さすらい 寺尾 聡。 出航SASURAI/寺尾聰 【cover】 karaoke ftp.yurope.com/Dunn

出航SASURAI/寺尾聰 【cover】 karaoke ftp.yurope.com/Dunn

さすらい 寺尾 聡

寺尾聰 あきら)元嫁・范文雀との結婚、離婚の真相は?「ルビーの指輪」ヒット秘話 寺尾聰の元嫁・女優の范文雀(故人)との結婚・離婚の真相は? 寺尾聰は、2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に德川家康役で出演したとき、ドラマの中でいつも右目を半開きにしていました。 そのため、「寺尾聰は右目が悪いのではないか?」とネット上でも話題を呼びましたが、実は全てが役作りの演出。 「僕の中での家康は裏表のある曲者。 それを自分で常に意識するために裏の顔の象徴として右目を少し閉じて何か企んでいるように見せるようにしました」と語っています。 良き父親のイメージの強い寺尾聰ですが、今の妻と結婚する前、26歳の時に女優の范文雀と結婚・離婚しています。 元嫁・范文雀との結婚生活は一年と短いものでしたが、その結婚の前に何と!ジュディ・オングと交際していたという事実も発覚しています。 寺尾聰がジュディ・オングに「結婚後は家庭に入って欲しい」と強く望んだことが破局の原因だったそうですが、奇しくもその後結婚相手に選んだのが同じ台湾出身の范文雀!こちらの離婚の原因も元嫁・范文雀が家庭よりも仕事を選んだからかも知れませんね。 寺尾聰は日本レコード大賞歌手だった!大賞曲「ルビーの指輪」の知られざるヒット秘話とは? 寺尾聰は、日本アカデミー賞の最優秀男優賞を二度受賞し、実力俳優として誰もが認めるところですが、大ヒット曲『ルビーの指輪』で、歌謡界の記録を次々と塗り替えた日本を代表するシンガーソングライターでもあります。 今の寺尾聰からは想像できませんが、高校時代はエレキギターに心酔し、バンド活動が度を越して、停学や退学を繰り返す問題児だったのだとか。 その時に培った抜群の音楽センスが生かされて、1981年第23回日本レコード大賞を受賞した寺尾聰の『ルビーの指輪』ですが、その時代ならではの独特な制作で誕生しました。 まずは、ラジカセに思いついたメロディを片っ端から吹き込み、それを流しながら、ギターを弾いて音を拾っていきます。 歌詞ができて、ボーカルとギターが合ったところで、缶を叩きながらリズムを入れて曲を仕上げたのだとか。 当時、曲のヒットに端を発して、全国でルビーの指輪がバカ売れ!宝石店からルビーの指輪が姿を消してしまったという仰天エピソードもありました。 寺尾聰の父、宇野重吉は劇団民芸創設者!現在の嫁・息子や娘は? 寺尾聰の父親である宇野重吉は劇団民芸創設者!親子で紫綬褒賞受賞! 寺尾聰の父親は、俳優座・文化座と並んで日本を代表する劇団『劇団民藝』の創立者である宇野重吉です。 1981年には長年に渡る演劇界への貢献から紫綬褒賞を受賞している宇野重吉。 そんな偉大な父を持つ寺尾聰は、俳優として活動を始めた頃に、周囲から「あの宇野重吉の息子か」という目で見られていました。 よくある偉大な父を持った二世タレント的な見方をされたのだと思いますが、寺尾聰は「自分が道を踏み外さなかったのは、オヤジのおかげ」と後に語ったように、宇野重吉に対して反発するどころか相当のリスペクトがあったようです。 寺尾聰は、物静かなイメージとは裏腹に、今でも会った人が誰もが感じる「やんちゃな思考」の持ち主で、高校時代は警察のお世話になったことも。 そんな時でも、宇野重吉は何も言わずに寺尾聰のことを見守り、当時不良の代名詞だったエレキバンド活動にも全く反対しなかったそうです。 「周囲からどう見られようが、自分を信じてまっすぐに進め!」。 寺尾聰は、父から託されたこの言葉通り、周囲の意見に惑わされることなく我が道を極め、2008年には紫綬褒賞を受賞!宇野重吉・寺尾聰親子二代での栄えある受賞となりました。 寺尾聰の現在の嫁・息子や娘は? 寺尾聰の現在の嫁は、1979年に資生堂のCM『微笑みの法則』に出演した元モデルの星野真弓です。 ドラマ『西部警察』で共演したことがきっかけだったようですが、知り合った当時は19歳ぐらいでしたから、寺尾聰とは一回り以上年齢差があったのではないでしょうか。 寺尾聰は『ルビーの指輪』が大ヒットした後、ファンに対する感謝ツアーを全国で行った際に、コンサートチケットの件でマスコミとトラブルがあり、不信感があるのか、自らの私生活について余り公表していません。 子供に関して、息子に関する発言はしたことのない寺尾聰ですが、三年前に出演したNHKのスペシャルドラマ『永遠の泉』の会見で「杏ちゃんはウチの娘とよく似ているんだ」とコメントしたことから、寺尾聰には、女優の鈴木杏さん似の娘さんがいるようです。 寺尾聰の俳優としての神髄は父・宇野重吉から遺された「自分の生き様に対する責任感」だった! 寺尾聰について、タレントでサックス奏者の武田真治が、上沼恵美子が司会を務める人気バラエティ番組『快傑えみちゃんねる「度肝を抜かれた芸能人」』というコーナーで、次のような内容の話をしていました。 武田真治が寺尾聰とドラマで共演した折に「武田くん、演出家と反りが合わなかったら自分の考えを曲げる必要はないんだよ。 本当に自分らしく生きていたら、その生き様に共感してくれる演出家に必ず出会えるから」とアドバイスしてくれたそうなのですが、それがよりによってドラマの演出家との顔合わせの日!演出家を目の前にした余りに露骨な発言に、武田真治はどう答えてよいのか分からず困惑してしまったのだとか。 一見穏やかな雰囲気の寺尾聰ですが、心に秘めたる情熱は相当なものがあるようです。 それは「自分の生き様に対しての責任感」という言葉に置き換えることができるかも知れません。 一人息子だった寺尾聰は、若い頃からやんちゃを繰り返す相当な問題児でした。 しかし、父親の宇野重吉は「息子の信じた道ならば」と黙って見守り続けました。 親子の間には、語らずとも信頼という強い絆で結ばれていたのだと思います。 宇野重吉が遺したこの言葉こそが、今の寺尾聰の俳優としての神髄となっているのではないでしょうか!.

次の

出航 SASURAI/寺尾聰 歌ってみた

さすらい 寺尾 聡

目次:ここがポイント!• 1)寺尾聡って偉大な音楽家だった衝撃! この曲、寺尾聡さんの代表曲でもあったんですね。 寺尾聡さんといえば名脇役で俳優のイメージの方が強いですが、元々は80年代に『ルビーの指輪』で一躍脚光を浴び、作曲をしてベースを弾きながら歌うスタイルは当時、既に斬新だったんだと思います。 しかも『ルビーの指輪』の後に『シャドーシティー』がヒットし、続けて『SASURAI〜出航 さすらい〜』で3曲同時にベストテン入りしたという初の偉業を成し遂げた人だったんですね🤩 私はリアルタイムであまり知らないので、てっきり上記の順番でリリースされたのかと思いきや、実は『シャドーシティ』『さすらい』『ルビーの指輪』の順に発表されたんですね! しかも『シャドーシティ』は歌手デビュー4曲目の発表で、『ルビーの指輪』がヒットしたのがきっかけで前作2曲が後から浮上し連続ヒットとなったみたいです。 気になるデビュー曲はなんと、1970年に発表された『 ママに内緒の子守唄』という曲です。 いや〜何これー!? 実にほのぼのしていて、子育てソング的なやさしい歌!! 寺尾聡さんの事、掘り下げて調べてみると何も知らなかった自分に気づきました!! 私はてっきり歌でヒット後に俳優に転身したのかと思っていましたが、歌手になる前に既に俳優だったんですね。 今改めて3曲聞くとデビュー曲とは真逆の曲調で、どれも本当に大人の色気が漂っていて良い曲でした! 特に『シャドーシティー』のギターで始まるイントロ、マジでかっちょええ〜!!! しかも『ルルル〜』だけで一番を歌い切るって何??? 今聞いても古臭さよりも斬新だと思っちゃいます! しかも当時はタバコを吸いながら歌うという演出まであったんですねー! 今ではあり得ない・・・汗 シャドーシティだけでいっぱい語れちゃいそうです。 😅 ルルルル〜で始まる1番なのに、いきなり2番の歌詞入りから歌い始めて歌詞が帳尻会わなくなる生番組の動画も、本人がテンパっていて笑えます! 本人曰く、シャドーシティは一番好きな曲でもあるけど、歌うのが難しくて苦手な曲でもあると語っていました。 元々ベーシストなのに、ギターも上手な寺尾聡さん。 なんとボサノババージョンのシャドーシティもコンサートで披露していました! う〜ん、かっこいい!!! しかもこの歌、松田聖子もカバーして歌っていたんですよね。 聖子さん、自分の歌にはない大人の色気があってこの歌が大好きなんだそうです。 いやいや、やっぱり寺尾聡さん本人が歌うのが良いです!! なんかもっと寺尾聡の曲が無性に聞いてみたくなって、2枚組ベストアルバムまで買ってしまった・・・😂 歌だけでなく演技も本当に存在感と人間味があり、本当にセンス溢れるアーティストですね! 今から10年ほど前にセルフカバーしたアルバムも良かったです!! 今も昔も歌声が全く変わらない!!! 姿も変わらない!!!むしろ渋みが増して更にかっこええ〜! すごいなぁ〜と思います。 楽曲のアレンジは昔のオリジナルの方が尖ってて私は好きですけれど、今風のアレンジもなかなか豪華です。 このアルバムの中で最も印象的だったのが、やはりCMソングで再注目されている『さすらい』ですね〜! ストリングスが入って音の層が厚くなるのと同時に、いろんな世代の厚みを表現している様ですごく良かったです。 本当に本当に美しくて深い曲だと再確認しました。 涙出そうでした〜 良い歌は色褪せるどころか、月日と共に更に輝くんですね〜! スポンサーリンク 2)昭和の隠れた名曲『SASURAI〜出航 さすらい〜』を女子高生が歌い始める斬新さ 最初、このCMソングが流れてきた時、『何のコマーシャルだろう?』って思いました。 そう思ったから最後までつい見ちゃってました。 平松剛法律事務所のCM。 😝 普通、法律事務所のCMなんてあまり目に止まりませんが、このCMソングのおかげで注目してしまうという行動を視聴者がとるのですから、制作側の戦略は大成功だと思います!笑 しかも流れてくるのは寺尾聡の渋い歌声ではなく、何とも爽やかで飾り気のない女子高生の歌声ですから、その意外性にもっと振り返っちゃいます!! ある意味、衝撃的でした。 彼女がアカペラで歌い出したことによって、なんか歌が輝いたというか、歌に新たな命が吹き込まれたというか・・・ 彼女の後に続いて中高年の勤務中の人や夫婦が出てきて、最後に寺尾聡本人も出てきてという流れがとても自然で、肝炎訴訟の訴求も自然な形でアピールされていたと思います。 何のBGMもなく早口でまくし立てる過払金請求の司法事務所のCMとは大きな違いですね。 アプローチ方法が違うとこんなに事務所に対する印象も変わるのかと感心しました! 特に台詞はないのに、歌だけで何となくメッセージやストーリーが伝わるコマーシャルってすごいと思うんです!! そんなコマーシャルソングに選ばれた楽曲はもっと凄い!!! このCMを通して私なんかも寺尾聡さんの魅力を再確認しましたし、30秒で作り上げるコマーシャルの世界観に深く興味を惹かれました! これからも気になるCMを見つけたら、つぶやいていきますよー💪😊.

次の

ルビーの指環物語・後編〜3部作同時チャートイン、その伏線とビートルズをモデルにした常套手段|TAP the NEWS|TAP the POP

さすらい 寺尾 聡

当時33歳だった寺尾の歌手としての出世作であり、彼にとって最大の売上を記録した作品である。 リリース当初はさほど売れていなかった一曲の歌が、発売から1ヶ月程経った後から徐々に売上を伸ばしていき…わずか数ヶ月のうちに日本の歌謡史に残る大ヒットとなった。 いったいどんな経緯で楽曲が誕生したのか? 担当プロデューサーが仕掛けたプロモーション戦略とは? 「ルビーの指環」の大ヒットにより、前年に発売されていた3rdシングル「SHADOW CITY」、4thシングル「出航 SASURAI」も相乗効果でヒットするとう現象が起きた。 この異例とも言える短期での連続リリースは、実は当初から計画していた「ルビーの指環」を売るための伏線だったのだ。 武藤は当時を振り返ってこう語る。 「1980年という年は松田聖子がデビューして、後のアイドルブームに繋がる最初の頃でした。 日本のAORにあたる音楽、それが寺尾聡3部作のコンセプトでした。 」 「SHADOW CITY」でスタートしたYOKOHAMAタイヤとのタイアップCMも、シングル予定の3曲を年間通してシリーズで流れるということが決定する。 「ちょうどその頃、ヨコハマゴムでも大人向けのラジアルタイヤを売り出したかった。 そのコンセプトと僕達がやろうとしていた方向性が一致したので、このタイアップが実現したんです。 」 ところが1980年10月にリリースされた「出航 SASURAI」へと切り替わったCMソングが、急遽「SHADOW CITY」に戻されたのだ。 この時、一体なにが起こったのだろう? 「こちらの意向で元に戻してもらったんです。 そこでヨコハマゴムさんに連絡をとって、CMを戻してもらうようお願いをしました。 」 結果的に、この決断が一連の寺尾聡のムーブメントに拍車をかけるきっかけとなった。

次の