アズノール 軟膏 陰部。 デルモゾールG軟膏の強さは?陰部への使用について解説

陰部(デリケートゾーン,性器)のかゆみに−薬局の薬(OTC)情報

アズノール 軟膏 陰部

効能・効果 ロコイドの効能・効果です。 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、脂漏性皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔 癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症 オムツかぶれやあせもにもよく処方されます。 ロコイドは優しく赤ちゃんにも使用できる ステロイドのランクには ストロンゲスト(最も強い) ベリーストロング(とても強い) ストロング(強い) マイルド(優しい) ウィーク(弱い) と5段階に分かれるのですがロコイドの有効成分、ヒドロコルチゾン酪酸エステルは マイルドに位置づけられています。 ステロイドの中でも優しいため赤ちゃんに使われたり、顔に処方されることがあります。 赤ちゃんが舐めた・食べた場合 「手に塗ったロコイドを舐めてしまったけど大丈夫ですか?」 心配そうにお母さんから電話で相談を受けることがあります。 手や腕などに塗った程度のロコイドであれば、赤ちゃんが舐めても体に大きな問題はないと考えられます。 陰部への使用 赤ちゃんのオムツかぶれなどの炎症にロコイドが使用されることがあります。 オムツを交換するタイミングやお風呂上りなどに手や綿棒などで薄くのばして塗るのがよいでしょう。 ヘルペス・カンジダへの使用 ロコイドにはヘルペスウイルスには効果がなく、皮膚の免疫を抑えるためヘルペスを悪化させることがあります。 またカンジダや水虫など真菌が原因の場合も同様にロコイドを塗ると悪化しますので絶対に塗らないようにしましょう。 陰部の湿疹やオムツかぶれの場合は処方されることがありますが、ヘルペスやカンジダが原因の場合は陰部に使用できません。 ニキビへの使用 ニキビのように細菌による炎症にはロコイドは使用できません。 ロコイドは皮膚の免疫を抑えるためニキビが悪化することがあります。 ニキビの場合は抗生物質が入った薬などニキビ(ざ瘡)に適応のある薬が処方されますので自己判断で使用しないようにしましょう。 妊婦・授乳中の使用 妊婦さんへの使用について、製薬メーカーの説明書では下記の通りとなっています。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては 大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること(動物実験で催奇形作用が報告されている) 臨床では妊婦さんに処方されることはありますがベタベタ使用せず薄くのばして使用しなければいけません。 授乳中については添付文書の注意書きがないことから、「授乳を続けてOK」と指導されるケースもあります。 副作用 ロコイド軟膏の主な副作用は 皮膚炎(0. また瞼に使用した場合、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすおそれがあるため注意するようにとなっています。 市販薬はある? ロコイドと同じ有効成分であるヒドロコルチゾン酪酸エステルの入った市販薬が販売されています。 ロコイダンクリーム• ロコイダン軟膏• ロバックHi• セロナクリーム• セロナソフト• セロナ軟膏 ロコイドには1g中にヒドロコルチゾン酪酸エステルが100mg入っていますが、市販薬の場合は50mgと半分の濃度になります。 カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

アズノール軟膏は陰部にも使用できる軽症皮膚疾患の治療薬!

アズノール 軟膏 陰部

デルモゾールG軟膏の強さ そもそもデルモゾールG軟膏はどのような成分の塗り薬なのでしょうか。 デルモゾールG軟膏は、炎症を抑える効果のあるステロイドと細菌などを退治する抗生物質を混ぜた薬となっています。 含まれている抗生物質の成分名がゲンタマイシン硫酸塩というので、薬の名前にGという文字がついているのです。 抗生物質は、皮膚の炎症を起こす原因となっている細菌を退治してくれます。 一方、ステロイドは炎症そのものを抑える役割をするのです。 しかし、 『ステロイド』と聞くと、なんだか副作用が強く、怖い薬のようなイメージがありますよね。 実は、ステロイドはその作用の強さによって1群~5群の5段階に分けられています。 その中でもデルモゾールG軟膏は3群に属していて、ステロイド剤の中で平均的な強さを持っています。 なので、副作用もそこまでよく出ることはなく、使いやすい薬となっています。 ただ、以下で紹介するように、陰部や顔、首など皮膚の薄い部分に使用する場合は注意しなければなりません。 また、子供や高齢者、妊婦は思わぬ副作用が出る可能性があるので、必ずかかりつけ医に相談するようにしましょう。 同じような名前でデルモベート軟膏というステロイド剤がありますので、間違えないように注意してくださいね。 こちらは、ステロイド剤の中でも最も強力な薬として使われています。 具体的には、以下のような症状に効果が期待できます。 合成副腎皮質ステロイド剤による血管収縮作用や抗炎症作用と、抗生物質による細菌の蛋白合成阻害によって皮膚の炎症や感染症を緩和します。 通常、湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染の治療に用いられます。 引用: このようにいろいろな皮膚疾患に効果があることが分かります。 デルモゾールG軟膏の陰部への使用 前章で紹介したように、デルモゾールG軟膏はそこまで作用が強くはありません。 なので、短期的な使用の場合、副作用が出ることはほとんどありません。 しかし、陰部は皮膚がかなり薄い部分であり、薬の成分の吸収率が高くなってしまいます。 (だいたい腕に塗る場合の42倍の吸収率と言われています。 ) 吸収率が高くなってしまうと、その分副作用も出やすくなってしまいますので、注意しなければなりません。 しかし、デルモゾールG軟膏の場合は、デリケートゾーンにも短期的であれば、比較的安全に使用することができます。 ただし、念のためできるだけ薄く塗るように注意しましょう。 また、長期的に塗る場合は慎重にならなければなりません。 使用する期間が長くなればなるほど副作用が出る確率が高くなります。 長期的に使用していく場合は、かかりつけの医師や薬剤師としっかり相談しながら、使っていくことをおすすめします。 顔や首への使用について 同様に顔や首も皮膚が薄い部分となっています。 なので、長期的な使用はできるだけ控えるようにしましょう。 また、目の近くは特に皮膚が薄くなっています。 さらに、目に入ってしまう危険性があるので、目の周りにはなるべく塗らないようにしましょう。 まとめ 皮膚の炎症や感染症を緩和するために、デルモゾールG軟膏は皮膚科などでよく処方される薬となっています。 また、デルモゾールG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品となっています。 リンデロンVG軟膏についてはこちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 しかし、長期的に使用する場合は、副作用が出る可能性が高まるので、注意しなければなりません。

次の

陰部のかゆみ

アズノール 軟膏 陰部

デルモゾールG軟膏の強さ そもそもデルモゾールG軟膏はどのような成分の塗り薬なのでしょうか。 デルモゾールG軟膏は、炎症を抑える効果のあるステロイドと細菌などを退治する抗生物質を混ぜた薬となっています。 含まれている抗生物質の成分名がゲンタマイシン硫酸塩というので、薬の名前にGという文字がついているのです。 抗生物質は、皮膚の炎症を起こす原因となっている細菌を退治してくれます。 一方、ステロイドは炎症そのものを抑える役割をするのです。 しかし、 『ステロイド』と聞くと、なんだか副作用が強く、怖い薬のようなイメージがありますよね。 実は、ステロイドはその作用の強さによって1群~5群の5段階に分けられています。 その中でもデルモゾールG軟膏は3群に属していて、ステロイド剤の中で平均的な強さを持っています。 なので、副作用もそこまでよく出ることはなく、使いやすい薬となっています。 ただ、以下で紹介するように、陰部や顔、首など皮膚の薄い部分に使用する場合は注意しなければなりません。 また、子供や高齢者、妊婦は思わぬ副作用が出る可能性があるので、必ずかかりつけ医に相談するようにしましょう。 同じような名前でデルモベート軟膏というステロイド剤がありますので、間違えないように注意してくださいね。 こちらは、ステロイド剤の中でも最も強力な薬として使われています。 具体的には、以下のような症状に効果が期待できます。 合成副腎皮質ステロイド剤による血管収縮作用や抗炎症作用と、抗生物質による細菌の蛋白合成阻害によって皮膚の炎症や感染症を緩和します。 通常、湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染の治療に用いられます。 引用: このようにいろいろな皮膚疾患に効果があることが分かります。 デルモゾールG軟膏の陰部への使用 前章で紹介したように、デルモゾールG軟膏はそこまで作用が強くはありません。 なので、短期的な使用の場合、副作用が出ることはほとんどありません。 しかし、陰部は皮膚がかなり薄い部分であり、薬の成分の吸収率が高くなってしまいます。 (だいたい腕に塗る場合の42倍の吸収率と言われています。 ) 吸収率が高くなってしまうと、その分副作用も出やすくなってしまいますので、注意しなければなりません。 しかし、デルモゾールG軟膏の場合は、デリケートゾーンにも短期的であれば、比較的安全に使用することができます。 ただし、念のためできるだけ薄く塗るように注意しましょう。 また、長期的に塗る場合は慎重にならなければなりません。 使用する期間が長くなればなるほど副作用が出る確率が高くなります。 長期的に使用していく場合は、かかりつけの医師や薬剤師としっかり相談しながら、使っていくことをおすすめします。 顔や首への使用について 同様に顔や首も皮膚が薄い部分となっています。 なので、長期的な使用はできるだけ控えるようにしましょう。 また、目の近くは特に皮膚が薄くなっています。 さらに、目に入ってしまう危険性があるので、目の周りにはなるべく塗らないようにしましょう。 まとめ 皮膚の炎症や感染症を緩和するために、デルモゾールG軟膏は皮膚科などでよく処方される薬となっています。 また、デルモゾールG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品となっています。 リンデロンVG軟膏についてはこちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 しかし、長期的に使用する場合は、副作用が出る可能性が高まるので、注意しなければなりません。

次の