ああいえばじょうゆう。 江川紹子さんとオウムの死闘、バイトで食いつなぎ坂本弁護士一家を追った

就職面接で「ああいえばじょうゆう」はダメ!

ああいえばじょうゆう

いくら就職でも、 ああいえば、こう こういえば、ああだ、 という、屁理屈はもっとも嫌われます。 妙に論理的にこねくりまわすと、 「うっとうしい」というイメージなんですね。 だから、論理的にものごとを思考する能力は大事だけれども、 まず、面接官の質問を 「しっかりと聞く」「誠実に聞く」態度が大切なんです。 聞いて、ポイントだけをきちんと先に述べる。 そして、理由なんです。 「あんたの努力はわかった。 じゃあ結論は何なの」と思われては 失敗です。 皆さんは企画力について考えたことがあるでしょう。 「発想」とか言いますよね。 その発想は、どこからくるとおもいますか。 あれ、茂木先生も言っているけれども、 日ごろの思考の積み重ねの結果なんです。 入社間もない素人の発想なんて、 所詮、たいしたことないんです。 でも、仕事を一生懸命にやった若い人の意見や発想というのは、 とても、意味を持っているんです。 細木数子も言っていましたね。 「上司が脱げと言ったら脱ぎますか」と。 誠実に「わかりました。 でも、その意味だけお尋ねしてもいいでしょうか」と言うのか、 「それはセクハラでしょう」というのか。 どうも最近は、後者の屁理屈人間が多いんです。 論理的に物事が思考できて、作文に展開できて、 それでもなおかつ、誠実さがある。 これは、作文を書いてみると、ある程度性格まで見えます。 論理的だけれども、中身がない。 体験じゃない、聞いた話だとか。 無駄な言葉が多いとか。 思考があちこち飛び跳ねているとか。 論理的で、かつ誠実。 そして成功事例を持っている。 こういうことが、大事なんですね。

次の

応えはどこにあるの?

ああいえばじょうゆう

いくら就職でも、 ああいえば、こう こういえば、ああだ、 という、屁理屈はもっとも嫌われます。 妙に論理的にこねくりまわすと、 「うっとうしい」というイメージなんですね。 だから、論理的にものごとを思考する能力は大事だけれども、 まず、面接官の質問を 「しっかりと聞く」「誠実に聞く」態度が大切なんです。 聞いて、ポイントだけをきちんと先に述べる。 そして、理由なんです。 「あんたの努力はわかった。 じゃあ結論は何なの」と思われては 失敗です。 皆さんは企画力について考えたことがあるでしょう。 「発想」とか言いますよね。 その発想は、どこからくるとおもいますか。 あれ、茂木先生も言っているけれども、 日ごろの思考の積み重ねの結果なんです。 入社間もない素人の発想なんて、 所詮、たいしたことないんです。 でも、仕事を一生懸命にやった若い人の意見や発想というのは、 とても、意味を持っているんです。 細木数子も言っていましたね。 「上司が脱げと言ったら脱ぎますか」と。 誠実に「わかりました。 でも、その意味だけお尋ねしてもいいでしょうか」と言うのか、 「それはセクハラでしょう」というのか。 どうも最近は、後者の屁理屈人間が多いんです。 論理的に物事が思考できて、作文に展開できて、 それでもなおかつ、誠実さがある。 これは、作文を書いてみると、ある程度性格まで見えます。 論理的だけれども、中身がない。 体験じゃない、聞いた話だとか。 無駄な言葉が多いとか。 思考があちこち飛び跳ねているとか。 論理的で、かつ誠実。 そして成功事例を持っている。 こういうことが、大事なんですね。

次の

江川紹子さんとオウムの死闘、バイトで食いつなぎ坂本弁護士一家を追った

ああいえばじょうゆう

いくら就職でも、 ああいえば、こう こういえば、ああだ、 という、屁理屈はもっとも嫌われます。 妙に論理的にこねくりまわすと、 「うっとうしい」というイメージなんですね。 だから、論理的にものごとを思考する能力は大事だけれども、 まず、面接官の質問を 「しっかりと聞く」「誠実に聞く」態度が大切なんです。 聞いて、ポイントだけをきちんと先に述べる。 そして、理由なんです。 「あんたの努力はわかった。 じゃあ結論は何なの」と思われては 失敗です。 皆さんは企画力について考えたことがあるでしょう。 「発想」とか言いますよね。 その発想は、どこからくるとおもいますか。 あれ、茂木先生も言っているけれども、 日ごろの思考の積み重ねの結果なんです。 入社間もない素人の発想なんて、 所詮、たいしたことないんです。 でも、仕事を一生懸命にやった若い人の意見や発想というのは、 とても、意味を持っているんです。 細木数子も言っていましたね。 「上司が脱げと言ったら脱ぎますか」と。 誠実に「わかりました。 でも、その意味だけお尋ねしてもいいでしょうか」と言うのか、 「それはセクハラでしょう」というのか。 どうも最近は、後者の屁理屈人間が多いんです。 論理的に物事が思考できて、作文に展開できて、 それでもなおかつ、誠実さがある。 これは、作文を書いてみると、ある程度性格まで見えます。 論理的だけれども、中身がない。 体験じゃない、聞いた話だとか。 無駄な言葉が多いとか。 思考があちこち飛び跳ねているとか。 論理的で、かつ誠実。 そして成功事例を持っている。 こういうことが、大事なんですね。

次の