結婚式 乾杯 挨拶。 結婚式での乾杯の挨拶!会場を上手に盛り上げる秘訣とは!

身内だけの結婚式で乾杯を父親がする時の挨拶例文!新郎父・新婦父別に紹介します

結婚式 乾杯 挨拶

【乾杯の挨拶】全体の流れ まずはどんな流れで乾杯の挨拶をすればいいのか、見ていきましょう。 実は、乾杯の挨拶をする前後に、お辞儀をするタイミングがたくさんあるんです。 1 司会者があなたの紹介を話し始めたところで、座ったまま周りに軽く一礼。 2 紹介が終わったら、その場で立ってもう一度軽く一礼。 3 ゆっくりとマイクの位置まで歩き(スタッフが案内してくれる場合も)、スタッフがマイクの高さを調節してくれるので、それが終わるのを待ちます。 4 マイクの前で新郎新婦に一礼し、会場全体に向けて一礼。 5 スピーチをして、乾杯。 6 会場が拍手に包まれているところでもう一礼。 7 自分の席へ戻ります。 着席する前に軽く一礼するとなお丁寧な印象に。 ひとつひとつの動きをゆっくりすることを心がけると、堂々として見えますよ。 では次に、乾杯の挨拶の基本的な構成を見ていきましょう。 基本構成 乾杯の挨拶、基本的な構成はこちらです。 自己紹介 自分の名前や新郎新婦との関係を、簡単に話します。 僭越(せんえつ)の意 自分よりも年長者や他のゲストを差し置いて、自分が乾杯の挨拶をすることについて「僭越の意」を述べます。 祝辞 新郎新婦やご両家ご親族に、お祝いの言葉を贈ります。 招待してもらったお礼も添えると丁寧です。 エピソードやはなむけ 新郎新婦の人柄が分かるようなエピソードや、応援の言葉を話します。 長々とするのではなく、内容をしぼって簡潔に話しましょう。 乾杯の音頭 最後に、「乾杯!」と声をあげて乾杯の音頭を取ります。 あいさつの流れと基本構成はわかりましたね。 それでは、実際の文例をご紹介しましょう。 パターン別文例 上司編 ただいま、ご紹介に預かりました新郎前田君の上司にあたる水木と申します。 僭越ではございますが、ご指名いただきましたので、乾杯の音頭をとらせていただきます。 前田君、春菜(新婦)さん、ご両家ならびにご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。 また、このような盛大な披露宴にお招きいただきまして、心よりお礼申し上げます。 私はいつも、実直に仕事をこなす前田君の真剣な姿を見てきましたが、本日はまた少し違った、幸せそうな笑顔が見られてとても嬉しく思っております。 前田君、春菜さん、これからは二人で支え合って、幸せな家庭を作って下さい。 それでは皆様、御唱和をお願いいたします。 ご両家のさらなるご繁栄と新郎新婦の末永いお幸せをお祈りいたしまして、 乾杯! 親族編 信也(新郎)君、春菜(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。 ご両家の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。 ただいまご紹介にあずかりました、新婦の叔父、宮本と申します。 大変僭越とは存じますが、ご指名によりまして、乾杯の音頭をとらせていただきます。 春菜さんは幼いころから本が好きで、周りで兄弟やいとこたちがどんなに騒いでも、熱心に本を読みふけっていたことを思い出します。 そんな春菜さんが図書館の司書という天職に出会い、またそこで信也君という生涯の伴侶と出会い、この晴れの日を迎えることとなりました。 これからは二人手を取り合って、素晴らしい家庭を築いてください。 私も微力ながら、ずっと応援し、力になりたいと思っております。 それでは新郎新婦の輝かしい未来と、ご両家ならびにご列席の皆様のご多幸を祈念いたしまして、乾杯したいと思います。 みなさま、ご唱和お願いいたします。 乾杯! 友人編 信也(新郎)君、春菜(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。 ご両家ご親族の皆様におかれましても、心よりお祝い申し上げます。 ただいま司会の方からご紹介いただきました、新郎の友人、中川と申します。 多くの諸先輩方がいらっしゃる中でご指名いただき、誠に僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らせて頂きたいと思います。 信也君とは小学生からの幼馴染で、お互い、楽しい時期も苦しい時期も、一緒に過ごしてきました。 結婚は先を越されてしまい、こんなにキレイな花嫁さんを射止めた信也君を羨ましくも思いますが、それ以上に嬉しい気持ちでいっぱいです。 信也君、春菜さんと二人で楽しい家庭を築いてください。 それでは、お二人の新しい門出を祝して、乾杯をしたいと思います。 皆様、ご唱和下さい。 乾杯! 乾杯の挨拶ポイント 乾杯挨拶は短めに! あなたが乾杯の挨拶をしている間、みんなグラスを手に持って立ったままで聞いています。 そのため、長々とあいさつするのはNG! 目安は1~2分くらいです。 300字強で原稿を考えると、ちょうどそれくらいになるでしょう。 簡潔なあいさつにするなら、エピソードやはなむけ部分をはぶいてもOKですよ。 乾杯のタイミングをハッキリと どのタイミングでグラスを掲げて乾杯をすればいいのか、よくわからないようなスピーチの締めくくりはイマイチ。 「おめでとうございます!」で締めくくって乾杯しよう・・・ と自分の中では思っていても、ゲストはまだスピーチの途中かと勘違いすることも。 スピーチの終盤には、「それではご唱和下さい。 乾杯!」ときっちり発声することで、ゲストにもタイミングが分かりやすくなるのでおすすめです。 乾杯の前に、みんなにグラスがいきわたっているか会場を軽く見まわして確認するタイミングをとると、なおいいですよ。 ふさわしくない内容とは? 他のスピーチと同じで、エピソード部分に新郎新婦をけなすような内容を入れるのは避けましょう。 他にも、結婚式では避けたい忌み言葉、重ね言葉にも気をつけて。 忌み言葉については、こちらの記事も読んでみてくださいね。 明るく話そう! いよいよ披露宴の始まり!というタイミングでの乾杯の挨拶。 ここでボソボソと話したりすると、なんだか 披露宴の雰囲気が暗くなってしまいそうですよね。 ここは背筋をのばして笑顔で、元気よくスピーチしたいところ! 明るく「乾杯!」と声をあげ、披露宴を盛り上げましょう。

次の

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

結婚式 乾杯 挨拶

【乾杯の挨拶】全体の流れ まずはどんな流れで乾杯の挨拶をすればいいのか、見ていきましょう。 実は、乾杯の挨拶をする前後に、お辞儀をするタイミングがたくさんあるんです。 1 司会者があなたの紹介を話し始めたところで、座ったまま周りに軽く一礼。 2 紹介が終わったら、その場で立ってもう一度軽く一礼。 3 ゆっくりとマイクの位置まで歩き(スタッフが案内してくれる場合も)、スタッフがマイクの高さを調節してくれるので、それが終わるのを待ちます。 4 マイクの前で新郎新婦に一礼し、会場全体に向けて一礼。 5 スピーチをして、乾杯。 6 会場が拍手に包まれているところでもう一礼。 7 自分の席へ戻ります。 着席する前に軽く一礼するとなお丁寧な印象に。 ひとつひとつの動きをゆっくりすることを心がけると、堂々として見えますよ。 では次に、乾杯の挨拶の基本的な構成を見ていきましょう。 基本構成 乾杯の挨拶、基本的な構成はこちらです。 自己紹介 自分の名前や新郎新婦との関係を、簡単に話します。 僭越(せんえつ)の意 自分よりも年長者や他のゲストを差し置いて、自分が乾杯の挨拶をすることについて「僭越の意」を述べます。 祝辞 新郎新婦やご両家ご親族に、お祝いの言葉を贈ります。 招待してもらったお礼も添えると丁寧です。 エピソードやはなむけ 新郎新婦の人柄が分かるようなエピソードや、応援の言葉を話します。 長々とするのではなく、内容をしぼって簡潔に話しましょう。 乾杯の音頭 最後に、「乾杯!」と声をあげて乾杯の音頭を取ります。 あいさつの流れと基本構成はわかりましたね。 それでは、実際の文例をご紹介しましょう。 パターン別文例 上司編 ただいま、ご紹介に預かりました新郎前田君の上司にあたる水木と申します。 僭越ではございますが、ご指名いただきましたので、乾杯の音頭をとらせていただきます。 前田君、春菜(新婦)さん、ご両家ならびにご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。 また、このような盛大な披露宴にお招きいただきまして、心よりお礼申し上げます。 私はいつも、実直に仕事をこなす前田君の真剣な姿を見てきましたが、本日はまた少し違った、幸せそうな笑顔が見られてとても嬉しく思っております。 前田君、春菜さん、これからは二人で支え合って、幸せな家庭を作って下さい。 それでは皆様、御唱和をお願いいたします。 ご両家のさらなるご繁栄と新郎新婦の末永いお幸せをお祈りいたしまして、 乾杯! 親族編 信也(新郎)君、春菜(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。 ご両家の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。 ただいまご紹介にあずかりました、新婦の叔父、宮本と申します。 大変僭越とは存じますが、ご指名によりまして、乾杯の音頭をとらせていただきます。 春菜さんは幼いころから本が好きで、周りで兄弟やいとこたちがどんなに騒いでも、熱心に本を読みふけっていたことを思い出します。 そんな春菜さんが図書館の司書という天職に出会い、またそこで信也君という生涯の伴侶と出会い、この晴れの日を迎えることとなりました。 これからは二人手を取り合って、素晴らしい家庭を築いてください。 私も微力ながら、ずっと応援し、力になりたいと思っております。 それでは新郎新婦の輝かしい未来と、ご両家ならびにご列席の皆様のご多幸を祈念いたしまして、乾杯したいと思います。 みなさま、ご唱和お願いいたします。 乾杯! 友人編 信也(新郎)君、春菜(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。 ご両家ご親族の皆様におかれましても、心よりお祝い申し上げます。 ただいま司会の方からご紹介いただきました、新郎の友人、中川と申します。 多くの諸先輩方がいらっしゃる中でご指名いただき、誠に僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らせて頂きたいと思います。 信也君とは小学生からの幼馴染で、お互い、楽しい時期も苦しい時期も、一緒に過ごしてきました。 結婚は先を越されてしまい、こんなにキレイな花嫁さんを射止めた信也君を羨ましくも思いますが、それ以上に嬉しい気持ちでいっぱいです。 信也君、春菜さんと二人で楽しい家庭を築いてください。 それでは、お二人の新しい門出を祝して、乾杯をしたいと思います。 皆様、ご唱和下さい。 乾杯! 乾杯の挨拶ポイント 乾杯挨拶は短めに! あなたが乾杯の挨拶をしている間、みんなグラスを手に持って立ったままで聞いています。 そのため、長々とあいさつするのはNG! 目安は1~2分くらいです。 300字強で原稿を考えると、ちょうどそれくらいになるでしょう。 簡潔なあいさつにするなら、エピソードやはなむけ部分をはぶいてもOKですよ。 乾杯のタイミングをハッキリと どのタイミングでグラスを掲げて乾杯をすればいいのか、よくわからないようなスピーチの締めくくりはイマイチ。 「おめでとうございます!」で締めくくって乾杯しよう・・・ と自分の中では思っていても、ゲストはまだスピーチの途中かと勘違いすることも。 スピーチの終盤には、「それではご唱和下さい。 乾杯!」ときっちり発声することで、ゲストにもタイミングが分かりやすくなるのでおすすめです。 乾杯の前に、みんなにグラスがいきわたっているか会場を軽く見まわして確認するタイミングをとると、なおいいですよ。 ふさわしくない内容とは? 他のスピーチと同じで、エピソード部分に新郎新婦をけなすような内容を入れるのは避けましょう。 他にも、結婚式では避けたい忌み言葉、重ね言葉にも気をつけて。 忌み言葉については、こちらの記事も読んでみてくださいね。 明るく話そう! いよいよ披露宴の始まり!というタイミングでの乾杯の挨拶。 ここでボソボソと話したりすると、なんだか 披露宴の雰囲気が暗くなってしまいそうですよね。 ここは背筋をのばして笑顔で、元気よくスピーチしたいところ! 明るく「乾杯!」と声をあげ、披露宴を盛り上げましょう。

次の

これでバッチリ!結婚式の「乾杯挨拶」基本例文

結婚式 乾杯 挨拶

結婚式・披露宴の乾杯の音頭(発声)前の挨拶は、先にもお伝えしたように1分くらいの時間です。 この中に起承転結を備えた構成にすることが大切です。 あまりたくさんの事を話そうとせず、まず主題を一つに絞るのがポイントです。 「起」はお祝いの言葉や招待のお礼、新郎新婦との関係を簡単に話し自己紹介します。 「承」は新郎新婦の人柄を簡単に話し自分ならではのエピソードを一つだけ話します。 上司などでエピソードが少し長くなるようなら新郎新婦の人柄は省きましょう。 「転」ははなむけの言葉を送りましょう。 今後の結婚生活へのアドバイスや期待などを話します。 「結」は結び言葉を言います。 もう一度お礼を述べても構いません。 礼儀・マナーを心得た行動挨拶をすることが大切です。 前置きでこのことをお伝えしておいて本題に入ります。 まず司会者が乾杯の音頭(発声)をする自分を呼び出したら、乾杯グラスを持ちゆっくりとマイクの前まで進みます。 そして一礼して挨拶に入ります。 相手を敬う言葉、敬語を適度に使い冗談も相手の事を考えた内容にとどめます。 目線は結婚式会場全体を見回すようにし、適度に新郎新婦に目線を合わせます。 スピーチが終わったら、「ご唱和ください」と声を掛け「乾杯」と明るく元気に音頭(発声)します。 グラスは目の高さに上げます。 グラスは小指を立てたり手のひらで包んだりせずグラスの足の下すぐのところを持ちます。 またお酒がダメな人も結婚式ではグラスを口に付けて飲むしぐさをするのが礼儀です。 そして、「ありがとうございました」と一礼し席に進みます。 このように、礼に始まり、礼をもって行い、礼で結ぶのが動作と心を加えた流れになります。 結婚式、披露宴の乾杯の挨拶は、本来ならカンペは見ない方がいいのですが、どうしても不安という方はカンペをうまく活用することをおすすめします。 まず最初の段階として、作った原稿をポケットに忍ばせておきます。 もし頭が真っ白になった場合、カンペがポケットにあるというだけでも安心できうまくこなせます。 次の段階は断りを入れて、カンペを見ることです。 「緊張して失礼があってはいけないので手元を見ながら挨拶させていただきます」などと言った後カンペを見ます。 最初から見るためのカンペは色紙やメッセージカード、二つ折りの台紙が付いたものなど結婚式にふさわしいものを選びましょう。 ノートの切れ端はマナー違反です。 最後は、カンペを見ることをネタにします。 最近の結婚式、披露宴では乾杯の音頭(発声)の挨拶を面白おかしく進めるのにカンペを見ることを前提とし台紙に「カンペ」と書いて挨拶して会場を和ませる方もいます。 これは、友人や親族など近親者のみで催される披露宴では可能です。 来賓が出席している披露宴では避けましょう。 新郎新婦並びにご両家ご親族の皆様本日は誠におめでとうございます。 新郎〇〇さんは私が部長を務めております企画部に新人として配属されて以来、信頼できる頼もしい部として頑張ってくれています。 彼のユニークなアイデアには何度となく助けられました。 またここ2年の間は彼をリーダーとしたプロジェクトに取り組みその中で発揮された彼の決断力や統率力には目を見張るものがありました。 そして見事期待に応えてくれました。 そんな彼の心をつかんだ〇〇さんは素晴らしい女性だと思います。 そんなお二人なら末永く幸せな家庭を築かれると確信しています。 それでは乾杯の音頭(発声)を取らせていただきます。 ご唱和ください。 新郎新婦の幸多き前途を祝し合わせてご両家ご親族、ご列席の皆様のご健勝を祈念いたしまして、乾杯!!ありがとうございました。 〇〇君、〇〇さんご結婚おめでとうございます。 また本日はこのような席にご招待くださり誠にありがとうございます。 学生時代から愛を育みついに今日の日を迎えられたことを心よりお喜び申し上げます。 お二人は私たちと共に大学時代同じ同好会に所属しており、当時からみんながうらやむほど仲の良いカップルでした。 お二人の出会いは、〇〇君が三年生の時、新入部員として〇〇さんを勧誘したのが始まりです。 それから今日この日までお二人を見守ってきた仲間の一人としてこんなにうれしいことはありません。 末永くお幸せに。 若輩で誠に僭越ではございますが、友人を代表し乾杯したいと思いますのでご唱和のほどお願い申し上げます。 〇〇君と〇〇さんの素晴らしい未来を祝し、ご両家ご臨席の皆様型のご多幸をお祈りしまして、乾杯いたします。 乾杯!ありがとうございました。 」 乾杯の音頭をとるとき結婚式披露宴に出席する立場で気を付けたいポイント 結婚式・披露宴の乾杯の音頭をとるとき、上司・親族・友人の中で主催者、お招きしている立場になるのは親族です。 その他の上司・友人はお客様です。 ですから親族としてスピーチや乾杯の音頭を取るときは、使う言葉が変わってきます。 結婚式披露宴のゲストのお客様の順位は、上司や会社社長などの来賓、続いて友人です。 親族は主催者なのですが、最近では両家もその意識が薄れ、親族を立てる意味で乾杯の音頭をお願いすることがあります。 そもそも乾杯の音頭は来賓にお願いするのが本来の形です。 ですので、もし親族の立場として、乾杯の音頭を取るときは、主催であることを忘れず、来賓や友人に対してのお礼や、新郎新婦への叱咤激励・アドバイスなどをいただくことのお願いを両家に代わってする立場であるということを覚えておきましょう。 失敗しない結婚式の乾杯の挨拶は立場と礼と時間がポイント 結婚式の披露宴の乾杯の挨拶と音頭は自分がどの立場で乾杯に立つのかスピーチするのかによって話す内容は変わってきます。 上司として話すならまねかれていること会社の代表としてふさわしい言葉で、親族なら主催者側としての意識を忘れず、友人なら目上の人がたくさん出席していることを忘れず礼儀を尽くすことが大切です。 うまくしゃべろう、話そうと思うのではなく、エピソードと素直な思いを書き出し、時間内におさまるよう必要ないものからそぎ落としていき、内容の濃い乾杯の挨拶・音頭にしていくことが大切です。 緊張しすぎることは、失敗する原因になります。 何度もシュミレーションし、準備を万全にすることで緊張がほぐれます。 聞き手が聞きやすい時間とスピーチ内容を組み立て状況によってカンペもうまく使い新郎新婦の新しい人生を華やかに送り出す乾杯ができたらうれしいですよね。 節目の日を迎えた二人を祝福する乾杯の挨拶や音頭(発声)はそこから続く披露宴の雰囲気を決める鍵。 あなたらしい結婚披露宴の乾杯のスピーチを作ってみてください。

次の