代々木上原 矯正歯科。 医療法人社団登龍会代々木デンタルクリニック

渋谷区(代々木上原) 歯科・歯医者【三浦デンタルオフィス】インプラント 入れ歯

代々木上原 矯正歯科

代々木上原駅前矯正歯科は、小田急小田原線と東京メトロ千代田線が乗り入れる、利便性豊かな代々木上原駅の目の前に位置している。 ユニットは1台のみで、ほかの患者さんとバッティングすることのないよう配慮された医院だ。 取材日にはクリスマスツリーが飾られていた。 院長自ら季節に合わせて装飾を変えているそうで、アットホームな医院として親しまれている。 朝早くから診療をしており、出勤前に寄ることもできる。 多くの患者さんが来院できるよう診療時間を長くしているという國母先生は、患者さんを第一に考えた姿勢が随所に伺える。 そんな國母先生に、思い出深いエピソードや噛み合わせに関する興味深いお話を伺った。 國母 英一院長 インタビュー なぜ矯正歯科医になろうと思ったのですか? きっかけは、大学の卒業テストの時期でした。 卒業テストに向けて補綴や口腔外科など色々な科を経験し、課題を提出するんです。 たまたま私が担当した患者さんは「すきっ歯」の患者さんで、テストの課題としてその補綴物を作ることとなりました。 すきっ歯でしたから、隙間を埋めて見た目もよくなるよう製作して補綴物を提出しました。 その結果、驚くことに、担当の指導医にその埋めた部分をバッサリと切り落とされて「これでいいんだ」と言われたんです。 そのときに「じゃあ、もとの歯を動かせばいいんじゃないか」と考えました。 それならば歯並びを治す勉強をしてみようかと思い、矯正を選びました。 今は『矯正をすることによって、患者さんがよりよい人生を歩んでいってほしい』と思って治療にあたっています。 お一人で診療されているとのことですが、1日の患者さんは何人ぐらいですか? そんなに多くの方を診ることはできませんね。 過去には、朝から晩まで頑張って20人くらい診たこともありました。 人数を多く診たのは、ワイヤーのチェックや取り外し装置のチェックなど、治療が軌道に乗っている患者さんが多いときです。 逆に、新たに矯正装置を装着するなど時間がかかる方ですと、人数を多く診ることは難しいです。 当院の診療時間が長いのは、多くの患者さんにいらしてほしいから。 朝は7時から診療しているため、出勤前に立ち寄る方も多いです。 あとは、学校終わりの夕方の時間が多いですね。 どうしても混み合う時間帯がありますが、ユニットは1台しかありません。 患者さんを分散させるためにも、診療時間を長くしてニーズに合わせるよう頑張っています。 学校終わりの患者さんも多いとなると、近隣の方が多いのでしょうか? 近隣というよりも、駅が近いですから、自宅から離れても通ってくださる方が結構います。 子どもの患者さんが多く、1人で電車を乗り継いで来る子もいます。 自宅から距離があっても、塾へ行くのと同じ感覚で来院する子が多いのだと思います。 あとは、乗り換えのついでにいらっしゃる方もいます。 代々木上原駅は乗り入れがあり、アクセスしやすいようで助かっています。 駅の目の前ですから、多少の雨なら傘なしでも濡れずに来れますよ(笑)。 印象深い患者さんとのエピソードはありますか? ここで開院して10年経ちますが、親子二代で通ってくださる患者さんがいます。 神奈川の遠くから来る患者さんなのですが、そのお母さんは若年性の歯周病で、治療で苦労をされた方でした。 そのため、子どもには同じ思いをさせたくないとお子さんを連れてきました。 話を聞いてみたら、以前そのお母さんに「子どもが生まれたら何歳から矯正すればいいですか?」と聞かれて、私が「3歳になったら連れてきて」と言ったから連れて来た、と言うんです。 正直、私は3歳と言ったのはあまり覚えていませんでした。 それを覚えていて、本当に連れてきてくれたことに感動しました。 それだけしっかりしたお母さんが患者さんでよかったと思います。 3歳というのはどういった理由があるのでしょうか? 不正咬合は、乳歯列が完成した段階である程度わかってきます。 唇の強さや舌の癖、呼吸、唾液の飲み込み方などから歯並びが悪くなってきます。 歯並びだけでなく、癖の問題があるかどうかも3歳くらいになるとある程度わかるようになります。 また、乳歯列の時期からしっかり通院することで、虫歯などのチェックや予防処置もしながら歯列を守っていくことができます。 これも矯正の役目であると思っています。 矯正とは、歯だけでなく、一口腔単位で考えるもの。 『なってほしい形』に誘導していくのは簡単ですが、虫歯や歯周病など『なってほしくない』要素を取り除いていくことも重要だと思います。 成人矯正と小児矯正、どちらが難しいのでしょうか? どちらが難しいということはありません。 私の師匠は「早期に治療を始めれば顔はあなたの考えに適合してくれる、治療が遅れるとあなたの考えを体に合わせよ」とおっしゃっています。 子どもは成長を利用できるというメリットがありますが、大人の場合は成長が終わっているため、その顔に合った歯並びを作らなくてはなりません。 成長があれば顔を治すことができますが、その段階でよい方向に誘導していくことと悪くならないようにするという両方が必要です。 矯正治療において機能不全の問題は非常に大きく、後戻りは避けては通れない道です。 後戻りをしてしまう一番の問題は、呼吸と嚥下。 ここが安定しなければ、せっかく矯正治療をしても後戻りしてしまいます。 そのため私は、一番大事な呼吸と嚥下も指導しています。 嚥下の問題が特に大きいウェイトを占めている症例に関しては「今日は舌の訓練の日」と、舌の訓練だけで来てもらうこともあります。 そうすることによって『この訓練は矯正治療においてとても大切』ということをわかっていただきたいんです。 機能不全とは具体的にどういったことですか? 機能不全の代表的なものは口呼吸です。 口で息をすると姿勢が変わります。 たとえば鼻詰まりのとき、背筋を伸ばすと息苦しさを感じるため、猫背になることで呼吸を楽にします。 そうするとオトガイ筋が引っ張られて顔は面長となり、顎は発育せずにどんどん下に向かって成長していき、出っ歯となってしまいます。 さらに、姿勢が崩れることによって舌が歯と歯の隙間に入る癖ができて習癖となってしまいます。 姿勢・習癖・筋肉・嚥下、これはサイクルで、1つでも狂うとすべて狂ってしまいます。 そのため、単純なアレルギー性鼻炎なども歯並びに影響を及ぼします。 歯だけでなく、歯科医師としてそういったことも診ていくのが仕事だと思います。 開業された理由を教えてください 長いこと下北沢に住んでおり、下北沢近辺で開業したいな、と頭にありました。 たまたま代々木上原の物件が空いたとの連絡があり、見た所がここでした。 もともと「開業するときは、1つの予約枠に患者さんは1人だけ」という治療がしたかったので、ユニットを何台も置くつもりはありませんでした。 ここはそんなに広くはありませんが、ユニット1台で自分の理想とする治療ができるのではないかと思って決めました。 どういう歯科医院がよいのか、歯科医院を選ぶポイントを教えてください やはり診断でしょうね。 診断がしっかりしているかどうかだと思います。 たとえば口腔内写真にしても、横を取っている人は多いですが正面を取っている人は少ないです。 私は、患者さん一人ひとりに対して治療目標を作っています。 その方が治療後にどういう顔になるのかを計算し、そのためにどのくらい歯を動かすのかまで計算して出しています。 ただ、数値のままだと患者さんがわかりにくいため、計算して出したものを最終的に絵にして表現しています。 さらに当院では、患者さんに今の治療がどういう状況かを書いたものを紙でお渡ししています。 目で見てわかれば、患者さんの励みになるのではないかと思っているからです。 正直なところ結構手間がかかりますが、その治療目標を見れば「少し治療が遅れているな」「このケースだとここが注意事項だ」ということがすぐにわかるため、これからもずっと続けていきたいですね。 院長プロフィール <経歴> 1988年 神奈川歯科大学卒業 1988年 東京歯科大学矯正科勤務 1993年 都内矯正歯科医院勤務 2006年 代々木上原駅前矯正歯科開院 <所属・資格> 渋谷区歯科医師会会員 医療管理委員 日本矯正学会会員 東京矯正学会会員 Biopogressive Study Club 学術担当理事 Gujino コース フィロソフィーコース インストラクター 代々木上原駅前矯正歯科 基本情報 住所 東京都渋谷区西原3-11-6 杉本ビル2F アクセス 東京メトロ千代田線、小田急線 代々木上原駅 徒歩0分 電話番号 診療科目 目立たない装置(透明な装置、裏側矯正、舌側矯正、マウスピース矯正) 予防矯正・成人矯正・小児矯正・インプラント矯正 診療時間 7:00~20:00(日曜祝祭日は16時まで) 休診日 月曜日 患者さんの声(口コミ・評判)現在、患者さんの声(口コミ・評判)はまだありません。

次の

<歯科口腔外科>代々木上原駅周辺の歯医者|EPARK歯科

代々木上原 矯正歯科

歯科矯正を専門とする「代々木上原矯正歯科」は、代々木上原駅東口から続く商店街に入ってすぐのところ、周囲の雰囲気に溶け込んだしゃれた雰囲気は、通院にちょっとした楽しさをプラスしてくれる。 内装も清潔感のある白を基調にしながら、床に温かみのあるナチュラルウッドを用いるなど、ついつい緊張しがちな患者の心を和ませてくれるような仕上がり。 診察スペースはきょうだいの患者や家族もつき添っていられるように広めに造られており、澤田亜理沙院長のこまやかな心遣いが随所にあふれている。 「もっと気軽に矯正を受けてもらいたい」という澤田院長に、歯列矯正を受ける意味や、診療におけるポリシーなど、さまざまな話を聞いた。 (取材日2019年6月24日) 歯列矯正を受けるメリットを教えてください。 矯正というと、歯並びの見た目の美しさを整えるためのもの、というイメージがある方も多いでしょう。 しかし本来は噛み合わせを正しくするためのもの。 噛み合わせが正しくなると、噛んだ時の力のかかり方に無理がなく、お口全体で均一に力がかかるようになりますから、歯を長く健康に維持できることにつながります。 また、歯列のデコボコなどがなくなりますから、日々のケアの中で磨き残しが少なくなり、虫歯や歯周病のリスクも格段に減ってきます。 お口の中をより良い状態で維持することがしやすくなるんですね。 それがいわゆる「機能美」というものですね。 できるだけ長くご自分の歯で健康な生活を送っていただくためにも、矯正をぜひお勧めしたいです。 おおむね乳歯が生えそろった学童期のお子さんであれば受けることができますが、何歳までに、という上限はないんです。 私の患者さんでは60歳代の方もいらっしゃいました。 ただ、どうしても時間と費用がかかりますから、あとは患者さんのお気持ちとの相談になりますね。 お子さんの場合は乳歯が生えそろう8歳前後に開始するケースが多いですが、顎の形状に問題がありそうな場合には成長を利用して骨格にアプローチする必要がありますので、もっと低年齢から関わらせていただいたほうが良い場合もありますし、逆に歯の生えるスペースが特に少なくて将来的に抜歯が避けられないような場合には、永久歯が生えそろってからの矯正をお勧めする場合もあります。 いずれにしろ詳細な検討が必要になりますから、気になることがありましたら早めに矯正専門のクリニックに相談されると良いでしょう。 自分の体験も交えて患者も気持ちに寄り添う かつては歯の表側にワイヤーを取りつけるタイプしかありませんでしたが、今は裏側にワイヤーを取りつけるものや、マウスピース型など、いろいろな装置が開発されています。 こういった新しい矯正方法は、日本以外の欧米の国の方が進んでいるところもありますので、私も日本に限らず足を運んで常に新しい知識や技術を学んで取り入れるようにしています。 成人女性にはやはり目立ちにくい裏側のワイヤーやマウスピース型装置を使った矯正が人気がありますね。 お子さんには取り外し可能なものをお勧めすることが多いですが、そのお子さんの性格なども加味して決めていきます。 どの装置も一長一短がありますので、その方に適しているものをご提案して、患者さんの希望とすり合わせて決定します。 治療期間が長くなると、患者さんのモチベーションを維持するのが大変では? そうですね。 私も中高生の頃に歯列矯正を受け、痛みや違和感を感じたり、治療を面倒だと思ったりしていましたので、そうした患者さんの気持ちはよくわかります。 当時、私は部活で楽器を吹いていたのですが、矯正の器具をつけると違和感があり、音色も変わってしまったような気がして、必死に練習をした覚えがあります。 そんな自分の体験談を交えてお話しさせていただくと、患者さんも気持ちが和らぐようで、また前向きになっていただけることも多いんですよ。 矯正は患者さんの協力がなければ進めることのできないものですから、患者さんと二人三脚で進めるつもりで、日々気持ちを理解し信頼関係を築けるように心を砕いています。 お子さんの場合は、親御さんとお子さんの間で矯正に対する意識の違いがある場合が多いですから、まず本人が自分の歯並びをどう思っているかを聞くことにしています。 多少でも気にしていれば、前向きに取り組んでもらえると思うのです。 あまりにも抵抗感が強い場合には、治療開始を急ぐより時期を持つこともあります。 しかしお子さんは成長がある中で歯を動かしていきますので、スタートするタイミングは重要になってきます。 いずれにしろ本人にも親御さんにもきちんと話をして、納得いく矯正ができるようにと考えています。 また少しでも楽しく通っていただきたいので、相談した上で装置を好きな色で作ったり、ワイヤーを留めるゴムをカラフルにしてみたり、私も意識して声がけしたりして、気分を盛り上げるようにしています。 地域の人たちが安心して通える矯正歯科医院に 最初は漠然と、「将来は何か人の役に立つような仕事に就きたい」と思っていたんですが、身近に女性の歯科医師の存在があり、さまざまな話を聞くうちに歯科医師という職業に憧れを抱き、当時から手先を使うことが好きだったのでこの道へ進みました。 加えて自分が矯正を体験したことも大きかったですね。 矯正期間中は面倒に思うこともありましたが、装置を外した後、先生がビフォーアフターの写真を見せてくださったんです。 そうしたら歯並びだけでなく顔つきまで変わっていて、素直に驚きましたし感動しました。 「受けて良かった」と親に感謝しましたね。 歯科医師になってからは、専門的な知識がないと携われない矯正の奥の深さに魅了されて、ここまでやってきたという感じです。 歯列矯正は患者さんの協力なしには進められません。 取り外しできる装置の場合は、適切な時間きちんとつけてもらわないとなりませんし、日々の歯磨きなどのケアを怠ると虫歯になることもあります。 きれいな歯並びが安定するまで、矯正の装置を外した後も一定の期間様子を見させていただく必要があります。 矯正治療に時間は必要ですが、整った歯並びと噛み合わせは、その人の生活やこれからの将来に、確実に良い影響を及ぼしてくれると私は思います。 矯正に際しては納得して受けていただけるよう、きちんとした説明を心がけていますので、お気軽にご相談ください。 代々木上原矯正歯科の関連記事 検診・治療レポート• 自由診療費用の目安 ワイヤー矯正(部分矯正も含む)/10万円~、裏側矯正/90万円~、マウスピース型装置/5万円~、小児矯正/30万円~.

次の

Drs. Kaku’s Office/スーパースマイル国際矯正歯科

代々木上原 矯正歯科

理事長紹介 理事長 野口 顕造• このたび東京メトロ・小田急電鉄、代々木上原駅構内にてアコルデ代々木上原デンタルクリニックを開設することになりました。 虫歯は早く見つけて、削って詰めるものだと考えていませんか? 詰めても虫歯の原因をなくさなければ再発し、悪化していきます。 その繰り返しで、多くの人が歯を失っています。 虫歯の原因を知り、正しい予防をしていくことが最良の虫歯治療なのです。 当院では、カウンセリングや予防治療を中心としております。 また、歯周病の専門医も在籍しております。 口腔内の状況、治療内容について、しっかりとご理解して頂けるようなコミュニケーションを大切にしていきたいと思っております。 略歴 昭和45年生まれ 日本歯科大学歯学部卒業 日本歯科大学大学院歯学研究科修了 歯学博士取得 都内の勤務を経て平成11年2月医療法人社団修命会法人設立理事就任 先代野口靖夫から野口歯科医院を引継ぎ同法人理事長就任 現在、アコルデ代々木上原デンタルクリニック・アリオ西新井デンタルクリニック・越谷レイクタウン歯科クリニックの3医院を開設 日本歯科大学生命歯学部非常勤講師• 所属団体 日本解剖学会・歯科基礎医学会・日本口腔インプラント学会・日本顎顔面インプラント学会 ICOI 国際インプラント学会 ・日本顎関節学会・日本顎咬合学会・日本歯科医師会 東京都歯科医師会・IADR 国際歯科研究学会 ・JADR 国際歯科研究学会日本部会.

次の