大島アナ 旦那。 元フジ・大島由香里アナが離婚…元フィギュア選手・小塚氏と結婚3年10カ月:イザ!

小塚崇彦氏と大島由香里アナ離婚 原因は夜遊び、モラハラ、“羽生芸人”と女性をホテルに連れ込んだ夜

大島アナ 旦那

1月6日、元フジテレビの大島由香里アナウンサー(35)が、TOKYO MX「バラいろダンディ」に生出演し、自身の離婚報道についてコメントしました。 大島由香里アナは、昨年12月に、フィギュアスケーターの小塚崇彦さん(30)との離婚が報道され、話題となっていました。 大島さんは、番組内でコメンテーターの倉田真由美さんから離婚について触れられると、明るい口調で 「今まで皆さんに相当気を遣わせていたんだなあと思って…本当にすみません」と頭を下げました。 さらに、 「あけました。 あけましておめでとうございます」と離婚と新年をかけてつぶやき、コメンテーターの武井壮さんから「戸籍を開けたってことですね」と確認され、 「そうですね。 年末であけましたね」と明るく答えていました。 また、ゲストコメンテーターの森永卓郎さんから「お金はどうなったの?」と聞かれると、 「よく話し合ってお互い納得のいく決着にしました」とコメントしています。 そこで今回の記事では、 大島由香里アナのプロフィール、大島由香里アナと小塚崇彦の離婚の原因、さらには、大島由香里アナが離婚生報告したことについての世間の反応について、お伝えします。 大島由香里のプロフィール• 大島 由香里(おおしま ゆかり• 生年月日: 1984年1月24日(35歳)• 出身地:神奈川県平塚市• 血液型:O型• 身長:165. 5cm• 最終学歴:成城大学経済学部• 職業:アナウンサー 元フジテレビ• 所属:スターダストプロモーション 大島由香里さんは、2007年にフジテレビに入社しましたが、2017年12月31日付で11年間在籍した同社を退職して、現在は名古屋を主な拠点としてフリーアナウンサーとして活躍しています。 結婚生活については、2016年2月20日にフィギュアスケーターの小塚崇彦さんとの結婚をして、2017年4月25日には第1子女児を出産しています。 ですが、 2018年12月には小塚さんと別居と離婚に向けた話し合いが進んでいることが明らかになり、1年以上協議経て昨年2019年12月31日に離婚が発表されました。 大島さんは自身のブログで、 「度重なる話し合いの結果、それぞれの道を歩むことになりました。 4年弱の間にはさまざまな学びがありましたが、何よりも娘という大切な宝物を授かったことに心から感謝しています」と自身の離婚を発表しました。 尚、長女の親権は大島アナが持つことになりました。 大島由香里アナと小塚崇彦の離婚の原因とは? 大島由香里アナと小塚崇彦さんの離婚の原因は、週刊誌「フラッシュ」の取材によると、 小塚崇彦さんの浮気のようです。 小塚崇彦さんの浮気相手は愛知県在住の25歳の一般人女性だそうで、二人は大島さんが妊娠中の2016年末に知り合って関係を持ち、その後月12回も密会していたそうです。 さらには、大島さんが留守の際には、小塚さんは自宅に何度もこの女性を連れ込んでいたそうです。 そして、この浮気の発覚によって、大島さんは離婚を決断することになりました。 自分がお腹を痛めている時に、旦那が外で女遊びしまくっていたわけですから、大島さんとしては裏切られ気持ちになったに違いありません。 また、小塚さんの浮気相手はこの女性だけでなく、これ以外にも様々な女性との目撃情報があります。 小塚選手はパッと見は硬派で真面目そうな感じですが、実は女性関係がかなり奔放な人物なようです。 大島由香里アナが離婚生報告したことについての世間の反応 大島由香里アナが離婚生報告したことについての世間の反応をまとめてみました。 「これだけは言える。 小塚は夫としても、父親としても失格。 」 「子供って本当に大切な存在だと思う。 大切な子供の為に一生懸命がんばってほしい」 「見事な応答。 これだけ聡明で気遣いも出来る美女相手に子供をもうけた上で浮気してしまったら、男は土下座一択ですよ。 何年も籍を残していたのは、大島さんの愛情が残っていたからだと思います。 相応しい新たなパートナーを早く見つけて、再出発してください。 応援してます。 」 「妻が尻拭いするような亭主はいらない。 母子で過ごすほうが楽だと思う。 」 「大島さんはまだ35歳。 明るく前向きに頑張って欲しい。 しかしこれだけ美人で、気遣いが出来る素敵な女性を捨てるなんて小塚さんはおかしいですよ。 」 「誰しも幸せになりたくて結婚するのだと思うけど、うまくできないこともある。 別れられずにズルズル一緒にいるよりも、キッパリ別れて新しい道を歩む選択をしたのだから、どうか幸せになってほしい。 」 「色々決まる迄は本当に大変だったろうけど、決断してからの女性(母)って強い。 皆んな大島アナの味方だと思うし偶には息抜きしながら頑張って下さい。 」 ・・・などなど、やはり離婚の原因が原因だけに、大島アナを応援する声や同乗の声が圧倒的に多かったですね。 才色兼備の大島アナのことですから、今後はきっと良いパートナーに巡り合えるでしょうし、幸せになってほしいものです。 ということで以上、今回の記事では、 大島由香里アナのプロフィール、大島由香里アナと小塚崇彦の離婚の原因、さらには、大島由香里アナが離婚生報告したことについての世間の反応について、お伝えしました。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

大島由香里の元旦那は小塚崇彦!離婚理由は夫の浮気で誓約書に土下座も?!|Media Sunshine

大島アナ 旦那

Contents• プロフィール 名前 大島由香里 本名 小塚由香里 愛称 ゆかりん 生年月日 1984年1月24日 現在35歳 出身 神奈川県平塚市 身長 165. 5㎝ 血液型 O型 大学 成城大学経済学部 職業 フリーアナウンサー 元フジテレビアナウンサー 事務所 スターダストプロモーション 経歴は? 神奈川県藤沢市片瀬にある 湘南白百合学園に小・中・高と一貫して通われた大島さん。 学生時代はあまり友達も少なかったようですね。 そんな大島アナがアナウンサーになったのは2007年。 大学を卒業してすぐにフジテレビに入社されています。 大学3年生の時に、一度フジテレビの入社試験を受けたそうですが、1次面接で落選。 それだけに 実家が金持ち?なんてことを想像される方は多いかもしれませんね! スポンサーリンク 実は大島アナの 父親は会社を経営されていたんだそうです!要するに社長さんってやつですが、噂によれば、その父親の会社が 倒産していた?ということだそうですね。 真実を調べてみたところ… 噂は本当みたいですね。 なんでも大島アナが18歳になる直前、2002年くらいの話みたいです! 丁度そのくらいの時期といえば、企業も不況が続き、失業率も悪化していた時期でしたね。 そんな最中で大島アナの父親の実家も倒産してしまったようです。 大島アナのお父様は神奈川県でも 有数のグループ企業を経営していたそうで、 ゼネコンを中心に、 自動車教習所、ホテルetc... と手広く行っていたようですね。 そんな父親の会社の倒産理由ですが、 公共事業の削減が大きな理由だったみたい。 その倒産によって抱えた負債は 『80億円』にも及ぶと言われています。 この父親の会社倒産が原因で、大島アナの両親は離婚し、実家も競売に掛けられる始末…。 大学3年生の時に一度落ちたにも関わらず、4年生で再びリベンジするあたりが、大島アナの這い上がりたい…という強い気持ちを感じますよね! 現在は結婚され、お子さんも出産し、順風満帆な家庭を築いている大島アナ。 当時、大島アナがフィールドキャスターを務めていた番組 『FNNスーパーニュース』を体調不良の為、欠席したことがありました。 当時、体調がすぐれない為、病院にて注射を打ったところ、体中がむくんでしまったようです。 そのことから、視聴者や大島アナのファンは、顔がこれだけむくむほどの副作用がある注射を打った大島アナに対して、心配する声が上がっていました。 ですが、その後元気な姿で番組に復帰。 徐々に元の大島アナに戻っていったので、何事もなくこの件は幕を閉じましたが…。

次の

元フジ・大島由香里アナが離婚報告「4年弱の間には様々な学びがありました」

大島アナ 旦那

来歴・人物 [ ] 出身。 165. 5cm。 、卒業。 在学中には部に所属。 3月に卒業後、4月フジテレビ入社。 大学3年時にフジテレビを受験し1次面接で落選したものの、大学4年時に再度フジテレビを受験し合格した(大学3年時、他局は最終面接まで残ったものの、落選した)。 大学在学中、2005年7月から2007年2月まで『』のニュースキャスターを務めた。 さらにフジテレビ入社後にも2010年4月から1年間出演した。 2012年にを取得。 に乗るのが夢だと語っている。 2015年7月、フィギュアスケートのとの婚約を発表。 2016年2月20日に結婚した。 2016年11月19日、第1子妊娠を公表。 、第1子女児を出産。 2017年付で、11年間在籍したフジテレビを退職。 「今後はを生活の拠点として子育てに専念しつつ、将来的にはとして活動を再開することも考慮している」と報じられた。 2019年12月31日、小塚との離婚を報告。 エピソード [ ]• 座右の銘は「当たって砕けろ」• 物心つく頃からが大好き。 『第一回』では振り付きで『』を熱唱した。 『』のキャスターに着任してからは、これまで長く伸ばしていた髪を切り、髪型をショートボブに変化させている。 髪型を変えた理由については「心機一転、夜の視聴者の方が入り込みやすい世界観を作ろうと思った」と語っている。 また、自らへのけじめをつけるという意味でもあるという。 oO 」が使われるようになる。 これは携帯を買い換えたところ、新しい携帯に「 V o¥o V 」が顔文字リストに入っていなかったため。 その後、マイ辞書に顔文字を登録できる事に気がつき、2011年1月4日更新以降、「 V o¥o V 」が復活し、使われていた。 ほぼ毎日欠かさず更新していたものの、2011年3月11日に発生したを受けて報道特番のキャスターやFNN取材団として被災地の取材に出向いたために、3月14日付の投稿でブログの更新が途絶え、さらに4月以降は4年先輩のの後任で『』のスタジオサブキャスターを隔週で担当することになったこともあり、4月11日付の「」が最後のブログ更新となった。 尚、『アナマガ』のトップページからでもバナーがありそこからリンクできるようになっていた。 経歴 [ ]• 2007年4月1日、フジテレビ入社。 同期入社には・両アナウンサー。 2007年4月3日の入社式で「朝の顔、夜の顔と呼ばれるアナウンサーになりたい」と抱負を語っていた。 2007年7月29日の『』ではグランドフィナーレの提供読みでトップバッターを務める。 2007年8月から、社会貢献アナウンサー集団『エコアナ』 の一員となる。 2007年9月3日、ドラマ『』の第9話にグランドホステス役として出演。 2007年8月20日 - 8月24日、『今日のきょう! 』でナビゲーターを務めた。 2007年8月、月間ナビゲーターを同期入社の生野陽子とともに務めた。 『』(2007年8月11日)で新人アナウンサーの登龍門でもある恒例企画「まる生チャレンジ全国制覇フォトグラフ」に挑戦し、見事44都道府県で新記録達成。 当日MCのからは「 ゆかりん」の愛称(研修日誌2日目・5日目参照)がつけられた。 2007年10月18日から2008年3月まで、『』の企画一環での案内アナウンスを担当。 月刊グラビア『』の2008年2月号、月刊『』の2008年4月号にグラビアが同期入社の生野陽子とともに掲載。 』では2008年5月号から連載開始。 2008年9月15日 、『』のミニコーナー「はーい! やべっち」で役(の代打)でテレビ朝日出演を果たした。 2011年4月11日付で更新終了。 2010年ののフジテレビ中継班のメンバーに参加、入社以来初めてスポーツ中継を担当した。 2012年10月1日よりの後任として『』メインキャスターを務める。 2015年3月30日放送開始の『』で前番組(『ニュースJAPAN』)から引き続いてメインキャスターを担当。 2016年4月1日に『あしたのニュース』が終了したのち、4月3日より『』キャスターとして登板する。 2017年12月31日、前述のとおり、フジテレビを退職した。 2018年4月6日、のにパネラーとして他局に初出演した。 (元フジテレビアナウンサーの高橋真麻と共演)• 2018年5月18日、沸騰ワード10の伝説の家政婦コーナーに出演し、長女と自宅を初公開した。 現在の出演番組 [ ]• (、月〜木曜:アシスタント(2019年9月30日 - ) 過去の出演番組 [ ] 2007年• (6月2日にに「フジ新入社員」として・と共に来店)• (7月6日)朝顔市をレポート• カメオ出演(7月10日、7月17日)(とお台場フジテレビ社内見学ツアーガイド新入社員)• (7月13日)• (7月17日、7月19日、7月26日、8月3日、8月8日)ザ・冒険王レポーター• 2007(7月21日、8月11日、8月18日、9月1日)• (7月22日、8月26日)7月22日は秋田県のアイス・「バラ盛り(ババヘラ)」をレポート。 8月26日はお天気キャスター代行• (7月24日)「言いまつがい」のコーナー、ダメダメ新人アナウンサー役で再現VTR出演• 2(7月26日)映画のプレゼン• ウッキー! ハッピー! 西遊記! (7月28日、7月29日、の産休直前サプライズコーナー出演・提供読み担当)• ()(8月12日)担当者役• (8月22日、9月22日)8月22日は「お台場映画王」宣伝・映画紹介。 9月22日は「女子アナinヲバ芸」に・・と出演。 (9月3日 - 9月5日)お天気キャスター・の代行• (9月3日)グランドホステス役• FNNスーパーニュース(9月4日)ライフ取材• 天から舞い降りた奇跡の絶景スペシャル! (2007年10月19日 - 2008年3月7日)• (2007年10月19日 - 2008年3月)• MC(2007年10月21日 - 2008年8月31日)番組自体は9月28日で終了。 (2007年10月29日 - 2008年3月17日)パーソナリティー• (12月1日)ニュースキャスター役• (12月17日〜12月20日)特別企画ゲスト 2008年• 第45回「ドラム缶転がし」(1月1日)演目、同期の生野と出演。 (2月24日)2007年9月収録、の彼女オーディションを受ける• アナウンサークイズ王選手権(4月26日)の一環として同期の生野・とクイズに挑戦。 BSフジNEWS(2005年7月 - 2006年2月、2007年7月2日 - 、不定期出演)• フジアナスタジオ まる生2008(7月26日)• (4月11日 - 9月19日)• (2008年4月4日 - 9月19日)• アニメ アンティーク 第5話(7月25日)アナウンサー役。 スペシャル(9月22日)フジテレビチーム• ホームレス中学生 ドバイへ行く!(10月26日)、と共演。 (12月30日朝) 2009年• フジアナスタジオ まる生2009(8月15日、12月5日)• (2008年7月6日 - 2009年9月20日) - 当初はコーナー担当であったが、メインキャスターのが1回で降板したことを受け、2008年7月13日放送分からメインキャスターとして出演していた。 2009年4月5日からはに交代し、コーナー担当に戻った。 FNNニュース(12月31日朝・昼) 2010年• FNNニュース(1月2日朝・昼)• FNNスピーク(2月9日、2月10日、2月12日)バンクーバーオリンピック メディアセンタースタジオ担当• フジアナスタジオ まる生2010(10月23日) - 奥寺と出演。 フジアナスタジオ まる生2010(12月25日) - 同期の生野陽子、中村光宏がMCを務めたために番組に途中参加した。 FNNニュース(12月30日・12月31日夕方) 2011年• FNNニュース(1月3日昼・夕方)• (2011年1月21日) - でのロケーション• (2009年10月3日〜2011年3月26日) - ニュース担当• (2010年7月2日〜2011年3月25日) - 金曜9時〜17時担当(金曜9時〜12時 2010年4月16日〜2010年6月25日)• (2010年7月2日〜2011年3月25日) - 金曜14:05〜14:07• サブキャスター担当(と隔週で担当 2011年3月28日 - 2012年9月28日) 月曜 - 水曜のフィールドキャスター担当(2007年10月9日 - 2012年9月28日)• FNNニュース(12月29日夕方) 2012年• FNNニュース(1月2日昼・夕方)• (2012年10月1日 - 2015年3月27日、キャスター)• FNNニュース(12月31日夕方) 2013年• FNNニュース(1月4日夕方) 2015年• FNNニュース(1月2日昼・夕方)• (2015年3月30日 - 2016年4月1日、キャスター)• (2015年3月30日 - 2016年4月1日、キャスター) 2016年• (2016年4月3日 - 2016年12月25日、キャスター)• 『』(2016年4月 - 2016年12月 、毎週火・水、司会) DVD [ ]• アナウンサー自作自演〜ラヴシーン外伝〜(、2008年4月25日) 舞台 [ ]• (2008年4月26日〜5月6日)内• EHON JAPAN 2008(2008年5月3日、5月4日)アナウンサーによる読み聞かせ• ラヴシーン お台場学園(2008年5月6日) その他 [ ]• お台場発! とって出し! (2008年4月4日)• アナウンサーのお仕事(2007年8月10日、2008年3月11日)• リレートーク 本気でしゃべっていい!? フジアナスタジオまる生2008! 短縮版(放送、毎週土曜13:00〜15:00のダイジェスト版、2008年7月26日土曜放送分) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• バンクーバーオリンピック2010. フジテレビ. 2010年2月6日時点のよりアーカイブ。 2019年12月31日閲覧。 産経ニュース 産経デジタル. 2013年5月21日. 2019年12月31日閲覧。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2015年7月23日. 2016年3月14日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年2月21日. 2016年3月14日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年11月19日. 2016年11月19日閲覧。 eltha oricon ME. 2017年4月26日. 2019年12月31日閲覧。 サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2017年12月14日. 2017年12月14日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年12月31日. 2019年12月31日閲覧。 アナマガ. 2010年7月19日時点のよりアーカイブ。 2018年5月18日閲覧。 2012年10月7日. 2012年10月10日閲覧。 エコアナ、活動中!. フジテレビ. 2008年10月9日時点のよりアーカイブ。 2019年12月31日閲覧。 [ ]• フジテレビ 2011年4月11日. 2012年7月7日時点のよりアーカイブ。 2019年12月31日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2010年1月14日. 2019年12月31日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年3月14日. 2016年3月14日閲覧。 大島由香里 公式ブログ. LINE 2018年5月18日. 2019年12月31日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年9月10日. 2019年12月31日閲覧。 [ ] 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人 1 18時台のみ出演(黒岩は1999年5月3日以降)。 2 17時台のみ出演。 3 全国ニュース枠のみ出演。 4 フィールドキャスターを兼務(長野は2008年3月28日まで)。 5 2000年4月3日から出演中。 6 スポーツコーナーを兼務。 7 『』を兼務。 8 隔週で担当(椿原は2012年10月から1年半は「現場キャスター」の肩書で出演)。 9 交代で出演。 他のキャスターがパートナーにつくことが多かった。 102013年4月1日からコメンテーターは撤廃。 112011年3月にスポーツが文化芸能部に吸収。 122012年6月に廃止。 132012年6月に廃止された「文化芸能部」の後継コーナー。 2012年10月から「にゅーすクリップ」、2013年4月から「トレすぽ」に変更。 歴代キャスター・コメンテーター 期間 メインキャスター コメンテーター 月 - 金 月 - 水 木・金 月 火 水 木 金 1994. 1 1998. 27 1 1998. 30 1999. 31 1999. 1 2000. 31 2000. 3 2002. 27 (不在) 2002. 30 2003. 26 2003. 29 2006. 30 2 2006. 3 2006. 22 2007. 5 2009. 27 2009. 30 2009. 27 (シフト勤務) 2009. 28 2009. 25 (不在) 2009. 28 2010. 25 2010. 28 2012. 28 2012. 1 2014. 26 (不在) 2014. 29 2015. 2 降板についてはを参照。 週末キャスター : - -.

次の