レター パック。 レターパックが2019年10月から値上げになります!古いレターパックは使えるの?

レターパックで送れないもの一覧!送れるけど送らない方がいいものも!

レター パック

レターパックはコンビニのセブンイレブンで買える レターパックライトやレターパックプラスを郵便局に行けば買えるのは分かっているのだけど、近くに郵便局が無い場合は不便ですよね。 今年の夏は猛暑なこともあり、日中、離れた郵便局まで行くのが耐えられない、、でもそういえば、レターパックってコンビニで買えたよね、と思い立ち、最寄りのセブンイレブンに行ったところ、無事、レターパックライトとレターパックプラスのどちらも購入することができました。 販売金額はもちろん、郵便局で購入する時と同じで、レターパックライトが360円、レターパックプラスが510円でした(2019年6月時点)。 これなら離れた郵便局に買いに行かなくても済むし、郵便局の営業時間が終わった夜でも購入できるのでとっても便利です。 ネットで調べてみると、「セブンイレブンではレターパックを購入できない」と書いている記事を多数見かけますが、セブンイレブンのどの店舗でも買えない、というのは間違いです。 レターパックのコンビニでの販売について、郵便局のホームページにはこのように記されています。 セブンイレブン 切手・はがき・印紙販売 セブン-イレブン各店舗で、はがき、切手、印紙等をご購入いただけます。 詳しくは各店舗にてお問い合わせください。 レターパックは郵便切手類に含まれるので、郵便切手を販売しているセブンイレブンであれば、レターパックを取り扱うことは可能なんです。 ですが、ニーズが無いとその店舗が判断した場合は、その店舗には置いていないことがある、ということですね。 それではなぜ、セブンイレブンではレターパックを購入できない、との間違った情報が拡散されてしまったのでしょうか。 調べてみると、その理由は、日本郵便株式会社と提携しているコンビニが、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ローソンストア100に限られているからでした。 日本郵便株式会社と提携しているコンビニは、ゆうパックを発送することができます。 セブンイレブンでは宅配便の発送に関してはヤマト運輸と提携しているので、ゆうパック以外についても、日本郵便の扱う商品は販売していないと思われてしまったようです。 日本郵便株式会社と提携していないコンビニでも、郵便切手類販売の委託業務を契約していれば、レターパックの取り扱いは可能です。 セブンイレブンは委託業務契約しているコンビニに含まれます。 セブンイレブンでのレターパック販売について、ツイッターの声を拾ってみました。 近くのセブンがついにレターパックの取り扱いを開始したのを確認した。 レターパックを置いていないセブンイレブンもまだまだありそうですが、あなたの住まいの近くのセブンイレブンは販売しているかどうか、無いと諦めずに、まずは店舗に聞いてみることをおすすめします。 無かった場合も聞いてみることで需要があると店舗側が知ることにより、今後、取り扱うことになる可能性が出てくることと思われます。 レターパックの取り扱いがあるコンビニ一覧:おすすめはローソン セブンイレブン以外のコンビニでレターパックを取り扱っているコンビニはどこがあるでしょうか。 1.ローソン(店内にポストあり・集荷1日2回) 2.サークルK・サンクス(一部店舗は除く) 3.ミニストップ(WAON払い可能・ポイントはつかない) 4.デイリーヤマザキ(一部店舗は除く) 5.セイコーマート(一部店舗は除く) 6.ファミリーマート(一部店舗のみ取扱い) ローソンはゆうパックを始め、郵便ポストも店内に設置していて集荷もあり、レターパックの販売もHPに表記されているので、一番高い確率でレターパックを購入できるコンビニになります。 サークルK・サンクスもレターパックを販売していることがHPにしっかり書かれています。 上記のコンビニでも客のニーズにより販売は可能なものの、置いていない可能性もありますので、必ず購入できる、という意味ではありませんのでその点はご注意ください。 ポプラや、スリーエフ等でも切手を販売している店舗であればレターパックの取り扱いは可能ですが、置いていないところがほとんどのようです。 セブンイレブン:レターパック購入はnanacoが使えるがポイントはつかない コンビニでレターパックを購入する場合は、公共料金を払う時と同様にクレジットカードを使うことは出来ず、現金を用意する必要がありますが、セブンイレブンであればnanacoを利用することが可能です。 1つ注意点は、現金の代わりにnanacoを使用することは出来ますが、レターパック代分のポイントはつきません。 レターパックなどの郵便切手類はポイントの対象外商品であることがセブンイレブンのHPに書かれています。 (ポイントは税込108円ごとに1ポイントになります) レターパック発送:郵便ポストに投函できるのは厚さ何cmまで? コンビニでレターパックを購入して、送りたいモノを入れ宛先や品名を書いたら、次は発送ですよね。 レターパックはハガキなどと同様に郵便ポストから送ることが可能です。 気になるのはポストの投函口の大きさですよね。 最新の大型郵便物用のポストの場合、 投函口の大きさは、厚さ4cmx横幅29cmになります。 古いポストの場合、投函口の大きさは、厚さ3.4㎝x横幅24cm、 ローソン店内のポストは、厚さ3.4㎝x横幅24cmになります。 それに対して、レターパックライトとレターパックプラスのサイズと厚みがこちらになります。 ・レターパックライトのサイズと厚さ サイズ 340mmx248mm(A4ファイルサイズ) 厚さ A4サイズ、重量4㎏以内であれば3cm以上でもOK レターパックライトは厚さが3cm以内、横幅は24cmですので、いずれのポスト投函も可能です。 レターパックプラスの場合は、古いポストやローソンに設置のポストに投函する場合は3.4㎝以内、最新の大型郵便用ポストでも4cm以内である必要があります。 それ以上の厚さの場合は、どうしたらよいのでしょうか? レターパックはコンビニ発送できない レターパックがコンビニで買えるのなら、発送もできるといいのですが、ゆうパックや宅配便のようにコンビニの店頭でコンビニスタッフにレターパックを引き受けてもらい発送することはできません。 レターパックプラスについては集荷も行います。 詳しくはお近くの郵便局へお尋ねください。 レターパックプレスであれば、集荷が可能であることが郵便局のHPに記されています。 郵便局の窓口まで行けない場合は、最寄りの郵便局に集荷について尋ねてみることをおすすめします。 集荷サービスは無料です。 レターパックプラス:対面でお届けし、受領印又は署名をいただきます。 と定められていて、コンビニで受け取ることはできません。 レターパックライトは原則、相手宅の郵便受けへのお届けで、郵便受けに入らない場合は対面お届けとなり、レターパックプラスは対面でお届けで、受け取った相手は受領印か署名をすることになっています。

次の

レターパックの特徴・料金・利用方法

レター パック

手軽で便利なレターパック。 全国一律料金で追跡サービスもあるので、大切なものを送るときに使いやすいですよね。 送り主としても、受取人としても、どちらの立場でも安心して使えます。 ところでレターパックって、返信用封筒としても使えるってご存知ですか? 幼稚園・保育園・学校などへ、学校案内などの資料を郵送で取り寄せるとき、 卒業した学校へ、成績表や卒業証明書などの証明書を送ってもらうとき、 役所へ、戸籍謄本や住民票の写しなどを郵送で請求するとき… 返信用封筒を必要とするシーンってほかにもいろいろありそうですね。 先方から、返信用封筒の種類に指定があればそれに従うことは第一ですが、 相手から送られてくる書類の量や重さってはっきりとは分からないし、 送り返してくれたことを、確実に知りたいし、 安心してやり取りをしたい!! そんなとき、レターパックは追跡サービスがあるので、安心してやり取りができるんです! ということで今回は、返信用封筒にレターパックが使えるということについて、詳しく説明しますね。 注意点もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。 レターパックが返信用封筒に使えることも、折り曲げて大丈夫なことも分かったけれど、あて名面はどうやって書けばいい? という方、こちらも説明しちゃいますね! 返信用封筒は基本的に、相手から見たあて名…つまり「あなた自身の住所氏名」をあて名欄に記入しておきます。 これはレターパックでも同じ! TO となっている上の枠内に、あなたの住所と名前を書いておきましょう。 その際一般的には「(自分の名前)行」と書くことになっています。 先方がその「行」の字を二重線で消して「様」と書き直して送ってくれます。 ただこれは、レターパックの場合は絶対というわけではなさそう… この「行」と書く理由は、相手への敬意、自分に対する謙遜を示すお手紙マナー。 白紙の封筒の場合はこれでいいんですけど、レターパックの場合、もともと「様」と書いてあるので、 あなたが「様」を二重線で消して「行」と書いたものを、相手がさらに二重線で消して「様」と書く… とってもややこしいですよね。 見た目にもなんだかぐちゃっとした印象になるし、相手の手間もあるし… これって本当に必要かというと、そうでもないかと思われます。 実際に日々利用する人たちの中でも、「行」と書き直すことは絶対ではないようです。 相手がどんな方なのか、礼儀重視という場合、事務的なスムーズ重視という場合、ここは状況によって使い分けることにしましょう! まとめ 関連ページ よく利用されるのが郵便局のサービスであるレターパックです。 レターパックにはプラスとライトの2種類がありますが、性質が異なるのはご存知でしたか? 間違った使い方をしないように確認していきましょう。 レターパックで衣類を送るとき、ライトかプラスか迷う事ってありますよね。 ライトとプラスの境界線は衣類何枚くらいでしょうか? 今回は衣類を送る時のレターパックの選び方と送るコツをご紹介します。 CDやDVDを贈る場合、郵送の途中で割れちゃわないかな?って心配になりますよね。 今回は、レターパックでCDやDVDを送ることができるのか?という疑問にお答えします! 梱包の仕方も紹介します! 商品券ってレターパックを使っても大丈夫なの? もし配送中になにかあったときの補償ってどうなる? 今回は、レターパックで商品券を送れるかどうかについて解説しようと思います! 食品って賞味期限があるから早く届けたいし、口に入る物だから雑に扱われたくない。 補償があって追跡も出来るゆうパックは良いけれど、遠方へ発送する場合は高額になってしまいます。 もし安くて早いレターパックが使えたらとても便利ですよね! 今回はレターパックで食品は送れるのか?という事についてご紹介します。 レターパックはいろんなものが手軽に送れて便利ですが、コンビニでも購入できるかどうかは気になるところですね。 ローソンでは送れるけどセブンでは送れないとか、店舗によって違う?? 今回はレターパックを取り扱かってるコンビニと発送方法について解説します。 専用封筒を使うレターパックならではの仕組みなので、剥がし忘れが多いみたいですね。 剥がし忘れた事にすら気がつかない事も! もしかして剥がし忘れたら配達されないのでしょうか? 今回はレターパックのご依頼主様保管用シールを剥がし忘れてしまったときの対処法についてご説明します。 レターパックでうっかり住所や名前を間違えたという経験はないですか? 封をした後入れ忘れに気づいた、封筒を破いてしまった、濡らしてしまったなど。 今回はレターパックを書き損じた時の訂正の仕方や返品・交換についてご紹介します。 元々レターパックの封筒には両面テープがついています。 でもそれだけじゃ心もとない。 そんなとき、ガムテープで補強してもいいのでしょうか。 補強してもいいのか?そのときの注意点を含めて解説していきます! レターパックプラスは安くて便利。 「封筒がパンパンだけどレターパックプラスで送りたい〜!!」ってときありますよね? そんなときは封筒の形を工夫するだけでもう少し厚みのあるものが入るかもしれません! レターパックはいつ届く? 土日・祝日を挟むと遅れるの? 今回はレターパックがいつ届くのか、土日を挟む場合についてもご紹介します。 レターパックは日曜日・祝日・年末年始やGWも配達されるのでしょうか? 平日と日曜日・祝日で取り扱いに違いはあるのか? 今回はレターパックの日曜日・祝日の取り扱いについてご紹介します。 レターパックを出そうとしたら電話番号を書く欄が! そういえば相手の電話番号は知らないし、個人情報だから聞けないよ! レターパックを送るのに相手の電話番号は必要なのでしょうか? せっかくレターパックの封筒を準備したのに送れなかった、窓口で受け付け拒否された なんてことになったら、封筒代ももったいないし二度手間だし困っちゃいますよね。 今回は、レターパックで送れないものと、送らない方がいいものについて解説します。 レターパックを使ったら、どれくらいの日数で相手に届くのか。 「レターパックプラス」と「レターパックライト」では配達日数に差があるか。 今回はレターパックプラスの発送から配達されるまでの日数について紹介します。 レターパックは ・どうやって使うの? ・どんなふうに便利で安心なの? ・使うときにはどんなことに気を付けたらいい? 今回はレターパックの使い方について詳しく解説していきます! レターパックには「配達希望日」や「配達希望時間帯」を書く欄がありません。 受取人が不在だった場合、いつ受け取ってもらえるのか心配ですよね。 今回はレターパックの配達日・時間指定ができるのか、希望の時間帯に受け取る方法を紹介します。 荷物を出す日が土日や休前日になってしまって 「これって一体いつ着くの?」 と心配になったと言う経験のある人も多いのではないでしょうか? レターパックの土日の配送はどうなっているのか調べてみたので参考にしてください。 レターパックはたくさん使うし、まとめて買っておきたい! わざわざ買いに行かなくても手に入れたい! 今回はそんな声にお応えして、レターパックのまとめ買いやお得に手に入れる方法について説明します。 レターパックってどこに行けば買えるの? 郵便局に行かなくても手に入れるにはどうしたらいい? という方に向けて、郵便局以外でレターパックを買える場所を一覧にしてみます。 たくさんあるので、ぜひ参考になさってくださいね〜。 フリマアプリやオークションサイトなどの利用で、レターパックを大量に出すとき。 宛名書きが面倒!ですよね。 シールとかでできたら便利なんですが…。 今回は、レターパックを出すとき、宛名書きはシールでもいいのか?その際の注意点などについてまとめました! 郵便ポストは投函口が2つあるものがほとんどですが、レターパックはどちらに入れたらいいんだろう?とちょっと悩んでしまいませんか? 今回はそのポストの左右、どっち!?というのがテーマです。 レターパックはポストの左右のどちらの投函口に入れるのか、入らない時はどうするのかについて調べてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね〜。 レターパックには「受取人(お届け先)」と「差出人(ご依頼主)」の住所を書く欄がありますが、自分の住所を書きたくない場合って…ありますよね はたして、差出人の住所を書かなくても、受取人の住所だけで届けてもらえるのでしょうか? 調べた結果を、簡潔にまとめてみました! 宅配ボックスがあれば、ゆうパックなどのお荷物はそこに入れておいてもらえますが、レターパックはどうなんでしょう? 宅配ボックスがあるのに入れてもらえなかった!ということもあるようですが、その場合の対策は? などなどを調べてみました! ぜひ参考にしてみてください。 レターパックを追跡しようとすると、もう発送されたはずなのに「お問い合わせ番号が見つかりません」とエラーが出て、追跡できないことがあります。 なぜエラーが出るのか? 今回は、レターパックが追跡できなかった時の原因と対策について書いていきます! ポスト投函も可能で手軽に出せるレターパックですが、 時間指定ができない!欠点があります。 そこで今回は、レターパックの最終の配達時間は何時?という点について調べてみました! このくらいには届くと思ったのに遅い…という場合に考えられる理由などについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

レターパックが破れた!書き間違えた時の対処法!交換するやり方!

レター パック

突然ですがレターパックの便利な点、ご存知ですか? 全国一律料金で!追跡サービスがあって!ポスト投函ができる! これがレターパックの3大メリットだと思います。 ポスト投函ができる=わざわざ窓口に出向く必要がない、ということですよね。 でもレターパックを売ってるのは郵便局の窓口。 レターパックを買うために、わざわざ窓口に出向かなければならない… コンビニでも買えるけれど、わざわざ買いに行かなくちゃ… となると、せっかくのメリットが減っちゃう感じがしますよね。 たくさん使うし、まとめて買っておきたい! わざわざ買いに行かなくても手に入れたい! どうせなら安く手に入れたい! 今回はそんな声にお応えして、レターパックのまとめ買いやお得に手に入れる方法について説明します。 ぜひ参考にしてくださいね〜。 まずは郵便局のネットショップ! わざわざ買いに行くのが大変! そんなときに便利なのはやっぱりネットです。 そして意外と知られていませんが、郵便局にも実はネットショップがあるんです。 20部単位で購入できて、郵送してもらえるので、まとめ買いの基本としてはまず公式ショップをおすすめします。 こちらは会員登録なしで購入できるので、あちこちの会員登録をするのに抵抗が…という方でも使いやすいと思います。 窓口ではクレジットカードが使えないけれど、ネットショップでは使えるということと、領収書もウェブ出力できるという点もメリットですね! 送料はかかりますが、郵便局の公式のものなのでとにかく安心してまとめ買いできます。 amazonでも郵便局公式のレターパックが買える! あまり知られていませんが、実はamazonでもレターパックが、しかも郵便局公式のものが購入できるんです! こちらは単品、2枚、10枚、20枚…などまとめ買いの枚数を選べるのも便利。 すぐ届けてくれるし、普段使っていれば垣根も低いですよね。 注意してほしいのは、販売元が「日本郵便」となっているものだけが公式ということ! 実はamazonの中には、たくさんの販売元があるんです。 販売元がamazonの「amazon商品」と、ほかのお店がamazonのサイト内に出品している商品とがあります。 購入する場合は、販売元もチェックしてから購入してくださいね〜。 レターパックを安く買うには金券ショップに行こう! 公式販売のものでなくてもいいので少しでも安く買いたい! という場合は、金券ショップ、チケットショップに行ってみましょう。 店舗によりますが、10〜30円程度、安く販売されています。 少額でも、たくさん購入したいという場合はちりも積もればなんとやら。 お得に購入できると思います! レターパックをネットで販売しているお店もねらい目! 切手やレターパックなどの商品を、まとめて仕入れてネットで販売している会社もあります。 たとえば「切手販売」というサイト。 こちらでも定価より安く購入できると思います。 注意点は、送料がかかる点と、仕入れの関係か「在庫なし」となっていることもある点です。 関連ページ よく利用されるのが郵便局のサービスであるレターパックです。 レターパックにはプラスとライトの2種類がありますが、性質が異なるのはご存知でしたか? 間違った使い方をしないように確認していきましょう。 レターパックで衣類を送るとき、ライトかプラスか迷う事ってありますよね。 ライトとプラスの境界線は衣類何枚くらいでしょうか? 今回は衣類を送る時のレターパックの選び方と送るコツをご紹介します。 CDやDVDを贈る場合、郵送の途中で割れちゃわないかな?って心配になりますよね。 今回は、レターパックでCDやDVDを送ることができるのか?という疑問にお答えします! 梱包の仕方も紹介します! 商品券ってレターパックを使っても大丈夫なの? もし配送中になにかあったときの補償ってどうなる? 今回は、レターパックで商品券を送れるかどうかについて解説しようと思います! 食品って賞味期限があるから早く届けたいし、口に入る物だから雑に扱われたくない。 補償があって追跡も出来るゆうパックは良いけれど、遠方へ発送する場合は高額になってしまいます。 もし安くて早いレターパックが使えたらとても便利ですよね! 今回はレターパックで食品は送れるのか?という事についてご紹介します。 レターパックはいろんなものが手軽に送れて便利ですが、コンビニでも購入できるかどうかは気になるところですね。 ローソンでは送れるけどセブンでは送れないとか、店舗によって違う?? 今回はレターパックを取り扱かってるコンビニと発送方法について解説します。 専用封筒を使うレターパックならではの仕組みなので、剥がし忘れが多いみたいですね。 剥がし忘れた事にすら気がつかない事も! もしかして剥がし忘れたら配達されないのでしょうか? 今回はレターパックのご依頼主様保管用シールを剥がし忘れてしまったときの対処法についてご説明します。 レターパックでうっかり住所や名前を間違えたという経験はないですか? 封をした後入れ忘れに気づいた、封筒を破いてしまった、濡らしてしまったなど。 今回はレターパックを書き損じた時の訂正の仕方や返品・交換についてご紹介します。 元々レターパックの封筒には両面テープがついています。 でもそれだけじゃ心もとない。 そんなとき、ガムテープで補強してもいいのでしょうか。 補強してもいいのか?そのときの注意点を含めて解説していきます! レターパックが返信用封筒としても使えるってご存知ですか? ターパックは追跡サービスがあるので、安心してやり取りできます! ということで今回は、返信用封筒にレターパックが使えるということについて、詳しく説明しますね。 レターパックプラスは安くて便利。 「封筒がパンパンだけどレターパックプラスで送りたい〜!!」ってときありますよね? そんなときは封筒の形を工夫するだけでもう少し厚みのあるものが入るかもしれません! レターパックはいつ届く? 土日・祝日を挟むと遅れるの? 今回はレターパックがいつ届くのか、土日を挟む場合についてもご紹介します。 レターパックは日曜日・祝日・年末年始やGWも配達されるのでしょうか? 平日と日曜日・祝日で取り扱いに違いはあるのか? 今回はレターパックの日曜日・祝日の取り扱いについてご紹介します。 レターパックを出そうとしたら電話番号を書く欄が! そういえば相手の電話番号は知らないし、個人情報だから聞けないよ! レターパックを送るのに相手の電話番号は必要なのでしょうか? せっかくレターパックの封筒を準備したのに送れなかった、窓口で受け付け拒否された なんてことになったら、封筒代ももったいないし二度手間だし困っちゃいますよね。 今回は、レターパックで送れないものと、送らない方がいいものについて解説します。 レターパックを使ったら、どれくらいの日数で相手に届くのか。 「レターパックプラス」と「レターパックライト」では配達日数に差があるか。 今回はレターパックプラスの発送から配達されるまでの日数について紹介します。 レターパックは ・どうやって使うの? ・どんなふうに便利で安心なの? ・使うときにはどんなことに気を付けたらいい? 今回はレターパックの使い方について詳しく解説していきます! レターパックには「配達希望日」や「配達希望時間帯」を書く欄がありません。 受取人が不在だった場合、いつ受け取ってもらえるのか心配ですよね。 今回はレターパックの配達日・時間指定ができるのか、希望の時間帯に受け取る方法を紹介します。 荷物を出す日が土日や休前日になってしまって 「これって一体いつ着くの?」 と心配になったと言う経験のある人も多いのではないでしょうか? レターパックの土日の配送はどうなっているのか調べてみたので参考にしてください。 レターパックってどこに行けば買えるの? 郵便局に行かなくても手に入れるにはどうしたらいい? という方に向けて、郵便局以外でレターパックを買える場所を一覧にしてみます。 たくさんあるので、ぜひ参考になさってくださいね〜。 フリマアプリやオークションサイトなどの利用で、レターパックを大量に出すとき。 宛名書きが面倒!ですよね。 シールとかでできたら便利なんですが…。 今回は、レターパックを出すとき、宛名書きはシールでもいいのか?その際の注意点などについてまとめました! 郵便ポストは投函口が2つあるものがほとんどですが、レターパックはどちらに入れたらいいんだろう?とちょっと悩んでしまいませんか? 今回はそのポストの左右、どっち!?というのがテーマです。 レターパックはポストの左右のどちらの投函口に入れるのか、入らない時はどうするのかについて調べてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね〜。 レターパックには「受取人(お届け先)」と「差出人(ご依頼主)」の住所を書く欄がありますが、自分の住所を書きたくない場合って…ありますよね はたして、差出人の住所を書かなくても、受取人の住所だけで届けてもらえるのでしょうか? 調べた結果を、簡潔にまとめてみました! 宅配ボックスがあれば、ゆうパックなどのお荷物はそこに入れておいてもらえますが、レターパックはどうなんでしょう? 宅配ボックスがあるのに入れてもらえなかった!ということもあるようですが、その場合の対策は? などなどを調べてみました! ぜひ参考にしてみてください。 レターパックを追跡しようとすると、もう発送されたはずなのに「お問い合わせ番号が見つかりません」とエラーが出て、追跡できないことがあります。 なぜエラーが出るのか? 今回は、レターパックが追跡できなかった時の原因と対策について書いていきます! ポスト投函も可能で手軽に出せるレターパックですが、 時間指定ができない!欠点があります。 そこで今回は、レターパックの最終の配達時間は何時?という点について調べてみました! このくらいには届くと思ったのに遅い…という場合に考えられる理由などについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の