ドラクエ6 主人公名前。 【第6話】50代男性Aがドラクエ11をプレイ。「主人公の名前をセインにするわwwと会話を聞き、序盤の冒険がタレントの「セインカミュ」になってしまう事を指摘するか迷った話」 : ドラクエプレイ日記「ドラゴンクエストLIFE」

主人公

ドラクエ6 主人公名前

公式イラストで杖を持っていたり、彼自身が勇者でなかったりと、シリーズ中でも異色の主人公である。 彼の人生を描いたゲーム本編は、DQシリーズでも最も長い期間を扱っており、6歳(歴代最年少)~二十数歳(8年石化してその分、実年齢より肉体年齢が遅れている)。 システム面では彼の存在なしでは話が進まないため、町に入ったときに死亡状態であると、仲間達が即行で教会に運び込んで彼のみ自動的に復活させてくれる(無論所持金は減るが、所持金が要求額未満の場合は持っているお金全てでサービスしてくれる)。 キャラクター性能 との合間のような、いわゆる万能型。 父親のが戦士系である事を継承しているのか、物理戦闘にも非常に強く戦士並の重装備も可能。 主に剣を装備するが、杖・槍・ブーメランと、多彩な装備が可能。 最強武器も杖やマントであり、それまで僧侶呪文だったバギ系を得意とする等、何となく勇者や戦士というよりも僧侶っぽい。 のちに登場した「パラディン」に近いかもしれない。 逆に僧侶系の呪文はやや中途半端で、や、、は覚えない(彼のが全て覚える)。 また攻撃呪文は系呪文しか修得しない。 ただし早い段階でを覚えるという、この頃の歴代主人公では稀かつ需要の高いポイントを抑えていたりもする。 また、彼と彼の息子の二人だけがを覚えられる。 ほかや、やなど、特殊な呪文も多く習得する。 そして最大の特徴として、 モンスターを仲間に引き入れる「」の特性があり、DQV最大の目玉要素の一つを担っている。 『』でも、「伝説の魔物使い」名義での登場であり、同時に彼の出生にかかわる重要な要素ともなっている。 結婚 物語中盤の青年期における最大のイベントで2人(DS版では3人)の嫁候補である、幼少期を共に過ごしたの、の娘ででもある、DS版で追加されたフローラの姉であるから選ぶようになっており誰を選ぶかはプレイヤー次第。 結婚した後、2人の間に(、、)と(、、)が生まれる。 その他 本編中においてまさに山あり谷ありの波乱万丈の人生を送り、進行に従って肩書きがコロコロ変わる。 DQシリーズ主人公としては 「最も落ちぶれ、最も幸せになった人」であると皮肉交じりに評される。 不幸だけ列挙しても、以下の様子。 誕生間もなく母親と生き別れる。 父親を目の前で魔物に惨殺される。 その後攫われ、10年もの奴隷生活を強いられる。 奴隷生活中に第二の故郷が壊滅。 農村の魔物被害を救うも、黒幕と疑われて白眼視される。 ただし数年後、村長がそれを悔やみ反省して農村は余所者をも歓迎するスタンスとなる• 愛する人 妻 を攫われる。 妻を奪還するも、その直後共にさせられる。 石像として売り飛ばされ、妻と離れ離れになる。 石像の買い取り先で、我が子と同年代の子供の成長を見せつけられる。 更にその子供が魔物に誘拐された際、嘆く父親に八つ当たりされる。 石化中も意識があったようで、8年間も生き地獄に等しい苦痛を味わっている(小説版)。 やっと母と再会するも、直後母を無惨に殺される。 歴代でもこれだけ主人公は、後先見ても彼ぐらいでプレイヤーからはやとして見られがちである。 しかしそれを乗り越えた先にはが待っておりな人生を歩んだ主人公の1人だろう。 なお、 彼は公式設定。 教会のシスターを始めとする行く先々の女性から「素敵な人」などと呼ばれており、奴隷時代においても水汲みの奴隷の女性から「ステキなドレイさん」などと呼ばれる。 また親友の曰く、ヘンリーの妻であるも最初は彼に惚れていたらしい。 小説版、CDシアター版、アニメ映画版では"(リュケイロム・エル・ケル・グランバニア)"という名前が付いており、その名前が使用される事がある。 5の場合はシリーズ中でも特に小説版の人気が高いことからゲーム中で実際にその名前を付けるプレイヤーがいる程に定着しており、ドラクエでリュカと言えばほぼ彼のことを指すが、今度はのキャラクター名と被ってややこしい事になる。 そういえば彼もだったっけ・・・・・・。 なお、を討伐し世界を平和に導いた後世では、「慈愛王」として語られている。 また平仮名で""と表記して、性別を女性にした主人公のタグも存在する。 漫画『天空物語』では作者の意向により「グランバニア国王」としか表記されておらず、本名は設定されていない。 このため作中では「お父さん」「坊ちゃん」「アイツ」「キミ」などの二人称で呼ばれる。 またこの作品はリュカとビアンカが石像にされて行方不明になっている間の8年間の出来事を描いているため、最終回を除けば主要人物たちの回想のみの登場となっている。 こちらでもゲーム版に準拠してかなりの美形に描かれている他、外伝「メモリーズ」では主人公を務める。 彼の性格に関しては、にすら届く慈愛に満ちた好青年、一方でといった相手には普段からは考えられない程の激情を見せるといった人物像が共通している。 他の作品ではこのような名前設定になっている。 リメイク版DQ5: バトルロード:伝説の魔物使い(呼称) 関連イラスト.

次の

【ドラクエ11(DQ11)】付けられない名前は?【禁止ワード、NGネーム】|ゲームエイト

ドラクエ6 主人公名前

主人公の名前• ドラクエシリーズでは、プレイヤーの分身である主人公に、任意の名前を付けることができました。 ドラクエ11でも例に漏れず、主人公の名前を自分で決めることができます。 文字数• 主人公に付けられる名前の文字数は、作品によって変動してきました。 最初の頃のドラクエは、メモリの関係で名前は4文字まででした。 その上、濁点・半濁点も1文字として数えていたので、一番少なくて2音分の名前の人もいたことと思います。 ドラクエ5でスーパーファミコンにハードを移してからは、カタカナが全て(拗音以外)使えるようになったり、濁音・半濁音も1文字として使用できるようになりました。 その後、ドラクエ9で5文字、ドラクエ10で6文字の名前を付けられるようになりました。 ドラクエ11でも、6文字の名前を付けられることが判明しています。 注目情報• ちいさなメダル• 最強装備情報一覧• 【英雄戦記・下巻】のもの• 防具関係 メタキン装備情報一覧• ふしぎな鍛冶• 寄り道• マップ毎のボウガンマトの詳細• 時渡りの迷宮【3DS】• 時渡りの迷宮攻略• キャラクター メインキャラクター• サブキャラクター• データベース ピックアップ記事• ゲームガイド• 発売前情報• 考察 ドラクエ11の世界の考察!.

次の

【デフォルトネーム】

ドラクエ6 主人公名前

そのドラクエ6に登場する女の子でパーティメンバーであるバーバラ。 世界征服をたくらむラスボスデスタムーアを倒した後エンディングを迎え世界が平和になったと思われましたがバーバラは現実世界の体が無いということで消えてしまいます。 ということで今回はそのドラクエ6バーバラに関するその後や正体について情報をまとめてみました。 今回紹介する情報は公式が明言してないものばかりなので今後覆る可能性があると思いますがファンたちによるドラクエ6に関する考察などを参考にまとめています。 目次!• ドラクエ6の世界観とあらすじで振り返り ドラクエ6では世界征服をたくらむ魔王ムドーを倒すために主人公たちは下の世界である幻の台地と呼ばれる世界と上の世界を行き来しながら冒険します。 そして冒険の途中でその行き来していた世界は実は上の世界が夢の世界であり幻の台地と呼ばれていた世界が現実の世界ということに気づきます。 幾多の困難を乗り越えながらも因縁の魔王であるムドーを倒した主人公たちの冒険は一旦落ちつきムドーを倒したことで仲間たちは現実と夢の世界の体が戻ってきます。 しかし主人公の体は戻って来ずバーバラも自身の記憶が無い。 ということで文字通り主人公とバーバラの自分探しの旅をするのでありました。 主人公たちはその旅の途中で実はムドーは大魔王デスタムーアの部下であったことが発覚しデスタムーアが夢の世界と現実の世界を取り込むことで新たな支配者となろうとしていることを知ります。 デスタムーアの野望を止めるべくデスタムーアの根城である狭間の世界へ向かいデスタムーアを撃破。 世界にようやく平和が訪れるのでありました。 エンディングの最後バーバラが消える 大魔王デスタムーアを倒したことによって世界が平和となりますがそれは夢の世界の消失を意味します。 夢の世界は本来人々の心の中に存在する夢であり実体はありません。 皮肉なことに 夢の世界が存在していたのはデスタムーアの力でありデスタムーアは世界を創造する力を持っていました。 「狭間の世界」を創造し、「夢の世界」を実体化させて現実と夢を狭間の世界に取り込み世界を支配しようとしていたのがデスタムーアの狙い。 なのでデスタムーアが倒されてしまったことで夢の世界は消失し本来の姿である人々の心の中にある世界へと戻るのでありました。 主人公やハッサン、ミレーユなどは現実に肉体がありますがバーバラは夢の世界の住人。 現実世界の住人達は夢の世界を見ることができなくなる。 それはバーバラが消えることを意味するのです。 」 と言い残し主人公の前から消え去るのでありました。 かなしいいい!!! ただバーバラが死んでしまったというわけではなく現実世界の住人たちに見えなくなっただけなのでバーバラは夢の世界で元気に生きています。 バーバラの最後は? バーバラはマスタードラゴンの親、もしくはマスタードラゴンになる 世界が平和となり現実世界でそれぞれの人生を歩み始めた主人公たち。 ある日ミレーユが仲間たちを占いの館に呼びつけます。 ミレーユの水晶を覗くとそこは夢の世界の映像。 バーバラのゼニス王、そして卵を見張っていたおじさんの三人が卵が産まれる瞬間を見ていたのでありました。 この卵はゼニス王いわく「わたしたちの未来」が入っているらしく具体的な正体は不明。 そして卵が産まれた瞬間に「THE END」という文字が入りエンディングが終了します。 ドラクエ6のみをプレイしている方は「 ???」という疑問を抱いたまま終わりますがドラクエ4、5をプレイ、そしてドラクエ6のクリア要素である「お楽しみダンジョン」を進めるとタマゴの正体は「マスタードラゴン」なのではないか?という考察に行きつきます。 マスタードラゴンはかなり大きいですがゼニス城で卵を調べた後にハッサンに喋りかけると「 おれでも入りそう」ということから卵も実際よりはかなり大きな卵のようです。 なのでバーバラはその後 マスタードラゴンの育ての親になるのではないか?と推測ができます。 もしくは後述するバーバラの正体はムドーの城に入る時の黄金竜自身という説がありそのドラゴンであるバーバラが卵の中に入っていた 「未来」を得ることでマスタードラゴンにランクアップしたのではないか?と推測できます。 バーバラの正体は黄金ドラゴン説 ドラクエ6の一番最初は主人公、ミレーユ、ハッサンがムドーの城にやってきてムドーとの戦いの前夜がムービーで流れます。 そして最終決戦の地であるムドーの城の上からミレーユがオカリナを演奏することで黄金に輝く竜が出現。 激アツなBGMと共に主人公たちはムドーの城に乗り込むところからスタートします。 そんなカッコイイ演出があるシーンですがこの 黄金竜の正体はドラクエ6のストーリーを進めていても触れられることはなく不明のままでありミレーユが演奏したオカリナも重要なアイテムかと思えばアイテムにならず特に なんの説明も無いという 何もかもが不明なドラゴンとミレーユのオカリナ。 2回目のムドーの城へ行くときは決戦前夜急にバーバラの体調が悪くなりバーバラ抜きでムドーの城へ向かうという展開となります まあバーバラ弱いからいいんだけど。 このことから「バーバラ=黄金ドラゴン」という説が立ち上がりました。 ちなみに1996年に発表された小説版ドラクエ6ではバーバラの正体は黄金竜であるという描写があります。 また2014年にあったドラクエ10のためのニコニコ公式番組にてプロデューサーの堀井雄二氏のインタビューにてドラクエ6の裏話が展開。 「バーバラ=黄金竜」という設定で物語が作られていたという次期があったと明言。 しかし「あった」なので逆に言えばバーバラ=黄金竜は否定された?可能性があります。 ただ一番最初に出したSFC版ドラクエ6発売直後のインタビューでは バーバラと黄金竜、オカリナについてのストーリーがありましたがソフトの容量の関係で削ったとも言っていましたので容量の関係で 仕方なく「バーバラ=黄金竜」の設定を崩したのではないか?と思われます。 ただしリメイクのDS版やスマホ版のドラクエ6ではムドーを倒した後に 洞窟からムドーの城へ向かっても黄金竜が出現しなくなりました。 なのでリメイクではムドーの城へはルーラでしか行くことができません。 といことで 公式としてはまだ「バーバラ=黄金竜」にしたいのかも知れません。 バーバラというキャラクター 記憶を失った少女 バーバラとの出会いは現実世界にある月鏡の塔主人公たちと同じく透明の姿でさまよっていた少女であり記憶を失っていた。 夢見のしずくかけてあげることで体が実体化。 そしてバーバラはあてもないのでそのままの主人公たちについていく形で仲間になります。 カルベローナを作った大魔女の血を引く娘 カルベローナに付くとバーバラは記憶を失っているが 大魔女バーバレルラの血を引いている娘であると正体が明かされます。 カルベローナは魔王デスタムーアにより究極魔法マダンテを覚える存在が現れる可能性があることから現実世界のカルベローナは滅ぼされてしまいます。 しかしカルベローナの住人曰く 魔法を操る者はたましいだけの存在となって生きることができるということで夢の世界にカルベローナは存在していました。 また堀井雄二さんのインタビューでは夢の世界はすでに滅んでしまった街でも思い出さえあれば存在したりできるとのこと。 しかし夢の世界のカルベローナさえも存在が危ないということでデスタムーアは封印。 夢の世界のカルベローナが封印される際にバーバラの魔法力が反発しバーバラのみ記憶を失うも別の場所に魂を飛ばしたということなのでありました。 やはりバーバラの正体は黄金ドラゴン? またそのカルベローナにて住人が気になることを言います。 「私たちは 肉体から 精神をときはなつことができます」 「それぞれが持つ 魔法力にもよりますが その肉体を 別のものに変身させることもできるのです」 「偉大なる大魔女バーバレルラの血を引く バーバラさまなら きっとドラゴンにでも... 」 このセリフからドラゴンへの変身は単にパルプンテによるドラゴンへの変身ではなくもっと高位的な カルベローナの民限定の力だと思われます。 先ほどのバーバラ黄金竜説とドラクエ6内で確認することができる手がかりからやはり「バーバラ=黄金竜」なのかも!? バーバラのその後は? ほぼ考察 バーバラは夢の世界の住人なので単に現実世界の住人である主人公たちに見えなくなっただけで夢の世界で生きています。 ドラクエ4、5の世界ではもちろん夢の世界が消失している設定ですがゼニス城は4,5の世界で天空城として登場します。 しかしゼニス城はエンディングを見たらわかる通りバーバラがいる世界の夢の世界の建物。 なので ゼニス城は夢の世界の建物なので4,5の世界では存在するはずがない物であります デュランがゼニス城を占拠している時は現実世界の空を飛んでいたがおそらくこれはデスタムーアの力によるもの。 バーバラが黄金竜で後にマスタードラゴンになるのであれば、 マスタードラゴンの力 バーバラの魔力 でゼニス城を実体化させているのではないでしょうか? またそうなるのであればかなりの力が必要なのでカルベローナの民が言っていた通り精神体が女の子バーバラで肉体が黄金竜であるならば 真の力を得るために主人公と同じようにその後合体した可能性がありそう。 ただドラクエ4、5のマスタードラゴンは会話している感じ男っぽいし4、5のマスタードラゴンは結構ダメキャラクターなのでどうなのでしょうかね? バーバラ=黄金竜説はありそうですがその後のバーバラ=マスタードラゴン説はきつそうな気がします。 これはいろいろ手がかりがあるのですが一番わかりやすいものは6のお楽しみダンジョンの奥にあるデスゴットでのイベント。 これはリメイク版から追加されたものであるらしく未来を見ることができます。 「近い未来」を選べばドラクエ4の登場人物たちと会話することができ 「遠い未来」を選べばドラクエ5の登場人物たちと会話できます。 また2011年に発売された「ドラゴンクエスト25thアニバーサリー 冒険の歴史書」ではゼニス城=天空城という説明がなされています。 他にはエスタークの存在でありドラクエ4にて地獄の帝王として中ボスで登場しましたがドラクエ5では裏ボスとして登場。 エスタークは睡眠すればするほど力を増す存在でありかなりの長い間寝ていたようです。 マスタードラゴンというキャラクター ドラクエ4のマスタードラゴン マスタードラゴンはドラクエ4にてかつて地獄の帝王エスタークと戦い封印したという全知全能の存在。 しかしデスピサロは手に負えないことからデスピサロの討伐は主人公たちに任せる形で協力してくれる。 偉大なキャラクターではあるがドラクエ4の主人公の父親を殺した存在であり天使と地上の人がくっつくことは許さなかったらしい。 ということでドラクエ4主人公に恨まれてもわりと仕方ない存在。 ドラクエ5のマスタードラゴン 主人公たちとの初対面はなんと人間姿であり間抜けにもずっと走っているトロッコに揺られていたキャラクター。 しかも20年間もトロッコに乗っていたらしくその場面に出くわした主人公たちにトロッコを止めてもらい助けてもらった。 その後は主人公たちに天空城を浮上させるゴールドオーブを持ってきてもらったりマスタードラゴンの力が入ったドラゴンオーブを持ってきてもらったりなどする。 マスタードラゴンとなってからは「てんくうのベル」をもらい鳴らすとマスタードラゴンに乗ることが可能。 タクシーアイテムとなるのであった。 はじめまして ユウヤという名前で活動しています。 このブログは僕の大好きな PCゲーム、ゲーム攻略、ガジェット系 などを中心にまとめており 「ゲームを通して友達ともっと仲良くなろう!」 というゴールを目指しています 簡単なプロフィールとしては ・92年生まれのごく普通の家庭で育つ ・小学生から大学生までひたすら周りの目を気にして生きてきた ・大学ではゲーム廃人となり様々なオンラインゲームに手を出す ・大学在学中にインターネットビジネスの世界を知る ・大学を卒業後しばらく働き辞めてから複数のブログに力を入れて月収20万を達成 といった感じです。 現在使っているPCは自作PCでありそのPCでブログやゲームをしています。 なのでPCは自分の生命線であるためスペックにはかなり自信をもって紹介できます。

次の