったり、ロードに時間がかかったり、AV一本見るのにもストレスを感じがち。 さらにはウイルスなどのセキュリティ上のリスクも。 「楽天TV」ならそんなストレスまみれのオナニーライフから解放してくれます。 これから紹介するおすすめAV女優も見放題! 登録にかかる時間はたった1分。 多くの方々は最近のAV女優を見ることが多いと思いますが、実は過去の女優の中にも今なおいくらでも抜けるような女優がたくさんいるんです。 これよりご紹介するAV女優の数は33名のいずれも 各世代で尋常ではないほどの人気を誇った女優ばかりです。 これだけのパーフェクトメンツが揃っているため、どんな方でも好みの女優が見るかるのは間違いないでしょう。 今日はぜひお気に入りの女優を見つけて、今後のオナニーライフをこれまで以上に楽しんじゃってください。 【1980年代】オススメの人気AV女優TOP8 1980年代は日本中が浮かれていたバブルの時代ですね。 新自由主義経済への道が開かれた時代でもあり、広告文化や雑誌文化が開花し、マンガやアニメなどのサブカルチャーについてもめまぐるしい発展を遂げました。 また1975年にはベータマックス、そして1976年にVHSの発売が開始されたことで、1981年には「日本ビデオ映像」から初のアダルトビデオとなる「ビニ本の女・秘奥覗き」と「OLワレメ白書・熟した秘園」が発売されました。 1981年以降は一般家庭におけるビデオデッキの普及率の上昇に伴い、アダルトビデオの普及率も上昇しています。 さらに元来の大掛かりな映画用カメラよりも扱いやすい重量20kg程度のビデオカメラが発明されたことで、多くの企業がアダルトビデオ業界への進出を始めました。 つまり 1980年代はAV業界誕生の年と言えます。 現代のAV業界をここまで発展させる足がかりとなった数々の名女優達を8人に厳選してご紹介いたしますので、どうぞ改めて彼女達の魅力をお楽しみください。 「ときめき・かおり19歳」というタイトルの写真集を1986年3月に「協立出版」から発売し、そして1986年5月1日に同タイトルのイメージビデオを「ダックス」から発売しており、「松本かおり」という名義でグラビアアイドルとしてデビューしました。 その後「小林ひとみ」と改名し、1986年5月15日に「VIP」から発売された「小林ひとみ 禁じられた関係」という作品でAVデビューしています。 AV女優という呼称が生まれたきっかけは彼女の活躍によるものだと言われており、Dカップの綺麗なおっぱいやきゅっとくびれたウエスト、ちょっぴり剛毛なおまんこで非常に人気がありました。 またそのルックスも 当時のAV女優の中では間違いなくトップクラスの美しさを誇っており、今見ても思わず彼女の美貌に見とれてしまいます。 高校在学中だった1985年に原宿でスカウトを受けたことでファッションモデルとして活動を始めており、1986年1月には「全日本ビデオソフト協会主催」の「ビデオクィーンコンテスト」にて審査員特別賞を受賞しています。 その後同年4月に当時異例だった専属契約を「宇宙企画」と交わし、「卒業します」という作品でAVデビューしました。 Cカップのおっぱいと豊満なお尻、そしてまるでアイドルのように可愛らしいルックスで人気を博しています。 「ちょっと悲しげな少女像」をテーマに撮影されたデビューからの3作品は当時の本番生撮りとは一線を画すアイドル路線の作品となっており、セーラー服三部作と呼ばれています。 特に デビュー作と2作目に関しては2万本近い売り上げを記録する大ヒット作品となっており、一気にブレイクしました。 1988年5月に「サム」から発売された「吸淫力 〜史上最強のワイセツ〜」という作品でAVデビューしました。 「イグーッ! イグーッ! 」というハードなフレーズでお馴染の彼女も、1980年代後半を代表する伝説のAV女優の1人です。 彼女がデビューする以前は受け身であることが普通だったAV女優ですが、彼女から男を襲うという当時は衝撃的だった淫乱プレイを披露し、 痴女系AV女優の元祖にして最強の存在となりました。 綺麗系なルックスに反し、絶頂の際には白目をむいて力強い喘ぎ声を発するのが特徴で、今でも記憶に強く残っている方は少なくないでしょう。 芝居上手だった。 調べたんですけど、エクセスの1本しかピンクは出てないですね。 勿体ない。 — あなぐらむ G08U26N 総合点 87点 スリーサイズ B82・W58・H87 出演作品本数 確認済49本 過去作品のため不明 代表作品 「溺れて…」「性食鬼 〜悪魔の棲む館〜」「セクシーメイツ ファイナル! 」 受賞歴 なし 引退後 「YUI」という芸名で歌手やタレントとして活動 斉藤唯さんは神奈川県出身の 1968年7月7日生まれ、身長は160cmです。 詳しい日付については確認できませんでしたが、1987年に「VIP」から発売された「溺れて…」という作品でAVデビューしました。 デビュー以前は有名百貨店にてデパートガールとして勤務していた経歴があり、会社案内用のパンフレットにはモデルとして起用されています。 このことからも彼女のルックスが並みレベルではないことはお分りいただけるでしょう。 またそんな彼女を語る上で必ず話題に上がるのが、 唇を駆使した得意のフェラチオです。 ねっとりと濃厚な舌使いでおちんちんをいやらしくしゃぶる弄ぶ姿を見ると、第一印象からは想像もつかないギャップに思わず興奮がMAXになります。 また人気AV女優達によるアイドルユニット「セクシーメイツ」や「RaCCo組」でも活躍していました。 当時はまだまだイマイチなルックスが多いAV女優の中では群を抜いた美貌。 — 小林ひとみがたまらない Juri0981a 総合点 85点 スリーサイズ B84・W58・H88 出演作品本数 確認済34本 過去作品のため不明 代表作品 「えり子、冬に。 」「愛奴恵・K」「お上手ガール 中川えり子・愛川深雪」 受賞歴 1986年度のアダルトビデオ売り上げランキング1位 引退後 不明 中川えり子さんは広島県出身の1963年12月6日生まれ、身長は164cmで体重は48kgです。 1985年6月29日に公開された「アクトレス」製作の映画「団地妻ONANIE」にて、三橋江梨子名義で女優としてデビューしています。 その後アダルトビデオをはじめ、映画や舞台など幅広い分野で活動を続けていました。 美貌もさることながら、 当時退廃的ともいわれた雰囲気と大胆な演技によって大ブレイクしました。 また当時はまだ珍しかった本番プレイやSMなどのハードな演技も一切厭わず、そのプロ意識の高い姿勢も人気の要因だったと言えるでしょう。 しかし作中での激しいプレイとは対極に、実際の性格は人懐っこく朗らかだったと言われています。 またデビューのきっかけとなったのは上京後に 女友達からの勧めだったと、後に雑誌のインタビューで語っていました。 詳しい日付については不明ですが、1982年に「ポニー」から発売された「隣のお姉さん PART1」という作品によってAVデビューしています。 デビュー以前は高校を卒業後、製本会社で働いた後に1981年秋に上京してOL生活を送っていました。 デビュー当時から一貫してオナニーをメインとしたテーマの作品へ出演し続け、「オナニーの女王」と呼ばれるようになります。 1985年には「新東宝映画」によって「八神康子ONANIE」という映画が公開されたほどでした。 現在ではオナニーが組み込まれたAVは珍しくもありませんが、当時はいけない事という認識が強く浸透していました。 まさかこんなに綺麗な女の子がいやらしいことをしているなんて、という背徳感にたまらなく興奮させられたのでしょう。 現代のオナニーシーンにも何かしら彼女の影響は残っていると思うので、ぜひ一度彼女のオナニーを見てください。 若い世代は絶対に知らないと思いますけどw — シュウ shumikashushu 総合点 81点 スリーサイズ B80・W57・H84 出演作品本数 確認済37本 過去作品のため不明 代表作品 「性風俗の桃尻娘たち ビデオスキャンダル2」「私を女優にして下さい。 「何でもやります。 」」「竹下ゆかりのオナニーへの招待状」 受賞歴 「オレンジ通信」にて1985年度の読者人気投票1位 引退後 不明 竹下ゆかりさんは沖縄県石垣市出身の1965年2月1日生まれ、身長は154cmです。 1984年に「VIP」から発売された「ビデオスキャンダル1 個室アイドル戦争・いかせてあげる」という作品に、当時在籍していた風俗店で使用していた「エルザ」という名義で出演しています。 二作目で「竹下ゆかり」と改名し、同年に発売された「私を女優にして下さい。 「何でもやります。 」」という作品で正式にAVデビューしました。 石垣島生まれということもあってか非常に美しい滑らかな肌をしており、可愛らしさと大胆さが融合した究極の姿で日本中の男性たちを釘付けにしました。 前述のデビュー作はAV女優の可愛さと清潔感を売りにする、 単体女優という分野を確立させた作品でもあります。 またビデオの中で実際に本番行為が行われたことがないという事実も後々に明らかになりました。 その後の消息は不明。 黒木香さんは鹿児島県出身の1965年1月21日生まれ、身長は161cmです。 1986年10月2日に「クリスタル映像」から発売された「SMぽいの好き」という作品でAVデビューしました。 デビューのきっかけはイタリア留学のための費用を自ら工面するためだったと語られています。 当時は女子大生のAV出演は非常に珍しく、特に大学名を公開した状態での現役国立大学生の出演はかなり異例でした。 さらに良家のお嬢様でありながら卑猥な言葉を連呼するというスタイルや、 16歳以降剃毛していないと語るわき毛を大胆に露出するなど、類稀な個性によって人気女優の仲間入りをしました。 また言葉の節々からも「わたくし」という一人称や「〜でございます」という口調など、お嬢様であることがよくわかるため、そのギャップがブレイクの要因であると思われます。 まず経済面ですが1980年代末頃から続いていたバブル経済が1990年~1991年を境に一気に破綻しました。 さらに社会的には1995年に起こった阪神淡路大震災や、オウム真理教によって引き起こされた一連の事件などによって、不景気と相まって社会不安が日本を覆ったのです。 しかし文化面では渋谷系アーティストやヒップホップの流行、さらに90年代後半に小室哲哉さんプロデュースの楽曲がヒット曲を連発させたことでCDバブル時代が起こりました。 またアニメに関しても1995年に放送開始された「新世紀エヴァンゲリオン」が大ヒットしたことでアニメブームが起こります。 そしてAV業界でもビデ倫による一部表現の制約が原因となり、業界全体に大きな変化が起こりました。 1992年頃には大手製作会社が次々に倒産してしまい、人気女優の裏ビデオが大量に流出してしまうという事件が起こっています。 しかし1993年以降からはセルビデオの販売店「ビデオ安売王」が拡大したことで、「ソフト・オン・デマンド」や「桃太郎映像出版」などの後発業者が殺到し、 セルビデオブームが到来しました。 セルビデオは従来のビデ倫を通したものと比べ、モザイクが薄く陰毛が見えるなどのアドバンテージがあり、再びAV業界には追い風がやってきたのです。 1995年4月22日に「ティファニー」から発売された「処女宮 卒業〜グラデュエーション〜」という作品でAVデビューしました。 AVに出演するきっかけとなったのは、知り合いの男性からレイプされたことで男性恐怖症となってしまったのを克服するためでした。 アイドル顔負けのロリフェイスでありながらモデルにも負けないようなナイスバディの持ち主であり、彼女に合っていた生意気アイドル路線によって一気に人気が爆発しますが、男性恐怖症が原因で引退と復帰を繰り返していました。 しかし伝説の女優と称されことやファンからの思いに応えるために、2010年4月25日に「ダスッ! 」から発売された「復活 夕樹舞子 」によって再度復帰し、その後も数作品へ出演しています。 また香港や台湾を中心にアジア圏でも熱烈な人気を獲得しており、その人気は有名映画女優並みであるとも言われています。 1989年4月25日に「ティファニー」から発売された「アダルトさせて 本気でフォール・イン・ラヴ」という作品で、「一ノ瀬雅子」という名義によってAVデビューしています。 デビュー以前はタレントやグラビアなどで活躍しており、NHKの大河ドラマ「春日局」にも出演していた経歴がある正真正銘の元アイドルです。 現在でも度々アイドルからAVに転身する女優は見られますが、当時は非常にレアなケースであり、彼女こそが 元祖元アイドルAV女優とも言われています。 しかし意外にもデビューから2作品はそれほど話題にはなりませんでしたが、「ダイヤモンド映像」に移籍して「桜樹ルイ」と改名した後には、日本中に彼女を知らない人はいないほどの人気を獲得しました。 まさにアイドル級のルックスである彼女のいやらしい姿が見られるなんて注目を浴びないわけありませんよね。 1990年9月15日に「ティファニー」から発売された「ヴァージン・エクスタシー 官能姫」という作品でAVデビューしました。 デビューと同時に その異常な美しさから日本中の男性へ大きな衝撃を与えました。 しかし話題になり過ぎてしまったためにすぐに親バレが原因で引退してしまいますが、熱心な両親への説得によって、1991年5月21日に改めて「ティファニー」から「新・官能姫」という作品で再デビューしています。 当時抜群のルックス誇った彼女はすぐにトップAV女優の仲間入りを果たし、AV以外にも写真集やVシネマ、民法のドラマなど幅広い分野での活躍を見せました。 エロ過ぎる彼女の作品とともに青春時代を過ごした男性は数しれません。 エイズや性病検査の啓蒙活動してたし、いずれは女性の性の悩み含める大きな施設を建てる予定だったみたい。 1人で頑張りすぎたのかな😢 — M. 1992年に「FOXY」から発売された「激射の女神 愛のベイサイドクラブ」という作品でAVデビューしました。 AV女優としてデビューするきっかけとなったのは、六本木でホステスとして在籍していたところをスカウトされたことでした。 彼女は引退後も長い間多くのテレビ番組に出演されていたため、タレントしてのイメージが強い方も多いでしょう。 現にデビューから間もない1992年2月からは深夜番組「ギルガメッシュないと」でレギュラー出演しており、 スカートをめくり豊満なお尻が丸見えになるTバック姿が話題となって「Tバックの女王」と呼ばれていました。 またデビュー当時は若さを前面に押し出すアイドル的な仕草のキャラクターとして振る舞っていたましたが、徐々に自身の本音を垣間見せるような芸風へと変化し、ギャル風なキャラクターでも親しまれていました。 1998年9月に「ソフト・オン・デマンド」から発売された「うぶ」という作品でAVデビューしました。 2005年に発売されたアダルト雑誌「デラべっぴん」では、彼女の出演したデビュー作を含めた3作品がセル作品の歴代売り上げでトップ3全てを占めたと発表されています。 彼女の魅力は可愛らしいロリ系のルックスと美しい美肌、そしてCカップの美乳です。 また比較的高身長な彼女はかなりスレンダーな身体をしており、そのプロポーションはモデルレベルでした。 またセックスシーンでは後半になればなるほど マニアックなものからハードなものまでなんでもこなしています。 このストイックな姿勢は人気が上昇した要因の一つであり、現代に至るまで彼女の名前が語り継がれることになった理由の一つとしても考えられますね。 」 受賞歴・称号 「ビデオ・ザ・ワールド」の98年度下半期ベスト10で1位 引退後 大手風俗グループ「FINALTOKYOグループ」の公認アドバイザー 小室友里さんは神奈川県出身の1975年7月28日、身長は157cmです。 事務所にスカウトされたことがきっかけで、1995年12月7日に「NaNa」から発売された「唇もとろけちゃう! 」という作品でグラビアアイドルとしてデビューしました。 その後1996年1月23日に「ティファニー」から発売された「新・官能姫 第2章…魅せられて」という作品で、正式にAVデビューしています。 AVアイドル路線でデビューした彼女ですが、本番プレイやハードなプレイなど幅広くこなしており、また美貌だけでなく明るく親しみやすい性格もあってファンが急増しました。 さらに1998年までは「芳友メディアプロデュース」と契約を結んでいた彼女ですが、契約満了後も大手AVメーカーの代表的シリーズ作品へ連続で出演するなど決して人気が衰えることはありません。 結局1999年にAV引退を発表するまで、 約4年間にわたりNo. 1AV女優として活躍し続けました。 1992年12月25日に「VIP」から発売された「危ない寄り道帰り道」という作品でAVデビューしました。 デビューするきっかけとなったのは、美容専門学生時代に新宿でスカウトを受けたことだと語られています。 学生時代にはサッカー部のマネージャーをしていましたが、サッカー部のレギュラー11人のうち7人と関係があったという逸話があり、天然な痴女としての振る舞いで注目を集めました。 そんな彼女は あどけなさが残るベビーフェイスと色白でエッチな身体、そしてハードな本番路線の絡みによって専属契約なしにも関わらず人気は上昇し、トップAVアイドルの一人として数えられるようになります。 またデビュー以降何度も引退と復帰を繰り返したことでも注目を浴びており、全部で3回の復帰、また確認できるだけでも5つの芸名を持っていました。 ・・・当時、伝説のピンサロ「平塚ジャンジャン」を熱く語って誘ってくれる友人知人が周りに沢山いたのに、まったく興味なかった若かりし頃の自分を説教してやりタイ。 1996年4月21日に「アテナ映像」から発売された「美神(ミューズ)の唇 〜ピンサロ界のスーパースターAV上陸〜」という作品へ「星野南」という芸名で出演し、AVデビューします。 16歳で結婚し18歳で離婚しており、デビュー以前は育児のために子供を育てるために1993年頃からピンクサロン「平塚ジャンジャン」に在籍していました。 デビュー時の芸名はピンサロ時代の源氏名であり、3作目から「光月夜也」として活動を始めています。 流石ロシアのクォーターなだけあって、 透き通るような美白の肌とピンク乳首のDカップ美乳がたまらなくエロく、また細長く伸びた脚も典型的な美脚でした。 こんな美女がピンサロにいたなんて信じられませんよね。 2010年以降AVへの主演は確認できませんが、2018年10月1日に「デジタルピーチ」から「濃厚SHOT 光月夜也」という写真集を発売していました。 アジア通貨危機や消費税増税を経た結果、世界経済全体では堅調に推移していたものの、日本は2000年代においても低成長を経験しました。 また文化面では1990年代に100万枚、200万枚などの大ヒットが連発した一方で、2000年代に入るとCDの売り上げは急激に低下したのです。 しかしアイドル業界では社会現象にまでなった「モーニング娘。 」を引き継ぐように、「AKB48」が2000年代後半から話題となり、次々と新たなアイドルグループが誕生したアイドル活性期となりました。 AV業界においては2000年代に入ると共に AVがビデオテープからDVDへと移行し始め、作品数、売り上げが桁違いに成長しています。 そしてそれに伴うようにAV女優もこれまでの「アイドル級のルックス」といった評価から脱却し、「新しいアイドルのスタイル」を確立して人気を獲得していきました。 呼称もこれまでにお馴染みだったAV女優から「セクシー女優」と呼ばれる場面が増えはじめ、AVへの出演を一般メディアで前面に押し出しながら活躍する女優が増えていきます。 また2000年以降からはモザイクの範囲が1mm以下で公開される作品も登場し、激薄ビデオとして最早丸見えに思えるほどの作品もありました。 以上のことから2000年代は「AV革命期」とも呼ばれており、一気に成長を遂げる結果となっています。 」「ギリギリモザイク そらはアナタのいいなり玩具」「極美映像 ハリウッド基準で魅せる超高画質セックス」 受賞歴 MOODYZ年末大感謝祭2005にてエスワンの最優秀女優賞受賞 引退後 タレント、歌手、女優 蒼井そらさんは東京都出身の1983年11月11日生まれ、身長は155cmです。 2002年6月14日に「Bejean」誌によってグラビアデビューし、同年7月30日に「アリスJAPAN」から発売された「Happy Go Lucky! 」という作品でAVデビューしています。 幼い頃から保育士になる事を目指していたため、デビュ以前には保育士の資格を取得した経歴がありますが、AVデビューによって実際に保育士として働くことはありませんでした。 持ち前のロリフェイスによって妹系女優として売り出された彼女はデビュー翌年となる2003年にアダルトビデオ総括大賞を受賞しており、2004年にはエスワンの発足に伴ってセルデビューもしています。 かの有名な「恵比寿マスカッツ」では初代リーダーにも抜擢されいるため、テレビやラジオなど幅広く活躍していた経歴があり、2005年のインターネット検索ランキングでは女性部門で第2位にランクインするなどかなりの知名度を誇りました。 また世界的にも彼女の評価は高く、特に中国人からの人気は日本での人気を上回るほどです。 幼い顔に似合わないGカップの美巨乳とどこまでもいやらしいネットリとした演技によって、彼女の人気は今でも決して衰えることはありません。 間違いなく2000年代のAV女優を代表するレジェンドと言えるでしょう。 当初はグラビアアイドルとして活動。 2007年、MOODYZ年末大感謝祭2007で最優秀女優賞を受賞。 カワイイと思ったらRT? 2003年3月28日に「アリスJAPAN」から発売された「天使の蕾」という作品でAVデビューしました。 デビュー以前はグラビアアイドルとして活動していましたが、AV女優になったきっかけを語る際に「女優になりたかった」と語られているため、芸能界入りへの足がけとしてAV女優としての活動を開始したとも考えられています。 デビュー当時からずば抜けたプロポーションを誇っていた彼女は、瞬く間に人気女優の仲間入りを果たし、現在に至るまで最前線で活躍し続けています。 しかし2018年10月1日に、2019年3月末をもってAV女優としての活動を引退すると発表しており、ファンからは驚きと落胆の声が上がりました。 そんな彼女の魅力はスレンダーな体つきと細くて長い脚、そして綺麗で柔らかそうなおっぱいです。 彼女の美しさは単なるエロを完全に超越した存在と言えるでしょう。 まるで芸術レベルの美女による淫らなセックスは興奮間違いなしです。 AVデビュー以前には「麻生由真」という名義で「アイドルコロシアム」等へ出演していたタレントの経歴があり、さらに2005年12月までは「煩悩ガールズ」の一員としても活動していました。 可愛らしいルックスとHカップの美バスト、そして新人とは思えないハードな演技で一躍人気AV女優の仲間入りを果たしています。 彼女の人気は デビューからなんと半年間で5回も売り上げ1位を獲得したほどであり、業界誌「アダルトインサイダー」では彼女を徹底的に研究する特集が組まれたほどです。 2015年5月20日のAV引退発表を機にAV女優としての活動は引退されていますが、2019年度版カレンダーでは未だ衰える様子がないビキニ姿を披露しています。 長瀬愛」「W出演 堤さやか・長瀬愛 型抜きホール」「新任女教師 長瀬愛」 称号 伝説の騎乗位 引退後 結婚して出産 長瀬愛さんは千葉県出身の1979年10月26日生まれ、身長は145cmです。 1999年8月1日に「オーロラ・プロジェクト」から発売された「純情女子高生 ゆうか18才Cカップ Part. 1」という作品で、「ゆうか」という名義によってAVデビューしました。 その後同年5月21日に「アテナ映像」から発売された「ザ・カメラテスト カワイイ美乳ギャルは新人デビューする前に…」という作品で本格的に「長瀬愛」の名義で活動を開始しています。 彼女はいわゆる正統派の美人ではないものの、身長145センチというロリ体型と思わずヌきたくなる演技で人気を獲得し、出演作品のがすべて大ヒットを記録するという活躍っぷりでした。 また当時は彼女の代名詞でもある騎乗位プレイは、 これまでのAVでは決して見ることができない派手な腰使いで多くの男性を魅了しています。 このように単体女優と比較した際にハードな絡みが要求されることが多い企画単体女優が活躍するようになったのは、彼女を始めとする2000年代の女優が作り出した流れだと言ってもいいでしょう。 2001年に「清水優香」という芸名でAVデビューしていますが、デビュー作については不明でした。 その後「朝河蘭」として改名した後の活動で大ブレイクを果たしており、その他にも「武藤蘭」という芸名で「Asian-Hot」によるネット配信ビデオに出演しています。 そんな彼女はデビュー翌年となる2002年に出演作品本数が212本と、デビューから一年とは思えない異常な数の出演数を誇っています。 さらに2002年の記録をギネスブックに申請した彼女ですが、 2003年には前年をさらに上回る304本への出演を達成しました。 このように出演数からも話題となった彼女は大人の色気を漂わせる妖艶な容姿と、男を圧倒するような情熱的なセックスが特徴的です。 完全撮り下ろし!! おっぱいモミモミインタビュー230分スペシャル! 」 受賞歴 スカパー! アダルト放送大賞2008年度にて女優賞受賞 引退後 タレント、歌手 Rioさんは東京都出身の1986年10月29日生まれ、身長は154cmです。 2005年11月22日に「MAX-A」の専属女優として「熱風」という作品に出演し、「柚木ティナ」という名義でAVデビューしました。 デビューのきっかけは南越谷駅でスカウトされたのがきっかけであり、母親がポルトガル人というハーフ美女である彼女は、ルックスレベルが格段に上がりつつあった 2000年代のAV女優の中でかなり目を引く美貌を誇っています。 デビューから2年程過ぎた2007年10月12日に「MAX GIRLS 大感謝祭」という作品で「Rio 」と改名した彼女は、2016年1月まで最前線で活躍し続け、さらにAV出演と並行して「恵比寿マスカッツ」の初代主要メンバーとしても活躍していました。 現代における「セクシー女優」という呼称を定着させたのも、彼女の影響はかなり大きいのではないでしょうか。 ルックスやプロポーションなどの容姿もさることながら、スター性や演技力などのAV女優に必要な全てのステータスをかなり高いレベルで兼ね揃えています。 5cmです。 2000年9月30日に「宇宙企画」から発売された「みつばちの悪戯」という作品でAVデビューしました。 同年春に東京の街頭でスカウトされたことがきっかけとなって、ヌードグラビアやCS放送によるアダルト番組出演等を経たのちにデビューしています。 しかしデビュー当初は特別目立った活躍はなく、デビューから1年間での出演は5本程度でした。 しかし2001年後半から2002年かけてインディーズメーカーへの作品が出演増え始め、彼女の魅力に気づいたファンから猛烈な支持を受けるようになり、AV界を代表するほどの女優へと成長しました。 数字を見てもわかるように ウエストが56cmとかなりのスレンダーな身体を持ちながら、Dカップの美乳を持つ彼女の人気が上昇しないわけありませんよね。 ルックスもそうだけど声質が好きだったんだよなあ月野りさ。 こいつが可愛い友達を家に連れてくるもんだからつい手を出したら、ヤレた!! 」「月野りさ完全引退作 月チャンネル!」 受賞歴 「スカパー! アダルト放送大賞」にて日刊現代賞を受賞 引退後 結婚 月野りささんは東京都出身の1989年10月1日生まれ、身長は158cmで体重は43kgです。 デビューのきっかけはもともとAVの仕事に興味があったからだと語っており、飲食業をしていたバイト時代には職場で従業員とエッチしたという驚きのエピソードも持っていることから、もともとセックスに興味津々だったことが分かりますね。 まるで人形のように整ったルックスをしていた彼女は、ギャル系のAV女優としてみるみるうちに人気を獲得していきます。 また2009年4月には東洋ショー劇場にてストリッパーとしても活動を始め、それ以降は AVとストリップ劇場の二足の草鞋で継続的に活動していきました。 どう見たって一般レベルではない彼女のエッチな姿を目の前で見ることができるなんて羨まし過ぎますよね。 」 称号 AV界のあやや 引退後 不明 紋舞らんさんは宮城県出身の1983年3月4日生まれ、身長は152cmです。 2002年3月1日に「MOODYZ」から発売された「知らぬがホットケーキ」という作品でAVデビューしました。 芸名の由来もケーキのモンブランからきていますが、デビュー以前はケーキ屋さんで働いていた経歴があり、バイト先でスカウトされたことをきっかけとなってデビューに至っています。 顔立ちが当時人気アイドルだった松浦亜弥さんによく似ているため、出演する作品も本人を意識したものがあり、当時彼女の公式サイト内にあったギャラリーには明らかに松浦亜弥さん意識した衣装や表情などで写っている画像もありました。 また2003年夏に明石家さんまさんが彼女を一押しの女優として紹介していたことがあり、このことも彼女がブレイクしたきっかけとなっています。 しかし今考えてみれば人気アイドルによく似た容姿でありながら、Fカップの巨乳を持っていた彼女が人気女優とならない理由はないでしょう。 何と言っても2011年3月に発生した東日本大震災は忘れることができない災害なのではないでしょうか?併発して起こった福島第一原発事故への対応が問題となり、政治面でも大きく変貌を遂げました。 また2013年9月7日にはIOC総会でイスタンブールやマドリードを抑えて、東京がオリンピックの開催地として選出される嬉しい出来事もありました。 さらに2018年11月23日にはBIE総会にて、実に55年ぶりとなる大阪での万博が2025年に開催されることが決定しています。 技術の発展も著しいものがあり、これまで進歩し続けてきたインターネット社会はさらなる発展を遂げ、スマートフォンが爆発的に普及するなど、世界中の人々のライフスタイルが大きく変わりつつあります。 またARやVRなどを始めとする映像技術の発展も目を見張るものがありました。 AV業界においても前述の技術発展は追い風となり、これまでVHSからDVDへと映像媒体が変容したのと同様に、スマートフォンでの動画配信が主流になりつつあります。 さらにVR技術を利用した VR動画の配信も徐々に増え始め、多くの女優たちがVR動画へ出演し始めました。 まるで目の前に憧れの女優が現れたかのような光景に、激しく興奮と感動を覚えた方は少なくないでしょう。 まさにAVの形は新しい段階へと進みつつあるように思います。 今後も新たな技術の発展によって、さらなるエロが開拓されることを願うばかりですね。 生ける伝説!明日花キララ — 2018年12月月21日午前1時07分PST 総合点 100点 スリーサイズ B90 G ・W58・H85 出演作品本数 313本 代表作品 「明日花キララ ミラクル美乳」「明日花キララとエスカレートしすぎるドしろーと娘10人がイク!! プレステージ的ファン感謝祭!! バスツアー」「明日花キララが2ヶ月セックス禁止されムラムラ限界アドレナリン大爆発! 性欲剥き出し焦らされトランスFUCK」 受賞歴 DMM. R18アダルトアワード2017にて優秀女優賞受賞 引退後 現役 明日花キララさんは北海道旭川市出身の1988年10月2日生まれ、身長は162cmです。 2007年12月21日に「h. p」から発売された「明日花キララ ミラクル美乳」によってAVデビューしました。 彼女がAVデビューするきっかけとなったのはスカウトマンによるスカウトでしたが、その際に決断した理由は当時活躍中だったみひろさんやRioさんの美貌を見て、この業界で1番を取ってみたいと思ったためだったと語っています。 その後デビューから2年で「スカパー! アダルト放送大賞2009」の女優賞とHD賞を同時に受賞し、さらに2012年7月に公開された映画「アイアンガール」では主演を務めるなど、彼女の活躍は留まることを知りません。 実際彼女の美貌はルックス、プロポーション共に現存するAV女優の中でもトップクラスの美しさを誇っており、また演技力やエロティックさについても非の打ち所がないと言えるでしょう。 現在ではまさに彼女が目指したNo. 1の存在になりつつあります。 R18アダルトアワード2017にて最優秀新人女優賞受賞 引退後 現役 高橋しょう子さんは愛知県一宮市出身の1993年5月13日生まれ、身長は161cmです。 2016年5月1日に「MUTEKI」から発売された「グラビア四天王たかしょーMUTEKI Debut 高橋しょう子」という作品でAVデビューしています。 AV女優として活動する以前は人気グラビアアイドル「高崎聖子」として活動していましたが、芸能活動を休業中にAVへの出演依頼を受けた際にファンからの活動再開を望む声を聞き、「もう一度、みんなに会いたい」という思いからAVへの出演を決断しました。 同年7月12日にはアダルトビデオの祭典である「AV OPEN 2016」の開会式に参加し、女優部門にエントリーすることを発表しており、結果はなんと総合グランプリから女優賞まで7冠を受賞するという快挙でした。 デビューからこれだけ短い期間でここまでの人気を獲得した女優は近年彼女くらいのものでしょう。 グラビアアイドルをやっていただけあって、AV女優の中でも頭一つ抜けたビジュアルを持っていますが、それだけでなく これまでに見たことがなかったいやらしい演技のレベルが高かったことも、ブレイクのきっかけだと思います。 2008年6月3日に「プレステージ」から発売された「ZERO 素人以上、女優未満 07」でAVデビューしました。 台湾の人気女優・モデルである「リン・チーリン」さんに似ているとして、台湾では「AV界のチーリン」と呼ばれ、台湾を始めとするアジア諸国で絶大な人気を誇っています。 やはり彼女の魅力はその色気たっぷりな美貌と、白くて丸いおっぱいですよね。 これまでに3,000本以上のAVを撮影してきた村西とおる監督でさえも、「なぜこんな子がAVに出るのか?」と疑問を感じたと言います。 顔・スタイル・性格全てが完璧な彼女は 常に売り上げランキングでも上位にいる文句なしの人気女優ですが、ハードな作品でもなんでも挑戦しており、その全てで彼女のエロスな魅力を感じることができました。 本人説得して映像作品化! AVデビューしてもらいました! 」「月島ななこと椎名そらのガチレズカップルが自宅にファンを集めて「レズ解禁」オフ会ドキュメント!! 」「倦怠期を乗り越えた2人の愛は本物なのか!? ビビアンズに究極の試練!! 「彼女なら! 」」 受賞歴 AVOPEN2017のファン投票部門で女優賞受賞 引退後 現役 椎名そらさんは愛知県出身の1995年7月12日生まれ、身長は155cmです。 2015年10月25日に「ナンパJAPAN」から発売された、「アマチュアバンドのヴォーカルがあまりに可愛くて… ナンパして付き合ってデートもSEXも盗撮しまくり。 本人説得して映像作品化! AVデビューしてもらいました! 」という作品でAVデビューしました。 バイセクシャルであることを公言している彼女は、デビュー以前より同じくAV女優の月島ななこさんと交際していた経歴があり、月島ななこさんのニコニコ生放送に恋人として出演していました。 また2016年4月7日に「ビビアン」から発売されたのレズ作品に先立ち、専属レズユニット「BIBIANS」を月島ななこさんと結成しています。 綺麗なおっぱいから下へと続くキュッとくびれウエスト、そして引き上がったお尻のラインが多くの男性にとって憧れの象徴となっています。 またショートヘアがよく似合う整ったルックスも素晴らしいですね。 1黒ギャル女優!AIKA — 2018年 8月月3日午前5時33分PDT 総合点 92点 スリーサイズ B87 E ・W60・H84 出演作品本数 715本 代表作品 「ワリキリ、ハミ乳娘貸し切り。 悪徳整体師に猥褻マッサージされて、相席居酒屋でトラップ仕掛けて本人に無許可で中出しまでした一部始終。 」 受賞歴 スカパー! アダルト放送大賞2017にて女優賞受賞 引退後 現役 AIKAさんは兵庫県出身の1990年8月25日生まれ、身長は163cmです。 2011年1月13日に「プレステージ」から発売された「ワリキリ、ハミ乳娘貸し切り。 13」という作品でAVデビューしました。 デビュー以前は美容師として働いていました経歴がありますが、収入に困っていたことでライブチャットのアルバイトに挑戦した結果、AVにスカウトされています。 AIKAさんは真性の黒ギャルでありながら決して下品なギャルではなく、高貴な雰囲気が漂うエレガントな女優です。 小さな顔の中に圧倒的な存在感を放つその大きな瞳に見つめられながら、エロい言葉で罵られるのがたまらなく興奮させられます。 また体つきもAV女優の中で最高レベルのエロさを誇っており、間違いなく ギャル系女優のトップに君臨する女優でしょう。 AV女優の詳細や代表作品なども解説しているので、将来有望なAV女優を知りたい方は必見ですよ! また代表作品については作品を視聴できるリンクも掲載していますので、気になる女優を見つけたら今夜のおかずとしてチェックしてみるのもおすすめです。 R18アダルトアワード2017 最優秀女優賞受賞 デビュー前 SKE48元メンバー・鬼頭桃菜として活動 三上悠亜 みかみゆあ さんは、2015年6月にデビューを果たしたAV女優です。 彼女は元SKEの元メンバー・鬼頭桃菜としても知られており、デビュー時点から注目されていた存在でもあります。 そして今ではDMMのアダルトワード2017で最優秀女優賞を手にする人気女優になりました。 国民的アイドルを思わせる万人受けする美人なルックスやグラビアアイドルのような美しいボディスタイルもあり、三上悠亜さんはこれからもさらに人気を強めていくことでしょう。 そんな彼女は現時点で131本の作品に出演していますが、その中のほとんどがFANZAでお気に入り数1000以上を記録しているのも人気の表れでしょう。 中でも「Princess Peach 三上悠亜」は三上悠亜さんのアイドルらしさと初々しさが活かされているので、気になる方はぜひ見てみてください。 橋本ありな」 受賞歴・称号 DMM. R18アダルトアワード2018 最優秀女優賞受賞 デビュー前 モデル・岩谷志季として活動 橋本ありな はしもとありな さんは、2016年3月にデビューを果たしたAV女優です。 現在までに168本もの作品に出演している活発さが目立っていますし、それらの作品が評価されてDMMアダルトアワード2018年では最優秀女優賞を受賞しています。 「美少女が見た目に似合わない痴女キャラを演じる」というエロいギャップが特徴の作品です。 アダルト放送大賞2017 新人女優賞 東京スポーツ賞受賞 デビュー前 不明 桃乃木かな もものぎかな さんは、2015年10月にデビューしたAV女優です。 スカパーのアダルト大賞で「新人女優賞・東京スポーツ賞」を受賞する人気さはもちろんのこと、2017年8月には歌手デビューを果たしたりと 幅広い分野での活躍が目立っています。 そんな彼女の魅力はルックスを見てまず印象に残る「大きくて丸い目」、そしてグラビアアイドル顔負けの綺麗なくびれや少し垂れたエロいFカップおっぱいと様々です。 また透明感のある清楚な雰囲気も特筆すべきポイントでしょうか。 桃乃木かなさんは「アイドル系」・「レイプ」・「NTR」など色々なジャンルの作品に出演しており、自分好みのシチュエーションで彼女を堪能しやすいのが嬉しいですね。 中でも「ノーパンノーブラ透けコス 神対応アイドルリフレ 以下略 」は彼女と押しに弱いアイドルキャラ設定がしっかりマッチしており、エロさと可愛さを両方堪能できる一本に仕上がっています。 翌年のFANZAのアダルトアワード2019で新人賞にノミネートされるぐらいに既に人気で、今後の活動次第では何らかのイベントで最優秀女優賞を手にすることも十分考えられますね。 そんな彼女の魅力は、やはりアニメキャラレベルの ボンキュッボンボディでしょうか。 おっぱいがFカップと巨乳な上にヒップも同じぐらい大きいにも関わらず、ウエストが53cmと絵に描いたように細いです。 今までのAV女優の中でも特にボディスタイルが素晴らしいと言っても良いですね。 伊藤舞雪さんは現時点で63本と出演作品数が少なめですが、そのボディスタイルを堪能できるという意味ではどの作品も見応えがバッチリです。 中でも「感じ過ぎてこっそり本番ヤラせてくれる奇跡の敏感巨乳おっパブ美少女 伊藤舞雪」は、彼女のおっぱいを「おっパブ」設定で強く活かした一本なので、おっぱいフェチにはぜひ見て欲しいですね。 実は2017年3月に小嶋亜美名義で一本だけAVに出演していましたが、根尾あかりとして再デビューを果たしたことで幅広いユーザーから注目を集めています。 そんな彼女は 「素人美人」という言葉が似合う親近感が湧きやすいルックスや、Eカップと少しふっくらしたボディスタイルが魅力ですね。 またFANZAニュース副編集長・櫻井兵八郎さんに推し女優に選ばれる素質も発揮しており、これからの活動に期待が高まる女優でもあります。 そしてデビューから現在までの約9ヶ月で、61本の作品に出演するほどの活発さも目立っていますね。 中でもおすすめしたいのが「出張先のひなびた温泉旅館で新卒女子社員とまさかの相部屋逆NTR 以下略 」でしょうか。 根尾あかりさんの演技力が非常に高く、思わず見入ってしまうぐらいクオリティの高い一作となっています。 これまでのAV業界約40年間で最もエロいAV女優が彼女たちになります。 ・明日花キララ(2010年代、100点) ・蒼井そら(2000年代、98点) ・吉沢明歩(2000年代、97点) ・高橋しょう子(2010年代、97点) ・夕樹舞子(1990年代、97点) しかし正直なところレベルが拮抗していたため、ランキングは相当迷いました。 今回ご紹介した女優は間違いなく今後も名前が残るような名女優ばかりです。 彼女たちを上回るような女優の登場に期待が高まりますね。 歴代最高のAV女優の体を堪能して抜きまくろう! 本記事では歴代最高レベルのAV女優33人を年代別にランキング形式でご紹介し、最後には歴代TOP5の女優についてもご紹介したしました。 また女優ごとに動画も紹介しているので、気になった女優がいたらぜひ一度見てみてください。 すでに引退してしまった女優も多いランキングとなりましたが、 これからも彼女たちの作品を楽しむことはできます。 ぜひ今後も彼女たちの残してくれた動画を見ながら、エロい体を存分に堪能して抜きまくっちゃってください。

次の

昔の裏ビデオエロ動画

昔のav女優

コメント一覧 41• 名無し• 2018年10月26日 20:00• 今の方が明らかに美人でスタイルも良いんだけど、何かが足りない。 2018年12月07日 15:21• 2018年10月26日 20:11• やっぱり思春期全盛に観たのが強烈に残ってるからな、今の可愛いコやスタイルいいコよりも 俺は夕樹舞子と麻生早苗が大好きやった、2人とも復帰した時メチャクチャ抜いた。 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月26日 20:13• 自分の好みの女優かどうかでしょ 時代関係ない• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月26日 20:41• その通り。 そんでやっぱ最近はモザイクが濃い!2〜3年前に戻せ!• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月26日 20:50• 地方のGEOでバイトしてるけれど、昨今AVをレンタルで借りに来るのなんて50オーバー初老のジジィばっかりなんだよね。 アダルトDVD業界なんて、完全にネットについていけないシルバー産業なんだろう。 5年ルールが適応になって限りなく実現は難しいだろうけれど、こういう昔の女優のRe:モザイクによる復刻版っていうのは実は金脈なんだろうって思う• 名無し• 2018年10月26日 20:51• 昔のエロは風情があると思います• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月26日 21:00• ワイのトレンドは中出し熟女物やなw• 名無しだが激C• 2018年10月26日 21:57• 松田瞳と泉セリナは今でも見てる。 名無し• 2018年10月26日 23:10• そりゃエロに初めて触れた頃や新鮮な企画がいっぱいあった時代の方が思い出補正で良く見えるだろうよ。 性欲だって落ちていく訳だし。 懐かしい・・名作のAV! 2018年10月26日 23:19• 名無し• 2018年10月26日 23:24• 高画質の無修正モノが簡単に観れる今が最高 本当に良い時代になったもんだw• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 00:16• 今はサイボーグ感が強すぎ• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 01:11• 自分が中高生の時のオカズが一番• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 02:00• VHSレンタルだと新作は「一泊」のみで返却しなければ ならなかったので、コピーなんてできないから気に入って 何度も見たい作品は神保町の芳賀書店で1万5千円出して ビデオ1本を買ってた。 今ならそんなに払うなんて気違いだと思われるかもしれないがそうするしかなかったのだから。 セルDVDの時代になって3千円ぐらいで作品が買えるように なってなんていい時代になったんだろ、って思ってたな。 それも隔世の感。 時代は変わりますね。 名無しの電脳王女• 2018年10月27日 02:09• 葉山レイコが出ないところ、若い子が見てるんだなーと思う。 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 02:11• パッケージ詐欺と偽乳が多すぎて最近のは萎える。 2018年10月27日 02:59• 女優の美しさは断然今だけど、肝心の内容がなんか量産型というか、みんな似たり寄ったりなんだよな。 昔の方がネチッこさというか、いやらしい雰囲気があって好き、• 名無しのVIPPER速報• 2018年10月27日 06:44• 17 そうなんだよな。 なんか今は「大量生産」型の美女・美少女が多くて、月並みに言えば個性があまりないかも。 なおかつその個性が何故か時々ブサイク扱いされるし。 2018年10月27日 07:44• 女優は平均値だと今の方が全然いいんだけど、トップレベルは昔の女の方がよかった 松坂季実子とか今でもめちゃくちゃ美しい• 名無し• 2018年10月27日 08:09• 単体物は女優のレベル内容共に今のが良いけど ナンパ物は圧倒的に昔のが良い 条例で難しくなってもブスギャルの居ないナンパ物は抜けない• 卑弥呼命• 2018年10月27日 08:17• 昔はVHSやったから量が増えると場所の置き場に困るんだよな 人にあげるにしてもデカいから持ち運ぶにも段ボールで運んだ思い出あるわ• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 08:58• 今はパイパン率が高くなり 能面の様な人工的な整形顔が増え 綺麗な顔をしていても なぜか好きになれない 女優よりも 今は素人作品の方が まだ萌えるのは俺だけだろうか• ウエンツ瑛士• 2018年10月27日 08:59• 気になる名無しさん• 2018年10月27日 09:08• 土屋太鳳が僕のオナペットなんだけど、なんでムラムラするのかなと思ったら 昔の巨乳AV女優みたいな顔だからだなとある日気づいた(笑) 今のAV女優は僕もサイボーグ感を強く感じる• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 09:14• 豊丸「イグ~イグ~」• 2018年10月27日 13:47• 氷高小夜とか日吉あいとかが好きだったわ• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月27日 14:58• 昔のだと樹マリ子 青木さえ子 が好きだったなぁ。 ビデオで何度も見たもんだわ• 名無しのうさぎさん• 2018年10月27日 16:07• 24 土屋太鳳かあ たしかにドスケベな顔してるw• サイモン陳• 2018年10月27日 16:10• 懐かしい女優さんばかりで、 あいだももさんなんかは、 たいへんお世話になった女優さんですねぇ。 名無しのうさぎさん• 2018年10月27日 17:30• 2018年10月28日 01:50• 今のAV女優は、韓国アイドルっぽい整形ばかりで、印象が薄いんだよな。 ノーネーム• 2018年10月28日 04:47• 昔のAV今見てみると顔射NGか擬似が多い。 セルメーカーが主流になり始めた頃からモザイクも薄くなって可愛くてもちゃんと顔射したりやる事は過激になった。 昔でもダイヤモンド系の松坂季実子、田中ローザ、卑弥呼や桜木ルイなんかはちゃんとやってる感があって好きだった。 モザイク薄い時代にあいだももや夕樹舞子、城麻美が見たかった。 気になる名無しさん• 2018年10月28日 10:48• なかや• 2018年10月28日 22:48• 黒ギャルしか興味ないオラは異端かな 飯島愛、RUMIKA、上原花恋、この三人だけで十分である• 2018年10月29日 03:13• 最近の部類になるだろうが印象あるのは、桜りえぐらい。 飯島愛はシリコン乳がマイナス要素。 ビデオテープ時代は今では画質悪いし。 名無しだがおっぱいが好き• 2018年10月29日 11:54• 何が好きかより誰が好きかって要素がでかいからなあ• 名無しさん• 2018年11月01日 07:50• 抜ける抜けない以前に昔のは垢抜けない なんとなくダサイ• 名無しだがおっぱいが好き• 2018年11月05日 23:26• 初めて見た松坂季実子のおっぱいのインパクトは凄かった• 年寄りの戯言!• 2018年11月15日 21:30• 昔・・の方がリアルだった!今・・お前・・本当に、そんな事するの?何もかもが、全て嘘に思える!• 名無しさん• 2019年10月02日 03:38• ここまでコメントした人と違って自分は中学生… でもこのスレ、このコメ欄を見に来てしまった 昔の世にも奇妙な物語とか見るにつれて昔の女性の方がなんか魅力的だなぁとつい調べてしまった.

次の

歴代最高のAV女優ランキングTOP35!昔の有名AV女優から未来の新人まで

昔のav女優

最高のAV 女優!伝説のAV 女優! 懐かしいAV 女優 いま、AV業界では、、、、、、、といった可愛くてエロい女の子たちが人気。 かわいくて、綺麗な若い女の子が次々とAVデビュー。 しかし、昨今は次から次へとAV女優がデビューするも、いつまでも記憶に残り続けるAV女優が少なくなりました。 このころのAV女優というは、「社会の底辺にいる女性」とネガティブな目で見られ、江戸時代における吉原遊郭の遊女のような印象がありました。 いくら妖艶で人気があり、お金を儲けていても、人間としての最底辺といった、どうにも変えようがない現実です。 インターネットが普及していなかったころの時代。 AVビデオを見るためには、ビデオデッキを買わなければならず、当時としてはかなり高価な品物。 AV女優の多くは、親にばれることを恐れながら、カメラの前でセックスシーンを撮られ続けていました。 飯島愛はその典型的な例ですが、彼女は無修正動画が流出することをかなり恐れ、やけっぱちの気持ちで書いた自伝『プラトニック・セックス』がベストセラーになり、映画にもなりました。 14歳で家出して、シンナー、同姓、強姦未遂といった激しい少女期。 ホステスで過ごし、アダルトビデオへ出演。 美容整形。 あらゆる負の経験をしたタレントの飯島愛が赤裸々に語った自伝が、同姓代の女性に共感を呼び、「身体を売って生きることがなぜ恥ずかしい」という開き直りが、パッシングを受けるどころか、特に女性から共感されたのです。 男に抱かれたい。 セックスしたい。 だが、男にいいように食われ、捨てられるだけ。 それなら、セックスで金も快楽も名誉も手にしたい。 どうせ生きていても社会の底辺。 それならカメラの前で、人前でセックスして、人生の逆転をねらおう。 人生のぎりぎりの淵まで追い込まれた一人の少女の生きざまが、多くの女性の共感を呼びました。 が、その代表です。 女優やタレント、歌手としても活躍。 AV業界に生きる女性たちの姿を描いた自伝小説『最低。 』も、後に映画化され、大きな話題になりました。 「AV女優という職業は、高校専門学校に通っていた私にとって最も天職」というのが名言。 いったい、学校って何だろうって思わせられますね。 まじめに会社に勤めて働いても、いいように都合よく利用されて捨てられるだけ。 年金などももらえない。 それなら一発勝負で、自分の顔や身体、エロさで人生にチャレンジしたい。 女性は、「人から良く見られたい」「美しくありたい」という本能的な願望があり、これが人前に出ることを押し上げていると言えるでしょう。 親としては本当は嫌だけれど、あなたが決めたのだから応援しているよ、というものです。 が、その代表です。 母親はそう思うかもしれませんが、父親としては本当に嫌でしょうね。 カメラや人前で裸になってセックスすることの後ろめたさが無くなり、無修正も受け入れる。 テレビでよく見かけるアイドルや芸能人よりも顔が可愛くて、スタイルも抜群。 そんな綺麗な少女たちが次々とAVデビューしていく。 青少年などに悪影響をおよぼす、というものです。 アイドルグループからAV女優へと転身したが韓国でアイドルデビューを果たそうとしましたが、思わぬ逆風を受けました。 昔のAV女優と、現代で大きく異なるのは、昔はスカウトがほとんどでしたが、最近は自分からAV女優になりたいと志願してネットの募集サイトから応募してくる女性が多くなったこと。 自分はAVビデオを見て楽しんでいたが、親になり、娘を持つ父親となり、その娘がAV女優をやりたい、と言い出したら、どうするのか。 昔のAVを知る者としては、そんな命題を突き付けられることとなりました。 男性、女性とでは、この感覚は違うでしょうね。 母親であれば、自分の娘がAV女優になりたいと言っても悩みながらも受け入れることができそう。 あるいは、娘が、自分の母親がかつてAV女優だったと知っても、お母さんが好きだったら受け入れることができそう。 また、母親が好きであればあるほど、自分の母親が昔、AV女優だと知ったら、息子はきっと悲しい思いをすると思います。 だから管理人は結婚しないし、子供も作らない。 恋愛・セックスは海外にいっぱいあるし、付き合った女性には、子供がいることも少なくないので、一緒に遊びに連れて行ってあげています。 けれど、こうして改めて、AV女優たちの美しくて妖艶な姿を見たら、こうした道を選んでも許せるかもしれないと思えてきますね。 そんな妖艶な、懐かしい昔のAV女優たちをお届けします。 (さくらぎるい) 1990年代前半を代表するAV女優。 当時、1000本売れればヒットとされる中で、出演作品が8000~1万本も売れ、AVクィーンと呼ばれました。 (さえじまなお) 1987年に「/FカップNo. 1 奈緒の目覚め」でAVデビュー。 巨乳と美肌で人気。 2012年に逝去。 享年44歳。 (こばやしひとみ) 1986年に「禁じられた関係」でAVデビュー。 絶大な人気を誇り、AV女優という呼び名が一般化したのはがAVデビューしてからのこと。 (くどうひとみ) 1989年にAVデビュー。 引退までに70本のAVに出演。 川崎ロック座で「セクシー・ベットショー・コンテスト」の第1回優秀賞に輝く。 (きしまりこ) 1990年にAVデビュー。 スレンダーで巨乳のAV女優。 (しらいしひとみ) 1990年にAVデビュー。 1995年頃までAV作品に出演。 可愛ゆう (かわいゆう) 1994年にAVデビュー。 ロリ顔で巨乳のアイドル系のAV女優として人気。 (かわしまあづみ) 1984年にAVデビュー。 美巨乳と美肌のAV女優。 菊池えり(きくちえり) 1985年に、菊池えりの名前でAVデビュー。 10代後半で風俗で働き、裏ビデオに出演していた。 B94の美巨乳。 (みたけりょうこ) 2002年にAVデビュー。 ビートたけしのエンターテインメント賞主演AV女優賞を受賞。 (くろさわあい) 2001年にAVデビュー。 ストリッパーとしても活躍。 (おかざきみお) 1995年にAVデビュー。 美巨乳、美肌でエロティックなAV女優。 ( ほしのひかる) 1990年~1991年までのAV女優人生だったが、今でも強い人気。 (あさおかみれい) 1991年にAVデビュー。 現役女子大生の正統派美少女として一世を風靡。 (いとうまき) 1991年にAVデビュー。 ファッション雑誌のモデル出身。 抜群のスタイル。 きららかおり 1991年にAVデビュー。 半年で引退し、作品は5本のみ。 桜ここ み(さくらここみ) 2009年にAVデビュー。 2014年にブログで引退を発表。 原紗央莉(はらさおり) グラビアアイドルの後、2009年に作品『芸能人 原紗央莉 奇跡のAVデビュー』でAVデビュー。 スタイル抜群でエキゾチックな顔立ちで人気。 AVデビューで初潮吹き。 琴乃 (ことの) 2007年にAVデビュー。 かわいい顔立ちだが、Sキャラの面も持つ。 (こむろゆり) 1990 年代後半のAVクィーンとして君臨。 (あすかきらら) 2007年に『 ミラクル美乳』でAVデビュー。 バスト90センチでナイスなボディ。 (きしあいの) 2010年にAVデビュー。 元グラビアアイドル。 東清美(あずまきよみ) 1980年代後半を代表するアイドルAV女優の一人。 葉山レイコ(はやまれいこ) 1988年に唯一のAV作品「処女宮 うぶ毛のヴィーナス」に出演。 もともとNHKの中学生日記に出演していたところをスカウトされた。 (しょうじみゆき) 1980年代後半から90年前半に活躍AV女優。 細身で長身。 そして巨乳。 野性的な顔立ちとは想像できないほどのおっとり系で人気。 (おざわなほ) 2002年にAVデビュー。 「ミリオンガールズ2005」に選ばれる。 (ゆうきまいこ) 1990年代を代表するAVクィーンの1人。 「アジアの女神」と呼ばれる。 (ながせあい) 1999年にAVデビュー。 裏ビデオにも多く出演。 (おきなつばさ) 2000年にAVデビュー。 ストリッパーとしても活躍。 (はやしゆみか) ピンク大賞女優賞を2度受賞。 1980年代~2000年代にかけて活躍したAV女優。 (あおいそら) 2002年にAVデビュー。 現在は中国大陸で人気。 大阪・飛田遊郭の出身。 飯島愛(いいじまあい) 1992年にAV女優デビュー。 2008年に永眠。 豊丸(とよまる) 1988年にAV女優デビュー。 1980年代後半を代表するAV女優の一人。 (あさみゆま) 2005年にAV女優デビュー。 現在は歌手、タレントとして活躍。 (なつめナナ) 2004年に「現役TVレポーター」という肩書でAVデビュー。 現在は女優、タレントとして活動。 (ゆうきひとみ) 1990年代前半を代表するAV女優の一人。 (よしざわあきほ) グラビアアイドルとして活躍し、2003年にAVデビュー。 2007年、MOODYZ年末大感謝祭2007で最優秀女優賞を受賞。 かわいさとみ 1986年~1992年ごろにかけて活躍したAV女優。 (いつきまりこ) 1989年に、「素晴らしき日曜日」「快楽天国」「猥褻淑女ビーナスの雫」の3本同時リリースでAVデビュー。 巨乳で、淫乱のAV女優として大ブレイク。 AV出演契約が6本3000万円という、AV史上最高額のギャラ。 いとうしいな 1989年にAVデビュー。 ロリータフェイスと巨乳で人気のAV女優。 (あさくらまい) 1992年にAVデビュー。 レーベル・ティファニーのイメージを体現した可憐さと、高級クラブホステスのような上品な色気を持ったAV女優。 あいだもも 1990年にAVデビュー。 AV女優史上、最も可愛い女優の一人。 松坂 季実子(まつざかきみこ) 1989年にAVデビュー。 バストサイズは110. 7センチ。 当時のAV女優としては並外れた巨乳で、AP通信が海外に情報配信するのどの大反響を呼んだ。 秋元ともみ (あきもとともみ) 高校時代にスカウトされてファッションモデルに。 その後、1986年にAVデビュー。 (むらかみれな) 1986年にAVデビュー。 タレント、ストリッパーとしても活躍。 (ごとうえりこ) 1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍したAV女優。 聖心女子大出身(中退)。 ( あべなつき) モーニング娘の安倍なつみのそっくりさんという名目で、2000年に「処女宮 ミレニアム」でAVデビュー。 (はやさかひとみ) 新宿でスカウトされ、2001年に「hit-mi-x」でAVデビュー。 (おいかわなお) 東京でスカウトされ、2000年にAVデビュー。 AV作品は80本以上。

次の