プロテイン 腹痛。 知らなきゃヤバい「プロテインの副作用」~腎臓&肝臓への影響~

プロテインを飲んで腹痛や胃痛が起こる原因と対策

プロテイン 腹痛

ステビアは天然由来なので、人工甘味料が無理な人はそちらを飲みましょう。 空腹時に飲まない 胃が弱い人は空腹時、つまり空きっ腹状態でプロテインを流し込むと、胃酸が増えて胃もたれや腹痛が起きます。 バナナなど消化に良いものを食べてから、プロテインを摂取するようにしましょう! どの道、タンパク質だけでは筋肉は合成されないので、炭水化物と一緒に摂ることをお勧めします。 まとめ プロテインによる胃もたれ・吐き気の原因は• 賞味期限切れ• 食物アレルギー• 空腹時の摂取 以上に原因があるというお話でした。 プロテインは吸収が速く、高タンパクなので、肝臓や腎臓に負担がかかりやすいです。 僕も飲み始めの頃は肝臓が疲れて、食欲が落ちた事がありました。 プロテインを飲む場合は、日々の生活に運動習慣をつけ、定められた量や用法を守って摂取しましょう。

次の

恵比寿店ブログ#32 プロテインでお腹がゴロゴロする時の解決策 Dr. トレーニング

プロテイン 腹痛

プロテインを飲むと下痢をしたり、おなかが痛くなる人がいますよね。 僕も以前はよくなっていましたし、今でも気を抜くとなってしまいます。 というわけで、今回はこれらの理由と対策を伝授していこうと思います。 この記事の解決法を実践すれば 7割の確率で下痢、腹痛は予防できるので、ぜひ試してくださいね。 下痢、腹痛が起きる人におすすめのプロテインも紹介しています。 プロテインを飲むと下痢・腹痛が起こる理由 プロテインを飲むと下痢、腹痛になる理由はいくつかあります。 一つずつ挙げていきますね。 乳糖不耐症 プロテインを飲むとおなかが痛くなったり、下痢をしてしまう人がいます。 この原因はたくさんあるのですが、ほとんどの人に当てはまる理由は 乳糖不耐症だからという理由です。 乳糖というのは牛乳やプロテインに含まれている糖質のことで、これらを消化吸収できない人は下痢になったり、腹痛を起こします。 自分が乳糖不耐症かもしれないと思った人は思い返してみましょう。 下記の食べ物や飲み物を摂取してよくお腹が痛くなるという人は乳糖不耐症の可能性が高いです。 ・牛乳 ・チーズ ・バター ・ヨーグルト ・マーガリン ・サラダドレッシング ・冷凍ワッフル ・乳酸菌飲料 これらの食品、飲料には気を付けましょう。 乳糖不耐症の人はこれらを摂取しすぎると腹痛、下痢を引き起こします。 乳糖不耐症の人は 日本人の5人に1人はいるといわれています。 ちなみに、僕も乳糖不耐症です。 プロテインの飲みすぎ プロテインに関わらず、どんな食べ物や飲み物でも飲みすぎるとおなかを壊します。 体にいいはずのタンパク質だろうが、ビタミンだろうが、摂りすぎればこれ以上はいらないと身体が判断して、体外へ出そうとします。 結果、腹痛や下痢が起こるわけです。 僕の筋トレ仲間にも筋肉をつけたいからと言ってプロテインを異常に多く摂取して腹痛を起こしている人を何人も見てきています。 なんでも適量を摂取しましょう。 どれだけ体にいいものでも摂り過ぎは体に毒です。 動物性たんぱく質を受け付けない体である お腹が緩い人に多いのは動物性たんぱく質や動物性脂肪を受け付けない体質の人です。 こういう人は肉やラーメンなどの油の多いものを食べるとおなかを壊します。 動物性たんぱく質の塊であるホエイプロテインは体に合っていないというわけです。 プロテインを飲んだ後の下痢・腹痛の対策・解決法 さて、それでは理由、原因別の下痢・腹痛の対策・解決法を伝授していきますね。 乳糖不耐症の人 プロテインでおなかを壊す人のほぼ全員が乳糖不耐症です。 これの解決策は2つあります。 1.乳糖を含まないプロテインを選ぶこと 2.プロテインを水に溶かして飲むこと 乳糖を含まないプロテイン 一般的なホエイプロテインは乳糖が含まれているが、安い。 WPC(ホエイプロテインコンセントレート)と呼ばれています。 これよりグレードの高いWPI ホエイプロテインアイソレート は 炭水化物、乳糖、脂質がほとんど含まれていません。 その分価格は少し高めです。 つまり、乳糖不耐症の人は WPIのプロテインを選べばいいというわけです。 記事の最後におすすめのWPIを紹介しています。 ホエイプロテインの種類(WPC、WPI、WPH、CMF)について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。 ちなみに、WPIに変えてから腹痛、下痢がなくなったうえに、おならのにおいも臭くなくなったという口コミも多いです。 プロテインの飲みすぎ 軽度の乳糖不耐症の人でもプロテインは飲みすぎるとおなかを壊します。 これはもちろんプロテインに限ったことではありません。 なので、 プロテインの1回に飲む量を少しずつ減らしてみてください。 もちろん、その分筋肉への効果は弱まりますが、それが嫌ならプロテインをWPIに買い替えましょう。 動物性たんぱく質を受け付けない体質の人 動物性たんぱく質を受け付けない体質の人は 植物性たんぱく質が含まれているソイプロテインに変えてみましょう。 筋肥大への効果はホエイプロテインと比べると弱まってしまいますが、腹痛や下痢を起こすよりはましだと思います。 最もお勧めできるソイプロテインは下記の記事で紹介しています。 おすすめできるWPIのプロテイン それではおすすめできるWPIのプロテインを紹介しておきます。 バルクスポーツのアイソプロがいいと思います。 ビーレジェンドのWPIと迷いましたが、最終的にはこちらを選びました。 僕だけでなく、乳糖不耐症の筋トレ仲間も絶賛しています。 栄養成分に関しては全く問題ないのですが、味と溶けやすさは可もなく不可もなくといった感じですね。 味に関してはもっとうまいプロテインもあるし、もっとまずいプロテインもあるという具合の味です。 全然述べるけれど、決しておいしくはありません。 そして、溶けやすさに関しても可もなく不可もなく。 しっかり混ぜたら溶けるけれど、溶けやすいとは言えないといった具合ですね。 しかし、 腹痛にならない上に筋肥大効果も抜群なので、そちらを重視する人にはお勧めできます。 プロテインを飲んで腹痛になる人の約7割は乳糖不耐症といいました。 じゃあ、残りの3割は何なのかというと、 食品添加物や遺伝子組み換え食品の影響です。 プロテインは人工的な食品です。 つまり、人工甘味料や商品添加物が含まれているものがかなり多く、遺伝子組み換え食品であるものも多いのです。 僕自身、今書いたことをすべて試した結果、1回に飲む量を少なくすることに落ち着いています。 人によっては、僕のようにホエイプロテインの量を減らすだけでいい人もいれば、ソイプロテインに変えなければいけない人、WPIに変えなければならない人もいるでしょう。 これを機に腹痛、下痢と向き合ってみてほしいと思います。 muscletrainingmanial.

次の

プロテインを飲むと下痢になる一番の原因とは?

プロテイン 腹痛

原因は悪玉菌による腸内環境の悪化 人の腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」がいるという話をきいた事があると思います。 簡単にいうと、名前の通り、 善玉菌は腸内環境を整える、体にとって良い活動をしていて、悪玉菌は増えすぎると悪さをするという性質を持っているタイプの微生物です。 実は、プロテインをはじめとする タンパク質(動物性のホエイやガゼイン)は、悪玉菌のエサになりやすい性質を持っており、悪玉菌はタンパク質をエサに、体にとって有害な物質や 悪臭の元になる「硫化水素、インドール・スカトール」などを発生させます。 タンパク質の摂取量が急に多くなったり、体調不慮等により腸内の悪玉菌が多数派になると、おならの臭いがきつくなったり、 腸の働きを助けている善玉菌が弱くなり、下痢や便秘などの原因になってしまいます。 だからといってタンパク質の摂取を制限すれば悪玉菌が弱って体が健康になる、というわけではありませんので、体作りに必要な タンパク質を摂取しつつ、腸内環境を整えていく必要があります。 下記に5つのポイントをご紹介しておきますので参考にどうぞ! 5、泡をのまない これは オナラを減らすには非常に有効です。 食べ物を 飲食する時に空気を取り込むと、そのうち3分の2がオナラとして排出されますので、人によっては泡を飲むのをやめるだけで、おならがずいぶん減るかもしれません。 非常に安価なプロテインは泡立ちもスゴいので 「泡はオナラにしかならない」と割り切って、飲まないようにしましょう。 さいごに プロテインによる下痢やオナラがくさくなった時の腸内対処法はご理解いただけましたか? 私の場合は、 泡をのまないようにして、バナナをプロテインをのみながらたべるようにしたら、ものすごく改善されました。 人間の体にはある程度の適応能力があるため、多少タンパク質の摂取量を増やしても、 体が慣れることでお腹の不調が解消されることもよくありますので、 タンパク質摂取量を増やすときは、徐々に食生活を変えていきましょう。 本当はオーガニックから摂取できるといいのですが、お金がかかりますもんね(涙)•

次の