サイモン & ガーファンクル。 サイモン&ガーファンクル

価格戦略論

サイモン & ガーファンクル

1981年でのコンサートにて。 ポール・サイモン 右 、アート・ガーファンクル 左。 1975年に一時的に再結成してヒットを出したこともある。 にデビューしに活動を停止するまで、、を代表するとして数々のヒット曲を世に送りだした。 そのとサウンドは、やら後続のデュオに多大な影響を与えた。 以後も折に触れて2人で活動している。 に入りを果たした。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第40位。 その後、二人は大学での学業に専念した。 サイモンはこの時期に、キャロル・キングとジェリー・ゴフィンらと仕事をしたりしている。 しかし、発売初年度の売上が3,000枚と惨憺たるものだったため、ポールはヨーロッパ放浪の旅へ出て、アートもデビュー前に通っていた大学院へと戻ってしまった。 ポール・サイモンはイギリスではマーティン・カーシー、バート・ヤンシュ、アル・スチュアート、サンデイ・デニーらと交流を持った。 やがてプロデューサーのが、アルバム収録曲「(The Sound of Silence)」にエレキギターやドラムなどを加えてシングル発売したところ、これが66年に全米1位の大ヒットとなった。 さらに66年には続けて「アイ・アム・ア・ロック」 「早くうちへ帰りたい」がヒットした。 なお、「キャシーの歌(Kathy's Song)」は、ポールがイギリスに長期滞在していた際に交際していたガールフレンドに贈った曲である。 キャシーは、ポールが歌っていたパブで券もぎ係をしていた女性であった。 また、「」の歌詞で触れているKathyと同一人物で、2人でアメリカ旅行に出掛けた際に書いたとされている。 ポールのアルバム『ポールサイモン・ソングブック(Paul Simon Song Book)』に、若かりし頃のポールとキャシーが写っている。 Robinson 」などが大ヒット。 12月公開の映画『』の音楽を担当し、映画の成功と共に劇中歌「」が大ヒットし、日本をはじめ世界的にも大きな成功を収めた。 当時は「サイモンとガーファンクル」と表記されていた。 だが、発表のアルバム『 Bridge Over Troubled Water 』の制作中に、ポールとアートの音楽に対する意見の違いが表面化した。 『明日に架ける橋』は、全世界で売上が1,000万枚を超える大ヒットとなり、の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞したものの、このアルバムを最後に2人はそれぞれのソロ活動に入った。 72年から73年にかけては、日本独自で「冬の散歩道」「エミリーエミリー」がシングル・カットされ、小ヒットしている。 、ベトナム反戦候補で民主党リベラル派の大統領候補 支援コンサートに揃って登場し「スカボロー・フェア」、「」、「」などを歌った。 ブラス・ロックのもマクガヴァン候補を熱烈に支援した。 この時、ポールの作品にアートが参加する形でアルバム制作が行われたが、作品に対する意見の食い違いから、結局ポールのソロ・アルバム(『ハーツ・アンド・ボーンズ』)としてリリースされた。 このアルバムに収録された曲のいくつかは、アートも録音に参加し、発売直前までに完成していた。 その後、2人の間は疎遠になっていった。 2003年には、ポールがソロとして入りした際に、「ガーファンクルとは仲直りしたい」とスピーチで述べているほど、2人の関係は冷え切っていた。 近年は、と度々再結成を行い、全米ツアーなどを行っている。 1993年には「」の東京公演・福岡公演としてそれぞれとで再来日公演を行なった。 には16年ぶりの来日公演を行い、何回かの公演の合計で約15万人を動員する成功を収めた。 にはアートがインタビューで、近い将来デュオが再結成され、ツアーが実施されると信じると語った。 アートはファンがツアーを望んでおり、自分の心はファンとともにあると述べている。 彼らの作品は多くのミュージシャンにカバーされ、歌い継がれている。 「明日に架ける橋」はのカバー・バージョンがよく知られ、「」はのバージョンが全米2位を記録した。 ディスコグラフィ [ ] シングル(日本編集盤) [ ]• 「」 - "The Sound of Silence" 1966年、1968年• 「」 - "I Am a Rock" 1966年• 「」 - "Homeward Bound" 1966年• 「」 - "A Hazy shade of Winter" 1967年• 「」 - "Fakin It" 1967年• 「」(CBSソニーでのアルバム『ブックエンド』でのタイトル)「夢の動物園」(日本コロムビアでシングル盤として発売された当時のタイトル)"At the Zoo" 1967年• 「」 1968年• 「」 - "The Boxer" 1969年• 「」 - "Bridge over Troubled Water" 1970年• 「」 - "Cecilia" 1970年• 「」 - "El Condor Pasa If I Could " 1970年• 「バイ・バイ・ラブ」 1970年• 「」 1971年• 「エミリー・エミリー」 1972年 シングル(米国) [ ]• 『』 - Wednesday Morning, 3 A. 1964年• 『』 - Sounds of Silence 1966年• 『』 - Parsley, Sage, Rosemary and Thyme 1966年• 『』 - The Graduate 1968年• 『』 - Bookends 1968年• 『』 - Bridge Over Troubled Water 1970年• 『グレイテスト・ヒット』 - Simon and Garfunkel's Greatest Hits 1972年• 『若き緑の日々』 - The Simon And Garfunkel Collection-17 Of Their All Time Greatest Recordings 1981年• Wednesday Morning, 3 A. 1964, US 200 30• Sounds of Silence 1966, US 200 21• Parsley, Sage, Rosemary and Thyme 1966, US 200 4• The Graduate Original Soundtrack 1968, US 200 1• Bookends 1968, US 200 1• Bridge over Troubled Water 1970, US 200 1• Simon and Garfunkel's Greatest Hits 1972, US 200 5• The Concert in Central Park 1982, US 200 6• Collected Works 1990, US 200 --• Old Friends 1997, US 200 --• The Best of Simon and Garfunkel 1999, US 200 --• Live from New York City, 1967 2002, US 200 --• The Essential Simon and Garfunkel 2003, US 200 27• Old Friends: Live on Stage 2004, US 200 154• Live 1969 2008, US 200 33 日本公演 [ ]• Sony Walkman Special 5月7日・8日 、10日・11日・12日 当時の本拠地だった大阪スタヂアム公演では、ポール・サイモンがの帽子を着用した。 Asahi Beer Big Special 12月1日 、2日• Old Friends Tour 2009 7月8日 、10日・11日 、13日 、15日 、18日 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

会社概要

サイモン & ガーファンクル

pinterest. 幼い頃に両親が離婚、高校生の頃は学校から抜け出し、海でサーフィンをするほどのサーフィン好きな少年でした。 20代前半で俳優になり、オーストラリアで国民的アイドル俳優として人気を博します。 26歳のクリスマスにロサンゼルスに移住。 28歳の時に1997年に映画「L. Aコンフィデンシャル」でアメリカ映画デビュー。 それから様々な映画やドラマに出演して俳優としてのキャリアを積みます。 2001年にはドラマ「堕ちた弁護士-ニック・フォーリン-」で主人公ニックを熱演。 家族愛が強すぎて「メンタリスト」に奥様が犯人役として夫婦で共演。 夫婦共演が見られる話はシーズン1の19話なので、ぜひサイモンの表情にも注目してみて下さいね。 また息子さんたちも「メンタリスト」に端役でそれぞれ出演しています。 ちなみにオーストラリア出身のニコール・キッドマンとナオミ・ワッツとは家族ぐるみで仲が良く、 息子のハリー君の名付け親はニコール・キッドマンだそうです。 nine. com. この映画はオーストラリアの小説家ティム・ウィントンの作品「Breath」を映画化したもので、 制作・撮影もオーストラリアで行われています。 ストーリーは、主人公の少年たちがサーフィンを通じてそれぞれの成長を描く映画で、 サイモンも少年たちの歳の離れた友人役として出演しており、映画としても高い評価を得ているようです。 000007791. html 何でもサイモンは、ジャパンカップとパートナーシップを結んでいる「ロンジン」のエレガンスアンバサダーを務めていて、 今回ジャパンカップの表彰式に出演が決定したようです。 「ロンジン」とはスイスの高級時計メーカーで品がありエレガントな事から、サイモンがアンバサダーに抜擢されたようです。 2017年2月に発売された日本の雑誌「safari」では表紙を飾り、 セレブリティセレクションというサイモンのLAコーディネートが雑誌で紹介されています。 発売当時は売り切れてしまって、手に入れる事が困難だったようです。

次の

サイモン・ベイカーの経歴と現在の活躍を紹介!

サイモン & ガーファンクル

本書は価格戦略を論じた体系的な戦略論であり、基本的メッセージは「パワー・プライサーの勧め」だ。 パワー・プライサーとは、従来型の「コストから発想するプライシング」に代えて、「顧客価値から発想するプライシング」を実践する組織および個人のことだ。 パワー・プライサーは「市場」や「競争」に価格の決定を委ねたりしない。 詳細なデータに基づき、顧客価値の創出に注力するのだ。 本書を読むと、一口に価格設定といっても実にさまざまな方法があることがわかる。 「経験だけにもとづいたこれまでのプライシングは、現実に対処するには適当とはいえない」と本書は言う。 正論だ。 データやケースが多く、絵やグラフも豊富で、論述は説得的だ。 ただし、網羅的説明を目指したせいか、訳書で500ページに迫るボリュームの本で、ビジネス書としては明らかに厚すぎる。 本書から得られる最大の収穫は、プライシングには戦略があり得るという発見だ。 こう言うと不思議に思うかもしれない。 だが、日本企業のプライシングは従来ワンパターンだった。 ワンパターンというのは、市場シェアを重視し攻撃的な価格戦略を選好するということで、常に低価格を志向した攻め方だ。 その背後には経験曲線の概念があった。 このアプローチは、ブランド価値の構築を軽視あるいは無視した取り組み方だ。 言ってみれば、プライシングには複数の代替案などないかのように振る舞ってきたのだ。 もちろんこの点には顕著な例外もあり、トヨタ・レクサスの北米市場での価格戦略はその例だ。 ソニーも例外に属する。 最近になって(2002年現在)、ユニクロ、マクドナルド、吉野家など、日本の尊敬すべき会社が価格戦略に本格的に取り組み始めた。 しかし、低価格訴求とブランド価値創造の両立は容易ではない。 コスト低減は必須だが、それと同時に製品の知覚価値を高める方策を講じなければならない。 そのための具体的ヒントが本書にはある。 (榊原清則) 出版社からのコメント 世界で最も読まれている体系的理論書 本書は、世界で唯一といってもよいくらいに体系的にまとめられた価格戦略(プライシング)の専門書です。 この本に惚れ込んだNRI野村総合研究所の有志とDHBR編集部のコラボレーションで始まったプロジェクトは、原著者の1人であるヘルマン・サイモン氏の協力を得て新たに2章(「プライシングとeビジネス」「21世紀の日本企業に求められるプライシング」)が書き下ろされました。 また、サイモン氏の盟友であるピーター・F・ドラッカー氏までが日本での出版の意義に賛同してくれました。 原著の出版は1996年ですが、内容はまったく古くなっていません。 むしろ、いままで翻訳されなかったのが不思議なくらいの良書です。 以来、プライシングのリーディング・カンパニーをしてヨーロッパを中心に活動する。 1996年にボストン、2001年に東京オフィスを開設。 現在、同社会長 ドーラン,ロバート・J. 1963年生まれ。 京都大学大学院工学研究科精密工学専攻修了。 ジョージタウン大学大学院経営学修士修了 MBA。 現在、情報・通信分野のマーケティング、情報・通信政策の立案、日本およびアジアのテレコム・キャリアの事業戦略の立案に従事する 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 購入してから、暫く本棚に眠っていた。 通常のビジネス書とことなり、価格戦略に的を絞り本文だけで483頁。 鞄に入れて通勤時に読むことも腰が引けたのが、長く眠っていた原因だ。 だから、出版社も絶版にしてしまったのか。 もう一度kindleか、ソフトカバーで出すべき内容だと思う。 価格戦略をここまで体系的に、且つ平易に書いた本は、そうそう無いのではないか。 日本語版が2002年に初版なので一昔前の本ではあるが、現在市場で繰り広げられる価格戦略を網羅して解説している。 一昔の月日ではその価値は変わらない、揺るぎない内容のビジネス書だ。 価格の無いビジネス活動はあり得ないので、ビジネスパーソンの必読書と言ってよい。 戦略とは、競争上の軸を選択することといわれている。 本書の巻頭にドラッカーが述べている通り、収益性を規定する変数は、価格、数量、コストである。 日本企業は数量とコストを追求することで企業成長を成し遂げてきた。 しかし、戦略的重要性は、Pricingに移っている。 Pricingに対しての自由度と戦略的活用が日本企業にとって重要であることが、本書全体から伺える。 また、このことは、日本企業だけではなく中国企業にとっても同じ意味を持つ。 中国に対する本当の一番の脅威は、コスト優位性だけではないのではないか?コストと数量をベースとした戦略だけではなく、プライシング戦略を効果的に出せない日本企業に対して、この点についても将来イニシアティブを取られる可能性があることに読了後戦慄をおぼえる。 扱っている価格設定論点として、プライス・カスタマイゼーション(ミクロ経済学でいうPrice discrimination)、インターナショナル・プライシング、非線型プライシング、製品ラインのプライシング、バンドリング(抱合せ販売時の価格設定)、時間軸を考慮したプライシング(短期の場合、長期の場合)などが詳述されている。 全般的感想(メインは3章および5章~11章)として、プライシングを戦略的に活用するということはどのようなことなのかについて豊富な事例を元に説明していると思われた。 ミクロ経済学とマーケティングの両方の理論を実際どのように価格戦略に適用することができるのかが実際の事例に基づいて説明されている。 コトラーのマーケティングの本は、体系に重点がおかれているようで、具体的にどのように実際に応用するかという事例はかかれていない。 ビジネススクールでは戦略的目標にそって諸活動のバランス(構想実現のための全体最適)をとりながらマーケティングツールの応用の仕方をケーススタディーで学ぶので、なかなか書籍で学ぶことが難しい部分である。 ケースの分析には論拠が必要となるが、この論拠となる重要なコンセプトをこの本は明快に説明している点が評価できる点である。 この本は、ビジネススクールでのコア科目のManagerial Economicsや選択科目のPricingの副読本に相当する。 これらの科目については、いろいろな良書が存在する。 事例と理論のバランスの点では、この本のほうが優れている。 論調は、トム・コープランドの『Valuation 企業価値評価 』のような感じがする。 理論の部分では、この本よりも、ハル・バリアンの『ミクロ経済学 Intermediate Microeconomics A Modern Approach』や、シカゴ大学のB. バリューベースプライシングについては、ボストン大学のThomas T. Nagle, Reed K. しかし、理論が実際どのように応用できるのかを知ってから、理論的にはいるのが実務家にとっては効率的な手順と思われるため、価格設定の実務をしている方々には本書の一読からはじめるのが良いと感じた。 ゲーム理論やLPモデルが本書で説明されているコンセプトの背景になっているものもあるので、これらを勉強してから本書を読みなおすとさらに深く理解が進むと思われる。 本書は、パワープライサーになるための方法に言及した書である。 パワープライサーとは、従来の価格設定法を、コストプラス方式から顧客価値ベース方式へと転換しプライシングを展開する企業主体のことであり、価格を主体的につけることができる以上、当然その主体は、市場において価格リーダーシップを持っている主体である、ということが含意されている。 ところで、こうしたプライシング手法の発想転換が行われる背景には、消費者の製品についての使用価値の個別性に注目する傾向が出てきたからであろう。 すなわち、消費者は製品を個別的に消費し、それゆえ個人個人異なった価値を実現する。 それにも関わらず、その製品に付けられている価格は一つである。 こうした視点から捉えると、価格は消費者ごとにカスタマイズされる必要がある、という問題を提起することができるのである。 すなわち、パワープライサーが求める究極の価格戦略は、個人個人に異なる価格付けを展開するという意味での価格カスタマイズ戦略の展開という点に求めることができる。 しかし、本書の議論は、市場細分化レベルにおける価格カスタマイズを示唆するものとなっており、従来の価格に関する議論の整理というものになっている。 そして、それらの議論を基礎として行動すればパワープライサーになれる、という論調を展開している。 決して、一人一人に異なる価格付けをどのようにしたら展開できるか、ということを議論するものではなく、その意味では、本書には新しい点はあまりない。 こうした内容の場合、そこで生じる問題は、必ずといってよいほど、「価格競争」である。 価格競争にいかに対処するか、この問題をクリアしなければ、いかに顧客価値を基礎としたプライシングを展開できるパワープライサーであったとしても、有意なプライシングを展開することができないと思われるが、この点に関する記述も少ない。 よって、パワープライサーになる方法を論述していると、なかなか言えないのではないだろうか。 全体として、主張に対する論拠が不十分であり、あまりハラハラドキドキしない内容である。 Pricing is a key topic for modern marketing practitioners, especially with the generalization of data collection and simplification of transactions. This book gives a good overview of the general methods used by pricing managers to adjust prices. However the treatment is outdated and a bit superficial - bringing a deluge of examples and few fundamental principles. In the end it makes for a good casual read but can hardly be recommended as a guidebook to pricing. For a more in-depth analysis, see instead The Strategy and Tactics of Pricing Nagle, Thomas.

次の