在宅 勤務 企業 一覧。 「在宅勤務」を続けることで日本は失われた競争力を取り戻すかもしれない

新型コロナウイルス感染対策で在宅勤務を実施する企業120社一覧を公開|株式会社テレワークマネジメントのプレスリリース

在宅 勤務 企業 一覧

コロナウイルス対策で在宅勤務を発表している企業リスト【2020年3月5日現在】 早速、 コロナウイルス対策の在宅勤務を発表している企業を見ていきましょう。 リスト化すると以下のようになります。 2020年3月5日現在で把握できている企業で 60社(1省庁を含む)です。 対応内容のリンクをタップすると、該当情報を記載している情報ソースに飛びます。 IT系の企業を中心に、在宅勤務が広まってきていますね。 2月後半に入り、 電通や資生堂といった大企業、農林水産省といった省庁までもが在宅勤務を発表していることから、事の重大さが伺えます。 ドワンゴやGunosyについては、一旦1週間(2月17日週)のみの実施と発表されていますが、今後どのような意思決定をしていくのか注目です。 元々2月17日週のみの在宅勤務を発表していたドワンゴ・Gunosyは、両社とも在宅勤務の延期を発表するなど、当初の想定以上に特別対応は長期化していく見込みです。 2020年4月に入ると、緊急事態宣言が発令されたこともあり、数え切れないほどの企業で在宅勤務が導入されていますね。 在宅勤務の様子やノウハウを伝える企業も 今回の在宅勤務をプラスに力に変えている企業もあるようです。 たとえば、クックパッドでは、 ZOOMで「雑談部屋」を作成することでリモートの弱点を補ったり、 「リモート昼ごはん」と称してお昼ごはんの画像をアップロードする Slack チャンネルを作成してコミュニケーションを促進したりといった工夫を発信しています。 (参考:) また、フリマアプリのメルカリでは、 自宅の猫ちゃん達と一緒に仕事をする(猫ちゃん達に邪魔をされる?)様子を集めた記事を出しており、ゆるーく温かい文化を含めた働きやすさを伝えています。 (参考:) このように、 在宅勤務という機会をうまく活かして自社の文化を伝えている企業も出てきており面白いですね。 個人的には、このような柔軟な発想には、非常に好印象を受けます。 素晴らしいですね。 元から在宅勤務の制度のある会社にも注目 コロナウイルス対策として在宅勤務を打ち出した企業以外にも、 元から在宅勤務の制度を導入していた企業もあります。 たとえば、以下のような企業が当てはまります。 日本マイクロソフト• トラベロコ• サイボウズ• Chatwork(エンジニアのみ)• リクルートホールディングス• ガイアックス• キャスター これらは一例ですが、在宅勤務の制度を導入している企業は増えてきていることはたしかですね。 以下では、特に注目の企業について簡単なご紹介していきます。 日本マイクロソフトは2016年より在宅勤務制度導入 日本マイクロソフトでは、2016年より在宅勤務の制度を導入しています。 日本マイクロソフトでは 2016年から在宅勤務の制度を導入しており、現在はこの制度を活用して不要な出勤を避けているという。 広報担当の手塚久美子氏は、部門によっては取引先との会合が必要なほか、機器がない状態では仕事を進められないケースもあることから、約2300人いる全社員が在宅で勤務しているわけではないと話した。 ) このようにすでに制度化されていたことで、コロナウイルスの広まりに対して、スムーズに対応できているようです。 トラベロコは世界中で点在するリモートワーク ローカルの人々によるタウンガイドのサービスを提供する「トラベロコ」は、 世界に点在するリモートワークを実践しており、在宅勤務に一歩を先を進んだ取り組みをしています。 トラベロコはこのように世界に点在するリモートワークを実践している() トラベル系のサービスに合わせた自社ならではの勤務体系を作り上げている点は素晴らしいですね。 WordPress開発のAutomatticは世界各地からの完全リモート 海外に目を向けると、 ソフトウェア企業でも世界各地からのリモートワークを実現している会社があります。 一例として有名なのは、WordPressの運営会社として知られる「Automattic」という会社は、 サンフランシスコのオフィスを閉鎖して完全リモートワークに移行しています。 従業員にはホームオフィスを推奨し、ミーティングはオンラインで行われ、全てがチャットルームで完了できる。 チームメンバー同士が実際に対面する必要がある際は、会社が世界中どこであろうと旅費を出す。 ) このように、リモートワーク(ホームオフィス)を推奨しつつ、 対面が必要な場合には世界中どこであろうと旅費を出すというのはさすがですね。 リモートワークの先進事例として、Automatticの仕事の仕方から学べることは多いでしょう。 GMO代表熊谷氏「業績に影響がほぼ無い」 3週間前の2020年1月27日に他社に先んじて在宅勤務を発表したGMOインターネットグループ。 その代表の熊谷氏は、以下のようなツイートをしています。 在宅勤務開始から3週間。 何が凄いかと言うと、業績に影響がほぼ無い。 そして、駅前オフィスの一棟丸ごと借りのコストについても疑問を呈しています(ちなみに、GMOグループは渋谷駅前の立派なビルに入っています)。 この発言は、コロナウイルスのもたらした新たな発見といえるでしょう。 まとめ コロナウイルス対策で在宅勤務やテレワークが注目を集めています。 テレワーク関連株としてサイボウズの株価が急騰しているなど、その注目は広まりつつあります。 今後、働き方改革の一環としても、 在宅勤務などの柔軟な働き方はより求められてくることでしょう。 今回のコロナウイルス対策の「副産物」として、 在宅勤務やテレワークについての議論が適切になされていることに期待したいです。 新たな情報が入り次第、この記事の情報は更新していきます。 今後の働き方の変化については、マッキンゼーのレポートでも予想されています。 以下の記事にまとめているので、是非読んでみてください!.

次の

【メリット・デメリット】在宅勤務をオススメする理由と導入企業

在宅 勤務 企業 一覧

在宅勤務手当とは? 在宅勤務手当とは、在宅勤務をする社員のための手当です。 在宅勤務では、導入時と環境維持にコストが必要です。 まず導入時には自宅を仕事用の環境に整えるため、デスクやチェアを確保するほか、新たに通信回線を導入しなければなりません。 また、在宅勤務の導入後は、光熱費などの維持費も必要になります。 これらの費用は、仕事のために必要な経費だと言えるでしょう。 そこで、在宅勤務における経費を会社が負担する仕組みとして在宅勤務手当が支給されるようになりました。 在宅勤務手当が広まる背景 在宅勤務手当が広まる背景には、企業側が優秀な人材を確保しつつも人件費を抑制したいという思惑があると考えられます。 働き方の多様化 在宅勤務手当の検討が行われている背景には、まず働き方の多様化があげられます。 単に新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにリモートワークを導入するのであれば、在宅勤務手当を継続的に支給する必要はないでしょう。 しかし、現代ではワークライフバランスという言葉に代表されるように、家庭や生活と仕事との調和が働き方の大きなテーマとなっています。 これまでは、子育てなどのライフイベントを理由に仕事を辞める人や休む人がいました。 在宅勤務ができれば仕事と生活を両立することができます。 会社にとっても貴重な人材を確保し続けられるのは大きなメリットです。 このような働き方の多様化を実現するために、在宅勤務の導入と在宅勤務手当の支給検討が進められています。 コスト削減 在宅勤務手当の支給は、長期的に考えると企業にとってコスト削減につながります。 まず通勤手当の削減ができることが大きなメリットです。 通勤手当は企業にとって大きな負担です。 社員一人あたりに年間40万円程度支払うケースもあります。 通勤手当を毎月数万円支払うよりも、光熱費への補填として在宅勤務手当を月1万円支払う方が合理的でしょう。 また、在宅勤務手当の支給は、中長期的にみると人材の獲得コストを下げることにもつながります。 在宅勤務手当の原資と支給方法 在宅勤手当を支給する際には何を原資にして、どのように支給すればよいのでしょうか。 通勤手当を在宅勤務手当の原資に 在宅勤務手当の導入で最も悩ましいのが原資です。 原資をどうやって捻出するかが人事担当者を悩ませています。 通勤者を在宅勤務に切り替えた場合、そのまま在宅勤務手当を導入するとコストアップになってしまうでしょう。 そこで、これまで支給していた通勤手当をやめて在宅勤務手当を支給する企業が増えています。 とはいっても、業務によっては会社に行く必要性がある場合もあります。 そういったケースでは、会社に来たときだけ立替精算で交通費を精算する仕組みが整備されているのです。 通勤手当を在宅勤務手当の原資にするため、もともとの通勤手当の原資を超えない範囲で在宅勤務手当を支給するとよいでしょう。 在宅勤務手当は課税対象 在宅勤務手当は給与と同じく課税対象になります。 使途が限定される通勤手当であれば一定額まで非課税ですが、在宅勤務手当は使途自由の資金として支給されるため課税されるのです。 在宅勤務手当を導入する場合、一定額を一律で支給することになるでしょう。 例えば電光熱費として一律1万円を支給したとします。 しかし、もし電光熱費が1万円に満たなかった時には、1万円と実費との差額が社員の所得になることになります。 本来ならば、経費を差し引いた所得に対して税が発生するべきですが、一律支給の場合は個別対応が難しいため予め課税対象の手当として処理するのがよいでしょう。 在宅勤務手当の支給は現金で 在宅勤務手当は給与と同じく現金で支給するのがおすすめです。 使途を限定するのであれば、現金による支給ではなく現物支給という方法もあり得るでしょう。 例えば在宅環境を整えるために、提携しているオフィス家具メーカーのカタログから在宅用のデスクやチェアを選ばせるという方法が考えられます。 ただし現物支給の場合であっても在宅勤務手当は課税対象となるため、社員にとってはモノが届いたけど給与から税金だけが引かれ手取りが少なくなるという事態になります。 また、人事側も課税処理に手間がかかるため、現金での支給が現実的と言えるでしょう。 在宅勤務手当の支給自体は難しいことではありません。 しかし課税処理の面で少し手間がかかる場合もあります。 そのため給与計算システムなどのITツールを活用して在宅勤手当の計算を行うとよいでしょう。 各社の在宅勤務手当の事例 では、実際に各企業ではどのような内容に対して、どれくらいの金額の在宅勤務手当が支給されているのでしょうか。 株式会社メルカリ 大手ECベンチャー企業のメルカリは、6か月分6万円のテレワーク手当支給を決定しました。 使用使途は限定していませんが、主にテレワーク環境の整備やオンラインコミュニケーションに活用してほしいとのことです。 出典: 株式会社LINE LINEでは、緊急事態宣言中の手当として月額5,000円の新型コロナ対応手当を支給していました。 在宅勤務にかかる光熱費や通信費として使用できるほか、感染拡大防止のためのマスクや消毒液といった衛生用品の購入を手当支給の目的としています。 単に電光熱費等の経費を補助するだけでなく、社員の健康を守るという発想が参考になる点です。 出典: 株式会社カオナビ 人事システムを提供するカオナビでは、「在宅勤務支援金」として社員全員に一括で5万円を支給しました。 机や椅子、PCモニタなどの在宅勤務環境整備を主な目的としています。 出典: さくらインターネット株式会社 レンタルサーバーを提供する老舗IT企業のさくらインターネットでは、在宅勤務環境導入に関わる費用を補助する臨時手当1万円と通信費手当3,000円を支給しています。 特に注目したいのが、正社員のみならずアルバイトにまで支給していることです。 また、レンタルサーバーの保守作業など物理的な作業が必要な社員に対しては、反対に緊急出勤手当を1日5,000円支給しています。 在宅勤務を基本としながらも、withコロナ環境の中で出勤する社員をきちんと労っている点がユニークです。 出典: 必要に応じて在宅勤務手当の支給を! 以上のように、IT企業を中心に在宅勤務手当の支給が始まっています。 その内容は在宅勤務環境導入経費を支援する一時金、月々の光熱費や通信費を支援する手当、そして在宅勤務環境下で出勤が必要な際に支給する出勤手当です。 こうした在宅勤務手当は単に一律支給するのではなく、自社の事業や業務特性を考慮しながらどのような支給方法が良いのかを検討するべきでしょう。

次の

ツイッターは永久在宅勤務可!…大手テック企業のオフィス再開方針をまとめてみた

在宅 勤務 企業 一覧

日本能率協会は2020年5月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によってビジネスパーソンの仕事や働き方に生じた変化についての調査結果を発表した。 今回の感染拡大を機に在宅勤務を始めた人の約8割は、感染拡大収束後も在宅勤務制度の継続を望むといった傾向が見られた。 以下では調査項目のうち主要なものを抜粋して紹介する。 新型コロナで会社の事業に「影響があった」は全体の9割超 調査は日本能率協会の各種サービスを利用しているビジネスパーソン(自由業、70歳以上は除く)を対象にインターネットを通じて行った。 調査期間は2020年4月14〜24日で、回答数は2123件だった。 COVID-19の感染拡大による自社事業や業務への影響については、会社の事業に「影響があった」という回答が全体の全体の61. 4%となった。 COVID-19の感染拡大が収束した後、自社のビジネスモデルや事業構造の変化が生じるかを尋ねると、全体の62. 2%が「変化する」と回答した。 また働き方についても「変化する」との回答が全体の61. 4%となった。 会社の事業に「影響があった」という回答が全体の91. 3%(「大きく影響があった」と「影響があった」の合計、以下同)、自身の業務に「影響があった」は全体の83. 2%となった。 COVID-19の感染拡大が事業、業務に影響を及ぼしたかを質問した[クリックして拡大]出典:日本能率協会 在宅勤務の実施状況について尋ねると「COVID-19感染拡大以前から実施している」が22. 3%、「COVID-19の感染拡大対策として初めて実施した」が44. 6%となった。 これらの数値について日本能率協会は「他の調査データよりも在宅勤務実施の割合が高い。 回答者に従業員数5000人以上の企業在籍者が多いことだ要因だと考えられる」とコメントしている。 また、COVID-19の収束後も在宅勤務制度がほしいか尋ねたところ、今回初めて在宅勤務を実施したと回答した人の78. 1%が「強くそう思う」「そう思う」と回答した。 COVID-19の感染拡大が自社のビジネスモデルや働き方に影響を及ぼすかを尋ねた[クリックして拡大]出典:日本能率協会 また回答者のうち部長、課長クラスの管理職においては、在宅勤務経験の有無にかかわらず、在宅勤務の課題として「社内のコミュニケーション」「部下のマネジメント」「部下に対するOJTや人材育成」「通信環境の整備」を挙げる比率が高かった。 ただ、これらの課題は「在宅勤務による突発的な事象というよりも、日頃から留意すべきマネジメントの本質的な課題」(日本能率協会)であるとも考えられる。 また、COVID-19の感染拡大対策として初めて在宅勤務を経験した回答者では「ペーパーレス化」「部下のマネジメント」「人材育成」「通信環境の整備」を課題として挙げる人が多かった。 在宅勤務に対する課題感は実施経験の有無などで差異があった[クリックして拡大]出典:日本能率協会 一方で在宅勤務の実施経験がある人に比べると、実施経験がない人では「業務管理」「労務管理」「情報セキュリティ」が課題になると捉えている割合が高かった。 これについて日本能率協会は「実際に在宅勤務を実施してみると、案外、業務管理などは懸念点にはならないということなのかもしれない」と指摘している。 営業活動への影響について尋ねると、全体の52. 5%が「展示会、イベントの中止によって新規顧客獲得機会が喪失した」と回答しており、また全体の45. 9%が「ダイレクトセールスの減少」が生じたと回答した。 一方で今後ビジネスで活用していきたいサービスとしては「オンラインセミナー」が59. 2%でトップとなった。 関連記事• 日系自動車メーカー各社が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により国内拠点の生産調整や休業を相次いで発表している。 従業員や地域への感染防止のため長期連休前に休業に入る他、需要減退を受けて2020年5月の稼働も絞る。 MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「新型コロナウイルス感染症のモノづくりへの影響に関するアンケート調査」を実施した。 調査期間は2020年3月16〜25日で、有効回答数は217件。 本稿では、その内容について紹介する。 ローランド・ベルガーは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による経済的影響をまとめた最新レポートを公開した。 2020年3月24日時点での情勢を踏まえた内容。 ローランド・ベルガー(Roland Berger)は新型コロナウイルス感染症による経済的損失の予測レポートを公開。 自動車業界と物流業界への影響が特に甚大になるという。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、製造業は自社のサプライチェーンが途絶し、顧客に製品やサービスが供給できなくなるリスクに直面している。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、新車需要や海外からの部品調達が受ける影響が大きくなっている。 本稿では自動車メーカーの国内拠点の生産調整や休業の予定などをまとめた。 情報は5月末まで随時更新する。 関連リンク•

次の