さだまさし 雨やどり。 さだまさし 雨やどり 歌詞

さだまさし 雨やどり

さだまさし 雨やどり

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

さだまさし

さだまさし 雨やどり

解説 [ ] 雨やどり [ ] 概説 [ ] 「雨やどり」はさだの代表作の1つ。 ソロ・デビュー後2枚目のシングルであり、自身初の1位獲得曲である。 雨宿りで出会った男性に恋をしてしまった女性の、彼との再会、家族への紹介およびいきなりのに至るストーリーをコミカルに唄った作品。 出身のさだらしく、最後はまるでのの様な終わり方になっている。 ソロ・デビュー後初の東京公演である1977年、でのコンサートで、「昨日こんな変な歌作っちゃって」と披露したところ聴衆から好評を博したため、急遽シングル発表が決定された。 レコーディングは、()のコンサートのライブ収録であり、一部編集が加えられたものである。 そのためこの録音には聴衆の笑い声が入っている。 当時ライブ録音のシングルのヒットは大変珍しいことであった。 なおさだはこの後も「」「」「建具屋カトーの決心 - 儂がジジイになった頃 - 」「」などライブ録音のシングル盤を発表している。 詩の女性のモデルはさだの妹のであり、「雨やどり」はその後の「」「」などへ続く妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものである。 シングル売上は83万枚を記録した。 さだにとってはソロになって初のヒットであるが、同時に本作品によって「軟弱である」、「こういう歌を歌う男がいて、こういう歌を喜ぶ女がいるから、女性は解放されない」、「のあらわれである」といった批判も受けた。 さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。 ワン・コーラスのメロディが"A-A-B-A"という構成ので書かれている。 連続して聴くと同じメロディが繰り返されているように聞こえるが、実際は2コーラスのみで構成されている。 余談 [ ]• は刑務所でこの曲を聴いて更生を決意したと語っている。 がアマチュア時代(中学生)にしており、当時のライブ音源を収録したアルバム「」に収められている。 さだにとっては同郷の後輩に当たるは、この歌が好きでよくで歌うのだが、歌うとなぜか泣いてしまう、と語っている。 2015年の福山のアルバム『』には、カバー版が収録されている。 前述のように最後がオチのようになっているため、フル・コーラス聴かないと意味が分からない。 かつての『』でがこの曲を紹介したが時間の都合で途中までしか流せなかった。 そのため聴取者から「続きが聴きたい」という声が多く寄られ、後の放送でフル・コーラスをかけ直している。 「雨やどり」は妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものではあるが、実際のさだの妹・はこの曲の発表から40年以上経った今でも独身である。 は、高校時代にこの曲を聴いてになることを目指した。 続編・パロディ [ ] もうひとつの雨やどり 「雨やどり」に続くシングル盤、「」のB面曲としてリリース。 その後アルバム『』に収録された。 出だしは同じだが、途中から歌詩が変わり、本作は、自分に自信のない女性が男性から想いを寄せられることに対する不安を含んだ気持ちを語る内容になっている。 アルバム『風見鶏』の解説でさだは「『雨やどり』がお笑いに染まって本質が見えなくなっていく現状に、ながらも答えを出してしまった」と述べている。 雨どりや 『』には「休憩中の余興」として「雨 どりや」という「雨やどり」の替え歌が収録されている。 こちらはオリジナルの「雨やどり」の詩のギャグをさらに強めたもの。 雨昴(あますばる) にとさだが行ったジョイント・コンサートを行った際に発表したである。 「」と「雨やどり」をつなげ、お互いのの少なさを笑いにした作品。 ライブ・アルバム『』に収録。 アルバム『』の収録曲「虫くだしのララバイ」には「雨やどり」の歌い出しの旋律がパロディ的に引用されている。 「」は本作の続編と呼べるものであり、また「」や時代の「」(この曲の方が作られたのは先だが)は彼氏・夫の視点から、「」やのアルバム『』収録の「涙のストロガノフ或いはご来訪」は兄の視点から語った内容になっている。 絵はがき坂 [ ] 活水女子大学前のオランダ坂 ソロ・デビューアルバム『』からのシングル・カットである。 歌詩中に 活水の名前( 活水学院のことで、この曲の発表当時は、現在は。 玲子の母校でもある)が登場し、実際にこの活水女子大に隣接してがあるので、さだの出身地を歌ったものと考えられる。 しかし、長崎市に「絵はがき坂」という坂はなく、架空の舞台設定である。 この歌がリリースされてから実際に長崎市で「絵はがき坂」を探す人もいたという。 また、さだの学生時代の友人から届いたが、にあるのの写真であり、写真の裏に書かれていたな文章に接し、絵はがきのナンセンス性について深く考えたことと、観光都市長崎の代表的な『絵はがき』の被写体であるオランダ坂とをイメージしたものであると、後年さだ本人がライナーノートで語っている。 収録曲 [ ] SIDE 1 [ ] 「雨やどり」(作詩 ・作曲:さだまさし、編曲:) SIDE 2 [ ] 「絵はがき坂」(作詩・作曲:さだまさし、編曲:渡辺俊幸) アルバム『帰去来』収録曲 脚注 [ ].

次の

「雨やどり / さだまさし」の楽譜一覧

さだまさし 雨やどり

第3位. 「Birthday」 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 発売日:1997年6月21日 タイアップ:NHK「鶴瓶の家族に乾杯」主題歌 NHK番組「鶴瓶の家族に乾杯」のテーマソングとして有名な曲です。 そのイメージが定着してしまって、この曲を聴くと何故かほっこりしてしまいます。 手紙や近況報告の便りなどで、人の優しさや感謝の気持ちで心が満たされるという人間味溢れる温かい内容の曲です。 補足ですがこの番組、もともと「さだ&鶴瓶のぶっつけ本番ふたり旅」というさだまさしがメインの番組だったそうです。 後にスケジュールの都合などの問題で鶴瓶がメインの番組になったそうです。 第2位. 「案山子」 第1位. 「療養所(サナトリウム)」 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 発売日:1979年4月10日 収録アルバム:夢供養 今までご紹介したさだまさしの名曲の中ではチョット馴染みの薄い曲かも知れません。 個人的にこの曲を始めて聴いたのは小学生だったような気が。 その時もこんな小説のような歌詞の歌があるのかという衝撃がありました。 年を経て今聴いてもあの時の感じが思い出され、色褪せない名曲だと痛感させられました。 いや、我が身が老いていくにつれ、違った意味での感じが加味され、共感が増したようでもあり。 あの当時さだまさしは27歳だったそうで。 よくその若さでこの歌詞が書けたなとひたすら感服してしまいます。 人生模様が凝縮されたさだまさしワールドの傑作です。 ランキングまとめ それでは、さだまさしのおすすめ名曲ランキングトップ10の結果です! 01位. 療養所(サナトリウム) 02位. 案山子 03位. Birthday 04位. 道化師のソネット 05位. 無縁坂 06位. 天までとどけ 07位. 秋桜 08位. 関白宣言 09位. 北の国から~遥かなる大地より~ 10位. 風に立つライオン その実績、名声ともに唯一無二の存在のさだまさし。 もはや国民的アーティストであるのは間違いなく。 誰からも愛されるその楽曲の数々は、美しいメロディーもさることながら、真摯に人生と向き合い、導き出された飾ることのない言葉の数々に彩られて普遍的な存在感を放っています。 まさに時代を超えて歌い継がれるであろう名曲の数々。 さだワールドに触れることで少し優しい気分になれることは、ある意味、それはひとときだとしても、幸福な時間を過ごせている証かも知れません。

次の