高島屋 お供え。 お供え・法事果物詰め合わせ|【ギフトパーク】厳選フルーツお取り寄せ

お供えののしの名前の書き方!夫婦・家族の連名やなしでも大丈夫か解説

高島屋 お供え

お供えは必ずお下がりをいただく事です。 食べ物を長時間お供えし、悪くなるようなことは、止めましょう。 果物などは、お供えした後、すぐに下げても構いません。 腐らせて捨てるなど食べ物を粗末にしてはいけません。 食べ物を大事にし、自然の恵みに感謝しましょう。 お墓などでも食べ物が供えられたまま放置されていますが、供えた後で、お下が りとして持ち帰ってください。 その場で食べるのも良いかと思います。 「供える」とは共に供する意味なので、お下げされたら、ご家族などで召し上がる 事で、尊い御供養になります。 亡くなった方が生前、好きであった物をお供えして あげれば、きっと喜ぶと思います。 お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜 ばれます。 ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、故人の 好きだった果物をお供えしましょう。 また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。 仏壇 お供えの熨斗について 法事やお仏壇の供える物でしたら黄白の水引が一般的です。 黒白はお葬式の時のみです。 寺院に挨拶に行かれる際のお供えでしたら、紅白の水引となります。 薄墨は葬儀の悲しみ、涙で墨が薄まった?という意味だそうです。 当店のお供えのしは黄白の水引となります。 亡くなってから七日目に行うのが「初七日」。 四十九日目に行うのが「四十九日」。 四十九日までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。 初七日以外の法要は遺族だけで供養するのが一般的です。 四十九日の法要は忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による 読経のあと、焼香や会食が行なわれます。 四十九日は忌明けになり、故人を供養するにあたって節目となります。 そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多く、仏 壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の 法要までに行なわれます。 ですので御供の品は「分けられるもの」が良いのです。 ミカン・リンゴなどの果物でもいいし、おかき・三笠・ゴーフルなんていうお菓子でも OKです。 とにかく「分けられるもの」であることが大事です。 法要時のご供物は『菓子』と『果物の盛り合わせ』が一般的です。 四十九日の、のしについて 四十九日の法要以降からお金の表書きは御仏前です。 果物やお菓子などのお供え物は御供えとなります。 お供え物ののしの表書きは「御供」など。 お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜ばれ ます。 ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、 故人の好きだった果物をお供えしましょう。 また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。 四十九日までの法要を「追善法要」と言い、その後 一年ごとの法要を「年忌法要」と呼びます。 三回忌は亡くなられてから満2年に行う法要で一周忌の後に行います。 特に三回忌からは回忌という数え方になります。 七回忌も同じ数え方をし亡くなった年も含めて7年目、つまり亡くなった年に 「6」を足した年になります。 お供え物について お供え物は一般的に、故人を偲ぶお供えとして供花。 故人が好きだった和・洋菓子や果物・良い香りのお線香などがあります。 お供え物は参列者で分けることが多いので品物を選ぶときに分けやすい 品物を選ぶほうがいいとされています。 お金の表書きは「御仏前」「御供物料」です。 一周忌までは、黒白又は双銀の水引、三回忌以降、青白、黄白となります のでご注意ください。 お供え物(果物)ののしの表書きは「御供」など。 お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番 喜ばれます。 ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、 故人の好きだった果物をお供えしましょう。 また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。 葬儀、お葬式の知らせはいつも突然やってきます、お香典のマナー、 お焼香の作法、受付を頼まれた時のマナーなど、もしもの時に慌てないよう にして下さい。 葬儀は冠婚葬祭に関する儀式の内で、最も厳粛かつ礼節を重んじる儀式です。 葬儀に際しては、遺族と悲しみを共にする気配りや振る舞いがなくてはなりま せんが、それが為には服装の一つからご挨拶の言葉の端々にも、心から哀悼を 表す心配りが何よりも大切です。 こうしたことからお香典やお供物を持参するにも、自ずから厳粛かつ礼節を重んじ たマナーが求められます。 葬儀の服装について 通夜までは近親者の服装は喪服に着替える必要はなく、地味な服装でよいかと 思います。 通夜の時、基本的には、ご遺族・ご親族の方は喪服を着用します。 弔問客の場合は、普段着でも遊び着や派手な色の服装でなければ大丈夫です。 女性は、結婚指輪以外アクセサリーをしない方がよいです。 お化粧も控え目に。 髪型も普段のままでお悔やみに合ったスタイルが好ましいです。 香典について 香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参し、式場では袱紗から取り出して受付係の方に向 けて差し出すのが一般的です。 遺族宅など受付のないところで行われる場合は霊前(佛前)に拝礼して直接お供えし ます。 (法要時も同様です) 葬儀の際には参列した日に持参しますが、通夜・葬儀とも参列する場合は通夜に持 参するのが一般的です。 香典を入れるのしの表書きや、のし袋そのものもが宗教によって異なり、もし先方の 宗教がわからない場合「御霊前」であれば、 たいていの宗教(の通夜・葬儀・告別式)に用いることができます。 例えば蓮の花の絵が入っているものは仏教にしか使えません。 また、御霊前は、通夜・告別式のいずれでも使えます。 お供物 葬儀・告別式では、弔慰金とは個別に献花(又は、供花=くげ)と言って、花輪や樒 (しきみ)及び生花をお供えしますが、式場の都合や故人の遺言、又は遺族の思い入 れなどにより、献花を辞退される場合もありますので、念のため先方に確かめてから ご了解の下に献花を依頼するのが礼儀です。 また法要時ともに供物(くもつ)と言って、霊前(佛前)に干菓子や果物などを持 参してお供えしますが、この場合は出来るだけ日持ちのするものを贈るように心がける のが礼儀ですが、生前に故人が好んで口にしたものをお供えするのも一考です。 その他にも、線香やローソクなどをお供えします。 供花・供物・香典の重複 葬儀・法要時にお供え物としての供花 くげ や供物 くもつ 、及び弔慰金としての香 典を重複することは一向に差し支えありません。 供物に弔慰金をあわせて持参する場合は、供物の表書き のし を「御供物」・「御 供」とし、弔慰金の表書き のし を「御霊前」・「御香典」・「御仏前」 などと書き換えて、表書き 献辞 が重複しないように心がける必要があります。 お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜ばれま す。 ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、 故人の好きだった果物をお供えしましょう。 また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。 御供えフルーツの盛り籠には、リボンがお付けできます。 ご注文が一番多いお色は「紫色」です。 3種類のリボンがあり、「黄色」「白黒」「紫色」。 お客様のお好みでお選びくださいませ。 各商品ページ内の買い物カゴ近くのプルダウン 選択欄 にてお選びいただけます。 四十九日よりも前にお盆が来た場合には、初盆の法要は翌年に行ないます。 遺族はもちろん親族、知人、友人などを招き、丁重に供養を行います。 初盆(新盆)には盆提灯を新調し、盆棚・精霊棚を設けて行うのが一般的です。 お盆の時期は地方によって異なりますが、7月13日からまたは8月13日から 4日間に行なわれます。 13日に迎え火を焚いてご先祖の霊をお迎えし、16日に送り火で送り出します。 お盆は忙しい時期にあたりますので、お寺への手配、初盆の案内状の作成など、 早めの準備を心がけた方が好ましいです。 初盆のお供え物の相場と品物 初盆・新盆のお供えとは、法要にお招きいただいた時にご供養の気持ちを込めて 持参 するものです。 お香典としてお金をお包みするか、お供えとして品物を用意します。 地域により両方の場合もあります。 相場は3,000円〜10,000円程度の御仏前やお供物が一般的です。 地域性や故人とのご関係はもちろん、法要後にお食事が振舞われる場合はその分を考 慮して決めると良いでしょう。 品物は、故人の好きだったものや「お盆のお供え物 五供 」を基本として、 贈答用のお線香・蝋燭・お花や、旬の果物・お菓子や日持ちもする乾麺や昆布・海苔 などの食品が一般的です。 お供えの果物の場合、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜ば れます。 ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、 故人の好きだった果物をお供えしましょう。 また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。 お届けする商品は十分に検品させていただいております。 賞味期限切れのものや、食べられない状態の食品を発送することはございません。 ただし、配送中の事故による破損、品違い、不良品などがございましたら、ご注文商品と同じ商品、もしくは相当する代替品の送付、またはご注文者様への返金にて対応させていただきます。 交換・返金をご希望の場合は、商品発送当日〜3日間のうちに、以下の内容を明記のうえ、弊社までメールまたは電話で至急ご連絡下さい。 配送日から時間が経ち過ぎている場合、保証の対象外となります。 何卒ご了承下さい。 ) 交換・返金対象商品の現物は、 弊社から宅配会社に引き取り手配を致しますので、必ずお取り置きください。 現物のお取り置きが困難な場合、到着時の状態を撮影した写真をご提出下さい。 現物または写真のどちらもご提出頂けない場合は、返金、代品配送などの対応を致しかねる場合がございます。 何卒ご了承下さい。 ご注文確認メール及び、お問合せの返答など、お客様への対応につきましては、スタッフが少人数のため、また土日祝が定休日となりますため、お時間を頂く場合がございます。 ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。 当店では 「ご注文後の確認メール」、 「発送完了後の確認メール」を、必ずお送りさせていただいております。 お客様より頂いたメール、お問合せにつきましては3営業日以内に必ずお返事をお送りしておりますので、もし3営業日以上経っても当店からのお返事が届かない場合は、 お客様からのメールが当店まで届いていない可能性、もしくは 当店の返信がエラーなどによりお客様へ届いていない可能性がございます。 しかしながら、店舗側にはそれを知るすべがございません。 お問合せしたにもかかわらず3日経過しても当店から返信の無い場合、またご注文頂いたにもかかわらず当店からの連絡が無い場合は、大変恐れ入りますが『お電話』にて、または『別のメールアドレス』よりご連絡いただきますようお願い申し上げます。 【 悪質なフィッシングサイト(詐欺サイト) 】にご注意ください。 当店の店名や連絡先、商品情報を、無断で使用した【 悪質なフィッシングサイト(詐欺サイト)】のご報告を頂いております。 ギフトパークは、上記のサイト以外で出店したり、弊社運営ショップよりも格安で商品を販売しているという事実はございません。 もし上記サイト以外で、弊社の商品を購入されましても、弊社には一切注文内容は通知されませんので対応できないうえ 個人情報が悪用される可能性がございます。 誠にお気の毒ですがフィッシングサイトの被害者への補償は弊社では出来ません。 疑わしいサイトでは絶対にお買い物をされませんよう、よろしくお願いいたします。

次の

初盆のお供え物って何?お供え物の選び方と相場

高島屋 お供え

法事でお供えする饅頭や果物やお菓子はどのようなものがおすすめなのでしょうか。 好きな食べ物でいいのか、日持ちする食べ物がいいのかなど、法事でお供えする饅頭や果物やお菓子の選び方のマナーや注意点について確認していきましょう。 法事の際には、お花やお線香などのほかに、食べ物をお供えしますよね。 法事にお供えする食べ物といえば、真っ先に思い出されるのが「饅頭」や「果物」ではないでしょうか? しかし、特に法事の時には果物やまんじゅうをお供えしなければならないというわけではなく、最近では故人の好きだったお菓子や洋菓子などが供えられることも。 今回は、法事の際にお供えする饅頭や果物やお菓子についてご紹介したいと思います。 PICK UP 法事に関する服装・香典・お布施・お供え物などについてのマナーや豆知識について紹介している記事です。 個包装してあるもの• 大きさはやや小ぶりのもの が良いでしょう。 法事でお供えする果物やフルーツはどのようなものがいい? 法事の際にお供えする果物について見ていきたいと思います。 法事には、仏壇に様々な種類の果物を持ったかごなどが供えられていることがありますよね。 このお供え用の果物には何かマナーのようなものはあるのでしょうか? 中には数や種類を気にする人もいるようですが、基本的に法事でお供えする果物にルールなどはありません。 スーパーやデパートなどでは、お供え用といえばきちんと盛りかごを作ってくれますし、元々セットになって売っている場合もあります。 もちろん故人が好きな果物があるのであれば、個々に購入して仏壇の前に盛って飾っても大丈夫ですよ。 だいたい定番の果物といえば• 個包装してあるもの• 日持ちのするもの• 箱入りであれば多くの数が入っているもの などがおすすめです。 時々お菓子の詰め合わせで様々な味のものがセットになっているものもありますが、分けることを考えるのであれば、出来れば同じものが詰め合わせされたものの方がいいでしょう。 まとめ 法事の際には、故人が好きだったお菓子や果物なども合わせてお供えしますよね。 しかし、亡くなった人がお供え物を食べるわけではなく、法事が終わった後に参列者の方に配ることが多いようです。 その為、お菓子やおまんじゅうであれば個包装されていて配りやすいもの。 そして果物は故人が好きだったものを選び、出来ればあまり香りの強くないものを選びます。 他にも、特に夏の暑い時期は食べ物が傷みやすいので、特に傷みやすいものは控えるようにしましょう。

次の

法事のお供え物はどうすればいいの?ランキングは?

高島屋 お供え

お役立ち 2018. 26 2018. 01 Tsuyopon お供えののしの名前の書き方!夫婦・家族の連名やなしでも大丈夫か解説 こんにちは。 葬儀や法事、お盆などでお供えをする際の「のしの書き方」には誰もが毎回不安になると思います。 そのため、現在この記事を読んでくださっているのだと思います! ご安心してください! 今回は、• お供えののしの正式名称• お供えののしの名前が一人の場合• お供えののしの名前が複数いる場合• お供えののしに名前を書かなくても良い? という情報をしっかりとご紹介いたします。 お供えののしについて知っておくべき情報をお伝えしますので、ぜひとも最後まで読んでください! 目次• お供えののしの正式名称は掛け紙 お供えをする際に、包むのし紙の正式名称は 「掛け紙」といいます! お祝いの時に使う包み紙を「のし紙」といい、 お悔やみの際に使う包み紙を「掛け紙」と言い換えます。 効き慣れない言葉と思いますが、お祝いの時とお悔やみの際で、真逆の時に使用するので間違えないよう気をつけてください! お供えののしの表書きは? 先ほどお伝えした、お供え用ののし「掛け紙」を使用してください。 その表面に何を書けばよいのかというと、• 「御霊前」「御仏前」などの言葉• 送り主の氏名(水引きの下) を記入いたします。 表書きの言葉は、行事によって異なりますので間違えないよう注意してください!• 葬儀(四十九日前)・・・御供、御香典、御霊前• 法事(四十九日後)・・・御供、御仏前、御佛前• 初盆(新盆)・・・御供、御仏前、御佛前 間違えるだけで、失礼にもなりますし、知らないというだけで恥ずかしい思いもしますので、準備が必要な時は毎回読むようにしてください! お供えののしに書く名前が一人だけの場合 お供えののし紙(掛け紙)には、送り主の名前を記入しなければなりません。 つまり、ご自身のお名前です。 記入する場所は、 水引きの下の中央になる位置になります。 実家に持っていく場合は? 実家にお供えを持っていく際は、「同じ名字なので名字だけだとみんな同じである」「フルネームで書くのも少し違和感がある」と思われる方は少なくないのではないでしょうか? お供えを実家に持っていくからといって、 「名字のみがNG」など決まったルールはありません。 フルネームでも問題ありません。 ただ、実家へのお供えである場合はほとんどが同じ名字になると思いますので、 「下の名前」のみの方がスッキリしており良いと思います! お供えののしに書く名前が連名の場合 お一人で法事などに出席する場合は、ご自身のお名前を書くのみなのでわかりやすいですが、「家族や友人などと一緒にお渡しする際はどのようにしたらよいのか?」という質問を多くいただきました。 お供えの送り主の名前を複数書く場合は、その関係によって書き方が異なりますのでしっかりと熟読してください! 同格の場合 「友人同士」など複数の送り主の関係が同格の場合は、 右から五十音順で書きます。 立場が違うの場合 会社の先輩などと連名でお供えに名前を書く場合は、 右が上位者となるように順を追って書きます。 会社でいうと上司や先輩が右になるように書いてください。 また上記のように 代表者名を省略して書くこともできます。 家族・夫婦の場合 夫婦でお供えをお送りする際は、 通常は夫の氏名だけを書きます。 夫のみの名前を書くのが一般的な理由は、日本では 家という概念が大きいからです。 夫婦個人個人の名前ではなく、一家の代表として夫の名前を書くというわけですね。 ただ故人と親しかった場合は、夫の氏名の左に妻の名前を書きます。 夫婦連名で書かないといけないという時以外は、夫の名前のみ書くことをおすすめします! ただし夫が葬儀などに参加できず妻が代理出席する場合は、上記のように 夫の氏名の左に「内」と書きます。 お供えののしの名前がないのはあり? お供えののし(掛け紙)に名前を書かないのは失礼なのかどうか、 結論からお伝えすると、 名前を書かないのはマナー批判にはなりません。 贈り物をしたいが、大げさにしたくないという日本人特有の奥ゆかしさの表れとして、書かない方もいらっしゃいます。 直接お渡しすることができるのであれば、名前がなくても誰から頂いたのかわかりますが、もし、直接お渡しできなければ、頂いた側が誰からのお供えなのかわからないため不信感にも繋がります。 他にも、「せっかく頂いたのにお礼ができない」となり、すっきりしないこともあります。 そのため、頂く側の気持ちを考えるとお供えののし(掛け紙)に 名前を書く方が無難であると思います。 お供えののしの水引きの色は? お供えののし(掛け紙)に添える水引きの種類は、「結び切り」を使用するのが正しいです。 (上の画像のものです) また、色も失礼のないよう注意が必要です。 お悔やみの際に、使用する水引きの色はシーンによって異なります。 通夜・葬儀の際は、「黒白」 法事の際は、「黒白」「黄白」「銀」 お盆の際は、「黄白」 を使用してください! これからお渡しする予定の行事をしっかりと把握してから選ぶようにしましょう! 名前を書く墨は? お供えののし(掛け紙)において最後の注意事項が「墨」です。 墨とは、 お供えののし(掛け紙)に書く文字の墨の濃さです。 墨の濃さは、水引き同様に行事によって異なります。 通夜・葬式など四十九日前の行事は、「薄墨」(悲しみの涙で墨が薄くなったという意味があります) 四十九日以降の法事・お盆は、「濃い墨」 を使用します。 「薄墨」とあまり聞きなれない言葉ですが、遺族への配慮を考えると知っておくべきことですね! こちらが薄墨の筆ペンです! まとめ いかがでしたでしょうか。 お供えののし(掛け紙)の書き方についてご紹介させていただきました! どれだけ悲しみの思いがあっても、お供えののし(掛け紙)の書き方を誤っていると、頂いた側も表には出さないが気持ちよく受け取ることができなくなります。 ちょっとしたことかもしれませんが、気持ちをしっかりと伝えるためにも知っておくべきことです! もし、不安であれば何度も読み返してください! お供えにお金を包むときに使う封筒の種類を知りたい方はこちら• 葬儀に参加できない時のお悔やみ状の書き方はこちら• お供えに関する気になる話題はこちら• それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!.

次の