殺生 石。 『殺生石』|洒落怖名作まとめ【祟り・呪い系】

九尾狐現蹤的殺生石,民話不斷

殺生 石

【日本關東 有日光的地方 那須塩原市 那須湯本溫泉、殺生石】 那須高原是指栃木縣北部的那須岳南側山麓地域而言,地屬日光國家公園內,算是関東最北之地,因為夏天特別涼快,所以自古就是日本天皇避暑勝地。 從高原地帶延伸到平原的廣闊區域內,還分佈著高爾夫球場、滑雪場、高原牧場、美術館等設施,一年四季遊客絡繹不絕。 簡言之,就是東京人渡假休閒的後花園。 那須岳 那須連峰 是由南起黒尾谷岳、南月山、茶臼岳、朝日岳、三本槍岳的那須五岳所構成,不但名列日本百名山之林,還曾被旅遊雜誌譽為日本的十大秘境之一。 從那須連峰到日光連峰所拉出來山岳連線,形成關東與東北的天然屏障 界線。 茶臼岳 標高 1915 m 在那須五岳當中,因位居中樞位置,而且是唯一的活火山,所以雖非最高卻貴為主峰。 現在還不斷的在冒煙的「茶臼岳」,火山口直徑約 100 公尺、深 20 公尺,形狀很像磨綠茶粉的石臼,因此而得名。 在茶臼岳南邊綿延起伏的高原地帶上分佈著:那須湯本温泉(鹿の湯)、大丸温泉、弁天温泉、三斗小屋温泉、北温泉、高雄温泉、八幡温泉等 7 個溫泉,江戸時代稱為『那須七湯』,一般總稱為那須溫泉鄉,據說可能是日本最古老的溫泉鄉。 那須湯本温泉(鹿の湯)是那須湯原上,頗富盛名的古老秘湯。 鹿の湯,顧名思義,傳說古人看見鹿群在此療傷洗浴,從而發現了溫泉的功效。 今天的鹿の湯早已不見鹿,然而卻有狐,而且還是九尾狐。 位於那須湯本的溫泉神社,後山裡的殺生石園區,隸屬於日光國立公園管轄。 殺生石是日本鄉野傳說九尾狐狸的緣起。 中國自古有九尾狐化身美女,迷惑君王的傳說,從妲己到褒姒,末代帝王的妻子如果不幸長得漂亮,就成了被口誅筆伐的妖怪。 這個「種族記憶」隨著中原文化,在古代東亞不斷流轉,最後也渡海到了日本。 以前九尾狐在中國變幻成王后,歛財造亂,生下後代的九尾狐後來消失了數百年不見蹤影。 數百年後九尾狐的後代少女跟著中國遣唐使來到日本,企圖把日本全面毀去,一舉統治這個國家,卻被當時的風水師識破九尾狐的真面目,吃了敗仗的九尾狐逃向人煙稀少的那須高原躲藏。 當時的日本朝廷知道九尾狐蹤跡後,立刻派遣一支軍隊來到那須想一舉殲滅九尾狐。 中了箭矢的九尾狐變成一塊巨大的毒石,依然會變化各種形態騷擾當地居民的生活。 一位有名的僧侶一棒喝令打碎這塊毒石,石塊四散成為大小形狀都不同的殺生石。 散放毒氣的石頭繼續殺生。 傳說中的毒氣,其實就是琉璜味。 殺生石一地飛鳥遊魚盡亡,有著寸草不生的「無限地獄」風貌。 所謂「無限地獄」指的是亞硫酸氣等噴氣口,過去噴氣時,從地底噴出源源不絕的煙伴隨著臭雞蛋的味道。 現在「無限地獄」已不太噴氣。 說穿了,溫泉神社這一帶就是火山噴發後的岩漿石頭,因為地層表面不斷放出硫磺噴煙,對以前民智未開的年代,在經常散發奇怪味道的石頭群中,時而看到死亡的小動物,殺生石名號不脛而走。 就像陽明山一樣,溫泉地的琉璜味與地熱讓人們恐懼,日本各地火山幾乎都有地獄谷稱號,如同北投也有稱為地獄谷的地方。 以此為故事背景而改編的作品極多,且俳句詩聖松尾芭蕉曾到此一遊,於是栃木縣政府便在一九五三年指定殺生石為文化財,四年後指定為史跡。 目前被指定為史跡的範圍,在風景區的最低端斜坡上,用柵欄圍起來禁止進入。 有趣的是這碎石噴裂口裡,有巨石數塊,常令訪客搞不知到底哪一顆才是傳說中的殺生石,一般說法是其中最碩大的石頭便是。 封印九尾狐的殺生石,其實也就座落於那須高原上的溫泉神社旁。 「那須温泉神社」於舒明二年 西暦 630 年 創立,是那須溫泉鄉的守護神。 西元 630 年,據說正是那須溫泉鄉的緣起。 因為那須溫泉的療效盛名遠播,因此帶動那須溫泉鄉建立、興盛、繁華至今。 那須溫泉神社創社至今就一千四百餘年之久,相傳是能量極強的開運勝地;日本皇族代代以來都在那須高原修養生息,獲得治理整個國家的靈感。 路旁許多奉納捐助的贊助者名單,不乏經營數十年甚至上百年的老店。 其中位置最好最大的主燈都寫了松川屋歷代社長的名號。 在神社裡走著散步著,身旁許多石燈籠與老樹,長長久久的站在這個地方守護著那須溫泉鄉,那須溫泉神社雖然歷史悠久,依然保有簡單清爽,自然莊嚴隆重的神聖氣氛。 由於女王的行程安排,來到那須湯本温泉(鹿の湯)駐車場時已經時過正午,此際遊客稀少,格外透著幾分動人的寧謐。 我們直接進了駐車場旁的餐廳「青木屋」,當下決定就在此用餐。 「青木屋」處處可見歴史的刻痕在這裡延續著。 原木手工製造的桌椅、感覺溫馨的雅座,似乎留存著往日的記憶空間。 我們一點也看不懂菜單,與店家比手畫腳一番,廚房的老婆婆聽到我們來自台灣還用日語跟我們聊一陣子, 可惜我們實在聽不懂,看著菜單隨意比了三份不同餐點。 原本以為分量很多會吃不完,沒想到有嚼勁又越嚼越香,默默地就吃完了。 女王則是點了烏龍麵來暖身,這道可是雜誌菜單上推薦的呢。 烏龍麵與蕎麥麵一樣美味好吃,配上旁邊的沾醬;偶爾吃這種冷麵也不錯囉。 另外一份是鴨肉烏龍麵,煎得噴香的厚片鴨肉與大蔥,配上微鹹的和風高湯與滑口的扁平麵條,樸素家常口味。 食畢,店主送上溫熱煮麵汁一壺,對上飽浸了蕎麥香的沾麵汁,溫潤甘醇,是我們最愛的完美句點。 走出餐廳,望著遠方在雲霧裡的「茶臼岳」,看來今天那須登山纜車是不會運行囉。 就這樣,我們放棄前往終點的那須登山纜車 那須ロープウェイ 山麓站,回頭下山往塩原溫泉方向轉進。 延伸閱讀:官方網站:。 參考網站:。 參考地圖:。 位於那須岳的丘陵、湯本温泉街側的斜面,因草木不生的荒涼景觀而有「賽の河原」之稱。 在那深處、就是被栃木県指定為文化財史跡的「殺生石」。 是「九尾の狐伝説」祭典的名所舊跡。 殺生石位於日光國家公園內,地處那須火山帶南端的茶臼岳中腹位置,為安山岩系火山溶岩流及火山灰噴口。 其地名由來,主要源自大鬧日本古代皇室的白面金毛九尾狐民話。 看到殺生石後再回頭,赫然發覺:正對面的那須高原是如此壯麗攝人。 為鄉野傳說提供適切舞台。 因為殺生石的傳說,居民們開始在這裡設置大大小小的地藏王菩薩,並且向其拋值硬幣許願祈福。 從溫泉神社走到殺生石短短不過幾百公尺,卻在這裡看到日本文豪松尾芭蕉,在其巨作「奥の細道」記錄:石の香や、夏草赤く、露あつし。

次の

殺生石|観光情報検索

殺生 石

国立能楽堂提供:『能之図(下)』より「殺生石」 玄翁という高僧が下野国那須野の原(今の栃木県那須郡那須町)を通りかかります。 ある石の周囲を飛ぶ鳥が落ちるのを見て、玄翁が不審に思っていると、ひとりの女が現れ、その石は殺生石といって近づく生き物を殺してしまうから近寄ってはいけないと教えます。 玄翁の問いに、女は殺生石の由来を語ります。 「昔、鳥羽の院の時代に、玉藻の前という宮廷女官がいた。 才色兼備の玉藻の前は鳥羽の院の寵愛を受けたが、狐の化け物であることを陰陽師の安倍泰成に見破られ、正体を現して那須野の原まで逃げたが、ついに討たれてしまう。 その魂が残って巨石に取り憑き、殺生石となった」、そう語り終えると女は玉藻の前の亡霊であることを知らせて消えます。 玄翁は、石魂を仏道に導いてやろうと法事を執り行います。 すると石が割れて、野干(やかん)(狐のこと)の精霊が姿を現します。 野干の精霊は、「天竺(インド)、唐(中国)、日本をまたにかけて、世に乱れをもたらしてきたが、安倍泰成に調伏され、那須野の原に逃げてきたところを、三浦の介(みうらのすけ)、上総の介(かずさのずけ)の二人が指揮する狩人たちに追われ、ついに射伏せられて那須野の原の露と消えた。 以来、殺生石となって人を殺して何年も過ごしてきた」と、これまでを振り返ります。 そして今、有難い仏法を授けられたからには、もはや悪事はいたしませんと、固い約束を結んだ石となって、鬼神、すなわち野干の精霊は消えていきます。 「九尾の狐」の話を耳にしたことのある方は多いと思いますが、この伝説の妖怪こそ、玉藻の前に化けた狐の精霊です。 インドや中国でも絶世の美女となって時の王を惑わし、世の平安を乱す存在とされてきました。 そんなスケールの大きい伝説をもとにした、変化に富んだ能です。 前半は那須野の殺生石の近く、という異様な情景のなかで、女と高僧との問答が展開されます。 動きは少ないのですが、妖しい雰囲気に満ちています。 後半は打って変わって、狐の精霊が、自らの物語をアクション満載で再現する、大捕り物が演じられます。 コンパクトにまとまって、きびきびとしたストーリー展開が楽しめます。 またワキの玄翁和尚の存在感も見逃せません。 当時、法力にすぐれた高僧として有名で、さまざまな逸話が残っています。 殺生石を鎮めた話では、玄翁和尚が喝を入れて石を砕き、砕かれた石が日本の各地に散ったといわれています。 前後の平たい大きな鉄鎚を玄翁(または玄能)と呼びますが、この殺生石を砕いた話が名前の由来となっています。 能の公演にお出かけの際は、ぜひプリントアウトしてご活用ください。 [] the能ドットコムの「殺生石」現代語訳、あらすじ、みどころは、作成にあたって主に右の文献を参照しています。 書名をクリックするとリンク先で購入することができます。 伊藤正義校注 新潮社 権藤芳一 著 駸々堂 戸井田道三 監修・小林保治 編 三省堂 藤城繼夫 文 亀田邦平 写真 わんや書店 西野春雄・羽田昶 編集委員 平凡社 演目STORY PAPERの著作権はthe能ドットコムが保有しています。 個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。 詳しいことはのページをご確認ください。

次の

清清的世界旅行圖鑑: 日本關東 有日光的地方 栃木県那須塩原市 那須湯本溫泉、殺生石

殺生 石

曇り空がまた輪をかけて不気味。 車を降りた場所では何も感じなかったのに、この岩の前までくると硫黄の匂いがすごくします。 ここで出会ったボランティアのガイドさんが、色々詳しく教えてくださいました。 昔、化学が発達していなかった頃、人々はこの岩の近くに来た動物たちがバタバタ死んでしまうのを見て、この岩が力をもって殺しているに違いないと思い、「殺生石」と名付けたそうです。 本当は岩は関係なく、地面から硫酸が出ているのが原因です。 実際、上の写真の中にはハクビシンと おそらくそれを追いかけていた 狐が亡くなっているのが小さく写っています…。 それをカラスが食べて、そのカラスが硫酸で死んでしまって、猫がそのカラスを狙って近づいてまた死んでしまって…と悲しい連鎖が起きてしまうので、ボランティアさんたちが見つけ次第お片付けをしてくださっているそうです…。 ボランティアさんが場所がわかるように目印として赤茶色の岩を近くに置いています。 なんとも悲しくて果てしないお仕事。 ボランティアさんたちがいてくださることに感謝です。 風が吹いていない日は下の方に硫黄がたまっている 硫酸H2SO4は分子量重いですからね! ので、犬などのペットや小さいお子さんを連れている方は長くとどまらないように注意してください、とのことでした。 狐伝説 殺生石にはこんな伝説も残っています。 平安初期の鳥羽帝の時代。 インド、中国を荒らしまわった九尾の狐が、日本に渡ってきました。 「玉藻の前」という美女に化けて帝の寵愛を受けるようになりました。 玉藻の前 九尾の狐 が帝の命を奪い、日本を我がものにしようとしていた頃、陰陽師の安倍泰成によって正体を見破られました。 玉藻の前は白面金毛九尾の狐の姿になって、那須野が原へ逃げ込んできました。 これを知った朝廷は、2人の家来に命じ、九尾の狐を退治させました。 狐は死んで巨石となり、その怨念は毒気となって近く人や家畜、鳥獣を殺し続けました。 室町時代になって、これを伝え聞いた和尚がこの地を訪ね、石に一喝すると、石は3つに割れ、1つは会津へ、1つは備前へと飛んで行き、残った1つがこの那須にある殺生石であると伝えられているそうです。 このお話は江戸時代には歌舞伎など演劇の題材として使われることもあったそうです。 1689年には松尾芭蕉がおくのほそ道で湯本を訪れたのも、殺生石を見るためでした。 硫黄がたくさん含まれているので飲んではいけません。 が、温泉以上にお肌がすべすべになるとのことで、地元の方に人気だそうです。 実際手につけてみましたがつけていない方の手と比べたら本当につるすべになりました。 すごい即効力! これは内緒のお話ですが、ペットボトルに入れて持ち帰る方もいるとか。 天然の化粧水ですね。 硬貨がツルピカに!? このお水と、下の土に硬貨をつけてこすると、コインがピカピカになるそうです。 化学式どうだったっけなぁと懐かしくなって思い出していましたよ。 背中にはそれぞれ名前が彫られているそうです。 帽子は家族の方が被せたもの。 現役の彫り師の方がおひとりいらっしゃるそうです。 ボランティアガイドさんのおかげで、素通りしかけた殺生石のお話をたくさん聞けて、 すごく印象に残りました。 話だけ聞くとちょっと不気味だなと思ってしまうかもしれないけれど、 行ってみて良かったです。 さらに、中国は移り変わりが激しいです。 現在は異なる可能性がございますのでご了承ください。 カテゴリー カテゴリー 現在開催中の楽天イベント.

次の