梅雨 時期 の 挨拶 文。 梅雨の季節の挨拶文

時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

梅雨 時期 の 挨拶 文

もくじ• 6月上旬で使う漢語調の時候の挨拶 漢語調の時候の挨拶を使うことで、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 手紙を送る相手が年配の方やビジネスの場面などで使いやすい言葉です。 6月上旬の暦は小満や芒種の時期 向暑の候、麦秋の候、初夏の候、万緑の候 小満(5月21日頃):5月21日頃~6月6日頃の前日まで 薄暑の候、入梅の候、芒種の候、長雨の候、紫陽花の候 芒種(6月6日頃):6月6日頃~6月21日頃の前日まで *「~のみぎり」「~の折」という表現を用いることも可能 6月上旬には小満、芒種といった時期が重なりますが、沖縄ではこの季節を「小満芒種(すーまんぼうしゅ)」と言い、小満~芒種までの間に訪れる梅雨のことを意味しています。 本州でも梅雨の時期が始まるころですが、天候は不安定でうっとおしい日々が続きますね。 拝啓 向暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 いつもお心遣いをいただき心より御礼申し上げます。 <本文> 天候不順の日が続きますが、お体には十分お気をつけ下さい。 敬具 「拝啓ー敬具」といった「頭語と結語の組合せ」について、個人間のやり取りやビジネス、女性特有の言い回しなど、シーンに合った使い方やマナーがあります。 詳しくはこちらの 頭語と結語の関係についてまとめた記事を用意してますので、ぜひ参考にしてください。 6月上旬で使う和文調の時候の挨拶 和文調の時候の挨拶では、気軽な感じでお手紙を出す相手に使われることも多いです。 ですので、改まった手紙と親しい相手への手紙で書き出しや結びの言葉にも違いがあるので、手紙の種類によってアレンジしてください。 時候の挨拶6月上旬の書き出しの言葉• 道行く人の服装も軽やかで、初夏を感じる今日この頃です。 庭の紫陽花が色鮮やかに咲くのを心待ちにしていますが、貴家の皆様はいかがお過ごしでしょうか。 梅雨に入りうっとおしい日が続きますが、皆様には晴れやかにお過ごしのことと存じます。 梅雨入りを控え気の重い毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 こちらは協まさに梅雨入りですが、御地はいかがですか。 報道によれば入梅も間近のようです。 お変わりございませんか。 長雨が続きますが、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 梅雨入りを控え衣替えの準備を済ませたところです。 梅雨入りを前に初夏の汗ばむ陽気ですが、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 雨の似合うアジサイの花が咲き始めるころ、梅雨入りを感じます。 田植えの時期を迎え、お忙しい事と存じます。 初夏の風が爽やかな季節となりました。 街で学生の真っ白な夏服を見かけ、初夏の始まりを感じました。 華やかな結婚式が行われていました。 ジューンブライドの言葉通り結婚シーズンのようです。 梅雨入りの報道が気にかかる季節ですが、お変わりございませんか。 衣替えで冬物の整理はもうお済みになりましたか。 スポンサードリンク 時候の挨拶6月上旬の結びの言葉• 梅雨入り前ではありますが、気温は夏の模様です。 くれぐれも体調管理にはお気遣いくださいませ。 暦の上ではすでに夏ですので、雨に負けず夏の楽しい予定でも立てておきたいですね。 うっとおしい日々が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 天候不順が続く毎日ですが、ご健康には十分ご留意くださいませ。 食中毒が流行っているようですので、十分にご注意してください。 軽やかになった服装に合わせて、気分もリフレッシュと行きたいですね。 梅雨入りのニュースが気になり所ですが、これからしっかりと準備していかないといけませんね。 時候の挨拶6月上旬の例文「和文調」 スポンサードリンク 6月の風物詩 6月の動植物などの様子や風物詩を冒頭や結び、本文中に盛り込むことで季節感が生まれます。 衣替え、夏服、クールビズ、田植え、麦狩り、早乙女、カサ、長靴、カッパ、てるてる坊主、すだれ、鮎解禁、父の日、結婚式、ジューンブライド、ボーナス、そら豆、サクランボ、梅雨、入梅、梅雨空、空梅雨、長雨、蒸し暑さ、湿気、かび、食中毒、カタツムリ、アメンボ、ホトトギス、しゃこ、梅干し、さくらんぼ、あんず、ざくろ、びわ、カワセミ、カエル、蛍、さつき、あやめ、かきつばた、栗の花、紫陽花、芍薬、くちなし、アマリリス これらの言葉を使って、6月の季節が現れるような手紙を作ってみましょう! 時候の挨拶を含めた手紙の作り方については、こちらを参考にしてください。

次の

梅雨の挨拶の結びの言葉

梅雨 時期 の 挨拶 文

時候の挨拶を6月の上旬から紹介• 初夏の挨拶や梅雨の挨拶• 梅雨明け後の挨拶 6月上旬ごろ〜6月中旬ごろの梅雨の挨拶 6月の風物詩といえば、「 梅雨」。 雨がダラダラと降り続き、気分も滅入っている人も多くいらっしゃるでしょう。 時候の挨拶には、はじめに共感を持ってもらい、その後の要件をスムーズに読み勧めてもらう効果があります。 まずは、6月上旬〜中旬頃の読む人が共感できる時候の挨拶を紹介していきます。 入梅・梅雨入り後の挨拶 入梅は「にゅうばい・ついり・いりうめ」と読みます。 暦の上では、入梅とは6月11日頃を指します。 御存知の通り、日本では場所によって梅雨入りの時期が変わってしまいます。 もし、相手が梅雨入りしていないのに、時候の挨拶が「梅雨入りをしてジメジメした天気が続いていますね」と相手も梅雨入りしている前提で書くと、相手からは共感を得られなくなります。 時候の挨拶を書く際は、 相手も梅雨入りしているのかを考えてから書くことにしましょう。 初夏の候、街行く人々の半そで姿が目に鮮やかです。 吹く風もどことなく夏めいてまいりました。 夏の装いとなり、街は一段と明るさを増したようです。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降りそそぐ頃となりました。 空梅雨(からつゆ)の挨拶 空梅雨(からつゆ)とは、梅雨の時期に降雨が少ないことを指し、 照り梅雨ともいわれます。 梅雨の時期はジメジメしているので、好きではない、降雨が少ない空梅雨のほうが嬉しい方も多いでしょう。 しかし、空梅雨になるのはいいことだけではありません。 いつもなら降るはずの雨が降らないので、水不足を引き起こしていることも。 相手が農家だと、水不足で作物がうまく育たないという問題を抱えている可能性もあるのです。 相手の職業や興味をなるべく考慮に入れて、時候の挨拶を書くようにしましょう。 どんな天気を「いい」とするかは人それぞれなので「空梅雨で天気のいい日が続いています」のような時候の挨拶は控えるほうがベターです。 薄暑の候、空梅雨を思わせる天気となっております。 空梅雨で、あちらこちらで水不足の声が気がかりです。 空梅雨のため晴れた空が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。 今年は空梅雨ぎみで暑い日々が続いておりますが、皆様におかれましてはいっそうご活躍のことと存じます。 主観的な表現をなるべく避け、例のように、事実だけを書くと、共感を得られるいい時候の挨拶になりますよ。 6月下旬ごろ〜7月上旬ごろの梅雨の挨拶 6月初旬〜中旬の挨拶を紹介してきました。 次に、梅雨がようやく開けようとする6月下旬〜7月上旬ごろ、梅雨明けや夏到来を感じさせる時期の挨拶を紹介していきます。 梅雨明けごろの挨拶 6月下旬ごろになるとようやく梅雨が収まってきます。 梅雨が収まってきたころには、 梅雨明け後のワクワクした生活を想像させるような時候の挨拶を書くことをおすすめします。 山や海のことや木々の変化などについて書くと、季節感がいっそう伝わっていいのではないでしょうか。

次の

梅雨の挨拶の結びの言葉

梅雨 時期 の 挨拶 文

スポンサードリンク 梅雨の季節の挨拶1. 梅雨入り前 梅雨入りのニュースが気になる季節となりましたが いかがお過ごしでしょうか? 梅雨前線が近づいてきましたが いかがお過ごしでしょうか? 今年ももうすぐ梅雨入りで、憂鬱な季節です。 今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる季節となりました。 走り梅雨に漏れ、木々の緑もいっそう深まりましたが いかがお過ごしでしょうか? 梅雨入りを間近に迎え、 今から憂鬱な気分になっております。 梅雨の走りでしょうか、落ち着かない天気が続いております。 入梅を間近にひかえ、ぐずついた天気が続いております。 いよいよ梅雨入りですが、ご機嫌のほどいかがでしょうか? 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 このような感じで 梅雨入り前の季節の挨拶を 手紙で書くという場合は 梅雨入り 入梅 梅雨前線 走り梅雨 といった言葉を用いて そろそろ梅雨に入りますが いかがお過ごしでしょうか? といった季節の挨拶を書きます。 梅雨の季節の挨拶2. 梅雨入り 降雨がうっとうしい季節に入りましたが いかがお過ごしでしょうか? うっとうしい梅雨の季節となりましたが いかがお過ごしでしょうか? 梅雨に入り、蒸し暑い毎日がつづいておりますが お変わりありませんか? 梅雨に入り、梅雨冷えに震えておりますが いかがお過ごしでしょうか? 長雨がつづきますが、いかがお過ごしでしょうか? 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、 お変わりありませんか? 梅雨に入り、うっとうしい雨の日が続いております。 梅雨入り宣言が出され、うっとうしいお天気とのお付き合いです 今年もまた梅雨の季節に入りました。 入梅の報に気を曇らせる今日この頃、 選択物が乾かない季節となりました。 といった感じで、 梅雨のシーズンに突入して 長く降り続ける雨をうっとうしいと感じたり、 そんな雨が続く梅雨の中で 「変わりないか」「いかがお過ごしなのか」 といった感じの 相手を気遣う挨拶が用いられます。 特に梅雨のシーズンンは 寒暖差が激しくなって 体調を崩しやすくなりますので、 そんな意味でも 相手の方を気遣う文章が使われてます。 スポンサードリンク 梅雨の季節の挨拶3. 空梅雨 梅雨の中休み 梅雨も中休みでしょうか、さわやかな青空が広がりました。 今日は梅雨の中休み、もうすっかり夏の色をしています。 梅雨も中休みとなったのか、久しぶりに青空が広がりました。 梅雨晴れの一日、久しぶりのお日様の陽射しが眩しくなりました。 梅雨も今日は中休みで、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 梅雨も中休みらしく、 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 梅雨の中休み、太陽のありがたみがしみじみ感じられます。 今年は空梅雨なのか、過ごしやすい毎日が続きます。 今年の梅雨は空梅雨のようですが、稲の調子は大丈夫でしょうか。 今年は空梅雨を思わせるような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、 嬉しさ半分水不足の心配半分の複雑な心境です。 空梅雨を思わせる天候ですが お変わりありませんでしょうか? 梅雨の中休みとなって 久しぶりに晴れ間がのぞいたとか 夏を思わせるような天気になった という挨拶が使われるようになり、 空梅雨となったことでうれしい反面 水不足を心配するような挨拶 が用いられるようになります。 梅雨の季節の挨拶3. 梅雨明け 梅雨も明け、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 長かった梅雨も明け、 青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 梅雨明けの空かまぶしく輝く季節となりましたが いかがお過ごしでしょうか? 梅雨が上がった途端、真夏日が続き めっきりお暑くなってまいりました。 長かった梅雨もようやく明け、 いよいよ夏本番となりました。 梅雨が明けた途端に猛暑となりましたが お変わりありませんでしょうか? 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番、 今年は暑くなりそうですね。 といった感じで 梅雨が明けた事で夏のシーズンに突入する といった事を表現する挨拶が用いられます。 梅雨の季節の挨拶4. 結びの言葉 うっとうしい毎日がつづきますが、 お体をくれぐれもご自愛ください。 梅雨明けまでしばらくかかりそうですが お体に気をつけてお過ごしください。 夜間は冷えるようでございますので 夏風邪などお召しになりませんようご自愛ください。 梅雨寒がお体に障らないよう どうかくれぐれもご自愛ください。 梅雨明けも間近ですので どうぞお体には十分お気をつけください。 梅雨晴れの青空を期待しつつ、 皆様のご健康をお祈りいたします。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、 ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 梅雨冷えの厳しき折、 お風邪など召されませぬようご自愛ください。 といった感じで 梅雨のシーズンとなって 気温の変化が激しい時期となるので 体調を崩したりしないよう 相手を気遣う結びの挨拶が用いられます。 梅雨の季節の挨拶まとめ 梅雨の季節の挨拶は以上です。 なので、 梅雨のシーズンに合わせて 上記の挨拶を参考にして用いていきましょう。 ちなみに梅雨に関連した記事は 等でもまとめています。

次の