産後 胃痛 背中の痛み。 肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛みなど、姿勢不良が原因の場合は、猫背矯正がおススメ!

背中・肩・腰の痛みとこわばり…女性に多い線維筋痛症とは [肩こり] All About

産後 胃痛 背中の痛み

スポンサードリンク 右脇腹の痛みがでた!背中側に鈍痛-吐き気がでてるあなたに向けて、ここでは• 背中側に鈍痛-吐き気で考えられる病気7つ• 病院は何科を受診すればいいか• 右わき腹の痛みで特に考えらる肝臓の病気の詳細と治療方法• 一般的な腰痛と内臓の病気との見分け方 の4点について詳しく紹介していきます。 私は整形外科に務めており、当院に一般的な腰痛で通っていてなかなか治らないなという人に、 良く症状を聞いてみると内臓との病気との見分けポイントがありそれに当てはまっていました。 内科に受診してもらうとガンだったり、肝臓やほかの内臓の病気のことがつい先日もあったのでご自分がどんな症状にあてはまるかよく読んでみてくださいね。 お腹の痛みでも左右で原因がかなり変わるので、どの場所が痛むのかを詳しく知ることが解決の近道です。 右わき腹が痛むときに考えられる主な原因3つ お腹の痛みなのでトイレに行くという考えがまず浮かびますよね。 まず、1つ目は右脇腹が痛いと感じる時でも便秘や下痢が原因となる場合があります。 便秘によって腸に溜まったガスが他の臓器を圧迫して痛みにつながったり、ウィルス感染で下痢をしている場合も腸が痛むので右わき腹への刺激になったりします。 また、2つ目の原因として長時間のデスクワークで猫背になる場合や、右に偏る姿勢がクセになっている場合も右わき腹への負担になるので痛みにつながります。 そして、3つ目は病気による痛みです。 肋骨に守られている脇腹なので、大事な臓器が集まっています。 右わき腹が痛む以外に体調の変化が現れたら必ず内科で検査を受けましょう。 右わき腹が痛むときに考えられる病気7つ 右側脇腹には肝臓、腎臓、胆嚢、大腸、盲腸が集まっています。 痛み方や諸症状によって治療箇所、方法を見つけやすいので参考にしてみてください。 帯状疱疹 体に出来る赤い疱疹が出来る状態です。 水疱瘡のウィルスが、ストレスなどで免疫力が低下している時に神経細胞に入り込んでチクチクした痛みや疱疹を引き起こします。 帯状疱疹の症状の出方はそれぞれですが、衣服で肌がこすれやすい胴体に現れやすく、チクチクした右わき腹の痛みからだんだんと帯状疱疹が現れるのが一般的です。 症状が現れた場合は 皮膚科を受診しましょう。 そして、休養を取れば帯状疱疹が治まるのですが、あまりに自己治癒に頼ってしまうと最悪、疱疹がないのに日常的な神経痛や麻痺が残る危険性がありますので要注意です。 腹膜炎 腹膜という腹腔を覆う膜が、細菌感染などで炎症を起こす病気です。 症状は右わき腹の痛みから 違和感、吐き気、発熱がみられ、あまりの激痛で気を失うかたも。 そして症例として、虫垂炎や胆嚢炎と併発して起こるケースや、腹への強い衝撃によって腹膜炎を起こすケースもあり、合併症にも気を付けましょう。 治療は内科、消化器科で診てもらい、細菌の炎症なので抗菌薬、抗生物質などを用います。 また、合併症を引き起こしている場合は、その他の病気を優先に治療して、一緒に治していくこともあります。 胆石症 右わき腹が定期的に痛む病気の代表的なものが胆石症。 胆石症は食生活の乱れによって、右脇腹にある胆嚢に石が出来て、それが胆管へ移動する時に痛みます。 右わき腹にある臓器、胆嚢や胆管に胆石という石ができて痛みを引きおこします。 症状は右わき腹、 背中の痛み、発熱が挙げられ、 特に食後に痛むのが特徴。 1時間以上違和感や痛みが続く場合は、胆石症を疑ってみましょう。 例えば油の多い食事、飲み過ぎ食べ過ぎをした直後に右脇腹から背中、腰に掛けて重い痛みが走り、息が出来ないぐらいの苦痛に襲われます。 しかし、10分から30分程のたうち回った後、何事もなかったようにスーッと痛みが引くのが胆石症の特徴。 そして、また油の多い食事をすると同じような痛みに悩まされる事が定期的に起こります。 胆石症の症状はこれ以外にも黄疸、発熱もみられます。 胆石症の治療方法 治療方法は軽度の場合、胆石を溶かしたり、レーザー治療で小さくしたりしますが、重度になると胆嚢炎を起こし手術の為長期入院が必要になるので早期治療を行いましょう。 小さい石で早期発見できれば薬物治療を行い、石を小さく溶かしていきます。 患者の負担が軽いので、それほど苦痛ではありません。 病院は内科、消化器内科で診てもらいましょう。 しかし、後期の症状で、石が大きい場合は腹腔鏡手術が必要です。 その他の合併症を起こしている場合があり、治療にはかなり時間とお金が必要になりますので早めに内科や消化器内科を受診しましょう。 尿路結石 尿が通る管、尿管に小さな石ができる病気で、右わき腹、下腹部、 背中、腰回りの痛みや排尿時は特にかなりの痛みが伴い、血尿などの症状が現れます。 原因としては食生活の乱れ、ストレス、細菌感染などがあげられます。 治療は内科、泌尿器科を受診し、軽度の尿路結石であれば放射線で石を砕き排出させたり、水分をたくさん取ったりすることで自然に排出できますが、重度になると自然排出は地獄の苦しみと言われるほどの激痛なので、手術で取り出すことになります。 ガン 右わき腹が痛むことで考えられるガンは、大腸がん、腎臓がん、肝臓がんがあります。 特に大腸がんは日本人のガン発症率が極めて高く、死亡率も高いので気を付けておきたい病気。 運動不足や、食性格の欧米化で油や砂糖の多い食事などが原因と考えられています。 右わき腹の痛みと併せて 腹部の違和感、血尿、発熱がある場合は内科を受診しましょう。 早期発見できれば治療をしやすく生存率もグンと上がります。 調子が悪い時は右半分 、背中に痛みや違和感があります。 しかし、肝臓の病気でも肝臓が直接痛みを発信するわけではありません。 なぜなら肝臓に神経は通っていないからです。 痛みや違和感はどうして起こるのかと言うと、肝臓が炎症を起こし、大きく腫れた状態になると近くの臓器を圧迫し痛みになります。 肝臓の異変を見分ける症状 腹痛や、筋肉痛とは違って横になって休んでも、痛みが一向に治まらないのが肝臓の病気。 また、 お腹が張る、違和感、過度の下痢、便秘がみられ、目に見えて様子が違う事に気が付くのが黄疸です。 白目も濁ってくるので、顔色が悪いと感じるようなら す ぐに内科か消化器内科を受診しましょう。 右わき腹痛み:肋骨の痛み、腰痛と内臓痛の見分け方 マラソンなどで急に走ると脇腹が痛くなる感覚は誰でも経験したことがあるはず。 しかし、その痛みも1時間ほどでなくなり、特に違和感が残る事もありませんよね。 今回はお腹の痛みに関して、右脇腹の肋骨辺りが痛むときに考えられる原因、右脇腹の痛みに加え腰痛が酷い場合、腰痛と内臓痛の見分け方、そして定期的な痛みに困っている時に気を付けたい病気をまとめました。 この骨が痛いと感じるのはどのような原因が考えられるのでしょうか? 骨折 肋骨の骨はかなり丈夫で大体の衝撃に耐えられるような造りになっていますが、まれに肺炎などで長期間咳が続き、肋骨が折れてしまう、ヒビが入る場合があります。 強くぶつけた場合とは違い、なぜか肋骨だけが痛いという感覚なのでまさか骨折しているとは気が付きにくいので危険です。 押すと痛い、なんだか腫れている気がすると感じたら病院へ行きましょう。 筋肉疲労 偏った姿勢を長い時間とったり、ショルダーバックなどの荷物が長時間肋骨付近に当たり続けたりすると筋肉が炎症を起こし痛みになります。 右利きの場合は右側に力が入りやすいので、右脇腹と共に肋骨が痛むことが多いので、持ち替える、姿勢を変えてみる等対策を取ってみましょう。 肋間神経痛 体の胴体であればどこでも肋間神経痛の痛みが起こりますが、一番感じやすい場所は脇腹、肋骨です。 症状としては急なズキッと刺されたような鋭い痛みが特徴。 何もしなくても急に痛みが起こる場合の他に、ストレスを感じている、くしゃみ、咳、体を伸ばす、力を入れると痛むケースもあります。 そして、肋間神経痛はすぐに治まるので特に気にせず病院へ行かない方が多い病気。 頻繁に痛む、いったん痛み出すとすぐに治まらないようであれば病院へ行きましょう。 応急手当として痛み止めを飲んでみることも方法の一つですが、痛み止めを使うほどの痛みであれば早めに病院へ行きましょう。 また、日常生活おいての適度な運動、食性格を整える、体を冷やさないといった習慣も大事です。 肋間神経痛や筋肉疲労に時には痛みを和らげるような処置を施してくれます。 一般的な腰痛の原因としては、運動不足、長時間立ちっぱなし、もしくは座りっぱなし、猫背、反り腰などが考えられます。 しかし、右脇腹への痛みに合わせて腰が痛い時は、体の右側にある内臓系疾患の可能性があります。 考えられる疾患として、胃潰瘍、胆石症、膵炎、腎臓、子宮、卵管などの病気があります。 ごく一部ですが参考にしてみてください。 継続的な痛みが1週間以上ある• どんな姿勢になっても痛む• 尿の色がおかしい 血が混じる、極端に色が濃い さらにその他糖尿病や高血圧などの持病がある方は内臓疾患の可能性で腰が痛いという可能性が高くなります。 まとめ すぐ痛みが治まるような痛みであればそれほど心配にはなりませんが、今回ご紹介した病気の症状に当てはまるようであれば必ず病院で検査をしましょう。 脇腹は特に重要な臓器が集中している場所なので、体の異変を侮ってはいけません。 右脇腹の痛みでも様々に分けられます。 押したり、触ったりすると痛むのは骨折、ヒビ。 何もしなくても痛い、定期的に痛む、黄疸があるのは内臓の病気。 気になる!健康記事ランキング•

次の

背中の痛みに関する体験談 〜 具体的な症状と原因となった病気や障害

産後 胃痛 背中の痛み

キリキリと痛む・・・ キューっと差し込むような痛み・・・ 胃が張るような痛み・・・ 胃の痛みを何とかしようと 当サイトにたどり着いたあなたなら、 この痛み、苦しみがわかってもらえることと思います。 私自身、しょっちゅう胃が痛くなります。 これは胃痛が来る・・・ 前触れや予兆といった感覚も 大体わかっています。。。 これまでにも色んな対処法も試してきました。 胃が痛くなったらどうするか? その結論とは、 痛みの原因を知り、 原因に対して正しい対処をすることです! 今回は胃痛に関する ・胃の痛みは何が原因なのか? ・胃の痛みを解消する方法は? ・何か大きな病気とかじゃない? といった、疑問や不安を解消し、 さらに、 実際に私が実践している胃痛解消法や、 おすすめの市販薬を紹介いたします。 しょっちゅう胃が痛くなるという方は、 ぜひぜひ、参考にしてみてください! スポンサーリンク 目次• 胃が痛くなる6つの原因 まずは、胃が痛くなる原因についてです。 胃痛は生活習慣や環境、または性格など、 様々な原因が考えられます。 ここでは、 その中でも特に原因として多く見られている 6つの原因を詳しく解説します。 ご自身の環境などから、 何が胃痛の原因となっているか? を、まずは確認してみてください。 食べ過ぎ 暴飲暴食により、消化が間に合わず、 胃痛、胃もたれ、腹痛などが起きます。 また、大量に食べ物が胃の中に入ってくると、 胃の中で胃酸が出過ぎてしまい、 それにより胃痛が起きることもあります。 刺激物の摂り過ぎ 辛いものなど刺激物を摂り過ぎると、 胃の粘膜を傷つけてしまい胃が痛くなります。 空腹 通常、空腹時に胃酸は出ませんが、 何らかの原因で胃酸が出過ぎてしまい、 胃の粘膜が傷ついて痛くなります。 何らかの原因とは、カフェインの摂り過ぎ、 自律神経の乱れなどが考えられます。 ストレス 精神的なストレスが溜まると、 体の自律神経が乱れてしまいます。 自律神経には様々な働きがありますが、 その1つが、胃の働きをコントロールすることです。 この自律神経が乱れてしまうことで 胃酸が出過ぎてしまったり、胃が収縮することで 胃の痛みが発生します。 ストレスが続くと慢性的に痛むことがありますが、 病院で検査しても「異常なし」と診断されることがあります。 このような症状は 「神経性胃炎」「機能性ディスペプシア」 などと呼ばれています。 こちらの記事では すぐに出来るストレス解消法を紹介しています。 あわせてご参考に! 5. 冷え 内臓の冷えによる血流低下により、 胃の働きが悪くなることが原因です。 身体を冷やしてしまうことは勿論ですが、 冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎなどでも 胃腸を冷やしてしまいます。 ピロリ菌 ピロリ菌の感染が原因による胃粘膜の炎症で 胃が痛くなります。 ピロリ菌とは胃の中に棲み着く細菌で、 1度感染すると除菌しない限り胃の中に棲み続けます。 感染経路は、殆どが幼少期に親から子供への 家庭内感染だと言われています。 日本人の約半数の人が 感染しているとも言われています。 ピロリ菌は胃の粘膜を傷つけ、 胃潰瘍や胃癌など胃の病気の原因となる細菌です。 えええっ!と思われるかもしれませんが、 ピロリ菌が原因で胃の病気を発症するのは 感染者の約5%と言われています。 しかし、ピロリ菌が原因で胃炎になった場合、 その後の大きな病気を防ぐ為、 ピロリ菌除菌治療をする必要があります。 ちなみに… ピロリ菌というなんだか可愛らしい名前は、 胃の幽門 ピロルス からきているもので、 正式には「ヘリコバクターピロリ」と呼びます。 以上が胃が痛くなる6つの原因となります。 6つの原因の中に、 きっと思い当たるものがあるはずです 次章からは、それらの原因に対して それぞれ有効な対処法を紹介していきます。 スポンサーリンク すぐにできる4つの対処法 自分の胃の痛みの原因が何なのか? 大体わかったでしょうか。 これだ!と特定できれば一番ですが、 はっきりしない時には、 これは違うかな、 というものを消去してみてくださいね。 また、胃痛の原因に自分自身が 気が付いていないということもあります。 これから辛い胃の痛みを解消する すぐに出来る4つの対処法を紹介いたします。 それぞれの原因により、 対処法の効果の出方は変わりますが、 どれも簡単にできる対処法ばかりです。 自分に合った対処法を見つけるためにも、 まずは全部実践!をおススメします。 【ぬるい白湯を飲む】 胃痛の原因「冷え」に対して効果的。 胃が痛くなったら、 とりあえず白湯を飲んでみてください。 白湯を飲むことで胃が温められて、 胃痛緩和の効果があります。 ただし、熱い白湯や冷たい水は、 かえって胃痛を酷くさせてしまいますので、 必ず「ぬるめの白湯」でなければいけません。 この「白湯を飲む」という対策ですが、 たったこれだけと侮ってはいけません! 経験上、これは絶対にやることをおススメします。 「冷え」だけが胃痛の原因というケースは かなり稀かと思います。 ですが、冷えは誰もが抱えている もはや現代病の1つです。 複数ある胃痛の原因に 必ず入っているといっても良いでしょう。 私自身、胃が痛くなったときは まず「白湯を飲む」ことで、かなり痛みが緩和されます。 経験上、絶対におすすめの1つです! 【右側を下にして横になる】 胃痛の原因「食べ過ぎ」に対して効果的。 食べ過ぎなどが原因で胃が痛い時は、 右側を下にして横になってみてください。 身体の構造、胃の形状から、 身体の右側を下にしていると、 消化を促進する効果が期待出来ます。 【ツボ押し】 胃痛の原因全般に対して効果的。 胃痛に効果的なツボも効果的です。 胃の調子を良くするツボですので、 胃の痛みだけでなく、 むかつきや膨満感など胃の不調全般に効果的です。 おへそから指4本分上を、 両手の指全体で優しく押します。 「押して戻す」を1分程繰り返します。 この時、押し続けないでください。 また、強く押し過ぎないようにしましょう。 手首から指3本分下を、 反対の手の親指で、 「押しては離す」を1分程繰り返します。 左右どちらにもあるツボなので、 どちらかの手で行えばOKです。 こちらの動画で詳しく紹介していますので、 是非、参考にしてください。 胃薬には、それぞれ逆の作用がありますので、 原因に合った方を使用しないといけません。 他にも健胃剤というジャンルもあります。 突発的な痛みではなく、慢性的な胃の悩みの方には胃の自然治癒力を高める漢方由来の生薬タイプがおすすめです。 毎日胃薬を飲むのは体への負担が大きい為、日々の痛み・重みの解消には体に優しくゆっくり効いていくタイプを試してみると良いでしょう。 胃薬は万能ではありませんが、正しく服用すれば症状が楽になります。 ですが、間違った服用は症状を悪化させることもあるので注意が必要です。 根本的な6つ対処法、予防法 前章では、胃が痛くなったときに すぐにできる対処法を紹介しましたが、 ここでは根本的な解決策、 日常生活でコツコツと実践する対処法を紹介します。 毎日なにげなく行っていることが、 実は胃に負担を掛けていた…なんてことも多いのです。 是非、参考にして、 日頃の生活で注意してみてください。 1日3食食べる 毎日、規則正しい食生活を送ることは 胃の健康にとても大切です。 とくに、朝食を抜くと、 胃の動きが悪くなります。 また、空腹時間も長くなるため、 この間にコーヒーなどのカフェインを摂ると 胃への負担も大きくなってしまいます。 油っぽい食事は控える 油っぽい食事は、 胃酸過多の原因になります。 特に、胃の調子が悪い時は、 消化の良い食事を心掛けましょう。 よく噛んで食べる よく噛むこと、これとても大事です! 食べた物が細かくなって胃に運ばれることで、 胃がそんなに頑張らなくても消化することが出来ます。 つまり、よく噛むことは、 消化不良の予防にもなり、胃への負担も少なくします。 胃に負担をかけない消化に良い食べ物については こちらの記事で詳しく紹介しています。 ストレスを溜めない ストレスは自律神経を乱し、 それに伴い胃の働きを悪くしてしまいます。 日頃から適度に休んだり、気分転換するなど ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。 ストレスについては、 こちらの記事もぜひ参考にしてください! 5. 規則正しい生活を送る 規則正しい生活は、 胃の働きをコントロールしている 自律神経を整える為に必須です。 寝不足などで自律神経が乱れると、 胃の働きが悪くなりますので、 規則正しい生活を送りましょう。 身体を冷やさない 体温低下で内臓が冷えてしまうと、 胃の働きを悪くして胃痛の原因となります。 日頃から身体を冷やさないようにすることと、 冬場などの寒い時期は、 半身浴で身体を芯から温めることも効果的です。 半身浴の効果的なやり方など、 詳しくはこちらでも紹介していますので、 是非参考にしてください。 胃痛に潜む病気 ここまで説明してきたの胃痛の症状とは、 ・胃酸過多により胃粘膜を損傷している状態 胃炎 ・胃の働きが悪くなることが原因の胃の不調 が原因でおこる胃の痛みです。 しかし、それらとは別に、胃痛の症状が伴う 胃の病気は他にもあります。 ここでは、その他の胃の病気について 代表的なものを3つ紹介します。 激しい痛みを伴ったり、 痛みに違和感を感じる場合は、セルフケアだけでなく 医師の診断を受けることをおススメします。 胃アニサキス症アニサキス類の寄生虫が 胃の粘膜に入りこむことで発症します。 アニサキス類の幼虫が寄生した魚介 などを食べたこと原因となります。 寄生しやすい魚介では、 イカ・サバ・タラなどがあります。 胃痛、腹痛、嘔吐などの症状が起こります。 内視鏡により虫体を摘出するか、 薬の投与により治療します。 まとめ 胃が痛くなる原因と対処法など、 胃痛に関することを紹介してきました。 胃が痛くても、余程の痛みでない限り、 病院で診てもらう人は少ないと思います。 今回紹介した胃の痛みに関するものは、 あくまで一時的な痛みについてのことです。 胃の痛みや不調が慢性的に続いている方は、 上の章でも紹介したような 重大な胃の病気の可能性も考えられます。 その場合は、 早期の発見と治療が何よりも重要です。 たかが胃の痛みと思わず、 まずは一度、病院での診断、検査を受けることをおススメします。 当サイトでは他にも胃に関する 記事を紹介していますので、こちらもぜひご参考に! そして、食べ過ぎやストレスなどの 一時的な胃の痛みの場合… 是非、ここで紹介した対処法などを 参考にしてみてください。 そして、日頃から胃腸に優しい生活を 送るように心掛けましょう。

次の

産後から2日、胃痛、胸焼け、吐き気、背中痛。つらいです⤵︎産前もなってましたが、産んだあと…

産後 胃痛 背中の痛み

食後に胃痛が発生すると辛いですよね。 今回は食後に胃痛が起こる原因や、考えられる6つの病気を見ていきます。 今食後の胃痛で悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。 食後に胃痛が・・何とかしたい。 食事を食べる前は痛くないのに、食後になると必ず胃が痛くなる・・・ それは体にとっても「ストレス」になりますよね。 せっかくの食事も恐怖になってしまいます。 実は食後に胃痛がするのは生活習慣が原因となっている場合、さらには病気が隠れている可能性も考えられます。 ここからは、食後に胃痛が起こる原因にスポットを当てて原因や考えられる病気を見ていきましょう。 少しでも気になったら病院を受診して下さい。 食後に胃が痛くなる!3つの原因とは? 食後に痛くなってしまう原因をみてみましょう。 実は食べ物を噛まないで飲み込むと、胃はそれを消化するために大量の胃酸を出します。 また噛まないだけでなく、食べすぎてしまった場合でも胃酸を多く出し一生懸命消化しようとしています。 さらに、一気に食べすぎると、胃が広がりすぎて胃酸が食道に逆流し、という病気になることがあります。 これは胃と食道の境目が胃酸によって炎症を起こすもので、胸焼けや痛みを伴います。 まず食後の胃の痛みで考えられる原因は「早食い」「食べ過ぎ」です。 まず、油っこい食べ物は、消化に時間がかかるため、胃の中に長く留まります。 そのため、胃の運動が活発になり、胃酸が分泌されやすくなります。 そのため、胃に大きな負担を与えることになります。 また香辛料や刺激物は胃の壁を荒らす原因、さらには胃酸の過剰分泌を引き起こして胃にダメージを与えます。 日常的に摂取しているという場合は、胃にかなりの負担がかかっているので、胃を休めてあげることが大切です。 特に日頃からストレスを感じるとすぐ胃が痛くなるという方は、また来たか!と胃の痛みが日常茶飯事になってしまっていて市販薬を飲んで抑えたり、放置したりする傾向にあります。 しかし、毎回胃の痛みがいつものストレスからくる胃の痛みとは限りません。 なかなか痛みがひかない、強くなっている場合は何か胃の病気が原因で痛みを発生していることもあります。 たかが胃の痛みとは思わずに病気の可能性もあるということをしっかり覚えておきましょう。 次からは食後の胃の痛みで考えられる病気を紹介していきます。 食後の胃の痛み!症状別に考えられる病気 症状別に病気の可能性を見てみましょう 【病気1:胃潰瘍】 食後に胃の痛みが強くなる、毎食後に胃が痛くなる、さらに長期間痛い場合は「胃潰瘍」が考えられます。 胃潰瘍は、胃の壁が胃酸によって傷ついてしまい、それが潰瘍になってしまっている状態のことをいいます。 一度傷ついただけでは潰瘍にはなりません。 胃酸によって何度も何度も傷つけられているため、その部分が潰瘍になるのです。 胃潰瘍になると、食べ物が胃の中に入り、潰瘍を刺激しさらに胃酸の分泌を増やしてしまっています。 胃潰瘍の人は、食事をして1~2時間後、つまり食べ物が消化されて胃の中が空っぽになったころに最も痛みが強くなります。 これは、食べ物を消化するために多く作られた胃酸が、食べ物がなくなることでより酸性度が高くなり、胃の粘膜を強く傷つけるからだと考えられています。 また、中には胃痛だけでなく吐き気を感じる人もいます。 胃潰瘍は放置する潰瘍が壁を貫いてしまう怖い病気なので、病院での早めの治療が必要になります。 【病気2:胃炎】 食後みぞおちが「ズキズキ」と鈍い痛みがある場合、 さらに胃が膨らんでいるような不快感やムカつきがある場合は胃炎が考えられます。 胃炎は放置すると嘔吐や吐血も起こるとても怖い胃の病気です。 胃炎では胃潰瘍が起こることもあります。 胃炎は3つのタイプに分類されます。 ・急性胃炎 ・慢性胃炎 ・神経性胃炎 食後にみぞおちが痛くなるという場合は多くは暴飲暴食による急性胃炎です。 多く安静にしていれば2~3日で治まってしまいます。 胃炎の詳しい症状についてはこちらの記事に詳しく書いてあるので参考にして下さい。 直近では群馬県や埼玉県のスーパーで販売されている「ポテトサラダ」から o-157が検出され、幼い命まで失われました。 食中毒の症状は食後に胃痛とともに「下痢」を伴うということです。 食中毒は2つの原因があります。 食中毒に感染すると、嘔吐や下痢、発熱、みぞおちの痛み、菌によっては食後6時間から、さらに3日~1週間の潜伏期間を経て発生する細菌もあります。 食中毒は激しい胃痛、下痢、さらには嘔吐症状が現れたり、人によって脱水症状、意識の混濁が起こったりします。 この場合すぐ医療機関を受診し適切な処置を受けることが重要です。 今回のように特に幼い子供や体が弱い老人は命を落とす可能性もあります。 また食中毒の場合、下痢や嘔吐はその細菌を「外に出す」ために体が抵抗しているので、市販薬の吐き気止めや下痢止めは使わないようにしましょう。 いずれもすぐ医療機関を受診して下さい。 さらにしっかりと食品自体に熱を通すことも大切です。 【病気4:呑気症】 吞気症(どんきしょう)という病気を聞いたことはありませんか? この病気の特徴は食後に胃痛と「げっぷ」が起こるのが特徴で、食事の時に無意識に大量の空気を飲み込んでしまい胃の痛みやげっぷを引き起こしています。 この吞気症は「ストレス」が最大の原因で特に20代~50代の女性に多く発症しています。 とくに女性はげっぷ=恥ずかしい、下品と思う方も多く吞気症自体の症状がストレスになり悪化していることもあります。 ストレスを解消し、食事をよく噛み時間をかけることで空気が飲み込むのを防ぐことができます。 【病気5:十二指腸潰瘍】 食後2~3時間後になると必ずみぞおちの辺りが痛む場合は十二指腸潰瘍の場合が多いです。 十二指腸潰瘍は胃が空っぽになったときに痛みがあり、十二指腸は背中にまで臓器が広がっているので、背中に痛みを感じることが多いです。 しかし、背中に痛みが起こる場合、時には、放散痛として背中に痛みがひろがることもあります。 ・背中の左側が痛い:膵炎、脾腫 ・背中の右側が痛い:肝炎、肝臓がん、胆石、胆嚢炎、胆管がん 左側と右側の痛みで考えれる病気も異なってきます。 自己判断せず、みぞおちの痛みは、消化器疾患だけではなく、狭心症などの虚血性心疾患の可能性もあるので早めに病院受診するようにしましょう。 【病気6:胃がん】 食後に胃痛が起こり吐き気がある場合、さらにはみぞおちが痛くなったり膨満感を感じる、胸やけがするという場合は胃がんの可能性もあります。 実は胃がんは早期発見早期治療によって完治が可能ですが、やっかいなことは「初期症状がほとんどない」ということです。 さらに初期の頃は症状があったとしても胃炎や胃潰瘍と症状が似ているので放置してしまう傾向があり、がんと診断される頃にはかなり進行しているという場合が非常に多いです。 定期的な健康診断がとても大切です。 【病気7:逆流性食道炎】 食後胃痛がしたり、熱いといった症状があり、胸やけをしているような感覚になります。 この逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流して起きてしまう病気で、この病気にかかる人は年々増加傾向にあります。 胃酸過多や、肥満、食道の運動機能の低下があげられます。 胃酸の分泌を抑える薬をしたり、食事内容を見直すことで改善していきます。 【病気8:急性膵炎】 食後に胃痛のような痛みが起こり、吐き気や嘔吐、膨満感といった症状がある場合、胃痛ではなく急性膵炎の可能性も考えられます。 膵臓は、食べ物を分解したり消化するために酵素を作り出している大切な臓器ですが、この膵臓に炎症が起きてしまっている状態です。 じわじわと痛みが発生することもあれば、突然激痛が襲うこともあります。 油っこい食事やアルコールの飲みすぎたときに起きやすいので注意が必要です。 食後に胃痛が起こったら?対処法は? 食後に胃痛が起こるという場合はまず「食事内容を見直す」ことが大切です。 冷たいもの、刺激物はさけ野菜中心の温かいものを摂取すると胃にもやさしく胃痛を改善することが出来ます。 またあまりにも痛い場合はお粥などの消化の良いものを食べるとよいでしょう。 そのため、食後に胃痛が起こってしまうという事態を招いてしまいます。 特に辛い物が大好きで日常茶飯事で食べているという方は注意が必要です。 またアルコールも胃酸の分泌を多くしてしまうものなので、飲酒は適量を守りほどほどにしましょう。 よく噛むことで食べ物が小さくなり胃に運ばれます。 食べ物が小さいと消化で胃にかかる負担を減らすことができ、胃痛の予防にもなります。 逆によく噛んで食べないと、胃にかかる負担が大きくなり食後に胃痛が発生します。

次の