背中 ぶつぶつ かゆみ。 背中の激しい痒みとの闘い!これは「老人性皮膚掻痒症」だったのか?

背中が痒い原因とかゆみを抑える対処法!病気の可能性は?

背中 ぶつぶつ かゆみ

背中が常にかゆい、夜になるとかゆい、ぶつぶつしている、空気が乾燥している冬になると背中がかゆくなるといった症状が出ていませんか?こういった背中のかゆみの症状には、人によって様々な原因があります。 そこで、記事では 背中のかゆみの原因と解決方法について紹介していきます。 原因を知って正しくケアしていくことで、かゆみを抑えられるようになりますよ。 背中がかゆい原因~症状別~ 背中がかゆいと感じてしまう原因は様々ですが、ニキビや汗疹、乾燥などが原因となっている人が多くいます。 かゆみを感じ始め、鏡で背中を確認してみると背中にぶつぶつした吹き出物ができていた!ということはありませんか?では、背中ニキビや汗疹は、どうしてできてしまうのでしょうか?1つ1つの原因を見ていきましょう。 背中がかゆい原因~ニキビ~ 背中を触ってみると、ぶつぶつというより ザラザラしている、という人は、背中ニキビが理由でかゆみを発症している場合があります。 また、赤くぽつっとした感じで、炎症を起こしてしまっている吹き出物もニキビです。 背中のニキビがかゆくなってしまうのは、 ニキビができている部分に刺激を与えていることが原因です。 元々、ニキビがかゆくなるようなことはありません。 しかし、普段から着ている衣類で擦れるなどしてニキビに刺激を受けると、肌にかゆみを感じることがあります。 そして、ボリボリ背中を掻くことでニキビもかゆみも悪化していきます。 なぜなら、刺激を受けた肌は次第に敏感になっていき、炎症が広がってしまうからです。 最悪の場合、背中全体がかゆくなることもあります。 また、 ニキビを放置していた結果、ニキビ跡となってしまった場合にもかゆくなることがあります。 背中がかゆい原因~汗疹~ 汗をかいたとき、運動したな~という日の夜、重ね着などで背中が蒸れた日などにぶつぶつができるのが汗疹の症状です。 汗疹から背中がかゆくなってしまうのは、 汗が皮膚の内部にしみ出して炎症を起こし、小さなブツブツがたくさんできてしまうからです。 この症状は、大量の汗が汗線をふさぐことで起こり、大人よりも子供の方が起きやすいとされています。 だからと言って大人には汗疹ができないということではなく、肥満体型の人や汗をかきやすい代謝の良い人、多汗症の人は汗疹ができやすくなります。 背中がかゆい原因~乾燥~ 肌が乾燥して背中がかゆくなる人の場合は、冬の空気の乾燥でかゆくなるパターンと、常に肌が乾燥している乾燥肌の2つの種類があります。 肌が常に乾燥するという人は、 肌のうるおいが足りておらず、バリア機能が弱まることで様々な刺激を受けやすくなっており、かゆみが発生していると考えられます。 どちらのタイプにせよ、肌の水分量が足りていないということに変わりはなく、表皮が赤くなることでかゆみが発生してしまいます。 乾燥肌になるのはアトピー性皮膚炎や年齢によるもの、環境の問題など様々な要因があり、アトピー性皮膚炎の場合は生まれ持った肌質からなることが多く、赤ちゃんの頃から肌が乾燥しやすい状態と言えます。 大人になってもこの肌質は残ることが多いため、元からアトピー性皮膚炎の方は肌が乾燥しやすく、かゆみが発生しやすいのです。 また乾燥肌は年齢から発生するものや、環境によって引き起こされることもあります。 年齢が原因で起こる乾燥は、肌の内側にある角質層の水分が加齢によって減ることが原因で起こります。 一方、環境が原因で起こる乾燥の場合は、湿度の低さや冷暖房の効き過ぎなどが乾燥を引き起こしていると考えられています。 背中がかゆい原因~蕁麻疹~ ブツブツができた場合、病院へ行くと 蕁麻疹と診断されるケースが多くあります。 何かへのアレルギーが出てしまった場合が多く、一時的な発症で終わる人もいれば、なかなか治らないケースもあります。 アレルギーの種類は様々で、よく聞かれる食べ物のアレルギーの他、衣類などの繊維に対するアレルギー、ホコリやカビなどへのアレルギーなどがあります。 珍しいところでは、絹アレルギーであったり、彼氏のベッドで寝ていたら蕁麻疹を発症した、というケースもあります。 また、 大人になってからの蕁麻疹で多いのが、ストレスからくるものです。 職場を異動することになった、新しい転勤先で働き始めた、仕事が忙しいなど、人によって理由は色々ありますが、仕事のストレスが原因で背中に蕁麻疹を発症してしまう人は意外と多いものです。 そして、蕁麻疹は必ずかゆみを伴うため、多くの人が苦しめられます。 背中のかゆみを抑える方法 背中のかゆみは様々な原因が考えられるのですが、 放っておいてもなかなか治らないのが背中のかゆみの特徴です。 逆に、かゆみを感じてしまうことから背中を掻いてしまい、かゆみが悪化したり炎症が酷くなるということも考えられます。 背中にニキビができたことによりかゆみを感じている時は、背中を掻き過ぎるとニキビ跡としてシミのように残ってしまうこともあります。 まずは、かゆみを抑えるためにすぐにできる方法をご紹介しますので、これ以上悪化させないようにしてみてください。 かゆい背中へは刺激を与えない 背中にニキビができたことが原因でかゆみが起きている場合は、 刺激を与えないようにケアしていきます。 かゆいからといって、背中を掻くのは絶対やってはいけません。 背中のニキビは毛穴に皮脂や角質などが溜まり、アクネ菌が発生している状態です。 毛穴に溜まった汚れを落とすようにケアしたり、ピーリングを行うことでアクネ菌や皮脂、角質などを除去できるようになります。 また、ニキビが炎症を起こしている場合は、ニキビ専用の薬用クリームを使ってケアすると効果的です。 かゆい背中は清潔に保つ 汗疹が原因で背中にかゆみが出てしまう時は、 汗が溜まりにくい環境を作ってあげるようにすると効果的です。 汗が溜まらないようにするには、汗が出たらその都度キレイに拭いて清潔感を保つことで、汗疹をできにくくすることが可能です。 他にも、汗を吸収しやすいインナーを着用したり、制汗剤を朝つけておくなど、お肌に汗が停滞しない工夫をしてみましょう。 その他には、お風呂上がりに市販薬を塗ったり、ベビーパウダーなどを使ってケアするのもかゆみを抑える効果があります。 かゆい背中への保湿は大切 背中の乾燥が原因でかゆみが起きている場合は、肌が乾燥しやすい時期やお風呂上がりに保湿を十分に行うだけでかゆみを抑えることができます。 毎日のケアを怠ってしまうとすぐに肌が乾燥し、かゆみが出てしまいますので、保湿を忘れないようにしましょう。 入浴後は、お肌が水分を吸収しやすくなっていますので、入浴後の保湿ケアは毎日取り入れましょう。 このとき、かゆみを抑える成分が配合されたジェルなどを使用すると、より効果的です。 また、年齢が原因で起こる乾燥肌も保湿が重要です。 年齢が高めの人は、保湿をすることで肌に必要な水分が逃げないようにすることができます。 さらに、季節によっては冷暖房を強めに設定してしまうこともありますが、冷暖房が効き過ぎると肌が乾燥しやすくなりますので気をつけましょう。 背中がかゆいだけでも皮膚科へ行くべき? ニキビ専用の薬用クリームや保湿効果のある化粧品を使って 毎日ケアしていても、一向にかゆみの症状がなくならないという人がいます。 そのような場合は、 一度医師の診察を受けてみると良いでしょう。 自分では「ニキビかな?」「ただの乾燥かな?」と思っていても、違う皮膚疾患を発症している可能性もあります。 医師に診察をしてもらうことでかゆみの原因が特定され、効果のある薬を処方してもらえるはずです。 背中のかゆみに対して病院で処方される薬 背中のかゆみで病院を受診する場合には、皮膚疾患の専門家である 皮膚科を受診するようにしましょう。 特に、内科などを併設している病院ではなく、皮膚科を専門としている病院を受診するようにしてください。 病院では、一般的に外用薬・塗り薬が処方されます。 抗生物質や抗炎症剤などが含まれた外用薬を使い、かゆみを改善させていきます。 外用薬を塗っている間に、かゆみが完治すれば問題ないのですが、途中で薬をやめてしまったりすると再発のおそれがあります。 この 抗生物質や抗炎症剤などの薬は一時的にかゆみを抑えるだけで、その間にかゆみが落ち着く(改善する)のを待っているのです。 薬の効果が切れたりケアしない日が続いていくと、再びかゆみが発生してしまいます。 かゆみが発生しないようにするためには毎日のケアが重要なのですが、薬の種類によっては長期間使用することで細菌が薬剤耐性を持つため、抗生物質が効かなくなることがあります。 強いかゆみを抑る場合には、ステロイドの外用薬やラネケイン、ヒルドイドやワセリンなどで治療を行うこともあります。 皮膚科でもっとも処方されることが多い外用薬はヒルロイドで、ローションやクリーム、軟膏などのタイプがあります。 この薬は保湿力が高いため、乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎などから起こるかゆみを抑えることができます。 アトピー性皮膚炎や乾燥肌が悪化してかゆみを引き起こしている時には、ステロイドと言われるリンデロンvg軟膏を使って炎症やかゆみを抑えていきます。 しかし、中にはステロイドでかゆみを抑えたくないと思う人もいるでしょう。 ステロイドは肌への負担が大きく、副作用などもありますからね。 そういう人はラナケインの外用薬でカサカサになった肌を抑え、かゆみをなくしていくことになるでしょう。 医師に相談することも良い 皮膚科ではこういった薬を処方してくれますので、背中のかゆみを改善させることができるようになります。 病院のよいところは、やはり症状に合わせた適切な薬をもらえる、という点でしょう。 特に背中というのは、なかなか自分では確認しづらい部位ですので、かゆみが気になる方は皮膚科の受診を検討してくださいね。 早い対応はニキビの悪化や炎症の悪化を防ぐことができます。 また、保湿を促すことで肌が乾燥しにくくなり、背中がかゆくなるような症状が出ないようにすることも可能です。 背中のかゆみを改善させたい場合には、自宅でケアするのも良いですが、できることなら医師に原因を調べてもらい、それに合う薬を処方してもらうのも良い方法と言えるでしょう。 まとめ• 背中のかゆみは様々な原因で発症している• ニキビが原因の場合、お肌への刺激や負担がかゆみにつながっています• 汗疹が原因の場合、汗を放置することでかゆみにつながっています• 乾燥が原因の場合、お肌のバリア機能が低下してかゆみにつながっています• 今すぐできる対策は3つ!背中を掻かない!汗を拭く!保湿をする!• それでもかゆい時は、皮膚科を受診するようにしましょう いかがだったでしょうか。 私も経験がありますが、背中のかゆみというのは一度発症するとずーっと気になってしまい、仕事に集中できなかったり、寝られなかったりと普段の生活に支障が出てしまいます。 掻くと気持ちがいいのでついつい手を伸ばしてしまいがちですが、かゆみは掻けば掻くほど悪化していきますので、早めの対策をおすすめします。 まずは手軽にできるケアをやってみて、それでもダメなら皮膚科を受診する、というのがいいでしょう。

次の

主な皮膚の病気一覧・症例画像【医師が解説】 [皮膚・爪・髪の病気] All About

背中 ぶつぶつ かゆみ

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

胸や背中のブツブツはニキビじゃないかも?その正体とケア方法を紹介!

背中 ぶつぶつ かゆみ

赤いブツブツのてっぺんが光沢のある感じ• ニキビのように潰しても膿がでない• 10個近く一気にできた 一番わかりやすいのは、一か所に何個も密集している場合ですね。 ニキビは不規則にできますが、 マラセチア毛包炎は近くに何個もできることが多いです。 他にも、少し痛みやかゆみを感じる場合もあります。 マラセチア毛包炎はニキビとは違い、自宅で治すことや自然に治ることは難しいので、判断が難しい場合は皮膚科で診てもらうようにしましょう。 肌が触れる場所を清潔にする• 汗がこもらないように対策する• 抗真菌 抗カビ 成分配合の石鹸を使う マラセチア毛包炎を早く治すには、マラセチア菌を減らすことです。 増える原因を対策して治していきましょう。 1.肌が触れる場所を清潔にする マラセチア毛包炎を治すには、 汚れや雑菌など肌に長時間汚れが残らないようにすること。 マラセチア菌が増える理由のところでも紹介しましたが、• シャンプーやボディーソープのすすぎ残し• パジャマを洗うのは数週間に1回だけ• 布団のシーツなどをほとんど洗わない• 同じTシャツや肌着を洗わないで何回も着る など、不衛生な状態が続いてしまうと、マラセチア菌が繁殖しやすくなります。 寝る前にお風呂に入ってきれいだし、寝るだけだからと思って、パジャマや寝具を洗わない方もいますが、 人は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかいています。 特に、梅雨から夏にかけてはジメジメとした日が続き、何もしなくても湿気が高くなるので要注意! 汗をこまめに拭いたり、替えの肌着を用意するなど対策しておきましょう。 3.抗真菌 抗カビ 成分配合の石鹸を使う 効果を早く実感しやすいのは、薬や石鹸のように外側からのケアになります。 皮膚科でもらえるニゾラールを使う以外に自宅でケアしたい・早く治したいなら 抗真菌 抗カビ 成分配合の石鹸を利用してください。 PickUP!! 抗真菌成分配合の「コラージュフルフル 液体石鹸」 評価4. 5ヶ月分) 価格:2,500円 皮膚科でも勧められることもあるのが 「コラージュフルフル 液体石鹸」。

次の