連絡が遅くなり申し訳ありません 英語。 【ビジネス英語】メールの返信が遅れた…!お詫びの英語フレーズ集

ビジネス中国語の質問です。

連絡が遅くなり申し訳ありません 英語

日本人同士なら「申し訳ありませんが・・・」と言えば、その言葉があらゆる状況に対応してくれますが、英語になるとは少し事情が変わってきます。 直訳して「I am sorry」を連呼してしまうと、相手に意味が通じないばかりか、あなたにとって不利な状況になることも。 英語を話す機会があるなら、おかしな文章にならないよう、ぜひとも違いをわきまえておくことが大切です。 「申し訳ない・・・」を使った英語の例文をご紹介します。 「返信が遅くなり申し訳ありません」などを英文で 「迷惑をかけて」「忙しいのに」申し訳ありません、など 申し訳ありませんが、ご理解いただければと存じます。 I apologise for any inconveniences and thank you for your understanding. 申し訳ありませんがご了承ください。 I am sorry for the inconveniences and thank you very much for your understanding. 大変申し訳ありませんがよろしくお願いします Thank you for handling this situation. (この件を解決してくれて) 申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください。 ・Thank you for your patience. Please wait for a few more minutes. 申し訳ありませんが日付を変更していただけませんか? ・I would like to change the date of my reservation. ・Could you please change my reservation from A to B? (AからBへ) 申し訳ないのですが予約をキャンセルしていただけますか? I am sorry but I would like to cancel my reservation. 何度も催促して申し訳ないですが、今日中に書類を送っていただけますか? I am sorry I have asked you multiple times, but please can you send me the document today? 何度も連絡してしまって申し訳ありません。 ・I am sorry to have contacted you many times. 母に多くの不便を強いてしまって申し訳なく感じた。 ・I felt guilty for worrying my mother many times. ・I felt bad I troubled my mother many times. せっかく姉を訪ねていただいたのに申し訳ないです。 ・I am so sorry that you had to come all this way to see my sister. ・I appreciate you came all this way for my sister. こちらこそ申し訳ないことをしました。 ・It was me who caused the problem. (問題を起こしたのは私です) ・It was my fault, really. (実際、私のせいです) この度は再印刷した資料の納期が遅れてしまい申し訳ありませんでした。 We apologize for the delay in sending you the printed documents so late. 納期を急がせてしまって申し訳ないです。 I am sorry I pushed the delivery date forward. 申し訳ありませんができません。 ・I am afraid I am not able to do it. ・I am terribly sorry, but it is impossible to do. 昨日、家族に迷惑をかけてしまい申し訳ないと思う。 I feel guilty(またはbad) for troubling my family yesterday. 混乱してしまって申し訳ありません。 ・I am so sorry but I am confused. お忙しいところご面倒をかけてしまい申し訳ありません。 I am terribly sorry for having troubled you despite your busy schedule. お忙しいのに取り計らっていただいて申し訳ないです。 Thank you for arranging this with your busy schedule. こちらの説明不足でした。 申し訳ありません。 この度は息子がご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。 We are very sorry that our son has caused trouble. お手数をかけてしまい、申し訳ありません。 I am terribly sorry to have troubled you so much. 返信が遅くなり申し訳ありません。 I am sorry for the delay in replying to your email. I hope you will forgive me for the late reply. お詫びにこちらで手配いたします。 We are very sorry what has happened. Please let us arrange it for you.

次の

返事が遅くなり誠に申し訳ございませんって英語でなんて言うの?

連絡が遅くなり申し訳ありません 英語

ビジネスメールの 返信が遅れてしまったという状況がありますよね。 ついうっかり忘れていた場合もあれば、後で返信しようと思っていたら時間の間隔が空いてしまった場合も・・。 そんな状況でメールを返信する際には、• 遅れた理由は述べたほうがよいのか…• そこで今回は、 ビジネスメール の 返信 に 遅れ た場合の お詫びについて、お伝えしていきますね。 まずは、社内の人に送る場合の例文から見ていきましょう! 件名:Re:連絡の件への対応について 〇〇 部長 お疲れ様です。 営業部の山田です。 この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 資料作成の件について、ご指摘いただきありがとうございました。 商品Aの販売切り口について、1点追加いたしましたので、明日に〇〇社へ資料を持参します。 よろしくお願いいたします。 営業部 山田 一郎 社内の人同士のやり取りだと、ついフランクになってしまいがちですが、お詫びメールの場合には基本的にNG。 親しい間柄でない限り、「すみません」という言葉は控えましょう。 ビジネスメールで「返信が遅れてすみません」という表現だと、お詫びという印象が薄くなってしまいます。 では、どういった文言を使うのがよいのでしょうか? 「 申し訳ありません」や「 失礼いたしました」を使うのが、万人に対して無難。 目上や上司に対しても、問題なく使えますよ! 取引先や顧客など社外の方に送る場合は、どうなのでしょうか? 続いて、社外の人へ送る場合の例文をご紹介します。 件名:Re:製品Aの注文の件 〇〇株式会社 生産部 〇〇 〇〇 様 いつもお世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 製品Aは本日発送させていただきましたので、明日中には納品できるかと存じます。 ご不明な点などございましたら、ご連絡いただければ幸いです。 メールにて大変恐縮ですが、ご連絡が遅れたこと、重ねてお詫び申し上げます。 よろしくお願い申し上げます。 jp 社内向けのメールよりも、丁寧さを重視しています。 取引先や顧客の場合、一度信用を失うと、 今後の仕事に影響が出てしまう可能性があります。 基本的には、最初の一文にお詫びの文言があれば問題ありません。 ただし、誠意を込めて 最後にもう一度お詫びの文言を入れておくと、丁寧さが出て相手への配慮が伝わりやすいです。 文言は例文の「メールにて大変恐縮ですが、ご連絡が遅れたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」というように、終わりに一言添えておくとよいでしょう。 ちなみに、返信が遅れた場合に文中で使用したい文言があります。 3パターンご紹介するので、ぜひ意識的に使うようにしましょう! 【返信が遅れた場合に使えるお詫びの文言】• この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 ご連絡が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。 返信遅れのお詫びは、長々と書く必要はなく、上記のような短い文言で問題ありません。 3つとも意味は変わらないので、あなたがしっくりくる文言を使うとよいでしょう。 返信が遅れたのにも関わらず、このお詫びを飛ばして本文を書き始めてしまうと、 ビジネスマナーを知らない人だという印象を与えてしまう可能性があります。 相手にもよりますが、メールの一般的な返信時間のマナーは 24時間以内とされています。 そのため、24時間を超えてしまった場合には、お詫びの文言を入れると、相手のことを配慮している印象が伝わりますよ! 以上を踏まえた上で、社内と社外別にお詫びのメールの例文を見ていきましょう。 次の見出しで詳しく解説していきます。 社内・社外問わず返信のお詫びメールでは、ここは意識したいというポイントが3つあります。 次の見出しで詳しくお伝えしていきますね! スポンサーリンク 返信のお詫びメールで意識すべき3つのポイント 返信が遅れたことに対してお詫びメールを送る場合、意識すべき3つのポイントがあります。 それは・・・• 遅れた理由は基本的に伝えなくてOK• お詫びの文言以外は通常のビジネスメールと同じ• いつも以上に誤字・脱字に気を付ける それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。 というのも、このような場合は 理由を付けると言い訳がましくなるため、相手に不快な印象を与える可能性があるためです。 ただし、出張・体調不良による休み・個人的な事情の休み(冠婚葬祭など)は理由を加えても問題ないでしょう。 例えば、「体調不良で昨日は欠勤しており、ご返信が遅くなりました。 」のような文言ですね。 基本的に返信が遅れた理由は述べなくてもよいということを頭に入れておきましょう。 お詫びの旨中心の文章になると、相手にとって必要な情報が分かりにくくなります。 読みやすい文章という意味でも、メールの内容は、 本来のやり取りから外れないようにすることが大切。 お詫びを述べた後は、通常のビジネスメールと同じようなやり取りをしていきましょう。 返信が遅れてしまったことに加えて、誤字・脱字のあるメールを送ってしまうと、 相手の心象にかなりの悪影響が出やすいです。 一つ一つでは大事に至らなくても、ミスが重なると、相手からの信頼を失いやすいので要注意。 メールを送信する前には、 複数回見直すといった、いつも以上に確認を徹底することをオススメします。 <返信遅れのお詫びメールで使える文言3選> 1. この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 ご連絡が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。 社内向けのお詫びメールでは、社内だからと気を抜かず、ビジネスマナーを踏まえた文言でお詫びをしましょう。 「 申し訳ありません」や「 失礼いたしました」という文言ですね。 社外向けのお詫びメールでは、 最後にもお詫びの文言を入れておくことで、丁寧さが出ます。 社内・社外問わず、基本的に遅れた理由は書かなくてもよいことと、お詫びを述べた後は通常のやり取りを意識することが大切。 また、メールを送る前には、誤字脱字がないかをきちんとチェックしましょうね。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

返事が遅くなり誠に申し訳ございませんって英語でなんて言うの?

連絡が遅くなり申し訳ありません 英語

メールの返信が遅くなってしまったことに対して、謝罪したい、非常に申し訳なく思っている、という気持ちをこめた、メール冒頭で使えるような表現を集めてみました。 上記後藤さんが述べられているように、"sincere"を加えることにより、より「心から」「深く」といったニュアンスが入ります。 少し注意が必要なのは、理由があってよっぽど遅れた場合(出張に出ていた、など。 その場合は相手への説明のために理由を書く方が良い場合もあります)などを除き、遅れた言い訳や挨拶はいいから、早く本題に入って!と考える人もそれなりにいる、ということです。 ですので、挨拶は丁寧でありながらもシンプルなものである(1文程度におさめる、など)ことが大切だとも言えます。 Each of these three options explains that you are sorry and that you are apologizing for the situation. In order from the top to the bottom, they get more professional as you go down. Depending on the case and depending on the person you are emailing, you can use one of these three. The first is to generally say sorry and this would be best used for a coworker or a manager you know in person. The second would be a person you are working with on a business deal or someone you do not know but still need to make sure to impress. The third is the most formal and is meant to be used for the highest level of person you are responding too. Each of these explains that you are sorry for replying late to an email. Each works but keep in mind the context and the person you are emailing back. This matters a great deal when responding to business emails. 上記3例どれを使っても、この状況についてあなたが申し訳なく思っていて、謝っていることが伝わります。 上から順に、よりプロフェッショナルな言い方になります。 状況やメールを送る相手によって、この三つを使い分けることができます。 一つ目の例は漠然と謝罪する言い方で、同僚や面識のあるマネージャーに使えます。 二つ目は、商売上の取引をしている相手や面識はないけど丁寧に扱わなければならない人などに使えます。 三つ目は一番フォーマルで、最も地位の高い人に使えます。 これら3例とも、メールの返信が遅れて申し訳なく思っていることを表します。 どれも使えますが、状況や返信する相手を頭に入れておいてください。 これはビジネスメールに返信するときに非常に重要です。 "I'm sorry" is the usual, standard apology for most English speakers. However, it is also correct to ask someone to excuse you for an offense, such as a late reply. Furthermore, telling someone that you didn't "get back to them" is the same as saying that you had not replied until now. Personally, I would use any of these three sentences as a way to apologize. "I Apologize for the late reply" This is a more formal and polite way of expressing that you are sorry for not messaging them sooner. To 'Apologize' is to express that you are sorry. If something is 'late' this is often used to refer to something being not on time. "Sorry for the delay" This is more of a casual and widely used phrase for this context. "I'm sorry for not getting back to you sooner" is a good way of telling someone you are aware that you most likely should have replied sooner. You could then follow this up by stating "Please accept my apologies for replying late", this is a polite way of telling this person that it was not meant maliciously.

次の