最後 の 優し さ 歌詞。 改めて聴くとやばい!JUJUの『やさしさで溢れるように』が最高

最後の優しさ

最後 の 優し さ 歌詞

画像引用元 『フルーツバスケット』は1998年から2006年まで「花とゆめ」に掲載された高屋奈月の少女漫画作品です。 異性に抱きつかれると十二支の動物に変身してしまう呪いを隠して暮らす草摩家の若者達と、その分家に居候することになった主人公・本田透の交流を描く感動ストーリーとなっています。 累計発行部数は3000万部を突破しており、最も売れている少女漫画としてギネス認定された大人気作です。 タイトルは、椅子取りゲームのフルーツバスケットに由来しているといわれています。 この遊びでは椅子を円形に並べ、参加者全員にフルーツ名を割り振り、鬼が呼んだフルーツと鬼が席移動して椅子取り。 座れなかった人が新たな鬼になり、それを繰り返す遊びです。 この作品の主人公・本田透は幼い頃にイジメにあい、フルーツバスケットでひとりだけ「おにぎり」が割り当てられ、最後まで呼ばれませんでした。 いじめられていた透や、一族で一番忌み嫌われる「猫の物の怪」憑きの草摩夾など周囲からはじき出された存在、草摩一族の十二支の呪いが連綿と続いていく姿を「フルーツバスケット」というゲームに見立てているようです。 その苦しさに胸が張り裂けそうになり、主人公・透の相手に寄り添う温かい言葉とキャラクター達の前進する姿に涙があふれると話題になりました。 それから18年が経った2019年4月に再TVアニメ化。 原作の最終回まで全編アニメ化が決定したのです。 原作者の「スタッフ、キャスト全て一新し、前作へのリスペクトを忘れず、一人でも多くの人に新たな思い入れを抱いてもらえる作品を作ってほしい」という想いを形にしています。 初めて見る人も楽しむことができ、原作、前作アニメファンも映像化されていないシーンが楽しみな期待の新シリーズなのです。 切なさと感動、癒しが絶妙!心に響くストーリー 画像引用元 幼くして父を亡くし、高校生の時に母を失った透は、山でテントで一人暮らしをしていました。 ある日、透は通学中に屋敷を発見。 軒下にあった十二支の置物に見入っていると、屋敷の主人・草摩紫呉とクラスで一目置かれる草摩由希と出会います。 なんと透がテントを張っていたのは由緒正しい草摩家の敷地内。 見つかってしまい、ふたりに居住許可を求める透ですがテントが土砂崩れに巻き込まれてしまいます。 家事が下手な紫呉は、これを機に家事が得意な透を居候させることにしたのです。 しかし、草摩家には誰にも言ってはいけない秘密がありました。 草摩家は数百年前から十二支と同じ物の怪に取り憑かれ、体が弱ったり、異性に触れられたりすると十二支と猫の姿になってしまうのです。 この体質は、恋をしても相手に触れることも抱擁されることも許されず、親や友人から虐げられるなど、呪いは彼らの生活に支障をきたしていた。 最悪の場合、見られた相手の記憶を操作し、一緒にいた思い出を消去しないといけないのです。 登場人物達が抱える苦悩には共感できるものが多く、彼らを包み込む透の温かさに癒されることでしょう。 大人になって見ると大人キャラクターの苦悩に頷けるようになったり、昔の自分をを思い起こしたり、時代が変わっても胸に響くものがあります。 心に刻まれた悲しみや苦しみを乗り越えていく登場人物たちそれぞれのドラマにしっかりと深みがあって、共感や涙なしには見られません。 あなたの心に刺さる名シーン、名台詞にきっと出会えますよ。 胸がしめつけられ、優しさと感動で胸がいっぱいになるストーリー展開は必見です。 魅力的なキャラクターと豪華キャストに注目 画像引用元 リメイクされた『フルーツバスケット』も前作アニメに引けを取らない魅力的な声優陣が集まっています。 人を信じ、誰よりも優しく純粋な主人公・本田透役は『多田君は恋をしない』のヒロイン、テレサ・ワーグナーを演じた石見舞菜香。 キュートで純情、透明感のある彼女の声は、透のイメージにぴったり。 持ち前の温和で人に寄り添う性格、丁寧な口調、時におっちょこちょいで放っておけないところが男性女性問わず愛される魅力があります。 ねずみ憑きで容姿端麗・成績優秀、ファンクラブまで作られるクラスの人気者・草摩由希役は島崎信長。 王子様ボイスが由希らしく品が良く、時に魅せる男らしい強さがとてもかっこいいです。 そんな彼とぶつかる猫憑きで喧嘩っ早い草摩夾を内田雄馬が演じています。 他にも人気実力派声優が多数出演中。 〈戌〉気ままな小説家・草摩紫呉:中村悠一 〈亥〉夾に片想い・草摩楽羅:釘宮理恵 〈卯〉ドイツ人ハーフ・草摩紅葉:藩めぐみ 〈巳〉由希を溺愛する兄・草摩綾女:櫻井孝宏 〈寅〉控えめな美少女・草摩杞紗:上田 麗奈 〈丑〉怒らすと危険な高校生・草摩潑春:古川慎 〈辰〉一族の主治医・草摩はとり:興津和幸 〈未〉口が達者な最年少・草摩燈路:大地 葉 〈申〉気遣い空回る女装男子・草摩利津:河西 健吾 〈午〉潑春を愛する妖艶な美少女・草摩依鈴:豊崎 愛生 草摩一族当主・草摩 慊人:坂本真綾 夾の育ての親にして師匠・草摩 藉真:森川智之 元ヤンで透の親友・魚谷 ありさ:種﨑敦美 透の親友で人の思念を読み、電波を送れる花島 咲:佐藤聡美 たくましくて優しい透の母・本田今日子: 沢城 みゆき 前作で草摩夾を演じた関智一もTwitterで「安心して託せるキャスト」と呟いており、期待しているファンも多いのではないでしょうか。 さらに2期からは由希が生徒会長を務める生徒会メンバーとして、真鍋翔(CV. 江口拓也)と倉伎真知(CV. 加隅亜衣)が登場し、コミカルなシーンを盛り上げてくれることでしょう。 彼らと接するなかで見せる今まで見たことのない由希の表情にも注目してご覧ください。 忌み嫌われる「猫憑き」であっても優しく寄り添う透に惹かれる夾、透との出会いに救われ彼女を愛しく想う由希。 ふたりの透への秘めた恋心に胸がときめいたり、ぎゅっと締め付けられたり、ようやく動き出すラブストーリーを見守らないわけにはいられません。 また、草摩家の人々の恋路はどれも胸キュン展開があって、後半戦のシリアス展開に花を添えてくれることでしょう。 ピュアで切なく、温かい彼らの恋と、その障害となる草摩家の呪縛。 夾の抱える辛い気持ちと過去の重さに胸を締め付けられながらも、由希の強さや透の純真なひたむきさに感動する2nd season。 十二支の呪いの正体とは?数百年の呪いを透達は解くことができるのか? 葛藤しながらそれぞれの幸せを掴むため立ち上がる透達から目が離せませんよ。 温かさと癒し、感動を与える1期前半OP「Again」 1期前半オープニングテーマ『Again』を歌うのは、Beverly。 『仮面ライダービルド』の主題歌『Be The One』やアニメ『FAIRLY TALE』ファイナルシーズンのエンディングテーマ『Endless Harmony feat. LOREN』などで知られる女性シンガーです。 作詞は坂田麻美、作曲はXYZが担当しています。 『Again』は、ピアノの繊細な音色とBevarlyの美しいハイトーンボイスが胸に染み渡る温かいバラード。 ピアノが奏でるメロディーはどこか切なさを感じさせますがBeverlyの温かい歌声が包み込んでくれて、希望を感じられるでしょう。 オープニングアニメでは、草摩一族ひとりひとりがもう一度会いたい大切な人を想い、遠くを見つめる眼差しをゆっくりと描写。 特に「どんな時も近くで 生きる意味をくれたね」で、幼い透に寄り添い「疑うなんて誰にでもできる簡単なことだし、透は信じてあげられる子になりな。 それは誰かの力になる」と教えてくれた母・今日子の満面の笑顔、サビの「君さえいれば強くなれたよ my heart」の箇所で透が振り返り満面の笑顔を夾と由希に見せる場面に、心を揺さぶられます。 母・今日子がありのままの透を認める優しさ、その優しさを胸に草摩家の人達に優しく接する透がとても温かく、作品の魅力が伝わるアニメーションとなっています。 アニメ1st seasonや原作を読んでこの曲を聴くと涙を流す人がいるほど、切なくて温かい作品の世界観に合っていますね。 心に残るオープニングアニメと癒やしをくれるボーカルをじっくり堪能してみてください。 彼女を一途に思う温かいラブソング「Lucky Ending」 1st season後半オープニングテーマ『Chime』を歌うのは、大塚愛。 売上70万枚を記録したヒット曲『さくらんぼ』で知られるシンガーソングライターです。 この楽曲は、アニメ『フルーツバスケット』のために書き下ろした楽曲で、爽やかポップなアップチューンとなっています。 ひたむきで前向きで愛らしい主人公が活躍する少女漫画「フルバ」らしいポジティブな歌詞と、見ていてワクワクしてくるアニメ映像に元気をもらえることでしょう。 歌い出しの「昨日までの悲しいこと 今日からの不安なこと 明日からの秘密なこと いつまでも一緒にいたいこと」からも、呪いを背負う夾や由希が透と過ごしていたい気持ちとリンクしていて、心をぐっと掴まれます。 雨が降っていたとしても後に晴れて希望が訪れる、そんな希望を予感させる歌詞とメロディーが耳に心地良いです。 紅葉・はとり・夾など草摩一族の呪いに苦悩する切ないエピソードが描かれる1st seasonの後半を将来の希望に繋げてくれる、爽やかなオープニングテーマです。 1期一番の名シーンを彩る涙腺崩壊ED「One Step Closer」 1st season後半エンディングテーマ『One Step Closer』を歌うのは、日米ハーフ4人組ボーイズグループINTERSECTION。 この楽曲は、INTERSECTIONのソングライターとして活躍中の青山ウィリアムが、原作を読み込んで書き下ろしたバラードとなっています。 温かく胸に染み渡る歌声、ピアノが奏でる穏やかなメロディー、サビでのエモーショナルな歌い方に胸を打たれるでしょう。 特にアニメ1st season24話では、本来の猫の物の怪姿に変貌してしまった夾に透がまっすぐ向き合い、語りかける感動的なシーンに使われていました。 どんな姿になったとしてもありのままの夾を受け止め優しく包み込む透、彼女の温かさに触れて初めて透の名前を呼び、彼女を守ると決意する夾、ふたりの想いに胸がいっぱいになり、温かく包み込む歌声に自然と涙がこぼれます。 ありのままの自分を受け止めてくれるような温もりにあふれたエンディングテーマです。 2期OPは、ありのままを受け止める優しさ満載 2nd seasonオープニングテーマ『プリズム』を歌うのは、AmPm feat. みゆな。 AmPmは、『Best Part OfUs』でデビューし、世界各地にリスナーがいる日本人覆面ユニット。 みゆなは、アニメ『ブラッククローバー』の第5クールオープニングテーマ『ガムシャラ』とエンディングテーマ『天上天下』を担当している女子高生シンガーソングライターです。 『プリズム』は、透明感のある優しいメロディー、一言一言胸に響くボーカルが心地いい楽曲。 しっとりとした美しい歌声と、ありのままの自分を包み込んでくれる温かい歌詞に癒されます。 特に「一人で雨に打たれないで 僕が傘を差し出すから」のフレーズが透が草摩家の人々に寄り添う温かい世界観に合っていて、素晴らしいです。 アニメ映像は、「僕の瞳にそっと夢を見せてくれたんだ」のところで夾と由希が無垢な笑みを浮かべた透を思う姿が描かれていて、ふたりの透への気持ちに心が動かされます。 草摩家が前を向いて歩き出すシーンも、干支が背景や水面に映った姿でさりげなく描かれていて、彼らの呪いに立ち向かう決意が感じ取れますね。 そして新キャラクターの依鈴や紅野が動く姿に、いよいよアニメ化されていないエピソードへの期待に胸がいっぱいです。 十二支の呪いに立ち向かう草摩家と、彼らに寄り添う透の優しさが感じ取れる、優しくて温かい主題歌です。 前作オマージュと温もり溢れる歌詞に泣ける2期ED エンディングテーマ『ad meliora』を歌うのは、THE CHARM PARK。 韓国系アメリカ人で、ロックバンド「Hemenway」のギタリストだったCharmが歌っています。 『ad meliora』は、日本の音楽が好きな彼が『フルーツバスケット』を読んで作詞・作曲した楽曲。 優しいアコースティックギターの音色と心地良い歌声が耳に残り、心がほっとする楽曲に仕上がっています。 「人を信じる」「大切な人を守りたい」という透や夾・由希達の優しさが歌詞と包み込むような歌声から伝わってきて、心が洗われますよ。 一番注目すべきところは、ラストの温かいコーラス。 2001年版『フルーツバスケット』の主題歌『Forフルーツバスケット』の歌いだしと同じメロディーが使われていて、曲が持つ温かさに懐かしさが加わり、心地よい余韻に浸れます。 エンディングアニメ映像も、キャラクターと十二支をあしらった切り絵風のシルエットが幻想的で美しいです。 ラストの神様と十二支、猫が円になって宴をしているシルエットからも幸せそうな雰囲気が漂い、最後まで温かい気持ちでいっぱいに。 優しい気持ちに包まれる最高のエンディングテーマです。 登場人物の切なく美しい恋模様、幼少期の透を助けてくれた帽子の少年の正体、にぎやかで楽しい生徒会メンバー達のコメディシーンなど見どころ満載で一度見始めたら最後まで見たくなること間違いなし。 アニメ1期は、Paraviやテレビ東京アニメアプリ『あにてれ』で好評配信中。 原作漫画も白泉社の公式マンガアプリ『マンガPark』で全話公開されており、無料配布されるポイントを使って読むことができますよ。 2nd seasonで明らかになる伏線がたくさんあるので、まだ『フルーツバスケット』を見たことがない方は、この機会に感動に溢れたアニメと原作に触れてみてください。 再アニメ化を経て、人気も盛り上がりも上昇中の『フルーツバスケット』。 あなたも、一度見始めたら止まらない『フルーツバスケット』の世界に触れてみてはいかがでしょうか。 最新情報はこちらから TEXT Asakura Mika.

次の

2009年12月: 仮貸し歌詞倉庫

最後 の 優し さ 歌詞

まずこの部分の歌詞の主語が誰なのか? を知らないとこの歌詞を理解できませよね。 今も昔も、女性の気持ちを歌っているという人が圧倒的に多いです。 でも男性の気持ちだと主張する人も少数ですがいました。 やっぱり女性の気持ちなのかな? と一般的には思われていたようです。 これを作詞した喜多條忠さんが20年後にこの歌詞を作った経緯を発表するまでは… 20年後「あなたのやさしさが怖かった」は何と! 実は男性の気持を歌ったものだと、作詞をした喜多條忠さんが発表したのでした。 最後の「あなた」は女性を指すというのです。 女性の気持を歌う歌は、この2行の主語が男性に転換する。 ということでした。 最初から「冷たいねって 言ったのよ」までは女性の気持ちを歌い、最後の2行「若かったあの頃何も怖くなかった」と「ただあなたのやさしさが怖かった」だけが男性の気持ちを歌っているというわけです。 なので実際は男性が女性の優しさが怖かったと思ったわけです。 この喜多條忠さんの発表以来、この曲の歌詞の解釈は一変しました。 なので男性の優しさが怖いと女性が思った、という解釈は成り立たなくなります。 ここからは自分なりの解釈も入りますが… 作詞をした喜多條忠さんは、大学時代、高田馬場にある神田川沿いの木造の三畳一間の建物に同級生の彼女と下宿していたそうです。 その時の情景を歌にしたのがこの「神田川」だったのです。 2番の歌詞に「三畳一間の小さな下宿」とあるのは、まさに実体験だったわけですね。 当時は学生運動が盛んな時代でした。 男性はデモから帰った下宿で、彼女が夕食を作っているのを見ます。 とても貧しい生活ですが、彼女との同棲生活はとても幸せでした。 卒業したら彼女と結婚して、普通に生活していきたい。 でも世の中の今の体制は許せない。 学生運動だって大切なもの。 運動に参加するということは、逮捕されたりして、将来の安泰を保証されない可能性もある… このまま彼女と一緒に生活して、彼女の作ってくれた料理を食べ、一緒に銭湯に行きたい! ずっと彼女の優しさに触れていたい! でもそれじゃ、社会は変わらない… 『幸せな日々の継続と社会の変革』どちらが大切なのか? 両立できれば一番いいのだけど… そういった男性の惑いを表現したのが「ただ、あなたのやさしさが怖かった」という最後の1文なのだと思います。 当時の時代背景や学生の生き方を知らないと、なかなか理解できないことだと思います。 それほど社会を変えるということに、当時の学生は人生を賭けていたということなのでしょうね。 ということで、この部分をわかりやすく言い換えるならば、「学生運動を続けていくことによって、貴女のやさしさに触れることができなくならないかが不安で怖かった」ということになるのだと思っています。

次の

JAY'ED 最後の優しさ 歌詞

最後 の 優し さ 歌詞

優しさが本当に溢れる名曲 日本を代表するアーティストの一人でもあるJUJU。 ニューヨークで音楽活動の経験があり、それを存分に活かして、現在日本で大活躍されています。 そんなJUJUの9枚目のシングル『やさしさで溢れるように』について、今回はお話したいと思います! 様々なアーティストがカバー 『やさしさで溢れるように』はJUJUのオリジナル曲ですが、実は色んなアーティストにカバーされています。 最近はFlowerがカバーし、映画の主題歌に起用されていることで話題を集めていますね。 そのほかにも徳永英明、華原朋美、川畑要など、ビックなアーティストの方々が続々とカバーしています。 また、歌謡特番などで様々なアーティストとJUJUがこの曲でコラボしていることも、ご存知の方は多いと思います。 ファンでなくても知っている有名な曲の1つではありますが、なぜこんなにもアーティストの中で注目されている曲なのか。 この曲の作詞は、小倉しんこうです。 恋愛に関する歌詞を書かれることが多い印象です。 出会えただけでも幸せ。 片想い中、気持ちが高ぶった時に感じるそんな感情を、素直な言葉で表現されています。 そのために自分自身も努力したい。 曲が盛り上がる2番のサビには、そんな歌詞が盛り込まれています。 最近のバラードソングは、失恋や切ない気持ちを表現されていることが多い気がします。 イントロのピアノの音を聞いた瞬間から温かい気持ちになります。 カバー曲は、そのアーティストごとに歌い方や伴奏も違いますので、いろんなアーティストのバージョンを聞いて見ることもオススメです! JUJUの『やさしさで溢れるように』ぜひ聴き直してみてください! TEXT Rei.

次の