ウーバー イーツ 仕組み 料金。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みとは?料金や支払い方法・メリット・デメリット

ウーバーイーツの料金の仕組み【4段階で指定して検索する方法も解説】

ウーバー イーツ 仕組み 料金

まず、ユーザーがウーバーイーツのアプリから自分の食べたい料理を選んで注文します。 そうすると、レストランパートナーのウーバーイーツアプリに通知が届き、注文を受けることができます。 注文を受けると、お店の近くにいる配達パートナーを自動的に探して、指名してくれます。 配達パートナーは、「ウーバードライバー」というアプリを持っており、指名を受けた配達パートナーの元には、このアプリを通してお店側から依頼が届く事になっています。 この時に、お店との距離が分かり到着時間が予測できるため、仕事を引き受けるか、拒否するか、配達パートナーが選ぶ事ができます。 配達パートナーは仕事を引き受けると、現在地からお店へと向かいます。 そこで注文の確認をし、商品を受け取り、ユーザーの元へと出発します。 配達パートナーが配達している間、 ユーザーはアプリ上のマップで配達パートナーの位置を確認する事ができます。 配達パートナーがユーザーの自宅に到着したら、あとは商品を渡すだけでやりとりは終了です。 料金はアプリ上で完結するため、配達パートナーとのお金のやり取りは一切ありません。 ウーバーイーツの料金は? ウーバーイーツを利用する上でかかってくる料金は、 「料理代+サービス料10%+配達手数料」となっており、店舗で食べるよりも全体的に高くなってきます。 お店はウーバーイーツに手数料を払っているため、料理代自体も店舗で食べるよりも高く設定されています。 店舗で食べる時とウーバーイーツで注文した場合に料理代にどれくらいの差があるのか見ていきましょう。 レストラン 料理名 店舗 ウーバーイーツ マクドナルド チーズバーガー 140円 160円 吉野家 牛丼並盛り 380円 570円 ほっともっと のり弁 300円 550円 正規料金からの値上がり率は店舗によって様々ですが、店舗で食べるよりも高くなっている事がわかります。 距離が近ければ近いほど安かったり、人気のある店舗については高く設定されていることもあります。 そして、雨の日やピークの時間帯などで配達パートナーが不足している場合は、通常よりも高くなり、また通常の配送料に戻ったりなど、 リアルタイムで変動することもあります。 700円未満の注文については、「少量注文の配送手数料」というものが、商品代と通常の手数料とは別に150円加算されます。 700円以上の注文を行った場合には、こちらの手数料は免除になります。 他社と比較してみても、同様に店舗ごとで異なる場合が多い様です。 ウーバーイーツのサービス料は高い? ウーバーイーツでかかってくる サービス料とは、料理代金にかかる料金のことで、小計の5〜10%かかるようになっています。 他社では配送料に含まれて算出されている事も多いため、比較は難しいですが、どのお店でも必ずかかってしまうので、 避けようのない料金です。 ウーバーイーツを1番安く使うためには?• 配送料の安いお店を選ぶ ウーバーイーツの配送料は50円~550円と、店舗によってかなりの差があるため、配送料の安いお店を意識的に選ぶ事によって、料金を抑える事ができます。 値上がり率が低いお店を選ぶ ウーバーイーツでは、料理代が正規料金よりも高くなっている事がほとんどですが、中にはあまり値上がりされていないお店もあります。 それを踏まえてお店を選べば、かなりコスパを抑える事ができます。 クーポンを利用する ウーバーイーツで用意されているクーポンを利用すれば、お店によっては配送料が無料になったり、料金が割引になったりするため、実店舗よりも安い値段で食べられることもあります。 その他にも、以下のようなクーポンも利用する事ができます。 ・初回限定1000円オフクーポン ・友達紹介1500円オフクーポン ・期間限定の値下げクーポン ウーバーイーツの使い方は? まず、ユーザーは スマートフォンでウーバーイーツのアプリをダウンロードします。 そして、 自宅や勤務先など、配達して欲しい位置の情報の登録をします。 支払いはアプリ上で行うため、 支払い方法の登録も必要です。 アプリ上には自分が 登録した位置情報を元に、近くのお店のメニューが表示されますので、その中から選んで注文します。 ウーバーイーツが使えるお店は? ウーバーイーツでは、個人経営の小さなカフェや、隠れ家のような居酒屋など、様々なお店の料理を注文できるのが魅力です。 日々配達エリアも拡大しており、登録店舗も増えているため、ウーバーイーツが使えるお店は紹介しきれないほどたくさんあります。 その中でも、 ウーバーイーツで注文できるチェーン店の一覧を一部紹介したいと思います。 スターバックスコーヒー• DEAN&DELUCA• 上島珈琲店• 大戸屋• すき家• 吉野家• なか卯• スシロー• かっぱ寿司• ケンタッキー• ガスト• デニーズ• バーミヤン• ジョナサン• いきなり!ステーキ• フレッシュネスバーガー• ロッテリア• バーガーキング• マクドナルド• SUBWAY• クリスピー・クリーム・ドーナツ• ゴーゴーカレー• 銀だこ• ピザハット• ほっともっと• ウーバーイーツとは、たくさんの店舗から好きな料理を選んで、手軽に自宅で楽しめるデリバリーサービス• ウーバーイーツは、ユーザー、レストランパートナー、配達パートナーの三者から成り、短時間で効率よく配達できる仕組みになっている• 料金は、配送料やサービス料などから、店舗で食べるよりも高くなる事もあるが、クーポンを利用したり、お店の選び方を工夫する事でお得に利用する事ができる• ウーバーイーツはアプリをダウンロードして、自身の情報を登録するだけで注文する事ができ、支払いもアプリ上で済ませられるため、商品の受け取りの際にお金のやり取りは発生しない• 配達エリアはすでに全国に広まっており、これからまだエリアを拡大していく予定• 登録店舗も増えており、すでに多くのチェーン店から個人経営の小さなお店までウーバーイーツで利用する事ができる.

次の

ウーバーイーツの仕組みや料金は?配送料サービス料が知りたい!|トレンドポップ

ウーバー イーツ 仕組み 料金

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスとは Uber Eats(ウーバーイーツ)という名前は知っていても、実際にはどのようなサービスなのかは詳しく知らないという人もいるでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は、スマホやタブレット等を使用してアプリから簡単に好きな料理を注文できる、最新のフードデリバリーサービスです。 有名なファストフード店から行列の出来る本格派レストランまで、数多くのお店が参加しています。 本来デリバリーサービスを行っていないお店の料理でも、配達してもらう事が出来るのです。 また、自宅や会社はもちろん、公園などの野外にも配達が可能。 お花見やピクニック等が手ぶらで楽しめると、SNS等でも話題を呼んでいます。 ホームパーティーをはじめ、忙しい日の食事や急な来客、アウトドアなど様々な活用方法が出来るでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みには、これまでに無い画期的なシステムを導入しています。 まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)は飲食店でも配達業者でもなく、マッチングをするサービスです。 「料理を配達してほしい人」と「配達したい人」そして「飲食店」の3者をマッチングしてくれるのがUber Eats(ウーバーイーツ)。 ですから、料理を運んできてくれるのは、ウーバーの社員やアルバイトではなく「配達パートナー」として登録をした一般の人なのです。 大きなリュックに料理を入れ、自転車やバイクに乗って配達してくれるのがUber Eats(ウーバーイーツ)の大きな特徴でしょう。 注文する人には気軽で便利というメリット・配達パートナーには自由な働き方・登録店舗には客層を増やせる等のメリットがそれぞれあるのです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は3者をマッチングし、それぞれに利益やメリットをもたらすという画期的な仕組みと言えます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の評判・口コミ Uber Eats(ウーバーイーツ)を実際に利用した人の評判や感想が気になるところです。 SNSでは、リアルな口コミが書き込まれていました。 ウーバーイーツでご飯宅配してもらったけどまじ便利 — あさかまん asaka022 一日中死ぬほど寝てさっき起きて 別にお腹すいてないのに ウーバーイーツでマクド頼んで 玄関先に置いといてもらう コミュ障干物女はワタシです。 普段デリバリーを行っていないお店の料理が配達してもらえるというのも嬉しいポイントです。 また、受け取りは数秒で、手渡し以外にも玄関先などに置いておいてもらう事も出来るので、忙しい時や配達パートナーと顔を合わせたくない時にも利用しやすいシステムと言えます。 場合によっては料金は少し高めですが、それでも利用する価値があると感じている人が多いようです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリア 非常に便利なUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、まだ日本に上陸して間もないサービス。 関東から九州にかけてエリアを拡大しつつありますが、配達してもらえるエリアはまだ限られています。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアは、以下の都市です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金設定は、「料理の価格+配送手数料」で計算されます。 しかし、料理の価格や配送手数料は店舗や時間帯などによって異なるのです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は高いという口コミもありますので、詳しく見ていきましょう。 注文時の配送手数料について Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文する時の配送手数料は、距離によって異なります。 基本的には遠ければ遠いほど高く設定されています。 また、注文する時間帯によっても変動するのです。 お昼やディナー等のピーク時や土日には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文件数がグッと増えます。 また、エリアによっても混雑状況は異なるものです。 そんな、混雑時やエリアの配送手数料は他よりも高めに設定されている事があります。 ですから、Uber Eats(ウーバーイーツ)をより安い料金で利用するには、混雑時を避けてなるべく近くの店舗で注文をする事がポイントなのです。 商品の価格は高い? Uber Eats(ウーバーイーツ)は、商品の価格が高いという噂がありますが、実はお店によっては通常料金よりも高く設定されています。 配達するのにあたって、イートインでは行わない包装等の配慮をしたりとコストが掛かるからです。 ですから、利用の際に「高い」と感じる人もいるでしょう。 とは言え、多くの場合が数十円~数百円程度の割り増し料金ですし、メニューによっては料金据え置きの場合もあります。 店舗まで出向く手間や時間を考えると、気にならないという人も多いようです。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)専用のメニューを設けている店舗も多く、そういった意味でも利用する価値はあるでしょう。 最低料金なしで1品から注文可能 Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品は高めに設定されているというお話をしましたが、一方で最低料金なしで1品から注文可能です。 例えば、大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドでもデリバリーサービスはありますが、最低1,500円の注文から可能です。 しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)ではコーヒー1杯・デザート1つからでも配達してくれます。 そういった意味では、少量の注文をしたい時には結果的に支払い額は安くなり、非常に便利だと言えます。 ただし、1品だけでも配送手数料は同じだけ掛かりますから、割高にはなります。 コーヒー1杯が1,000円を超えてしまったという事になる可能性もあるので、事前に把握しておきましょう。 キャンセル料はある? Uber Eats(ウーバーイーツ)にキャンセル料はあるのでしょうか。 まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文後にキャンセルが出来るのかという点ですが、基本的には出来ます。 また、キャンセルにも様々なパターンがあるでしょう。 ・諸事情によりお届けが出来ない場合 ・料理が出来上がらない場合の任意キャンセル ・到着後10分以上お客さんと連絡が取れない場合 上記の他にも、様々なキャンセル状況があります。 これらのどんなキャンセルの場合にも、キャンセル料というものは掛かりません。 ただし、既に配達中のキャンセルや配達パートナーが到着後、10分以上連絡せず放置してしまった場合は、料理の注文料金は戻ってこないのです。 注文後すぐのキャンセルは、料金も掛からずアプリから簡単に出来ますので、間違いがあった場合等はすぐにキャンセルをしましょう。 また、配達してもらってからのキャンセルについては、料理に不備があった場合は全額返金されます。 その他、配達パートナー側の事情によるキャンセルの場合も料金が返金になる他、別の配達パートナーに再度配達してもらう事も可能です。 分からない事がある場合は、サポートセンターに問い合わせてみましょう。 サポートセンター 0800-700-6754 Uber Eats(ウーバーイーツ)をお得な料金で利用する方法 配送手数料が掛かったり、商品の価格が若干高めなUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、実はお得な料金で利用する方法がいくつかあります。 順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 配送手数料なしのキャンペーン Uber Eats(ウーバーイーツ)では、定期的に様々な得なキャンペーンを実施しています。 その中に、配送手数料がなしになるキャンペーンがあるのです。 エリア別・店舗限定など詳細は様々ですが、そのようなキャンペーンを利用する事で、お得な料金でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する事が出来ます。 キャンペーンは不定期で行われ、有効期限がありますのでアプリやツイッター等で情報をチェックしておくと良いでしょう。 お得なクーポンを利用する Uber Eats(ウーバーイーツ)のキャンペーンでは、料金を割引してくれるお得なクーポンが発行される事もあります。 また、新規登録では初回限定クーポンの利用が可能です。 このようなクーポンを使用すれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)をお得な料金で利用する事が出来ます。 クーポンを使用するには、プロモーションコードというコードを適用させる必要があります。 プロモーションコードは、キャンペーン毎に発行されるものや、初回では友人などにもらうという方法で適用可能です。 クーポンの詳しい使い方や取得方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。 配送手数料は、距離や時間帯・エリアによっても変動します。 商品の価格は、お店によっては通常料金よりも高く設定されています。 イートインでは行わない包装等のコストが掛かるからです。 ですから、「高い」と感じる人もいるでしょう。 ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)は利用にあたって最低料金がありません。 1品からでも配達可能なので、場合によっては支払い料金は安く済むのです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配送手数料無料や割引等のお得なキャンペーンも行っています。 初回では限定クーポンの利用も可能なのです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は割高になる事もありますが、このようなキャンぺーンを利用する事でお得に注文が出来るでしょう。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは何か?仕組み・料金・おすすめエリアをまとめてみた。

ウーバー イーツ 仕組み 料金

Uber eats に加入(店側)するには Uber eatsに飲食店側が加入するにはUber eatsのホームページから登録します。 申し込みをしてUber eats側と相談して、導入方法やメニューを決定していきます。 ここでは、導入フローに関しては割愛させて頂きます。 それではコストについて見ていきましょう。 初期費用は無料 Uber eatsを飲食店側に導入する費用は無料です。 但し、タブレットが必要になりますので無い場合は新しく買う、もしくはレンタルをする必要があります。 スマホでも問題はないでしょうが、画面の大きさの利便性を考えると圧倒的にタブレットがいいです。 SIMの問題もありますからね。 また、端末があっても電波が無いと意味を持ちませんからWi-Fiが使える設備が必要になります。 インターネット回線がないようなレストランはもう化石並みにないと思いますので、それを前提にお話ししてます。 設備と言っても、インターネット回線がすでにあるのであれば、モデムを買えばいいだけですので大きな投資額は不要です。 下の程度のモデムで十分です。 モデムの電波の範囲が厨房内かレジに届けば問題ありません。 タブレットレンタルも用意されている Uber eatsでは、専用のタブレットのレンタルが用意されています。 毎月利用料金は1700円ですから、高くもなく安くもなくという印象ですが、4G回線がすでに導入されているもの(SIMあり)が納品されます。 わざわざインターネット環境を準備するのが面倒や詳しくないなどの方には、タブレットのレンタルをするのがいいでしょう。 故障の際は弁済が必要になるので取り扱いには注意しましょうね。 高温や油、水を多く取り扱う厨房ではなくPOSレジの近くに置いておくのが無難です。 実は僕もレンタルしています。 その理由はパソコンしかないからです。 単純明快です。 あとは、店舗の回線と4G回線の両方が備わってることで、もしどちらかの回線に支障が出るようなことがあっても安定して注文を受けることができると考えたからです。 備えは大切ですからね。 余談ですが、UberはSoftBankが多大な投資をしていますので、回線はSoftBankです。 レンタルされるタブレットLenovoです。 選択肢はありません。 この手数料から配達員の給料とUber eatsの機能利用料が支払われます。 はっきり言って 結構高いです。 僕個人の印象ですけども。 人件費並みに引かれるのですが、注文が入ってから掛かるので成果報酬として考えると仕方ないのかもしれませんが、それでも決して安くはないですね。 毎週売上をUber Eats側から振り込まれるのですが、その振込時点で手数料を引いた金額となっていますので、こちらから入金作業をする必要はありません。 このあたりは便利ですね。 原価率を引く イートインと違い用意するものがあります。 それは テイクアウト用の容器や箸、スプーン等、紙袋、ナプキン等を用意しなくては運べません。 このコストを見落としがちになるので注意が必要です。 再度先ほどの例から見てみましょう。 売上自体が2000円のうちに残る金額としては、良い方ですね。 大体、飲食店自体の営業利益率が10%あれば優秀と評価されるわけですから。 もちろん、家賃等の固定費は勘案してないので単体で計算した場合にはなりますが、付属事業としては優秀な方だと思います。 人件費を引く 最後に人件費を引きます。 ここでは人件費を含むかどうかは注文件数にもよります。 例えば Uber eatsからの注文がランチタイムに10件も入れば店側に増員する必要が出てくるかも知れません。 数件であれば、Uber eatsの注文に回す人件費はすでにお店で抱えている、つまりUber eatsの注文が増えてもイートインの延長線上でまかなえる作業量なら上乗せしません。 83h)が乗ります。 3円の人件費が1件の注文に乗ります。 2人で作ると2倍です。 6円 先ほどの例では630〜450円の利益が残りますので、 630円-83円=547円 原価30%の場合 もしくは 450円-83円=367円(原価40%の場合) の利益が残ることがお分かりいただけると思います。 価格を上げる 実はUber eats に加入している店では、 店頭価格よりも割高に価格を設定しているお店も多いのが特徴です。 これは個人店に限らず、マクドナルドなどのチェーンでも数十円以上高い値段に設定しています。 これは、 レストラン側の手数料が高いことに起因しています。 価格を上乗せしないままのお店も、もちろんあります。 ただし、当然のことではありますが、価格を上げればそれだけお客様の注文件数は減る可能性も出ます。 全てのメニューに対して価格上乗せする必要はありませんが、上で説明したように原価率との相談をしていかなくてはいけないということですね。 Uber eats の配達パートナーに登録しておく これは番外編ですが、Uber eatsの配達員を経験してみるのも良いかもしれません。 他店の様子を見ることもできますし、実際の流れを経験してみることも大切です。 それ以上に配達員登録するメリットがあります。 それは、裏技ですが、 自店のメンバーをUber eatsに登録しておくことです。 通常、 注文が入った時に配達員が周りに居ない場合注文がキャンセルになります。 ランチタイムなど忙しい時間帯のキャンセルは仕方ないことですが、比較的ヒマな時間帯で売り逃がしを防ぐ一手として、自店メンバーがUber eats配達員として登録しておけば、お客様に確実に届けることができます。 結局、自動的にキャンセルされているということは、自店の売上にも繋がらないだけではなく、競合となる他店に機会を譲るということになります。 管理人:ハラハチ ネザーランドドワーフという種類のうさぎと暮らす30代自営業者です。 飲食業で働き始めるも挫折して営業職へ。 その後、自分でやりたいようにやるというワガママで現在の自営業へ。 これまでの経験や日々のことを書いています。 カテゴリー• 3 最近のコメント• に ハラハチ より• に はせがわゆきお より アーカイブ•

次の