オール フリー 内臓 脂肪。 脂肪や糖をぶっ飛ばせ! 「ヘルシー系ノンアルコールビール」人気4缶飲み比べ

うまくて意外!売れ行き好調の内臓脂肪も減らす『からだを想うオールフリー』を飲んでみた!

オール フリー 内臓 脂肪

サントリービール(株)は、「オールフリー」ブランド初の機能性表示食品「からだを想うオールフリー」を、7月16日(火)から全国で新発売します。 ノンアルコールビールテイスト飲料のなかには健康機能を謳った商品が多数ありますが、その健康機能に対する認知はまだまだ低く、当社としてはより魅力ある機能を明確に訴求することが重要と考えています。 また、「特定健診・特定保健指導」のなかで内臓脂肪の蓄積を診断する「ウエスト周囲径」測定が検査項目となっており、内臓脂肪は健康にとって重要な要素の1つとなっています。 今回は、内臓脂肪に着目したブランド初の機能性表示食品「からだを想うオールフリー」を新発売することで、ノンアルコールビールテイスト飲料に対する健康ニーズを充足し、市場のさらなる活性化を図ります。 また、粒選り麦芽100%一番麦汁使用、アロマホップ100%使用、天然水100%仕込といった「オールフリー」の原材料と製法へのこだわりはそのままに、苦味を強化することで飲みごたえが感じられる味わいに仕上げました。 内臓脂肪(お腹の脂肪)を減らす機能があることが報告されています。 また、缶上下に金色を配し、ビールテイストらしさを表現しました。 00% 24本 *希望小売価格は設定していません。 ローズヒップ由来ティリロサイドには、内臓脂肪(お腹の脂肪)を減らす機能があることが報告されています。 BMIが高めで内臓脂肪が気になる方に適しています。 ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

次の

サントリー/機能性表示食品「からだを想うオールフリー」

オール フリー 内臓 脂肪

秋の行楽シーズン到来。 キャンプや紅葉狩りなど、爽やかな風に当たりながら飲むビールは格別にうまい。 それだけに、油断するとついつい飲みすぎてしまうことも……。 そんな時、うまく利用したいのが「糖質オフ」や「糖質ゼロ」のビール。 昨今の健康ブームの甲斐あって、最近ではラインナップも充実している。 しかし、実際は糖質ゼロでも飲み方次第でビール腹を成長させてしまうことがあるということをご存じだろうか? ここでは、糖質オフだからといって太らないわけではない、その理由について調べてみた。 糖質ゼロなのに内臓脂肪は増える一方!? 糖質を全く含まないタイプのビール(正しくは発泡酒)は、一般的なビールに比べれば、もちろん低カロリーだ。 一般的なビールが1本(500ml)あたり約200kcalなのに対し、120〜155kcal程度。 しかし、これならお腹が出る心配をせずに好きなだけ飲める! と思ったら大間違いだ。 糖質ゼロビール(500ml)の成分比較 メーカー アサヒ キリン サントリー サッポロ 一般的なビール 商品名 アサヒスタイルフリー 淡麗プラチナダブル おいしいZERO サッポロ極ゼロ エネルギー 120 kcal 155 kcal 140 kcal 130 kcal 200 kcal 糖質 0. 0g 0. 0g 0. 0g 0. 0g 15. 0g アルコール量 20. 0g 27. 5g 25. 0g 20. 0g 25. 0g 注目すべきはアルコールを含んでいる点。 アルコールは「1g=約7kcal」とされており、糖質がゼロでも、カロリーはゼロにはならないのだ。 さらに、アルコールには体内の脂肪の合成を高める作用があるため、飲めば飲むほど内臓脂肪を増やし、ビール腹や脂肪肝の要因となってしまうのだ。 ノンアルコールタイプなら太らない? アルコールが内臓脂肪の原因なら、ノンアルコールのビールテイスト飲料なら太らないのだろうか。 栄養成分を見ていこう。 0g 13. 5g 0. 0g 16. 6g アルコール量 0. 0g 0. 0g 0. 0g 0. 該当するのは「アサヒドライゼロ」や「オールフリー」。 これらなら、糖質もアルコールも含まれないため、ビール腹やメタボを気にせず楽しめそうだ。 <まとめ> 糖質ゼロでもアルコールを含むため内臓脂肪の原因となる 「糖質ゼロだから太らない」という認識は大きな間違い。 アルコールは、飲めば飲むほど内臓脂肪を増やすと覚えておこう。 アルコールの適量は1日20g未満、さらに週に2日以上の休肝日を設けることが望ましいとされているため、2本目以降はアルコール・糖質ともにフリーの商品に切り替えることをオススメしたい。 文/GROOMEN編集部.

次の

からだを想うALL-FREE(オールフリー)(D394)

オール フリー 内臓 脂肪

サントリービールは6月11日、「オールフリー」ブランド初の機能性表示食品「からだを想うオールフリー」350mlを、7月16日から全国で新発売すると発表した。 <からだを想うオールフリー> 内臓脂肪を減らす機能があることが報告されている、ローズヒップ由来ティリロサイドを加えたビールテイスト商品。 粒選り麦芽100%一番麦汁使用、アロマホップ100%使用、天然水100%仕込といった「オールフリー」の原材料と製法へのこだわりはそのままに、苦味を強化することで飲みごたえが感じられる味わいに仕上げた。 ティリロサイドは、ローズヒップに含まれるポリフェノールのひとつで、内臓脂肪(お腹の脂肪)を減らす機能があることが報告されているという。 機能性関与成分のティリロサイドの頭文字Tを記号化し、缶に大きくデザインした。 缶上下に金色を配し、ビールテイストらしさを表現した。 ノンアルコールビールテイスト飲料市場は、「ビールらしい味わい」への進化により積極的な飲用が増えていることに加え、カロリーゼロなど、機能に対する根強いニーズから、引き続き伸長している。 ノンアルコールビールテイスト飲料のなかには健康機能を謳った商品が多数あるが、その健康機能に対する認知はまだまだ低く、より魅力ある機能を明確に訴求することが重要と考えた。 「特定健診・特定保健指導」のなかで内臓脂肪の蓄積を診断する「ウエスト周囲径」測定が検査項目となっており、内臓脂肪は健康にとって重要な要素の1つとなっている。 今回は、内臓脂肪に着目したブランド初の機能性表示食品「からだを想うオールフリー」を新発売することで、ノンアルコールビールテイスト飲料に対する健康ニーズを充足し、市場のさらなる活性化を図るという。 商品概要 商品名:からだを想うオールフリー 容量:350ml アルコール度数:0.

次の