ヒロアカ4期14話。 【ヒロアカ】4期アニメ17話 ネタバレ・考察・感想 青山君が怖すぎる?!

「ヒロアカ」オーバーホールに遭遇!デクとミリオはどう動くのか…?第4話先行カット

ヒロアカ4期14話

【ヒロアカ】4期アニメ14話 ネタバレ・考察 今回の話で死穢八齋會の話は完結。 次回からは文化祭の話になるようです。 MVヒーロー! 『僕のヒーローアカデミア』第77話「明るい未来」のMVヒーロー は… 3位 死柄木弔! 2位 オーバーホール! 1位… サー・ナイトアイ! 「笑おう 元気とユーモアのない社会に 明るい未来はやってこない」 投票ありがとうございました! ところが人を巻き戻す個性が暴走してしまっているエリに触れたがために 分解して合体した部下と分裂。 個性で巨大化した肉体も全て巻き戻されなくなり、 隙ができたところをお茶子に捕縛され捕まってしまいます。 〜考察1〜 襟の個性はダメージもすべでき戻してしまうというもの。 なのでオーバーホールもダメージが消えたはずなのに あっけなくお茶子に捕まったまま抵抗もしませんでした。 お茶子程度の押さえつけなら簡単に振り解けそうですが オーバーホールなにやってんでしょうか?諦めた? 死柄木の急襲 ヴィラン収容所に連行中のオーバーホールを死柄木たちが襲撃。 砂を扱うヒーローが、応戦しますが死柄木たちの前にあっけなく敗北してしまいます。 オーバーホールは両腕をもぎ取られ無個性に、、 個性を破壊する弾丸は死柄木たちが奪い去ります。 〜考察2〜 手で触ったものを分解修復していたオーバーホール。 しかし自身を分解する際には触れずに分解修復している場面も見受けられました。 ワンチャン腕修復いけるのでは?? サーナイトアイ死亡 サーナイトアイ ほんとに辛かった。 ミリオの未来を立派なヒーローって言って最後にミリオに個性使うのはしんどい。 めちゃくちゃかっこよかったありがとう — べに beni0522 死穢八齋會と戦ったヒーローたちは皆病院に担ぎ込まれ治療を受けます。 サーナイトアイを除く全てのヒーローは無事。 サーナイトアイはもはや助かる見込みはなく死の間際に ミリオが未来でヒーローとして活躍している様を見ると笑って死んでいきました。 ハッピーエンドで終わるかと思いきやまさか サーナイトアイが死んでしまうとは。。 最後の最後でオールマイトとのしがらみも解消できたとはいえ ミリオのこともありますしサーナイトアイはこの世に未練だらけでしょうね。。 ヴィラン連合は個性を破壊する弾丸を手に入れちゃいましたし弾丸を完成させるために ヴィラン連合がエリちゃんを狙ってくる可能性とかありますよね。 今度は文化祭編のようなんで死穢八齋會編のように 作画にも気合入れて製作会社さんには頑張って欲しいです。 以上 【ヒロアカ】4期アニメ14話 ネタバレ・考察・感想 サーナイトアイ死亡 哀しき別れでした。

次の

【僕のヒーローアカデミア4期】見逃し配信動画を無料でフル視聴できるサイトはどれ?

ヒロアカ4期14話

多数の負傷者を出しながらも、戦いは終了したかに思われた。 しかし、指定敵《ヴィラン》団体・死穢八斎會と手を組んでいたと考えられていたヴィラン連合は、オーバーホールを襲い、個性を奪ってしまう。 一方、個性の制御ができない壊理は隔離され…… 僕のヒーローアカデミア キャスト 緑谷出久:山下大輝 壊理:小林星蘭 治崎廻:津田健次郎 ナイトアイ:三木眞一郎 リューキュウ:八木かおり 麗日お茶子:佐倉綾音 蛙吹梅雨:悠木碧 波動ねじれ:安野希世乃 活瓶力也:奥田寛章 トガヒミコ:福圓美里 トゥワイス:遠藤大智 コンプレス:最上嗣生 組長:楠見尚己 玄野針:朝比奈拓見 ナレーション:吉野裕行 他 ヒロアカ 4期 14話動画14話1月18日放送日ネタバレ たまたま前回を見る機会があったんですが、クライマックスがすごかったです。 出久の壊理ちゃんを守ろうとする戦いが物凄い激しかったですね。 やっとの思いでオーバーホールから壊理ちゃんを守ることができた出久達ですが、負傷者もひどく出てしまいましたね。 サー・ナイトアイなんかは本当に死んでしまったんじゃないかと思ってしまいました。 でも生きててよかった。 壊理ちゃんの元に戻す個性がうまく制御して使えたらみんなのケガも治るんでしょうが、まだ制御できないということで隔離されてしまうようですね。 八斎會でもヒーロー側でも隔離されてしまう壊理ちゃんがほんとに不憫すぎます。 それだけ強大な個性なんでしょうが、壊理ちゃんにはぜひとも幸せになってほしいと思います。 そのためには出久との関りで個性の制御を共にできるようになっていってほしいものですね。 八斎會が目立っていたのでヴィラン連合軍がおとなしく見えましたが、どうやら動き出すようですね。 オーバーホールの個性を奪って更に強くなるということでしょうか。 死柄木弔の動きが気になりますね。 また新しい脳無を作り出し、街を襲ったり、ヒーローたちを攻撃したりする準備をすすめているかもしれませんね。 ヒロアカ 4期 14話動画14話1月18日放送日感想 週刊ジャンプで連載中の『僕のヒーローアカデミア』は、アニメでも絶賛放映中の人気作品です。 放送中のアニメ4期から登場する「謎の少女」である壊理 エリ がですが、右上にツノっぽいのが生えていて長い髪の見た目です。 よって若返ったり傷が回復すると言った効果もあるのですが、巻き戻しすぎると生まれる前の状態まで巻き戻されて消滅してしまうと言う恐ろしい力になります。 死穢八斎會から壊理を保護するのですが、死穢八斎會と組んでいたと思われていたヴィラン連合がオーバーホール(治崎廻)を襲い個性を奪う事になります。 果たしてこれは仲間割れなのか、元々死穢八斎會側を狙っていたのか一体どんな理由が背景になっているのか気になる展開です。 どうもオーバーホールは、壊理の個性を応用した「個性を一時的に消失させる銃弾」を開発したそうで、その後も更に純度の高い「個性をヒトから消す銃弾」の構築をしたそうなので自分が作ったので攻撃されたんじゃないかと予想します。 またヒーロー側は保護した壊理が個性を制御できないので、彼女を隔離すると言った展開でどうなってしまうのかが気になります。 バックナンバー総括 誠刃高校の攻撃に苦戦する轟。 試験会場に工場エリアを作ったのはヒーロー公安委員会の意図と轟は考え、建物や地形の特性を生かして戦えということを悟った轟は、ガスタンクの中にあるガスも本物と考え、ダミーの炎を利用して忍者軍団を陽動し、ガスタンクの爆発に巻き込み、一網打尽にするのでした。 通過した轟は控え室に移動します。 そこで夜嵐と会い、睨まれてしまいます。 その頃、障子、耳郎、蛙吹、八百万は敵に見つかり、罠を張り巡らされるのでした。 建物にイヤホンジャックを刺し、索敵する耳郎は急に大音量を聞かされ、個性を封じられてしまいます。 次はビルの窓を割り、障子の目を封じます。 反撃に転じた耳郎は、ハートビートファズを繰り出そうとした時、アンプと左耳に攻撃を受けてしまいます。 そして空調の空気を冷やされ、蛙吹は冬眠状態になってしまいます。 八百万は火と電気は使えないと考え、蛙吹に毛布を作ります。 ドアは溶接され、逃げ道を限定されてしまいます。 八百万は相手の考えを読み、粘土を作って空調をなんとかしようと考えるのでした。 八百万たちを追い込んだのは聖愛学院2年印照才子とその取り巻きでした。 個性はIQ、紅茶を飲み、目を閉じたときIQが倍増する個性で、印照はIQ150で個性を使うと300に迫るのでした。 しかし、八百万は個性を使いませんでした。 八百万の個性を使い切らせようという敵の考えを見破り、現状を打開する策を考えます。 轟や飯田や緑谷ならどうするか考え、まずは障子、耳郎、蛙吹を助けることだけを考えます。 ヘッドフォンを人数分作り出し、各自に着けさせると、八百万は巨大な高周波スピーカーを作り出し、耳郎の片耳だけでも充分な威力が発揮できるようにしました。 耳郎がスピーカーを使って放った高周波は、外にいる取り巻きたちを気絶させ、残るは印照のみになりました。 印照は八百万を閉じ込め、八百万だけでも脱落させようとしましたが、蛙吹、耳郎、障子が助けに来て印照を倒しました。 爆豪、切島、上鳴は肉倉精児と遭遇し、切島は爆豪を庇い、肉塊にされてしまいます。 緑谷は瀬呂と麗日に今回りにいる団体ならなんとかなるかもしれない、抜け駆けしようとする人間がいた、多数で少数を獲物を取り合う事になり、多数が段々減っていって不利になる、といいます。 緑谷は囮になって相手を引き付け、麗日と瀬呂に攻撃を任せるのでした。 イレイザーヘッドはミスジョークに爆豪と緑谷が大事の渦中にどちらかがいて、その熱はクラスメイトに伝播し、化学反応を起こす。 そしてクラスを底上げし、成長する。 それが1年A組だと話すのでした。 今回は原作で語られなかった八百万、障子、蛙吹、耳郎サイドの話と轟の話をアニメオリジナルの内容で展開していきました。 轟の話は原作では楽勝だったんだな、と思えるくらいの内容でしたが、あそこまで膨らませてくれると見ごたえがありますね。 原作では誠刃高校という事さえ触れていませんでしたからね。 八百万サイドは聖愛学院の印照才子というオリジナルキャラクターで展開され、頭脳戦で翻弄されます。 しかし、八百万の神野地区の経験が生かされ、轟、飯田、緑谷ならどうすると考えるところが印象的でしたね。 障子も林間合宿の時の緑谷の言葉に触発されていましたね。 障子にとって緑谷の行動は衝撃的だったのでしょうね。 蛙吹が冬眠状態なるというのもカエルの個性という事でなかなか細かいと思いました。 イレイザーヘッドの言う通り、緑谷の熱はわかりやすいように伝播しますが、爆豪はちょっと切島、上鳴を経てというのが多いですね。 しかし、クラスの中核をなすのがあの二人なのは間違いないです。 八百万のまず皆を助けようという機転が印照に勝ったのですね。 人を助けようという考えがなかったのが印照の敗因ですね。 そしてアニメオリジナルからイレイザーヘッドの話を経て、原作の話に戻っていく流れがスムーズでした。 ついに爆豪たちは士傑高校の肉倉精児と対峙します。 最近はウェーイが多かった上鳴ですが見せ場が来るようです。 どうやらもう青山と飯田の話もするようで、展開の早さに驚きます。 緑谷は寮生活にも慣れ、ヒーローになる決意を新たにします。 イレイザーヘッドからA組の生徒たちはヒーロー仮免許取得を目標に、体育館ガンマで必殺技を作ることと林間合宿でできなかった個性強化の圧縮訓練に入ります。 体育館ガンマは通称トレーニングの台所ランド略してTDLと呼ばれていました。 セメントス考案の施設で、生徒たちの個性に合わせて様々な地形を用意できることからトレーニングの台所と名付けられたのでした。 すかさず飯田がなぜ仮免許取得に必殺技が必要なのかと質問しました。 ヒーローとは事件、事故、天災、人災、あらゆるトラブルから人々を救い出すのが仕事、取得試験では当然その適正を見られることになる、 情報力、判断力、機動力、戦闘能力、コミュニケーション能力、魅力、統率力など別の適性を毎年違う試験内容で試されるとイレイザーヘッドは言いました。 その中でも戦闘力はこれからのヒーローにとって極めて重視される項目となる。 備えあれば憂いなし、必殺技の有無は合否に大きく影響するとミッドナイトは言いました。 状況に左右されることなく安定行動を取れれば、それは高い戦闘力有していることになるとセメントスは言いました。 技は必ずしも攻撃である必要はない、例えば飯田のレシプロバーストはその超速移動自体が脅威となるため必殺技と言うに値するとエクトプラズムは言いました。 つまりはこれさえあれば有利という型を作るのが必殺技を作るのが目的でした。 そして各々個性を伸ばしつつ、必殺技を編み出す訓練に入りました。 個性の伸びや技の性質に併せてコスチュームの変更も検討するようにとイレイザーヘッドは付け加えました。 各自個性に合わせた訓練や立ち回りを訓練しているのに対し、緑谷は腕に爆弾を抱え必殺技の考案ができないままに個性を伸ばす訓練に終始していました。 そんなところにオールマイトが現れ、皆の様子を見に来ました。 爆豪は様々な技や立ち回りを試していました。 その姿はイレイザーヘッドもオールマイトも感心するほどでした。 緑谷は爆弾を抱えた腕でどうすべきかをずっと考えており、見かねたオールマイトが君はまだ私に倣おうとしているぞ、といい真意を伝えず他の生徒を見て回りました。 オールマイトの言葉の真意がつかめないまま、緑谷はせめてコスチュームで腕のサポートだけでもと考え、パワーローダーの開発工房を訪ねます。 飯田も麗日も開発工房にコスチュームの改良依頼に訪れました。 緑谷が開発工房のドアを開けた途端、大爆発が起こり何かが吹っ飛んできました。 吹っ飛んできたのはサポート科1年の発目明でした。 緑谷たちは発目のことを覚えていましたが、発目は全く覚えていませんでした。 発目は緑谷たちに目もくれず発明に戻ろうとしましたが、緑谷がコスチューム変更の件でパワーローダーに用があって来たと話すと、 興味を示し首を突っ込み始めました。 しかし、パワーローダーに注意され、開発工房に出禁にされることを恐れ、踏みとどまりました。 パワーローダーは開発工房の中に緑谷たちを案内すると、緑谷たちにコスチュームの説明書を見せるようにいいます。 パワーローダーはコスチューム製作ライセンスを持っており、説明書を見て改造できそうな箇所はその場でできると言いました。 変更点をデザイン事務所に報告すれば、大幅な改造でない限り大丈夫なようになっており、大きな改良となると申請書を作成してデザイン事務所に依頼し、国に申請し許可を得なければならないという仕組みになっていました。 しかし、パワーローダーと提携しているデザイン事務所は超一流で、三日もあれば帰ってくるという凄い事務所でした。 さっそくパワーローダーに腕の腱のサポートできるようにコスチューム改良の相談をします。 パワーローダーのちょっといじればすぐできるという言葉に緑谷は安心しました。 しかし、発目がそれを聞いていて緑谷の体を触りまくり筋肉の状態を確かめ、自分の作ったパワードスーツを緑谷に着せてしまうのでした。 全身の筋肉の補助ができるというパワードスーツでしたが、可動域のプログラムのミスで腰が可動域以上に動いてしまい、緑谷は腰をねじ切られそうになるのでした。 しかし、発目はこのプログラムミスを捕獲マシンとして利用できるかもというポジティブ思考でした。 飯田はパワーローダーに発目に聞こえないように小声で脚部の冷却機能の強化を頼んだのですが、それも発目は聞いており、 飯田の腕にブースターを取り付けるのでした。 飯田の制止も聞かず発目はスイッチを入れ、飯田は開発工房の天井に叩きつけられるのでした。 俺の個性は足なんだがという飯田に、発目は、知ってます。 でも私思うんですよね。 足を冷却したいなら腕で走ればいいじゃないですか!といい、 緑はその言葉に何かを感じたようでした。 パワーローダーは発目は病的に自分本位だと緑谷たちに謝ります。 しかし、その発目の制作意欲はパワーローダーも認めており、ヒーロー志望ならば発目との縁を大切にした方がいい、きっとプロになってから世話になる、と緑谷たちに言いました。 発目は入学以来、学校が休みの時もパワーローダーの開発工房に来ては何かしら作っており、その作品たちが開発工房の片隅に山のように置いてありました。 今まで見てきたサポート科の中でもやはり発目は特異だというパワーローダー。 常識とは18歳までに身につけた偏見である、とパワーローダーはアインシュタインの名言を言うと、発目は失敗を恐れずい常に発想し、試行し続けている。 イノベーションを起こす人間ってのは既成概念に囚われない。 緑谷は今までのことを思い出し、発目やパワーローダーの言葉が引き金になり、オールマイトの言葉の意味がようやく見え、自分のスタイルも見えたようでした。 緑谷は飯田に相談しようとしていましたが、飯田はコスチュームの件が何も進展していないと注意しました。 麗日が画面が晴れたというように緑谷にようやく笑顔が戻りました。 緑谷が麗日はどこを改良するのかと聞くと、麗日は酔いを抑えたいと言いました。 するとそれを聞いていた発目は不気味な黒煙を上げる樽のようなものを持ち出し、ほどなくして爆発し、発目は明るく謝るのでした。 そしてそれぞれ個性を磨いたり、コスチュームを改良したり、必殺技を編み出したりと試行錯誤の毎日が続きました。 訓練を開始して四日が経ち、オールマイトが進捗を見にやってきました。 緑谷は腕のサポーターを付けてもらっていました。 それを見つけた峰田にどうせなら全とっかえすればよかったのに、と言われましたが母がデザインしてくれた服に愛着があり、ベースはなるべく崩さないというのでした。 常闇は制御訓練の成果でダークシャドウを鎧のようにまとう事に成功しました。 それによって弱点だったフィジカルと近接の補強に成功しました。 爆豪は爆撃のバリエーションを増やし、起爆を一点に集中し貫通弾のような爆撃を放つA・P・ショットを完成させました。 しかし爆豪の放った必殺技でもろくなったコンクリートが崩れ、オールマイトの頭上に落下しかけたその時、緑谷が猛スピードで飛び込んできて、 コンクリートを蹴り上げ粉砕したのでした。 緑谷は無意識にワンフォーオールは拳を使わなければと思っていたのですが、腕に不安があるなら足を使えばいいとフルカウルシュートスタイルを編み出していたのでした。 その様子を見たオールマイトは正解だと緑谷の成長を喜ぶのでした。

次の

ハイキュー4期14話は放送日はいつから?2クール目の展開についても予想

ヒロアカ4期14話

引用元:シマヨシブログ 漫画やアニメって能力や見た目になぞられた名前がつくのが普通ではありますが、 これまたそのままな名前ですよね 笑 彼はオールマイトがオールフォーワンを倒しテレビ中継に向かって 「次は君の番だ…」 といったセリフに疑問を持っていました。 敵に向けた言葉であればもっと強く言うはずだと。 そこでこの言葉の真意は次の後継者であるヒーローに向けたものではないのか? そう睨んで雄英に潜入するということで話が始まります。 特田種男が潜入で来た表向きの理由である「取材」と銘打って、 1年A組のみんなが普段どんな生活をしてるのか?ということで、 写真を撮られます。 引用元:Twitter 引用元:電撃オンライン 普段の食事しているとこや、 引用元:電撃オンライン 体育?などの授業をしているところなど。 そしてそれが恐らくもう見つかっているのではないかという答えを導き出した特田。 引用元:ツイアニ まあ凄いことは凄いです。 ですが、 このような考えに至るのは何も一人だけではないと思うのでヴィラン側にもそのような考えに至る人物が出てきたら 「デク君がが危ないんじゃないかな?」 という感想は少し思いました。 その中で特田は自分本人もオールマイトが好きで、 過去にオールマイトに父親を助けてもらったこと。 引用元:ツイアニ 引用元:ツイアニ そしてそれをきっかけに自分の道を見出したことを語っていました。 話をしてその反応を見てデクが平和の象徴を継ぐものであると分かった特田。 引用元:ツイアニ ちなみにこの写真は特田の個性である「全身レンズ」を使って撮影・プリントしたみたい。 引用元:ツイアニ 引用元:ツイアニ 秘密がバレて困惑するデクだが、 引用元:ツイアニ 特田は希望が失われていないことを確かめるためだったと告げ、 一緒に写真を撮って帰っていきました。 この4期1話は完全にアニメオリジナルなので原作には直接絡んでこないのですが、 普段見えない1年A組のみんなの日常が見れてほっこりする回でしたね。 2話からは遂に本編の物語が始まるので、 楽しみですね! それでは!.

次の