分割定期 計算。 社会人はJR通勤定期を分割購入して通勤交通費を節約!

二区間定期券を購入可能な条件と経路例!同料金で通勤経路以外に外出しよう!

分割定期 計算

ICOCA払い戻しの計算 何らかの理由でICOCAを使わなくなった場合は、手続きをすれば残高を払い戻してもらえます。 ただし、ICOCAの残高がそのまま戻るわけではありません。 まずは、ICOCAの払戻額の計算方法を理解しておきましょう。 ICOCAや子どもICOCAの場合 ICOCAを払い戻すときには、払戻手数料が220円かかります。 また、残高とは別に、ICOCA発行時に預けたお金(デポジット)500円が戻るので、払戻額は以下のように計算しましょう。 ICOCA定期券の場合 ICOCA定期券の場合は、カード残高に加え、定期券分も払い戻されます。 手数料やデポジットは変わりません。 よって、払戻額は以下のように計算します。 この場合、以下の金額が払い戻されます。 払い戻しができる場所 ICOCAを払い戻すには、払い戻しの手続きが必要です。 どこで手続きできるのかを見てきましょう。 ICOCAエリアの駅窓口 ICOCAの払い戻しは、JR西日本のICOCA対象エリアの駅窓口で受け付けています。 また、JR西日本以外が運営する駅でも、ICOCAの取り扱い駅であれば払い戻しは可能です。 基本的にはJRや阪急など購入した鉄道会社で ICOCAを取り扱う駅であれば払い戻しは可能ですが、基本的にはICOCAを購入した鉄道会社の駅窓口で払い戻すようにしましょう。 特に、ICOCA定期券に関しては、販売した鉄道会社でしか払い戻しができません。 わざわざ駅まで出向いたのに取扱対象外といわれる可能性もあるので、最初から購入した駅に行く方が安心でしょう。 SMART ICOCAの場合 SMART ICOCA(スマートイコカ)はクレジットカードとひも付いているため、駅窓口では払い戻しができません。 大阪駅の『Club J-WESTサービスコーナー』か、SMART ICOCA問い合わせダイヤルのみで対応しています。 Club J-WESTサービスコーナーで手続きする場合は、その場で払戻申請書を記入し、本人確認書類と併せて提出しましょう。 SMART ICOCA問い合わせダイヤルの場合は、下記電話番号に連絡して払戻申請書を請求します。 そして、申請書に必要事項を記入のうえ、本人確認書類の写しと併せて返送しましょう。 手数料を浮かせる方法 ICOCAの払戻手数料は、ICOCAに残高がある場合のみ発生します。 残高0円のICOCAを払い戻す場合は、デポジットの500円のみ戻り、手数料は引かれません。 払戻手数料を引かれたくない場合は、ICOCAの残高を使い切ってから手続きするとよいでしょう。 また、こどもICOCAは有効期限後に払い戻せば手数料がかからないので、有効期限が近い場合は、有効期限が過ぎるまで待つのがおすすめです。 (定期券分の払いもどしがある場合は、払戻手数料220円がかかります) 必要書類 ICOCA定期券・こどもICOCA定期券・こどもICOCAを払い戻すときには、カードに記名されている人の公的な本人確認書類が必要です。 (運転免許証・健康保険証など) また、こどもICOCA定期券・こどもICOCAを保護者などの代理人が払い戻すときには、代理人の公的な本人確認書類と、子どもとの続柄が証明できる書類も用意しましょう。 ICOCAの再発行について ICOCAの紛失や破損によって、再発行したい場合の手続きについても紹介します。 なお、無記名ICOCAは紛失による再発行ができないので、失くさないように大切に管理しましょう。 紛失の場合 ICOCAを紛失して再発行する場合は、まずICOCA対象エリアの駅窓口で『再発行登録申込書』に必要事項を記入し、本人確認書類と併せて提出しましょう。 すると、『再発行登録票』が発行されます。 この時点で紛失したICOCAは利用停止されるため、後から見つかっても再利用はできません。 そして、再発行登録票発行の翌日から14日以内に、再発行登録票に記載された取扱先に出向き、再発行登録票と本人確認書類を提出しましょう。 再発行登録票と引き換えに新たなICOCAが受け取れます。 再発行登録自体はICOCA対象エリアのどこでもできますが、再発行は紛失したICOCAの発行会社でしかできません。 初めから、ICOCAを発行した駅窓口に行った方がよいでしょう。 破損の場合 ICOCAの破損やカードの不良による再発行は、無記名ICOCAでも可能です。 破損やカードの不良で再発行する場合も、駅窓口で再発行登録申込書を提出しましょう。 本人確認書類は必要ありません。 そして、再発行登録票を受け取ったら、再発行登録票発行の翌日から14日以内に、再発行登録票に記載された取扱先に出向きましょう。 このときも本人確認書類は必要ありません。 ただし、再発行登録票とともに障害が起きたICOCAが回収されるので、ICOCAも持っていきましょう。 SMART ICOCAの場合 SMART ICOCAを紛失したり、盗まれたりした場合は、速やかに以下の番号に連絡して、SMART ICOCAの利用を止めてもらいましょう。 クレジットカードとひも付けられているので、被害が拡大しないよう早めの対処が肝心です。 ICOCAと紐付けられているクレジットカードも一緒に失くした場合は、カード会社に連絡し、クレジットカードの利用停止手続きも行います。 SMART ICOCAが破損した場合は、SMART ICOCA問い合わせダイヤルに連絡し、対応方法を確認しましょう。 SMART ICOCA紛失ダイヤル:078-382-8692(24時間・年中無休・有料) まとめ ICOCAを使わなくなった場合は、JR西日本のICOCA対象エリアの駅窓口に行けば残高を払い戻してもらえます。 ただし、ICOCA定期券は発行会社でしか払い戻しできないので、わざわざ駅に出向いて取扱不可といわれないように、ICOCA定期券を発行した駅で手続きした方がよいでしょう。 手続きの際に本人確認書類が必要になることがあるので、あらかじめ払い戻しに必要なものを確認しておくと安心です。

次の

【安くてお得】モバイルSuicaで「2区間(分割)定期券」を購入する方法

分割定期 計算

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2018年6月26日(火)、通勤費の管理・申請業務を効率化する「駅すぱあと 通勤費Web」において、新たに通勤定期券の分割購入計算・管理に対応します。 きっぷや定期券は、運賃計算の特例などのため、出発駅から目的駅までの通しで購入するよりも、途中駅で分割して購入することで安くなる場合があます。 通勤手当を支給している企業においては、うまく活用することで経費削減が可能です。 一方で、通勤手当を管理する総務人事部門において、定期券の分割計算を手動で行ったり、どの従業員が分割定期の購入対象者であるかを管理したりすることは非常に困難です。 こうした課題やお客様からのご要望を受けて、2018年6月26日(火)より「駅すぱあと 通勤費Web」において、新たに通勤定期券の分割購入計算・管理に対応します。 本対応により、「駅すぱあと 通勤費Web」では、分割定期の購入対象者の抽出・管理・計算や定期券払い戻し対応などの通勤費管理業務を省力化します。 「駅すぱあと 通勤費Web」では今後も、企業の総務・人事部門の通勤費申請受付や管理業務の省力化、コスト削減を実現してまいります。 管理機能においては、運賃改定に伴う定期代の見直し・支給データ更新、定期代払い戻しの自動計算、帳票出力などが簡単な操作で実行できます。 また、申請機能においては「自宅住所」から「会社住所」の最適な通勤経路の自動算出、「社内規定に則った申請」の自動化、6ヶ月定期への容易な変更などが可能です。 主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムなどを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。 また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創に取り組んでいます。

次の

定期券の分割購入とは

分割定期 計算

離婚後に、婚姻期間中の年金を分け合える「年金分割」という制度。 年金額が少なくなりがちな女性にはありがたい制度ですよね。 さて、年金分割をしたら一体どのくらい年金は増えるのでしょうか? そもそも、自分たちの将来の年金自体どれだけ貰えるかよく分からないのに、分割してどれだけ増えるかなんてもっと想像しにくいですよね。 中には、 「男性がもらえる厚生年金の平均額は月17万円らしいから、その半分の8万円くらいかな?」と想像する人もいるかもしれません。 (参考記事:) しかし、実際はそれほど大きくは増えないのが現実で、増加する年金月額は 平均3万円程度となっています。 今回は、実際に年金分割を行った人の増えた年金の平均額を深掘りするとともに、年金分割した場合、自分の年金がどれだけ増えるのか試算する簡単な計算方法を紹介していきます。 離婚を考えている人は、離婚後の資金計画のためにぜひお役立てくださいね。 この記事の目次• 離婚時の年金分割で増える年金月額は平均約3万円が相場! 離婚時に年金分割をした場合、月々の年金額はどのくらい増えるのでしょうか? 厚生労働省の平成29年度の統計によると、年金分割をした年金の受給権者の年金月額の変化と増減額の平均は以下の通りでした。 対象者 平均年金月額 (改定前) 平均年金月額 (改定後) 平均増減月額 第1号改定者 (分割する側:主に夫) 142,713円 111,892円 -30,821円 第2号改定者 (分割される側:主に妻) 49,741円 80,799円 +31,058円 (参考:) 分割する側・される側共に、月額で約3万円強が増減していますね。 過去5年の推移を見ても、平均増減月額25,000円~31,000円となっているので、約3万円が相場と見て良さそうです。 ただし、これを見て 「離婚したら私も毎月3万円年金が増えるのね!」と思うのはまだ早いです! 年金分割は、2007年(平成19年)4月1日より施行されたまだ新しい制度です。 上記のデータは、 2007年4月以降に離婚していて、かつ既に年金の裁定が行われている60歳以上の人の実績なのです。 ですので、 5年や10年で離婚してしまった場合、年金分割の対象となる期間が短いので、3万円よりももっと少ない額になる可能性が高いと思っておいたほうが良いでしょう。 なお、年金分割には「合意分割」と「3号分割」という2つの制度があり、上で述べた平均3万円という数字は「合意分割」と「3号分割」を合わせたものです。 両方とも年金分割制度であることは間違いないのですが、大まかに分けて以下のような違いがあります。 項目 合意分割 3号分割 分割の対象期間 婚姻していた期間全て 平成20年4月1日以後の婚姻期間のうち国民年金の第3号被保険者であった期間 合意の必要性 必要 不要 両制度の違いや実際の年金分割手続き方法は、下記記事で詳しく解説しているのでそちらもご参照下さい。 次に参考として、 3号分割のみを利用した年金受給権者の年金月額の平均増減額も紹介しておきますね。 性別 平均増減月額 件数 男性 -2,018円 169人 女性 +4,713円 115人 参考: 増えるのが月に約5000円というのは、全体平均の3万円に比べてずいぶん少なくなりましたね。 というのも、3号分割制度の対象期間は平成20年4月1日以後の婚姻期間だけでして、現時点で対象期間が10年程度しかありません。 つまり 分割対象となる年金記録が最大でも約10年間分しかない人たちの実績なので、金額が少なくなるのも当然なのです。 (参考:) もう少し年月が経てば、対象となる婚姻期間も増え、また3号分割のみを行った受給権者の数も増えてくるので、現在とは金額も人数も大きく変わってくると予想されます。 自分の年金はいくら増えるの?知る方法はある? さて、ここまでは年金分割によって増減する年金額の平均値を見てきたわけですが、気になるのが、 「自分は年金分割でどれくらい年金が増えるんだろう?」ということですよね。 この点、 ・50歳以上かつ年金を10年以上納付(または免除)した人 ・既に障害厚生年金を受給している人 上記いずれかに該当するのであれば、年金分割の手続きを行うときに、年金事務所で試算してもらうことが出来るのでそちらを利用しましょう(参考:)。 一方で、年金事務所で試算して貰えない人は自力で計算するしかありません。 (社労士に試算して貰う方法もありますが、1回数万円程度かかることもあるのでオススメはしません)。 ただ、安心して下さい。 簡易的な計算で大まかな金額を知ることは出来ます。 夫のねんきん定期便の「報酬比例部分」の金額を確認する(すでに年金受給中の場合は年金額改定通知書の「基本額」を確認)• 結婚年数を夫の厚生年金の加入年数で割る• 夫のねんきん定期便の「報酬比例部分」の金額を確認する! 「報酬比例部分」とは、もらえる年金額の内、 これまでに納めてきた厚生年金保険料の金額や期間によって変わってくる金額にあたります。 年金分割によって年金記録が分割されると、この「報酬比例部分」の金額が改定されるという訳です。 この「報酬比例部分」は、ねんきん定期便に記載されているのですが、年齢によって若干様式が変わります。 以下、赤枠で囲まれたところが各ねんきん定期便の「報酬比例部分」の記載欄ですので、参考にして探してみてくださいね。 <50歳未満(35歳、45歳以外)の人> はがきタイプのねんきん定期便では、見開きページの下部に「報酬比例部分」が記載されています。 <50歳以上(59歳以外)の人> <35歳、45歳、59歳の人> 35歳、45歳、59歳の人は、はがきではなく封書となった特別なねんきん定期便が送られてきます。 封書のねんきん定期便の3ページ目の下部に、「報酬比例部分」が記載されています。 <夫がすでに年金受給中の人> 年金額改定通知書を使用される方は国民年金(基礎年金)部分を足さないように注意しましょう。 年金分割はあくまでも、厚生年金の標準報酬を分割するものです。 具体的な計算事例を見てみよう! では、下記のような前提条件を元に、実際に計算していきます。 5万円 今回の前提条件のもとでは、妻の年金増加額は月額2. 5万円という事になります。 簡単ですね。 ぜひやってみてください。 まとめ~年金分割による増加分だけで生活費を賄うのは難しい 年金分割は、外で働く夫のために家庭を支えてきた妻にも平等に年金を分配してくれるありがたい制度です。 しかし、 年金分割で増える年金の平均額は月額約3万円。 「塵も積もれば山となる」とは言いますが、離婚後この増額した年金だけを頼りに生活していくのはなかなか厳しいと言えるでしょう。 このように、年金分割ができることを理由に離婚するのは早計ですが、もう離婚が確定しているのであれば、しっかりと制度を理解して財産分与等も含めた資金計画を立ててくださいね。

次の