渋谷ハル ハジメ。 渋谷ハル (せかいさいきょうのこんびにてんいん)とは【ピクシブ百科事典】

渋谷ハル (せかいさいきょうのこんびにてんいん)とは【ピクシブ百科事典】

渋谷ハル ハジメ

概要 バーチャルライブアプリ『』の第一期生。 一期生の中では数少ない男性ライバーの一人(もう一人は)。 大学二年生。 性格はネガティブ。 よく家にひきこもっている。 人と直接話すのが苦手で、克服しようと思い配信を始めた。 アニメやゲームが好き。 グッズ集めも好き。 衣装は黒いフード付きジャージを着用。 グリーンのライン上の模様やパープル系のグラデーションのかかった裏地がオシャレ。 一方で、普段映されない下半身は、左足だけ裾を捲し上げていたり、うさぱんだ型のスリッパを履いていたりと、ズボラさも見て取れる。 性格は基本穏やかであり、取り乱すことは極めて少ない。 コラボ配信などでも、どちらかと言えば感情の起伏の激しい相手を宥めるブレーキ(ツッコミ)役として作用しやすい一方、振り回されることもしばしば。 また、ホラーゲームやドッキリ系の演出が大の苦手で、よく半泣きになってしまう。 メンバーの中でも技術面に精通しており、初期の頃は他のメンバーが配信中に画面の表示やゲームの起動などでトラブルになった際には助け舟を出しに現れることが多かった。 サブカルチャーにおいては『』シリーズをはじめ特撮系作品を愛好している。 その影響なのか、免許は普通自動車・大型二輪を取得しており、大学にもバイクで通っているとのこと。 他にも料理上手であったり、日常的に体を鍛え腹筋が割れているなど、多彩な趣味の持ち主でもある…引きこもりってなんだっけ? 出身はバーチャル関西(兵庫)であり、当初はキャラクターのイメージや気遣いから標準語を用いていたが、一度関西弁で配信を行ったところリスナーからの反響があり、以降は気兼ねなく関西弁を用いるようになった。 辛い物に対する耐性が異様に強く、予てより辛いと噂されていたをタバスコをかけた上で美味しく完食。 しかも、「結構スパイシーだね」と本当に普通に美味しい食べ物と同じ感覚で食していたことで「人間やめている」と評価されてしまう。 その後、2回目の『ペヤング 激辛MAX END』配信ではサドンデスソースをかけて完食RTAを実行。 結果、1分24秒で完食した。 え、なにかおかしなことでも? 主な配信内容 特にゲーム実況配信を中心に活動しており、特にアクション系・FPS作品をプレイしている。 時間帯は特に深夜が多く、深夜放送ではたまに妙なテンションで奇怪な言動に走ることも稀によくあるが、基本的には深夜にふさわしいゆったりとした放送を送っている。 主なエピソード 壺商人として• Youtube初配信にて海外ゲーム『(通称: 壺)』をプレイ。 多方面にて「バカゲー」「クソゲー」として語られる本作だが、ハジメはこの作品を大変愛着しており、以来、生放送の尺余りやホラゲーのショックから立ち直るための精神安定剤として頻繁に処方(?)している。 腕前もメキメキと上達しており、一周目こそ22時間を費やしたものの、続く二週目は6時間、三週目は2時間、四週目には 26分と、目覚ましい成長を遂げる。 それだけでは飽き足らず、他のにじさんじメンバーにも常々このゲームを勧めている。 ただし、彼が他メンバーに無理矢理買わせたということは一度もなく、本人も 「ストレスになる壺は良くない」という自戒の言葉を発している。 2018年6月13日の配信では『Getting Over It引退式』と題し、5時間以上かけて19回登頂するという荒行とも呼べるプレイを敢行。。 自己ベストも 9分59秒に更新した。 その後、50回登頂の特典である金壺の達成と共に、壺を引退(アンイストール)した。 …しかしその翌日、の配信に呼ばれ壺のレクチャーをすることとなった。 壺の呪縛からは逃れられないのか。 漢組として• にじさんじ一期生の数少ない男性ライバーとして、と二人で「にじさんじ漢組」を名乗り、これまでコラボ配信を2回行っている。 第一回コラボではアキくんちゃんと一緒に銭湯に行く約束をし、 登録者が減った。 第二回では二人で『Human:Fall Flat』の協力プレイを行い、尊み溢れる両者のやりとりにリスナー(ついでにコメントに混じっていたや)から好評を得た。 その他• ゲーム好きという趣味が高じてか、同期の静凛、のとの3名で「」というグループ名で度々PUBGのゲーム実況配信コラボをおこなっている(詳細は該当記事を参照)。 その他、外部のVTuberとも積極的に交流を深めており、同グループ内でも月ノ美兎や樋口楓、らと並び、非常にフットワークの軽い人物でもある。 ときにはゲリラ的にコラボ相手を公募し、結果を見出してしまったこともあった。 特に、何かと女性VTuberと縁がある 元々女性VTuberの人数が多いのもあるが ことから、女性だらけのコラボになった際は「ハジメくんハーレムシリーズ」とも通称されている。 このことで 大人版 からの嫉妬を被ることもしばしば。 ハーレムシリーズの注意点はそのようなイジりで相手の女性VTuberやそのVTuberのファンに迷惑をかける可能性がある事。 本人や白百合はともかく女性とコラボした際の放送中ではそのようなコメントは控えるようにしたい。 用語 渋谷オワリ ハジメのもう一つの人格。 ハジメとは正反対の性格で、粗暴で高圧的な性格…だったはずが、仲間思いでで面倒見がよく、常識人で苦労人というポジションになりつつある。 壺は苦手。 ある無料ゲームを「クソゲーじゃねぇか!」と言うなど、物事をハッキリ言う節もある。 しぶ丸 マスコットキャラクター。 愛着するうさぱんだスリッパと壺をモチーフに生み出されたキャラクター。 命名者は(ツイートでいくつか候補を考案し、その後フォロワーの投票で決定した)。 よく配信画面上に添えられている。 稀に喋る事もあるが、喋り方がかなりチャラい。 ハジキくん/ケジメくん/ヤーシブの兄貴…etc ハジメの通称。 主にPUBGプレイ中に極道キャラに転じた際などに使用される。 渋谷兄弟 バーチャルコンビニ店員のとの外部コラボした際の通称。 由来は言わずもがな、姓の「渋谷」繋がりから。 余談だが、ハジメには「ヒカリ」という名前の妹がいる。 渋谷ハジメ、、、、、、、からなる男性VTuberグループを結成した。 関連リンク• 関連タグ ・ 関連記事 親記事.

次の

渋谷ハジメくん「くじじゅうじは俺には関係ないから裏でコラボを被せてもいい」 [ニコニコあっぷる]

渋谷ハル ハジメ

渋谷ハジメ 基本. 配信歴• 性格は。 よくにひきこもっている。 人と直接話すのが苦手で、しようと思い配信を始めた。 やが好き。 集めも好き。 称は「メくん」「親友」「ヤージブ」「キの」等。 優しい口調でほのとした雰囲気が特徴。 ・が好き。 も好きで、特に好きなは系・系・・系。 に配信で行うは特に、 の頻度が高い。 ほかにも、、、、等々。 に限定開で を行う時もある。 やも好き。 たまにでを描いている。 一人暮らしでも行う。 がけっこう得意らしい。 …という温厚で面な印を抱く人物像だが、後に商人、などと呼ばれる事になるゲーへの熱意や、唐突に裏人格のオワリが顔を出して発言するなど時折り常人らしからぬ挙動が見え隠れする。 も得意で、欄でのは多い。 時々お歌配信も行っている。 のによりが着脱可になった。 たまに外して配信をしている。 もよく動くようになった(の取り外しは不可)。 見せる頻度は少ないが、のもある。 はラッド(対策のため)。 しかし室内のときは のである。 渋谷オワリ 渋谷ハジメの裏の人格、いわゆるもう一人のである。 高圧的で強気な性格…のはずだが想いで面倒見がよく、で苦労人というになりつつある。 にはしばしばツッコまれがち。 は苦手でが下手の模様。 甘い物好き。。 「 じゃねえか!」 しぶ丸 配信画面の隅っこにいる。 は自身が履いていると。 「しぶ丸」という名前はに募集をかけにて決定した。 を掛けているように見えるがである(複眼ではない)。 中心の線は模様である。 正式名称は「」。 の疑いがある。 ご人とは性格が逆でが多く、のは人。 (に生息)とはマブダチ。 (が抱えているの)とはを飲む間柄。 やとも交友があるらしい。 禁止のため、さんが苦手。 食は、好きな食べ物は。 渋谷ハジメと壺 初配信で「」ことのを行った。 それ以降、何かと渋谷ハジメはと密接な関係にある。 続く配信でも当然のようにを遊ぶ。 ある程度進んだ後、「のはここまでなので」と自らを始めてをさせる。 理由の「は地点に戻らなきゃダメでしょ」から底知れない狂気を感じさせる。 である様にもと称してを薦める。 「お絵かきをします」と題したのもが。 苦心の末にとうとうをに導き感するも、配信しながらのだったので開である山頂には入らず。 大多数のは配信を切って一人で見に行くものだと思っていた• めて報酬を見るために、配信を行わずに単独で二週のを始める。 「 は運要素がないなので操作性が悪いのではないのです。 あなたの修練が足りていないのです。 すれば、はうに動かせるようになります。 」ー第8回支部より抜• ポッシランのにの講習会をはじめ、懇切丁寧にの実演販売を行う。 の:一周間 二週間 三週間 四週26分• 他のがの配信を行っているとふらっと現れ、や助言をする姿が撃される。 に苦しむ系(=)のため、夕食も食べずに助言のためだけの放送をとったりする。 自分の中に他のの配信を慢できずに視聴。 解説を交えながらする。 「まだの手になってない」ので手を温めるために自する。 数日間のにより「の手」を失うも、自分の登頂にのであるちゃんの入りがかかっていることを知るやすら拾わない本気になって山頂をす。 「みんなの時間、分だけにください」「行けるよね、」「」「は楽きゃね!大事なことを忘れかけていた」など、のようなを残しつつ予告どおり分で登頂。 翌日はのを買った。 「」でになった精を癒やすためにを始める。 20回の登頂時間は18分だった。 にはの「i 」 というを引っ提げて登場。 さらなるの挑戦にを惑わさせた。 より難しいらしく、をめてゲーもする。 のかかったと、巧みな話術での勧誘に成功した(会話の絶妙な間はによるもの。 のトーンや言い回合わさった結果、あのような感じになった。 号ではがオススメの1つに挙げた。 でも抜の再生数は多い。 によって画面は化、まで作られた。 、の化に伴い『』を開いた。 ケは上に書き込まれた 「になってしてはどうか」という提案。 間かけて19回も登頂し、みごとになった。 自己も(09分46)。 配信後はした。 しかし翌日、の。 渋谷ハジメとは切っても切れない縁があるようだ。 の、そこには再びにじるメの姿が。 実に日ぶり。 これからも的にしていくのかどうかは不明。 といった経緯を持ち、多くのがと認識したを純に楽しんでいるである。 なお、やゃゃの人など以外のも遊んでいるのでその点は安心して視聴してほしい。 あっぱじめ(との名)で外のとのを一番乗りで実現したりと、精的に活動している。 なお、に続く系として「Ie 」 通称ポッシラン、走る方の を発掘。 周囲の達に新たな挑戦が広まりつつある。 その他のエピソード• 組としてであるくんちゃんと一緒にに行った結果、登録者が減った。 、新しいでのを初披露。 まであと数人という緊迫した局面をしながらの登録者数10,000人という節を迎えた。 勝負のはを参照。 で祝われながら、1万人達成が最初の標の1つだったとっている。 泣きである。 に行われたくんとのでは、 (通称:ゃゃの人)を。 の高い尊みのあるは必見。 実質とまで言われた。 欄には他も現れ、は「くん」と化し、様は微笑ましいに感嘆のを寄せた。 のに行われた「」に一のとして、急遽参加(いわながに済み)。 名近くの騒ぎを とともに取りまとめた。 後すぐにを設け、奮冷めやらぬ感動をった(もう寝ろ)。 に行われたの配信で謀反マンになった。 「 ーーーーー!!!!」メ「 ー!!!」「さいこーーーー!!もも呼ぼうでぅぅ」• の配信で、念願の。 から「 つなげようお客様の輪」というを開始。 毎週~:の定期配信で、の1名を呼んでやを行う。 次週のは今週のによって決定する。 これまでにやといったお染みのメンツのほか、やといった初共演となるしいが選出されることもある。 - rrv• 関連項目• (2期生。 一緒に大ガクを開校)• (&繋がり。 「だしやがって!」)• 三傑(ととの3人組の名称)•

次の

【渋谷ハル】所属はどこ?設定と収入も調査!渋谷ハジメとの関係は?Apecのランク上げ方法と世界大会への道も動画でチェック

渋谷ハル ハジメ

概要 バーチャルライブアプリ『』の第一期生。 一期生の中では数少ない男性ライバーの一人(もう一人は)。 大学二年生。 性格はネガティブ。 よく家にひきこもっている。 人と直接話すのが苦手で、克服しようと思い配信を始めた。 アニメやゲームが好き。 グッズ集めも好き。 衣装は黒いフード付きジャージを着用。 グリーンのライン上の模様やパープル系のグラデーションのかかった裏地がオシャレ。 一方で、普段映されない下半身は、左足だけ裾を捲し上げていたり、うさぱんだ型のスリッパを履いていたりと、ズボラさも見て取れる。 性格は基本穏やかであり、取り乱すことは極めて少ない。 コラボ配信などでも、どちらかと言えば感情の起伏の激しい相手を宥めるブレーキ(ツッコミ)役として作用しやすい一方、振り回されることもしばしば。 また、ホラーゲームやドッキリ系の演出が大の苦手で、よく半泣きになってしまう。 メンバーの中でも技術面に精通しており、初期の頃は他のメンバーが配信中に画面の表示やゲームの起動などでトラブルになった際には助け舟を出しに現れることが多かった。 サブカルチャーにおいては『』シリーズをはじめ特撮系作品を愛好している。 その影響なのか、免許は普通自動車・大型二輪を取得しており、大学にもバイクで通っているとのこと。 他にも料理上手であったり、日常的に体を鍛え腹筋が割れているなど、多彩な趣味の持ち主でもある…引きこもりってなんだっけ? 出身はバーチャル関西(兵庫)であり、当初はキャラクターのイメージや気遣いから標準語を用いていたが、一度関西弁で配信を行ったところリスナーからの反響があり、以降は気兼ねなく関西弁を用いるようになった。 辛い物に対する耐性が異様に強く、予てより辛いと噂されていたをタバスコをかけた上で美味しく完食。 しかも、「結構スパイシーだね」と本当に普通に美味しい食べ物と同じ感覚で食していたことで「人間やめている」と評価されてしまう。 その後、2回目の『ペヤング 激辛MAX END』配信ではサドンデスソースをかけて完食RTAを実行。 結果、1分24秒で完食した。 え、なにかおかしなことでも? 主な配信内容 特にゲーム実況配信を中心に活動しており、特にアクション系・FPS作品をプレイしている。 時間帯は特に深夜が多く、深夜放送ではたまに妙なテンションで奇怪な言動に走ることも稀によくあるが、基本的には深夜にふさわしいゆったりとした放送を送っている。 主なエピソード 壺商人として• Youtube初配信にて海外ゲーム『(通称: 壺)』をプレイ。 多方面にて「バカゲー」「クソゲー」として語られる本作だが、ハジメはこの作品を大変愛着しており、以来、生放送の尺余りやホラゲーのショックから立ち直るための精神安定剤として頻繁に処方(?)している。 腕前もメキメキと上達しており、一周目こそ22時間を費やしたものの、続く二週目は6時間、三週目は2時間、四週目には 26分と、目覚ましい成長を遂げる。 それだけでは飽き足らず、他のにじさんじメンバーにも常々このゲームを勧めている。 ただし、彼が他メンバーに無理矢理買わせたということは一度もなく、本人も 「ストレスになる壺は良くない」という自戒の言葉を発している。 2018年6月13日の配信では『Getting Over It引退式』と題し、5時間以上かけて19回登頂するという荒行とも呼べるプレイを敢行。。 自己ベストも 9分59秒に更新した。 その後、50回登頂の特典である金壺の達成と共に、壺を引退(アンイストール)した。 …しかしその翌日、の配信に呼ばれ壺のレクチャーをすることとなった。 壺の呪縛からは逃れられないのか。 漢組として• にじさんじ一期生の数少ない男性ライバーとして、と二人で「にじさんじ漢組」を名乗り、これまでコラボ配信を2回行っている。 第一回コラボではアキくんちゃんと一緒に銭湯に行く約束をし、 登録者が減った。 第二回では二人で『Human:Fall Flat』の協力プレイを行い、尊み溢れる両者のやりとりにリスナー(ついでにコメントに混じっていたや)から好評を得た。 その他• ゲーム好きという趣味が高じてか、同期の静凛、のとの3名で「」というグループ名で度々PUBGのゲーム実況配信コラボをおこなっている(詳細は該当記事を参照)。 その他、外部のVTuberとも積極的に交流を深めており、同グループ内でも月ノ美兎や樋口楓、らと並び、非常にフットワークの軽い人物でもある。 ときにはゲリラ的にコラボ相手を公募し、結果を見出してしまったこともあった。 特に、何かと女性VTuberと縁がある 元々女性VTuberの人数が多いのもあるが ことから、女性だらけのコラボになった際は「ハジメくんハーレムシリーズ」とも通称されている。 このことで 大人版 からの嫉妬を被ることもしばしば。 ハーレムシリーズの注意点はそのようなイジりで相手の女性VTuberやそのVTuberのファンに迷惑をかける可能性がある事。 本人や白百合はともかく女性とコラボした際の放送中ではそのようなコメントは控えるようにしたい。 用語 渋谷オワリ ハジメのもう一つの人格。 ハジメとは正反対の性格で、粗暴で高圧的な性格…だったはずが、仲間思いでで面倒見がよく、常識人で苦労人というポジションになりつつある。 壺は苦手。 ある無料ゲームを「クソゲーじゃねぇか!」と言うなど、物事をハッキリ言う節もある。 しぶ丸 マスコットキャラクター。 愛着するうさぱんだスリッパと壺をモチーフに生み出されたキャラクター。 命名者は(ツイートでいくつか候補を考案し、その後フォロワーの投票で決定した)。 よく配信画面上に添えられている。 稀に喋る事もあるが、喋り方がかなりチャラい。 ハジキくん/ケジメくん/ヤーシブの兄貴…etc ハジメの通称。 主にPUBGプレイ中に極道キャラに転じた際などに使用される。 渋谷兄弟 バーチャルコンビニ店員のとの外部コラボした際の通称。 由来は言わずもがな、姓の「渋谷」繋がりから。 余談だが、ハジメには「ヒカリ」という名前の妹がいる。 渋谷ハジメ、、、、、、、からなる男性VTuberグループを結成した。 関連リンク• 関連タグ ・ 関連記事 親記事.

次の