ワイン 開ける やつ。 ワインオープナー(栓抜き)を使わないでワインを開ける7つの方法

【徹底比較】ワインオープナーのおすすめ人気ランキング24選

ワイン 開ける やつ

そんな時に、ワインの栓抜きがなくてもワインを開けられる方法をあるサイトが紹介している。 その方法とは、• ワインボトルの底を何か硬いものに打ち付ける• ナイフを使って開ける• 栓を押し込む• ネジくぎとくぎ抜き(ハンマー)で開ける• 小さな釘を何本かコルクに打ち込んでくぎ抜き(ハンマー)で開ける• ペーパークリップを使って開ける• 自転車の空気入れで開ける これら7つの方法が下記リンクでビデオと画像で紹介されている。 少しわかりづらいかもしれないので補足。 (4)と(5)は同じ発想。 (4)はネジをドライバーでコルクに回し入れて、ハンマーの反対側のくぎ抜き部分で、てこの原理で開けるやり方。 (5)は、小さな釘をコルクに打ち込んで(4)と同じ原理でコルクを抜く。 サイトでは、ワインオープナーは家庭にないことはよくあるが、アメリカ人なら工具類は山のように持っているはずだから、釘と金づちがないわけがないと言っている。 そして最後に、それでもワインが開かないときの8つ目の最終手段として、挙げているのが最後のビデオ。 いかにもアメリカらしい・・。 どうしてもワインが飲みたいらしい。

次の

これで恥をかかなくてすむ!ワインを注文する際に絶対に知っておくべき「飲み方・選び方」の極意

ワイン 開ける やつ

ワインコルクの開け方裏技集!コルク抜きなしの場合 コルク抜きがない場合の、ワインコルクの開け方を紹介します。 「靴を使う方法」「くぎ、くぎ抜きを使う方法」「ナイフや鍵などを使う方法」「中に押し込む方法」の4つの方法を紹介します。 靴を使うワインコルクの開け方 まず初めに紹介するのは 靴を使う方法です。 キャンプなど屋外で困った時に、靴なら必ずありますよね。 ワインを靴のかかと部分 内側 に当てて、木や壁などでドンドン叩くだけです。 コルクが抜ける原理としては『空洞現象』が関係しています。 『空洞現象』とは、簡単に言うと水中で物体が高速移動した時に気泡が発生する物理現象のことです。 また別の理由として、ワインボトルを揺らしたときに起こる『慣性の法則』のよって、ワインが直接コルクを押し出しているという説明も出来ます。 いずれにせよ、叩く衝撃でボトルが割れる可能性もありますから取扱いには注意して下さい。 タオルなどでボトルを包むと良いですよ。 以下の動画でやり方を紹介しています。 この動画のようにタイミングを見極めないと勢いよくコルクが抜けて、ワインが飛び散るどころか服も濡れてしまうかもしれません。 力加減のコツを掴むのが難しいのと、ワインをシェイクせずに飲みたい!という方には次の方法を紹介します。 くぎ+くぎ抜きを使うワインコルクの開け方 次に紹介するのは、工具を使う方法です。 くぎやネジなどを適度な場所までねじ込み、その後一気に引き抜きます。 引き抜くにはくぎ抜きやペンチなどを使用しますが、フォークなどでも代用出来ます。 てこの原理を使う作業ですので、女性でも割りと簡単に出来ると思います。 自宅に工具がない!という場合は、次の方法はいかがでしょうか。 ナイフを使うワインコルクの開け方 今度はナイフを使う方法を紹介します。 これはワインオープナーの代用品として使う開け方です。 くぎやネジに比べればナイフの方が持っている人が多い気もしますが、もしナイフがなければ家の鍵でも大丈夫です。 やり方としては、ナイフを刺して回しながらコルクを抜くだけです。 途中でコルクがボロボロにならないようにくれぐれも慎重に行ってください。 ナイフを刺したらひねらずにゆっくり回しながら抜くのがコツです。 ナイフはソムリエナイフやバターナイフなど鋭くないものの方が安全です。 中に押し込むワインコルクの開け方 これは 最終手段ですが、引き抜かずにボトルの中にコルクを押し込んでしまいましょう。 指で押し込むのは無理ですので、何か身の回りにあるものを使ってみましょう。 コルクを中に入れてしまうのでワインを全部飲みきることが前提ですが、コルクが入ったままワインを飲んでも害はありません。 どうせ中に入れてしまうのであれば、あらかじめコルクを少し削ってしまえば時間短縮につながります。 どうしてもコルクの削りカスが気になる場合は、茶こしなどで取りながら飲んでください。 スポンサーリンク ワインコルクの開け方裏技集!失敗した場合 上記にある 「何かを刺してコルクを引き抜く方法」 もしくは、 「ワインオープナーを使う方法」 で開けようとしたら途中でコルクがちぎれてしまった…という失敗も時にはあるかと思います。 そんな時も身近なものを使って、もちろんボトルを割らずにコルクを取る方法があるのです。 ビニール袋を使ってコルクをワインボトルから取り出す方法 まずビニール袋を細長く折り畳んでからボトルの中に押し込みます。 袋を全部入れてしまわないように気をつけてください コルクは手前 飲み口 の方に移動しておきます。 そして、ビニール袋を一気に引き抜きます。 そうするとビニール袋がコルクに引っかかり、袋と一緒に出てきます。 以下の動画でビニール袋を使って、コルクを取り出す方法を紹介しています。 ビニール紐を使ってコルクをワインボトルから取り出す方法 袋ではなくビニール製の紐でもコルクを取り出すことができます。 まず20cmほどのビニール紐を2本用意し、端の方で2本まとめて結んだら紐を細かく裂いていきます。 その紐をボトルの中に入れていき、紐の結び目がコルクの下にくるようにセットします。 そしたら引き抜くだけです。 紐を細かく裂いているので包みこむようにコルクを取り出してくれます。 以上、今回は ワインコルクの開け方裏技集と、失敗した時のコルクをワインボトルから取り出す方法を紹介しました。 ワインオープナーも様々なタイプがありますし、中に入ってしまったコルクを取り出す専用器具もあります。 そして、今回紹介したように困った時には身近なもので意外と簡単に解決する時もあります。

次の

【徹底比較】ワインオープナーのおすすめ人気ランキング24選

ワイン 開ける やつ

ワインコルクの開け方裏技集!コルク抜きなしの場合 コルク抜きがない場合の、ワインコルクの開け方を紹介します。 「靴を使う方法」「くぎ、くぎ抜きを使う方法」「ナイフや鍵などを使う方法」「中に押し込む方法」の4つの方法を紹介します。 靴を使うワインコルクの開け方 まず初めに紹介するのは 靴を使う方法です。 キャンプなど屋外で困った時に、靴なら必ずありますよね。 ワインを靴のかかと部分 内側 に当てて、木や壁などでドンドン叩くだけです。 コルクが抜ける原理としては『空洞現象』が関係しています。 『空洞現象』とは、簡単に言うと水中で物体が高速移動した時に気泡が発生する物理現象のことです。 また別の理由として、ワインボトルを揺らしたときに起こる『慣性の法則』のよって、ワインが直接コルクを押し出しているという説明も出来ます。 いずれにせよ、叩く衝撃でボトルが割れる可能性もありますから取扱いには注意して下さい。 タオルなどでボトルを包むと良いですよ。 以下の動画でやり方を紹介しています。 この動画のようにタイミングを見極めないと勢いよくコルクが抜けて、ワインが飛び散るどころか服も濡れてしまうかもしれません。 力加減のコツを掴むのが難しいのと、ワインをシェイクせずに飲みたい!という方には次の方法を紹介します。 くぎ+くぎ抜きを使うワインコルクの開け方 次に紹介するのは、工具を使う方法です。 くぎやネジなどを適度な場所までねじ込み、その後一気に引き抜きます。 引き抜くにはくぎ抜きやペンチなどを使用しますが、フォークなどでも代用出来ます。 てこの原理を使う作業ですので、女性でも割りと簡単に出来ると思います。 自宅に工具がない!という場合は、次の方法はいかがでしょうか。 ナイフを使うワインコルクの開け方 今度はナイフを使う方法を紹介します。 これはワインオープナーの代用品として使う開け方です。 くぎやネジに比べればナイフの方が持っている人が多い気もしますが、もしナイフがなければ家の鍵でも大丈夫です。 やり方としては、ナイフを刺して回しながらコルクを抜くだけです。 途中でコルクがボロボロにならないようにくれぐれも慎重に行ってください。 ナイフを刺したらひねらずにゆっくり回しながら抜くのがコツです。 ナイフはソムリエナイフやバターナイフなど鋭くないものの方が安全です。 中に押し込むワインコルクの開け方 これは 最終手段ですが、引き抜かずにボトルの中にコルクを押し込んでしまいましょう。 指で押し込むのは無理ですので、何か身の回りにあるものを使ってみましょう。 コルクを中に入れてしまうのでワインを全部飲みきることが前提ですが、コルクが入ったままワインを飲んでも害はありません。 どうせ中に入れてしまうのであれば、あらかじめコルクを少し削ってしまえば時間短縮につながります。 どうしてもコルクの削りカスが気になる場合は、茶こしなどで取りながら飲んでください。 スポンサーリンク ワインコルクの開け方裏技集!失敗した場合 上記にある 「何かを刺してコルクを引き抜く方法」 もしくは、 「ワインオープナーを使う方法」 で開けようとしたら途中でコルクがちぎれてしまった…という失敗も時にはあるかと思います。 そんな時も身近なものを使って、もちろんボトルを割らずにコルクを取る方法があるのです。 ビニール袋を使ってコルクをワインボトルから取り出す方法 まずビニール袋を細長く折り畳んでからボトルの中に押し込みます。 袋を全部入れてしまわないように気をつけてください コルクは手前 飲み口 の方に移動しておきます。 そして、ビニール袋を一気に引き抜きます。 そうするとビニール袋がコルクに引っかかり、袋と一緒に出てきます。 以下の動画でビニール袋を使って、コルクを取り出す方法を紹介しています。 ビニール紐を使ってコルクをワインボトルから取り出す方法 袋ではなくビニール製の紐でもコルクを取り出すことができます。 まず20cmほどのビニール紐を2本用意し、端の方で2本まとめて結んだら紐を細かく裂いていきます。 その紐をボトルの中に入れていき、紐の結び目がコルクの下にくるようにセットします。 そしたら引き抜くだけです。 紐を細かく裂いているので包みこむようにコルクを取り出してくれます。 以上、今回は ワインコルクの開け方裏技集と、失敗した時のコルクをワインボトルから取り出す方法を紹介しました。 ワインオープナーも様々なタイプがありますし、中に入ってしまったコルクを取り出す専用器具もあります。 そして、今回紹介したように困った時には身近なもので意外と簡単に解決する時もあります。

次の