あはれ 意味。 哀れ(あわれ)の意味

古典で、「おかし」 と「あはれ」とありますが、 これらは、ど...

あはれ 意味

『いとをかし』『いとあはれ』の意味と使い方について紹介していきます。 平安時代の文学においては、「をかし」と「(ものの)あはれ」が重要な概念とされています。 「をかし」は明るく知性的な美と言われるのに対し、「もののあはれ」はしみじみとした情緒の美と表現されます。 平安時代の文学の代表として『源氏物語』や『枕草子』があります。 これらの文学において、「をかし」と「(ものの)あはれ」は重用な概念とされています。 『源氏物語』は「あはれ」の文学であり、『枕草子』は「をかし」の文学であると言われ、「をかし」は明るく知性的な情緒と言われるのに対し、「あはれ」はしみじみとした情緒と表現されます。 また、「をかし」と「あはれ」にはたくさんの意味があることをご存知でしょうか? ここでは、 ・いとおかしの「いと」の意味 ・「をかし」の意味 ・「あはれ」の意味 ・「をかし」と「あはれ」の違い についてご紹介しますので、復習も兼ねてぜひ覚えてください! また、清少納言の「枕草子ー春はあけぼの」と紫式部の「源氏物語」の原文と口語訳も載せていますので、古文の学習の参考にしてください。 いとおかしの「いと」の意味 『いとをかし』『いとあはれ』は、『いと+をかし』『いと+あはれ』にわけられ、 『いと』、『をかし』、『あはれ』にはそれぞれ意味があります。 「いと」というのは副詞にあたり、強調するための意味を持ち、次のような意味があります。 非常に、とても、大変 「をかし」に対して「とても・すごく」と、「おかし」の意味を強調するために使われます。 それほどでも、たいして(打ち消す言葉を付け加えて) 打ち消す言葉を加えることで「それほどでもない」という表現になります。 これは英語で言うところに『very』と同様に考えるとわかりやすいでしょう。 『いと』の意味一覧 原文 意味 いと とても 非常に すごく 誠に 実に 大変かも 大いに 大変 ひどく あまり …ではない 全然 …でない それほど …でもない) 十分に まったく まさに 「いと」の例 例えば 「源氏物語」の一番最初の章 「桐壷」に、次の文章があります。 いとやんごとなき際にはあらぬがすぐれて時めき給ふありけり。 現代語にすると、次のようになります。 それほど高貴でない身分の方で、特に帝の寵愛を受ける女性がおりました。 ここでの「いと」は、「いとやんごとなき」の部分。 打ち消す言葉は「際にはあらぬが」の、「あらぬが」の部分。 「それほど高貴な方ではない」と、女性の身分が低いということを表しているんですね。 2つの意味があるので、続く言葉に注意して意味を確認しましょう。 『をかし』の意味 『いとをかし』は「おかし」とも書かれることがありますが、現代語仮名遣いで表記した語「をかし』と書くのが正しい書き方のようです。 『をかし』は、平安時代の美的理念の1つで、興味が引かれて面白い、美しくて心が引かれる、素敵だ等々のたくさんの意味を持ちます。 現代の言葉でいうと「おかしい」「すごい」「美しい」「見事な」などのたくさんの意味が含まれているます。 『をかし』の意味一覧 原文 意味 をかし 趣(おもむき)がある 風情がある おもしろ 興味がある 美しい 愛らしい かわいい 素晴らしい おかしい すごい 見事な こっけいな いいな 素敵だ 可愛らしい いとおしい 「いとおかし」を使った歌の原文/訳 「美しい、きれいな、愛らしい」を使った表現 『源氏物語 若紫』 けづることをうるさがり給 たま へど、をかしの御髪や 【現代語訳】 髪をとかすのを嫌がるけれど、美しい御髪ですね 「すばらしい、優れた、見事な」を使った表現 『更級日記 大納言殿の姫君』 笛をいとをかしく吹き澄まして、過ぎぬなり 【現代語訳】 笛をとても見事に吹き鳴らして、立ち去ってしまったようだ 「趣(おもむき)がある・風情がある」を使った表現 『枕草子 春はあけぼの』 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし 【現代語訳】 また、ただ一つ二つと、かすかに光って飛んでいるのも趣がある 「興味がある」を使った表現 『徒然草』 また、野分の朝 あした こそをかしけれ 【現代語訳】 また、大風の翌日は興味深いものがある 「おかしい・こっけいな」を使った表現 『今昔物語集』 妻、をかしと思ひて、笑ひてやみにけり 【現代語訳】 妻は「こっけいだ」と思って、笑って 夫を責めるのを やめてしまった 「あはれ」という言葉 「あはれ」は「しみじみとした趣、寂しさ、悲しさ、愛情、情け」というようなとても感動的であるさまを表す語です。 現代語でいうところの「あわれ」は「かわいそう」の意味ですが、古文の「あはれ」にも、かわいそうの意味がありますが、しみじみとした趣という意味がほとんどです。 素晴らしいと思う、感動する、かわいそうに思う、悲しい、恋をする、美しい など、これらは全部「あはれ」の訳です。 あはれは、文脈に合わせて訳すことができる単語です。 また、「あはれ」の文学で代表的な作品は紫式部の恋愛小説「源氏物語」です。 恋愛ということですので、心が強く動く表現として「あはれ」という言葉を多用するのも納得できます。 『あはれ』の意味一覧 原文 意味 あはれ しみじみとした思いだ。 趣深く感じる。 悲しい しみじみと心打たれる。 すばらしい。 恋しい、いとしい どうしようもなく悲しい。 身につまされて悲しい。 もの寂しく、心引かれる。 かわいそうだ。 気の毒だ。 しみじみとかわいい。 いとしい。 尊く、ありがたい。 「あはれ」を使った歌の原文/訳 「しみじみとした趣」を使った表現 『徒然草』 もののあはれは秋こそまされと人ごとに言ふめれど、それもさるものにて、いまひときは心も浮き立つものは、春の気色にこそあめれ」 【現代語訳】 しみじみとした趣は秋がすぐれているとだれもが言うようだけれど、それももっともなこととして、さらにいちだんと心がうきうきするものは、春の景色であるようだ。 しみじみとした思いを使った表現 『枕草子』 蜘蛛(くも)の巣のこぼれ残りたるに、雨のかかりたるが、白き玉を貫きたるやうなるこそ、いみじうあはれにをかしけれ 【現代語訳】 蜘蛛の巣が壊れずに残っているところに、雨が降りかかったのが、白い玉を(糸で)貫いたようであるのは、なんともしみじみとした思いで興味深い。 「しみじみと心打たれる。 すばらしい。 」を使った表現 『徒然草』 かくてもあられけるよとあはれに見るほどに 【現代語訳】 このような(寂しい)ありさまでも住んでいられたのだなあとしみじみと心打たれて見ているうちに。 どうしようもなく悲しい。 身につまされて悲しい。 を使った表現 『源氏物語 若紫』 いとはかなうものし給(たま)ふこそ、あはれにうしろめたけれ 【現代語訳】 とても幼くていらっしゃるのが、どうしようもなく悲しく気がかりだ。 もの寂しく、心引かれる。 を使った表現 『徒然草』 あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣(かや)り火ふすぶるもあはれなり 【現代語訳】 粗末な家(の塀)に夕顔の花が白く見えて、そして蚊遣り火がくすぶっているのももの寂しく心引かれる。 『かわいそうだ。 気の毒だ。 』を使った表現 『枕草子』 得たるはいとよし、得ずなりぬるこそいとあはれなれ 【現代語訳】 (思いどおり官職を)得たのは大変よいが、(官職を)得ないでしまったのは、ひどく気の毒である。 『しみじみとかわいい。 いとしい。 』 を使った表現 『更級日記 大納言殿の姫君』 例の猫にはあらず、聞き知り顔にあはれなり 【現代語訳】 普通の猫のようではなく、(人の言うことを)聞き分けるようでしみじみとかわいい。 『をかし』と『あはれ』の違い 平安時代の文学においては、「をかし」と 「もののあはれ」は、どちらの言葉も「趣がある」と訳されることがあるので似ていますが、本質的には違った概念です。 「をかし」は落ち着いた明るい性質の優美、「あはれ」の「しみじみとした趣」というのは、もっと深く、心に響くような、心に残るような、強い感情をあらわしています。 「をかし」の代表である清少納言の「枕草子」では「 趣がある、風情がある」と訳されることが多く、現代でも同じように認識している人が多いです。 一般的には 「いとをかし」=「非常に趣がある」=「とてもおもしろい」 と訳されます。 一方、紫式部「源氏物語」で多用される「あはれ」は 「あはれ」=「しみじみとした趣、寂しさ、悲しさ、愛情、情け」 同じ時代の「をかし」と比べると、優美にかかわる点など類似した面をもつ一方、「をかし」の明るい、軽い、ライトな性質に対して 「あはれ」は哀感を伴う、重たい感じ のように考えるといいでしょう 受験で出てくるのは、「いとおかし」「もののあはれ」 どちらも 「趣がある」 の意味だけど、違いは、 「いとおかし」 : 「明るく知的な美に対して趣きがあること」 「もののあはれ」: 「しみじみと情緒的な美に対して趣きがあること」 となります。 まとめ 「をかし」とは、平安時代の『枕草子』などで多くみられる、美に対する感嘆、称賛などを明るい感じで表わす言葉です。 そして 「もののあはれ」は「源氏物語」などで多くみられる、 しみじみとした情緒の美と言われるように心に響くような気持ちを表現する時に使う言葉と言うことでした。 どちらのことばも『趣がある』で統一されていますが、文脈によって様々な意味があり、様々な解釈ができるということがわかりました。 これらを知っていると、古文を学ぶときに、理解が深まりそうですね。

次の

あわれとは

あはれ 意味

[名]しみじみ心に染みる感動、また、そのような感情を表す。 1 (「憐れ」とも書く)強い心の動き。 特に悲哀・哀憐の感情。 不憫 ふびん と思う気持ち。 「人々の哀れを誘った」「哀れをかける」「そぞろ哀れを催す」• 2 かわいそうな状態。 無惨な姿。 「哀れをとどめる」• 3 底知れないような趣。 ものがなしさ。 4 どうすることもできないような心の動き。 5 しみじみとした情愛・人情。 慈愛の気持ち。 現在では、多く悲哀・哀憐の感情に限定される。 1 (「憐れ」とも書く)かわいそうに思われるさま。 気の毒だ。 惨めだ。 「その姿はいかにも哀れであった」• 2 しみじみともの悲しく感じるさま。 はかなく、また、さびしく思われるさま。 「夕暮れは、なんとなく哀れに思われてしかたがない」• 3 しみじみと心を打つ風情があるさま。 趣があるさま。 4 しみじみと心に染みて愛着を感じるさま。 いとしいさま。 かわいいさま。 5 しみじみとした愛情があるさま。 優しいさま。 6 感服させられるさま。 感心だ。 殊勝だ。 7 尊く、ありがたいさま。

次の

複数の意味を持つ『いとをかし』と『いとあはれ』の意味一覧《原文/訳付き》

あはれ 意味

現代語訳(口語訳) 春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。 (日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。 夏は夜(が良い)。 月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。 また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。 すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。 冬は早朝(が良い)。 雪が降(り積も)っているのは言うまでもなく(素晴らしく)、霜が(降りて)とても白いのも、またそうでなくてもとても寒い(早朝)に、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。 昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

次の