モゾ 混雑。 mozoモゾワンダーシティーについて。先日初めてmozoへ行きましたが、...

ワンダーの上映スケジュール:イオンシネマ

モゾ 混雑

土日祝のイオンモールの駐車場の時間帯別混雑状況 上記のグラフは土日祝における混雑のピークをレベル5とした場合の時間帯ごとのイオンモールの混み具合を示したもの。 (店舗によっては22:00まで) 全国的に混み合う曜日と言えば確実に土日。 駐車場が満車になるレベルにもなる。 特に土曜日の方が日曜日よりも混み合う。 一方で夕方以降なら空いている。 具体的には17時以降が閑散期。 この頃になれば、もう帰る人ばかりで、ここから来る人は少数派。 ようやく駐車場に空きが出る。 周辺道路が混雑して入店が大変なのはあくまでも昼間。 11~15時まで大混雑 イオンモールの開店時刻は原則10時。 店内の土日祝の1日のピークの時間帯は11~15時。 店内の混雑も気になるところだが、何よりも来店者にとって悩みの種なのが「駐車場の満車」と「駐車場の出入口の渋滞」の2つ。 11時以降は入庫待ちの渋滞も発生するレベル。 駐車場の入口をはじめ、周辺道路も渋滞ところが多い。 繁忙期となる年末の12月(1年間のピーク)の駐車場は特に深刻な混雑になりやすい。 駐車場の敷地に入るまでに15分程度かかるような場合もあり、さらに満車のためにどこにもグルグル空車を探すことに時間を取られる。 15時頃までは駐車場の入口は混雑する。 入庫待ちの行列が周辺道路までできる店舗も数多く存在。 そして、15時くらいになると今度は出口が非常に混雑する。 駐車場から出るのに時間がかかってくる。 15~18時は駐車場の出口が混雑 15時以降になると、どこの店舗でも帰路につく人達が多い。 駐車場自体は空車が徐々に多くなり、空いているスペースを見つけられる。 入庫は待ち時間があまりない。 逆に、出口は非常に混雑しやすい。 今度は出庫に長い待ち時間が発生する。 店の建物を出てから、駐車場の敷地から出るのに20~30分かかることもよくある。 18時以降はガラガラ 18時以降になると、買い物客はほとんど帰った後になるため店内もガラガラ。 出庫に長い待ち時間が発生することもなくなる。 特に専門店街では人が少なくなり、人混みの気配は消える。 混雑しているところといえば食品スーパーくらいに限られる。 (食品レジは待ち時間10分ほど) 出口でも18時頃になれば渋滞も少なくなり、すぐに出られる可能性が上がる。 19時、20時頃はかなりガラガラ。 この時間帯にショッピングする人はかなり少ない。 平日のイオンモールの駐車場の時間帯別混雑状況 上記のグラフは平日(月曜日~金曜日)における混雑のピーク(土日祝)をレベル5とした場合の時間帯ごとのイオンモールの混み具合を示したもの。 平日の混み具合は休日の5~6割くらいが目安。 どこの店舗でも平日は土日祝に比べて大幅に空いている。 イオンモールには郊外型ショッピングモール、都会の駅前型でも同じ。 11~15時でも駐車場が満車になることはまずない。 混み合うのは食品スーパーのレジくらい。 もし平日に行けるのであれば確実に平日を推奨する。 ピークは12~13時だが イオンモールの平日の混雑は12~13時頃。 それでも前述のように休日よりは大幅に空いている。 昼間のピークでも駐車場が満車にはまずならない。 車でいっぱいになるのは店舗の入り口近くの一部エリアのみ。 駐車場の敷地には瞬時に入れる。 客層を見ても平日は乳幼児連れの母親、主婦がメイン。 土日の客層である家族連れや学生はかなり少ない。 17~18時頃もやや混むが イオンモールが次に混雑する時間帯は17~18時頃。 土日祝は夕方になるにつれて来店者数が減少していくが、平日は夕方から夜にかけて多くなってくる。 とはいえ、混雑するのは食品スーパーくらい。 専門店街は昼間と変わらないかそれより少ない。 食料品を目当てに来る人がほとんどで、服や雑貨の方の店に行く人は少ない。 駐車場の敷地を見ても、車が多く留まっているのは食品売り場に近いエリア。 専門店街側は空いている光景が目立つ。 月曜日から金曜日にかけてはどの曜日も同じ。 対象のイオンモール 今回の混雑調査の対象となる店舗は「AEON MALL『』」に準ずる。 単なる「イオン」や「マックスバリュ」「ザビッグ」などは規模が小さいため、上記とは事情が異なる。

次の

mozoモゾワンダーシティーについて。先日初めてmozoへ行きましたが、...

モゾ 混雑

モゾの人気レストラン&カフェ まずは、1階レストラン街などに出店するおすすめのレストラン・カフェについて紹介します。 ランチ・ディナータイムには1時間待ちもありえる人気店となっていますので、特に土日祝日には早めに足を運ぶことをおすすめします。 店内には豪華なシャンデリア、そしてショーケースにはたくさんの美味しいタルトが並んでおり、お買い物に疲れた際に休憩するのにぴったりのカフェとなっています。 数種類の果物がたっぷりとのった王道の「フルーツタルト(1カット847円)」をはじめ、赤い見た目といちごの甘酸っぱさが大人気の「赤い果実のタルト(1カット847円)」、コーヒーと相性抜群の「キャラメルバナナタルト(1カット825円)」など色んなタルトが味わえます。 タルト以外にもパスタなどの食事メニューもあり、ランチやディナーも楽しめるお店となっています。 デリス フロア :1Fレストラン街 電話番号:052-501-8885 営業時間:10:00~(L. 1番人気の「ピケパフェ(800円)」は、3種類の中からソフトクリームを選んで、その後にクッキーやチョコ、ラズベリーなどをトッピングして自分だけのオリジナルパフェを作ることができます。 SNSではとってもきれいなパフェがたくさんアップされているので、参考にしてみるのもありですよ。 その他にもクレープやジェラート、ドリンクメニューなどもあり、ゆっくりできる話題のカフェとなっています。 はちの巣カフェの代名詞であるキュービックトーストは、32種類ものメニューから選ぶことができ、どれもボリューム満点で食べごたえのある一品となっています。 また、生麺を使ったもちもちとした食感が美味しいパスタメニューも食べることができ、その中でも 濃厚なトマトクリームと大きな海老が相性抜群の「海老のトマトクリーム」は人気メニューとなっています。 白を基調とした開放感のある空間でゆっくりランチ・ディナーを楽しむことができますよ。 ハチノス カフェ フロア :1Fレストラン街 電話番号:052-908-0303 営業時間:11:00~(L. 定番メニューの「トロトロ玉子のオムライス」は、コクのきいたハヤシライスをとろっとした半熟玉子、そしてたっぷりのチーズと一緒に味わえる相性抜群の一品となっています。 さらに最近では、八丁味噌をアクセントに使った 「生クリームたっぷりのオムストロガノフ トロトロポークのせ」がオムライススタジアム2019で優勝するなど話題のオムライスが盛りだくさんとなっています。 お店の入り口には、本場・台湾から直送したタピオカを使ったテイクアウト専門の「KOTOTAPI」も併設されており、ドリンク片手にモールをまわることもできますよ。 ことことカフェ フロア :1Fレストラン街 電話番号:052-504-1150 営業時間:11:00~(L. パンの種類も豊富であり、 人気No. 1のミニクロワッサンをはじめ、シュガーロールやチーズロングなど様々なパンが食べ放題となっています。 もちろん、パン以外にもステーキやハンバーグなどのお肉料理、魚料理、グラタン、ドリア、などの洋食を中心とした料理を堪能することができます。 その他にも人気のブリュレやフレンチトーストなどのデザートも味わうことができるおすすめのお店となっています。 ブレッドガーデン フロア :1Fレストラン街 電話番号:052-506-9309 営業時間:11:00~(L. お店のプレートにもナチュラルビュッフェと名付けられているだけあって、ビュッフェ台には全国から集められた新鮮な食材を使ったヘルシーな一品がずらりと並びます。 もちろん野菜料理以外にもたくさんの料理を楽しむことができ、日によっても異なりますが、ローストビーフやハンバーグ、グリルチキンなどのお肉料理やキッシュ、パスタ、カレー、スイーツ、フルーツなどもありますよ。 そのため、 女性だけでなく男性もお腹いっぱい食べられるレストランとなっています。 てとてファーム フロア :1Fレストラン街 営業時間:11:00~23:00 モゾの人気フードコート店 続いてモゾの3階にある10店を越える飲食店がずらりと並ぶフードコートのおすすめ店について紹介します。 フードコートも土日祝日のランチ・ディナータイムには、 席を確保するのも大変になるくらい多くの方が利用するほどの大混雑する人気ぶりとなっています。 ソロピッツァは、世界最高峰のピッツァの祭典「ピッツァナポレターナS. 」で世界チャンピオンに輝くなど数々の賞を受賞している牧島氏が手掛けるお店です。 人気メニューは、世界一の称号を獲得した後味さっぱりの水牛のモッツァレラを使用した「マルゲリータエクストラ(750円)」をはじめ、5種類の濃厚チーズがふんだんにのった「ピッツァ 5 フォルマッジ(750円)」などとなっています。 本場・ナポリの高品質の味がお安く堪能できるとあって行列ができる人気のお店となっています。 牧原鮮魚店 フロア :3Fフードコート内 電話番号:052-325-8071 営業時間:10:00~(L. 数あるメニューの中でも、さくさくの衣に濃厚味噌がたっぷりかかった「味噌かつ丼(699円)」、そして鶏の唐揚げが山のように盛り付けられた「から揚げマウンテン定食(899円)」は人気のメニューとなっていますね。 ちなみに、 どんぶりと定食を注文した場合はご飯が大盛り無料にできますので、買い物でお腹がぺこぺこの時にはぜひ利用したいお店となっています。 土日祝日の18:00以降はかなり混雑しやすいので、早めに足を運ぶことをおすすめします。 とんきち フロア :3Fフードコート内 電話番号:052-506-7078 営業時間:10:00~(L. 美味しさの秘密は目利きのフルーツマイスターが厳選して仕入れていること、さらに注文後にフルーツの果汁を搾って作る製法にあります。 ジュースの種類としては、果実の美味しさをそのまま味わうストレート、2種類以上のフルーツをブレンドしたミックス、ミルクの甘みを足したミルク&フルーツ、健康的な野菜を取り入れた果実&野菜の健康スムージーとなっています。 その他にも色んなフルーツソフトクリームも販売しているため、買い物に疲れた際や食事の後などに立ち寄って一息つくのもおすすめとなっています。

次の

イオンラウンジがなくなる!?利用条件、対象カード、口コミ・ブログを徹底調査|クレジットカード審査

モゾ 混雑

土日祝のイオンモールの駐車場の時間帯別混雑状況 上記のグラフは土日祝における混雑のピークをレベル5とした場合の時間帯ごとのイオンモールの混み具合を示したもの。 (店舗によっては22:00まで) 全国的に混み合う曜日と言えば確実に土日。 駐車場が満車になるレベルにもなる。 特に土曜日の方が日曜日よりも混み合う。 一方で夕方以降なら空いている。 具体的には17時以降が閑散期。 この頃になれば、もう帰る人ばかりで、ここから来る人は少数派。 ようやく駐車場に空きが出る。 周辺道路が混雑して入店が大変なのはあくまでも昼間。 11~15時まで大混雑 イオンモールの開店時刻は原則10時。 店内の土日祝の1日のピークの時間帯は11~15時。 店内の混雑も気になるところだが、何よりも来店者にとって悩みの種なのが「駐車場の満車」と「駐車場の出入口の渋滞」の2つ。 11時以降は入庫待ちの渋滞も発生するレベル。 駐車場の入口をはじめ、周辺道路も渋滞ところが多い。 繁忙期となる年末の12月(1年間のピーク)の駐車場は特に深刻な混雑になりやすい。 駐車場の敷地に入るまでに15分程度かかるような場合もあり、さらに満車のためにどこにもグルグル空車を探すことに時間を取られる。 15時頃までは駐車場の入口は混雑する。 入庫待ちの行列が周辺道路までできる店舗も数多く存在。 そして、15時くらいになると今度は出口が非常に混雑する。 駐車場から出るのに時間がかかってくる。 15~18時は駐車場の出口が混雑 15時以降になると、どこの店舗でも帰路につく人達が多い。 駐車場自体は空車が徐々に多くなり、空いているスペースを見つけられる。 入庫は待ち時間があまりない。 逆に、出口は非常に混雑しやすい。 今度は出庫に長い待ち時間が発生する。 店の建物を出てから、駐車場の敷地から出るのに20~30分かかることもよくある。 18時以降はガラガラ 18時以降になると、買い物客はほとんど帰った後になるため店内もガラガラ。 出庫に長い待ち時間が発生することもなくなる。 特に専門店街では人が少なくなり、人混みの気配は消える。 混雑しているところといえば食品スーパーくらいに限られる。 (食品レジは待ち時間10分ほど) 出口でも18時頃になれば渋滞も少なくなり、すぐに出られる可能性が上がる。 19時、20時頃はかなりガラガラ。 この時間帯にショッピングする人はかなり少ない。 平日のイオンモールの駐車場の時間帯別混雑状況 上記のグラフは平日(月曜日~金曜日)における混雑のピーク(土日祝)をレベル5とした場合の時間帯ごとのイオンモールの混み具合を示したもの。 平日の混み具合は休日の5~6割くらいが目安。 どこの店舗でも平日は土日祝に比べて大幅に空いている。 イオンモールには郊外型ショッピングモール、都会の駅前型でも同じ。 11~15時でも駐車場が満車になることはまずない。 混み合うのは食品スーパーのレジくらい。 もし平日に行けるのであれば確実に平日を推奨する。 ピークは12~13時だが イオンモールの平日の混雑は12~13時頃。 それでも前述のように休日よりは大幅に空いている。 昼間のピークでも駐車場が満車にはまずならない。 車でいっぱいになるのは店舗の入り口近くの一部エリアのみ。 駐車場の敷地には瞬時に入れる。 客層を見ても平日は乳幼児連れの母親、主婦がメイン。 土日の客層である家族連れや学生はかなり少ない。 17~18時頃もやや混むが イオンモールが次に混雑する時間帯は17~18時頃。 土日祝は夕方になるにつれて来店者数が減少していくが、平日は夕方から夜にかけて多くなってくる。 とはいえ、混雑するのは食品スーパーくらい。 専門店街は昼間と変わらないかそれより少ない。 食料品を目当てに来る人がほとんどで、服や雑貨の方の店に行く人は少ない。 駐車場の敷地を見ても、車が多く留まっているのは食品売り場に近いエリア。 専門店街側は空いている光景が目立つ。 月曜日から金曜日にかけてはどの曜日も同じ。 対象のイオンモール 今回の混雑調査の対象となる店舗は「AEON MALL『』」に準ずる。 単なる「イオン」や「マックスバリュ」「ザビッグ」などは規模が小さいため、上記とは事情が異なる。

次の