くに み あきら。 小林麻耶の夫(國光吟)の学歴や経歴は?芸名あきら。で芸能活動にやっぱり売名?

久邇宮朝融王

くに み あきら

出典: ポストセブンで伝えられたところによると小林麻耶さんの旦那さんは、「元ダンサーで宇宙ヨガを駆使する整体師」ということから、國光吟(くにみつあきら)さんと特定しました。 イケメン整体師といわれている國光吟(くにみつあきら)さん。 ネット上にこのようなプロフィールが掲載されていました。 職業:整体師・ヨガインストラクター アーティストのバックダンス等の経験の後、25歳からセラピストになり、リラクゼーションサロンや整体院で働く。 出身地: 神奈川県 出生時に医者から産まれる事ができないので諦めて下さいと言われた中、不思議な力を持ったおじいさんにお腹に手をかざしてもらって産まれる事ができたと小さい頃聞かされる。 しかし不思議な事はあまり信じないタイプであった。 高校生くらいの時期から金縛りによく合うようになり、20歳の時突然ものすごい肩の痛みに襲われる。 たまたま親戚の叔母さんに除霊してもらい痛みが取れ る。 当時の自分にとっては出生時以来の不思議体験という事になりこういう不思議な事があるんだと認めるようになる。 それまでは親戚の叔母さんの話は聞いて いたものの全く信じていなかった。 29歳の椎間板ヘルニアになった事をきっかけに心と身体の繋がりを実感する。 自然や宇宙との繋がりにも興味を持つ。 30歳になり椎間板ヘルニアから回復後、身体のリハビリも兼ねてヨガのインストラクターの資格を取る。 腰を心配しセラピスト業とは一度違う職に就くが、ヨ ガのレッスンをしたり整体院で再び働き始める。 そこから急激にいろいろな不思議体験を繰り返し、不思議な方法でカラダを調整できるようになる。 出張のみで施術をしていたが、目黒にあるパーソナルトレーニングジムでも施術を行うようになる。 宇宙等のサポートによることなので名前などおこがましいのですが、便宜上今はGiNヒーリング整体と名前をつけています。 (おこがましいのですがといいな がらGiNは自分の名前の吟から取っています。 たまたま好きな言葉の頭文字もちょうど当てはまったというのもあります。 ) 趣味:ダンス・歌 現在もミュージカルCHESS出演等たまに活動する。 出典: 海老蔵さんの妻で妹の麻央さんのご病気もあり、体調を崩した小林麻耶さんが精神的に不安定だった時期、「子宮を大切にすれば、すべてが好転する」という考えのもと活動する子宮系のカウンセラーに出会い、イベントやセミナーに参加するようになったそうです。 その交流の場で2年ほど前に知り合ったのが、 整体師でヨガインストラクターの國光吟(くにみつあきら)さんでした。 年齢は小林麻耶さんより4歳年下の35歳です。 ポストセブンが伝えている小林麻耶さんの旦那さんの特徴はこちらです。 整体師になる前はアーティストのバックダンサーをしていて、今でもミュージカルに出演することもありるとも伝えられていましたが、この点もプロフィールに当てはまります。 小林麻耶さんの夫が北海道がご実家ではないかといった報道があり否定していましたが、 ご出身は神奈川県だったようです。 関東に実家があるとツイートしていたのでこの点も合致してますね。 ポストセブンでは顔写真にモザイクが入っていますが、ネット上で出回っているお写真がありました。 こちらの方です!!! さん maya712star9 がシェアした投稿 — 2018年11月月28日午前1時41分PST 國光吟さんの整体は自然治癒力を引き出し、生活の 中で生じるカラダの歪みや内臓などの不調を整えてくれるそうです。 古傷での不調・骨盤の歪み・腰痛・肩こり・ぎっくり腰・ ヘルニア・うつ・姿勢改善・産後の不調・小顔・美容・ス タイルアップ・パフォーマンスのアップなどに効果的なんだとか。 サロンなどは持っていないようで、フリーランスで活動されているようですね。 ちなみに、一般の方のブログを見ている限りでは、1回のセッション料金は40分4000円、60分5000円だったので相場というかカリスマ整体師にしては良心的な価格設定ですね。 またその世界では有名な方でイケメンなので女性ファンも多いそうですが、小林麻耶さんもそのうちの一人だったのかもしれませんね。 しかしながら、 旦那さんのプロフィールがわかるSNSなどもすべて削除されているようで、旦那さん個人で発信されている情報にはたどり着けませんでした。 その世界で有名な方なら顔写真ももっとたくさん出てきてもいいと思うのですが、ほんの数枚しか見つけられなかったのであまり顔出ししたくないのか、 スピリチュアル系の方なので怪しいとか洗脳とか、あれこれ言われるのを避けたかった可能性はありますね。 宇宙ヨガって聞いたらなんぞや?!怪しい?って思っちゃいますもんね。 また小林麻耶さんは休業中に占い師の資格を取られたそうですが、そういったことも旦那さんの影響が大きかったのかもしれません。 インスタにパワースポットの写真を連投したり、明らかに旦那さんの影響を受けてるのがわかりますが、婚約指輪もスピリチュアルなマカバの形をしているので、宇宙ヨガをしている旦那さんの趣味っぽいなと思いました。 さん maya712star9 がシェアした投稿 — 2018年 8月月9日午前8時35分PDT <速報!目撃情報> 2018年 8月1日 14時〜 渋谷区 恵比寿 8月1日の14時ぐらいに、恵比寿西1丁目あたりで小林麻耶と旦那さん 一般男性 に遭遇。 小林麻耶さんはグラサンかけていたそう。 入籍発表した2人の新居は恵比寿かも? — ゴシケン gossiken ラブラブでデートする写真なども出回っていましたが、恵比寿で目撃情報があるのでこのあたりに住んでいるのかもしれませんね。 まとめ 小林麻耶さんが辛い時期を支えてくれたのが旦那さんだったのかもしれませんね。 旦那さんは今後も整体師やヨガ講師として活動はされるとおもうので、今後はもっといろんな情報が出てくる可能性はありますね。

次の

あきら。(小林麻耶の旦那)の職業が怪しいけど何者?年収や現在の仕事!

くに み あきら

スポンサードリンク 夫婦で、生島ヒロシの事務所入り 2018年7月にフリーアナウンサー小林麻耶さん(39歳)と電撃結婚した整体師・國光吟(あきら)さん(35歳)。 國光さんは6月10日にブログを更新。 元TBSアナウンサー生島ヒロシさん(68歳)が経営する芸能事務所〈生島企画室〉に所属し「あきら。 」の芸名で、芸能活動を始めることを自身のブログで発表しました。 「この度、あきら。 として生島企画室に所属する運びとなりました。 宜しくお願い致します」 また、電撃結婚直後の2018年8月に芸能界引退を表明していた小林麻耶さんも6月10日〈生島企画室〉に所属したことを公表し、芸能界復帰を宣言しています。 「事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした」 小林麻耶さんは、國光吟さんと結婚後の2018年8月3日、芸能界からの引退を表明していました。 その後は、互いのSNSで2ショットをアップし続け、夫婦で〈ライザップ〉の料理教室に通うなど「タレント活動」が急増していました。 さらに、2019年4月19日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に夫婦そろってテレビ初出演。 5月30日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)に再び夫婦そろって出演し、注目を集めていました。 6月2日には、AbemaTV「7・2新しい別の窓」で「プチ結婚式」を挙げ、その模様が放送されていました。 さん maya712star9 がシェアした投稿 — 2019年 6月月2日午後8時38分PDT 放送では、ウエディングドレス姿で登場した小林麻耶さんは、元SMAPの稲垣吾郎さん(45歳)、草彅剛さん(44歳)、香取慎吾さん(42歳)らの祝福を受けて、國光吟さんが過去にEXILEのバックダンサーだったことを暴露。 これに対し、國光吟さんは肯定。 「2006年ですかね。 ブレークダンスやヒップホップをやっていました」 一方、都内のイベントで、歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(41歳)は囲み取材を受けて、義理の姉・小林麻耶さんの芸能界復帰に言及。 「体調が良くなったので、よかったんじゃないですか。 心配していたので」 「体調が良くなったから、仕事を再開する。 温かく見守ってあげたいですね。 世の中の風当たりは、強いかもしれませんが」 小林麻耶さんが2018年8月まで所属し、故・小林麻央さんも籍を置いた芸能事務所〈セント・フォース〉は、こうコメントしています。 「これからの麻耶さんの人生に幸多からんことを、心よりお祈り申し上げます」 國光吟と小林麻耶にネットで賛否両論 これを受けて、ネット上では、賛否両論が集まっています。 新手の炎上商法か、世間舐めているのか。 小林麻耶の夫が「あきら。 無理を押し殺しているのではと心配です。 0~47. 5)卒業?(未確認) 職業:整体師、ヨガインストラクター 小林麻耶さんは2018年7月に、國光吟さんと電撃結婚しましたが、その事実は、なぜか11月まで、4カ月も伏せられていました。 発表直後、お相手は一般人男性で「優良企業に勤める真面目な会社員」と報じられていました。 しかし、その後、お相手は、ヒーリング整体師で、ヨガのインストラクターでもある國光吟さんと判明。 都内にパーソナルジムを持ち、全国に出張して、各地で背術をしている売れっ子です。 一部には、カリスマと呼ばれるほど有名な人だそうです。 國光吟さんは、子宮系カウンセラーグループの一員で「宇宙ヨガ」なるものを広めている人です。 子宮系とは、何度聞いても、よく分からないのですが、 「子宮を大切にすれば、すべてが好転する」 という思想だそうです。 詳しい仕組みなどは、分かりません。 妹・小林麻央さんの病気などで一時期、精神的的に参っていた小林麻耶さんは、この子宮系カウンセラーに出会い、その考え方に傾倒してゆきました。 イベントやセミナーなどにも積極的に参加するうちに出会ったのが、國光吟さんだったそうです。 國光吟さんは、世界で一番磁場の強いスペイン・エスベドラ島に行ったとき、勝手に身体が動いて、ヨガのポーズを取る神秘的な体験をされています。 さん maya712star9 がシェアした投稿 — 2018年 8月月5日午後8時08分PDT 今は公式サイトが閉鎖されて見られませんが、國光吟さんは、かつてGINヒーリング整体という整体院を開かれていました。 出張の施術料金は、40分8000円、60分1万1000円(共に税込み)でした。 普通のサラリーマンは、夏休み、年末・年始、大型連休を除いて、残業も入れて年間2000時間ぐらい働きます。 國光吟さんの稼働率が50パーセントだとして、年間1000時間は施術に当てられるでしょうから、年収は最高で1100万円前後でしょう。 一般的なサラリーマンに比べたら、かなりの高額所得者です。 しかし、芸能人に比べたら、大した稼ぎではありません。 そこら辺が、國光吟さんが4つ年上で、過去に何人かの男性と浮名を流し、市川海老蔵さん宅で母代わりを務めていた小林麻耶さんとの結婚に踏み切った理由なのかもしれません。 だとしたら、今回の芸能界入り(本人は芸能活動の本格化としていますが)は、國光吟さんのステップアップの1段階なのかもしれません。 ご覧の通り、國光吟さんは和の雰囲気を持つ、醤油顔のイケメンです。 テレビドラマや映画に出演したら、もしかしたら、人気が出るかもしれませんね。 しかしながら、1つだけ不安があります。 生島ヒロシさんの経営する芸能事務所〈生島企画室〉は、芸能事務所の世界では弱小なのです。 「室」という名前が、会社のスケールを表しています。 筆頭タレントが、優木(ゆうき)まおみさん(39歳)です。 他には、元女子プロレスラー、マッハ文朱さん(60歳)、元貴乃花親方の母・藤田紀子さん(71歳)らがいますが、どうにもくすんでいますよね。 実際、先日、バラエティー番組で、生島ヒロシさんが経済的に困窮していたとき、優木まおみさんが事務所の稼ぎ頭になってくれて、何とかやって来られたと涙ながらに語っていました。 そんな事務所だから、小林麻耶さんと國光吟さんに声を掛けたのでしょうね。 逆に、小林麻耶さんにすれば、本当は〈生島企画室〉ではなく古巣の大手プロダクション〈セント・フォース〉に戻りたかったのではないでしょうか。 そう考えたとき、今回の夫婦そろっての〈生島企画室〉入りは、小林麻耶さんと國光吟さんにとって、将来を懸けた大勝負なのかもしれません。 スポンサードリンク.

次の

久邇香水(くにこうすい)

くに み あきら

生涯 [ ] 元年()、桂川家3代当主・の長男として生まれる。 桂川家は、第6代・の侍医を務めた(1661年 - 1747年、本名・森島邦教)以来代々将軍家に仕えた幕府であり、特にの最高の地位であるを務め、そのため蘭学書を自由に読むことが許されていた。 甫筑は蟹幡に生まれ、医にオランダ外科を学び、甫安より桂川の姓を受け、主・の侍医を経て幕府医官から法眼にまでなった。 桂川甫三は、・と友人であり、『』は甫三の推挙により将軍に内献されている。 明和8年(1771年)、21歳でオランダの『』(『解体新書』)の翻訳に参加し、安永3年(1774年)の刊行に至るまで続けた。 安永5年(1776年)には、の随行したスウェーデンの医学者であるからとともに外科術を学び、ツンベルクの著した『日本紀行』により甫周の名はとともに海外にも知られることとなる。 天明4年(1784年)、34歳の時『万国図説』を著す。 教育者としても優れ、幕府が設立した医学舘の教官として任じられた他、2年(1802年)には『顕微鏡用法』を著し、を医学利用した初めての日本人として知られるとともに、その使用法の教授を将軍らに行い普及に努めた。 また、オランダ商館長から贈られた蝋製のを基に、日本初の木造人頭模型の作成を指示したなどの功績が有る。 また、にゴルテルの内科書を与え『西説内科撰要』を訳させた(日本最初の西洋内科学書)。 4年(1792年)、からの漂流民である、が送還された。 翌寛政5年、将軍家斉は吹上御所において光太夫らを召し出して謁見をした。 「かの国(ロシア)では日本のことを知っているか」との質問に、光太夫は「いろいろな事をよく知っています。 ……日本人としては、桂川甫周様、様という方の名前を聞きました。 日本の事を書いた書物の中に載っているとの事です 」と答えた。 このときの書記役は甫周であり、問答を『』としてまとめた。 のちに光太夫を訪ね、詳しい話を聞き取り、『』 を編み将軍に献上している。 他に、『新製地毬萬國圖説』(1786年)、『地球全図』(1791年)、『魯西亜志』(1793年)など、外国地理に関する訳書がある。 また、江戸時代の代表的な通人であるの一人に名を連ねている。 ただ一方で、甫周は才人にありがちな、やや狷介な側面もあったらしい。 甫周が幼い頃教えを受けた角田青渓の子で、一時は同居し兄弟のように育った経世家・は、甫周の才能にはとても敵わないと高く評価しつつも、才のない人とは話すことが出来ない人、とも評している。 死後、東京都三田の上行寺の桂川家一門の墓に葬られたが、同寺の移転に伴い、現在は上粕屋に墓が存在する。 また、東京都にあるときに史跡指定を受けているため、都指定史跡の看板が神奈川県の同寺内に掲げられている。 いくつかの資料は、7代目の次女であるの子孫の手によりに寄贈されており、同大学で公開展も行われたことがある。 また、桂川家の館は築地1丁目10番地にあたり、現在同地に碑が立っている。 4代甫周が登場する作品 [ ]• 「」()• 「」 () 脚注 [ ] []• 『蘭学の家 桂川の人々(続篇)』p. 72 篠崎書林• コトバンク• 岡田俊裕著 『日本地理学人物事典[ 近世編 ]』 原書房 2011年 176ページ• 『大黒屋光太夫史料集・第3巻』20頁、山下恒夫編・• 寛政6年(1794年)に刊行。 刊本に本がある。 『天王談』(文化3年刊)• 、中央区観光協会公式webページ、2009年2月27日閲覧 伝記 [ ]• 『オランダ流御典医桂川家の世界 江戸芸苑の気運』 、1994年、• 戸沢行夫 『江戸がのぞいた<西洋>』 〈江戸東京ライブラリー〉、1999年、 関連項目 [ ]• - 丹波康頼の末裔で、多紀氏は世襲の将軍奥医師の筆頭。 幕府医学館総裁 「多紀氏の事績」 森潤三郎 著 思文閣出版、昭和6年。

次の