ライフカードゴールド メリット。 リクルートカードは本当にお得?メリットからデメリットまで徹底解説

ライフカードゴールドのメリット・デメリット|ANA SFC 修行.com

ライフカードゴールド メリット

最短4営業日で発行できる!• 国内主要都市の 空港に設置されたラウンジが無料で利用可能! 多機能な法人カードをお手軽に手に入れたい方、ライフカードビジネスライトゴールドはいかがですか? ライフカードビジネスライトゴールドは、 実に10を超えるサービスが付帯。 ビジネスマンが嬉しいと思えるサービスが本当に多く、これ1枚で大方のことはサポートできます! そんなサポートの中でも、出張の多いビジネスマンに嬉しいのが保険サービス。 国内最高1,000万円・海外最高2,000万円の補償額で、しかも海外ならそれが 自動付帯しているのです! これだけ高機能な法人カードなので、さぞ申請しても通りにくいと思われるかもしれませんが、実は スタートアップ企業や個人事業主でも申し込める優しい法人カード。 しかも申請はWebで終わるので、手続きしにどこかへ行く必要もなければ、提出するのは 本人確認書類だけととても楽! オールマイティで高機能な法人カードが欲しいという方、ライフカードビジネスライトゴールドを検討してみてはいかがですか? 3つの国際ブランドが選べるなど、多様性のある法人カード! ライフカードビジネスライトゴールドは、付帯サービス数の多い法人カードですが、性能も見逃せません。 すでに法人カードを持つ方ならブランドを被らないようにしたいと思いますが、ライフカードビジネスライトゴールドは3つから選べるので、用途に合わせて選べます! 法人カードを初めて持つ方には、ライフカードビジネスライトゴールドはVISAがおすすめ! シェア率No. 1のVISAなら世界中で使えるメリットの他に、 ブランド独自のサービスを利用できる特典があります。 その中の「 Visaビジネスグルメオファー」というレストラン予約サービスが、ビジネスマンには大変嬉しいサービスとなっています! 会食でお店を選びをされることが多い方なら、ぜひVISAをご検討ください。 その補償内容は、ライフカードビジネスライトゴールドの2,000円という安い年会費に対し、 国内最高1,000万円・海外最高2,000万円と非常に高額。 しかも海外旅行傷害保険の場合は 自動付帯になります! 法人カードには、「自動付帯」と「利用付帯」という2つの保険があります。 利用付帯というのは、その旅行の渡航費等を法人カードで支払っていた場合に補償される保険のこと。 対して自動付帯は、そうした条件なく 特定の法人カードを所持していれば補償対象という保険で、何が起きるかわからないトラブルだからこそこちらの方が相性が良いのです! 自動付帯の保険であれば、条件はあくまで「法人カードを所持していること」なので、 プライベート旅行でも適用可能。 仕事を忘れて家族や友人と海外へ行く際にも適用されるので、安心して旅行を満喫できるのではないでしょうか! ポイント還元!ラウンジ利用!豊富なサービスが利用できます ライフカードビジネスライトゴールドのサービスは、なにも保険だけが優れている訳では有りません。 実は付帯サービスの数でいえば、この法人カードはなかなかの数を備えています! 例えば、保険が気になる方なら嬉しい「 ラウンジの無料利用」というサービスがあります。 国内主要都市の空港では、この法人カードがあれば無料で入れるラウンジがいくつかあるのです。 このラウンジは、フリードリンクをいただいたりスマホを充電できたりする設備が整っており、旅立つ前の待ち時間を快適に過ごせる場所となっています。 また還元サービスにも強いライフカードビジネスライトゴールドは、 モール利用で最大25倍ものポイントを得ることも可能! これだけカンタンに獲得できるとなると、ポイントを利用した経費削減も非常にはかどることでしょう。 充実したサービスは、まだあと10個ほど付帯! 今後のアナタのビジネスをきっと支えるモノとなるので、ぜひライフカードビジネスライトゴールドを検討してみてください。 最短4日で発行!財務書類の提出不要なカンタン審査 ライフカードビジネスライトゴールドの審査はどうなっているのか? 実は、ゴールドランクの中でも比較的通りやすいと思われる法人カードです。 ライフカードビジネスライトゴールドを手に入れるときは、一般的な法人カードの審査では必要なことが多い 財務書類が不要です。 そのため、審査を受けるときに 用意するのは本人確認書類のみと、申し込みがとてもカンタンとなっております! 「登記簿謄本」や「決算書」といった財務書類一式が不要なので、会社を興したばかりの方でも、ライフカードビジネスライトゴールドなら審査が通る確率が高いことが推測できます。 また、 申し込みがWebで完結するというのも嬉しいポイント! 発行会社との間で何度かやり取りが必要な法人カードがありますが、ライフカードビジネスライトゴールドはWebでカンタンに終わらせるので申請が本当に楽。 また 最短4日で発行されるので、急いで法人カードが欲しい方にもライフカードビジネスライトゴールドはおすすめです! 企業だけでなく個人事業主の方も申し込める法人カードなので、ぜひお試しください。

次の

ゴールドカードを持つメリットとは何か?高い年会費を払う価値はあるのか?

ライフカードゴールド メリット

5% 海外保険 あり 自動付帯 家族カード あり 高校生を除く18歳以上のご家族の方は無料。 ただし1名のみ ETCカード 無料 カード発行まで 最短3営業日発行 更新期間 自動更新 ライフカードゴールドのメリット• 海外・国内旅行保険が手厚い• 空港ラウンジの利用可• ロードサービスが充実• ポイント増加キャンペーンが豊富 海外・国内旅行保険が手厚い ライフカードゴールドは海外旅行や国内旅行保険が手厚いことで有名です。 しかも、ライフカードゴールドの海外・国内旅行保険は自動付帯になっています。 多くのカードが、交通費や宿泊費をクレジットカードで決済していることが条件になっている利用付帯である中、クレジットカードでの決済をしていなくても自動でついてくるので、とても使いやすくなっているのです。 補償内容もとても充実していて、死亡・後遺障害なら最大1億円の補償となっています。 高い水準の旅行保険がついているため、よく旅行に行くという人にとってはメリットが大きいでしょう。 空港ラウンジの利用可 ライフカードゴールドでは、空港ラウンジの利用も可能になっています。 国内の主要26空港で利用できますので、旅行する際にゆったりと待ち時間を過ごすことができるでしょう。 その他にも、海外旅行の時に使える海外アシスタントサービス、ANAやJALをお得に予約することができる国内航空券予約サービス、レンタカーを利用する場合には国内レンタカー割引サービスなど、旅行する際に便利なサービスが数多くあります。 ですので、旅行が趣味という人などにはメリットが多いでしょう。 ロードサービスが充実 車を良く利用するという人にもメリットが大きいのがライフカードゴールドの特徴です。 ライフカードゴールドでは、ロードサービスが無料付帯となっています。 ロードサービスを受けるには一般的には年会費を払ってJAFなどに加入することが必要になりますが、ライフカードゴールドはロードサービスが無料付帯ですから、その年会費も節約できます。 サービス内容も非常に充実しており、レッカー移動からレンタカーの手配、緊急で宿泊する場合のホテル手配などを行ってもらうことができるのです。 また、トラブルが起きた際の帰宅費用や臨時宿泊費用なども一定金額補償してくれます。 ポイント増加キャンペーンが豊富 ライフカードゴールドにはポイントプログラムがありますが、ポイント還元率は0. 5%と一般的なカードと大差ありません。 しかし、ポイントがアップするキャンペーンが豊富にあるので、キャンペーンを利用すればポイントを貯めやすくなっているのです。 誕生月や入会初年度のキャンペーン、年間の利用金額によってはボーナスポイントがもらえることもあります。 ライフカードゴールドのデメリット• 年会費がかかる• ポイント還元率が高くない• ETCカード利用分にはポイントが付与されない• ゴールドカードの中ではこの年会費は決して高い金額ではありませんが、あまり使っていなかったとしても年に10,000円程度を必ず払わなければいけないというのはデメリットでしょう。 ライフカードゴールドのメリットを十分に使いこなせているのなら、サービス料としては安いぐらいですが、あまり旅行に行かずにその恩恵を感じられない、車の運転などもほとんどしないということだと、メリットを感じられずに少し高い年会費になってしまいます。 ポイント還元率が高くない ライフカードゴールドのポイント還元率は0. 5%となっていて、平均的な還元率です。 平均的ですから低いということはないのですが、もっと還元率が高いカードがたくさんある中で0. 5%という還元率は物足りないと思ってしまう人も少なくはありません。 キャンペーン時などはポイントアップしますが、それも決まった月や期間限定になりますから、その期間に買い物をする、旅行をするというような人でなければ恩恵を受けられません。 ゴールドカードはポイント還元率という点を重視していないカードが多いので、ポイントを貯めたいと思うのなら通常の還元率の高いカードの方がいいでしょう。 ETCカード利用分にはポイントが付与されない ライフカードゴールドではETCカードを無料で作ることができますが、ETCカード利用分にはポイントが付与されません。 有料道路をよく使うのでポイントが貯まるのではと期待している人もいるかもしれませんが、ポイント付与の対象外となっているのです。 ETCカードの支払いはクレジットカードですることになると思いますが、どれだけ高速道路を利用して利用料金を払ったとしてもポイントは入らないので気をつけましょう。 ステータスが低い ゴールドカードを持つ方の中には、ステータスカードとして持ちたいと思っている人も多くいます。 しかし、ライフカードゴールドはステータス的にみるとあまり高いカードではありません。 ライフカードは信販系の中でも審査難易度が比較的低い部類であり、ステータスカードとしての魅力はあまりないと言えます。 クレジットカードのステータスが重要視されるような海外旅行によく行くという場合には、国際的にステータスの高いカードを選んだ方がいいかもしれません。 ライフカードゴールドのポイント制度• ポイント還元率は0. 初年度はポイント1. 誕生月は3倍などキャンペーンが豊富• ポイントの有効期限は5年• ステージ制プログラムがある ポイント還元率は0. 5% ライフカードゴールドのポイント還元率な0. 5%となっており、クレジットカードの中では平均的な還元率になっています。 ライフカードのポイント制度は、1,000円の利用で1ポイント付与されるようになっているのです。 初年度はポイント1. 誕生月は3倍などキャンペーンが豊富 ライフカードゴールドのポイントプログラムの最大の特徴は、「LIFEサンクスプログラム」という制度になるでしょう。 これは、特定の期間ならポイント還元率が上がるというものになっています。 誕生月の利用ではポイント3倍になるので、お得にポイントを貯めることができるのです。 また、入会してから1年間はポイント1. 5倍となりますので還元率は0. 75%になります。 さらに、1年間の利用金額が50万円以上の場合には、ボーナスポイントとして300ポイント付与されますので、クレジットカードでほとんどの買い物や旅行をするという人にとっては、ポイントを貯めやすくなっているのです。 ポイントの有効期限は5年 ライフカードゴールドのポイント有効期限は基本的には2年間なのですが、毎年繰越手続きをすることによってポイント有効期限が最大で3年間延長されることになるのです。 きちんと繰越手続きをすることで、有効期限は最大で5年間になりますから貯め続けて一気に使うというようなこともしやすいでしょう。 繰越手続きはwebからでも手軽に行うことができますし、コールセンターに問い合わせて行ってもらうことも可能です。 ステージ制プログラムがある ライフカードにはステージ制のプログラムがあります。 レギュラーステージ、スペシャルステージ、ロイヤルステージ、プレミアムステージの4つのステージに分かれていて、利用金額ごとにステージがアップしていく仕組みになっているのです。 年間の利用金額でステージが決まり、50万円以下ならレギュラー、50万円以上ならスペシャル、100万円以上ならロイヤル、200万円以上ならプレミアムステージになります。 プレミアムステージになると基本ポイントが2倍になりますので、1,000円の利用で2ポイントつくようになります。 スペシャルステージでも1. 5倍になりますから、ライフカードゴールドをメインカードとして普段の生活で利用しているという人は、お得にポイントを貯めていけるようになっています。 ライフカードゴールドはどんな人におすすめ?• 海外・国内旅行によく行くという人• 車での移動や車で旅行に行くことが多い人• ライフカードゴールドをメインカードとして使いたい人 海外・国内旅行によく行くという人 ライフカードゴールドは、海外・国内旅行保険が非常に充実しているというのが最大の特徴になっています。 そのため、海外・国内問わずに旅行によく行くという人には、向いているカードだと言えるでしょう。 死亡、後遺障害補償は最大1億円となっていますし、怪我や病気だけでなく盗難などの補償もしてくれますから万が一の時でも安心です。 また、国内の主要空港ラウンジは無料で利用することができますから、国内旅行で飛行機を良く使うという場合にも便利です。 車での移動や車で旅行に行くことが多い人 ライフカードゴールドは、ロードサービスが無料付帯ですので、車をよく使うという人にも非常に便利です。 JAFよりも充実したサポートを受けることができるので、日常的に車の運転をするという人でも安心でしょう。 万が一車が故障したという場合でも、レッカー移動の手配、レンタカーの手配などはライフカード側で行ってくれますから、慌てるような場面でも安心して任せることができるのです。 それだけでなく、緊急時の宿泊費や帰宅時の費用なども一定金額補償してもらえるので、車で旅行によく行くという人にもおすすめのカードになっています。 ライフカードゴールドをメインカードとして使いたい人 ライフカードゴールドは、ステージ制のポイントプログラムを採用しています。 そのため、ライフカードゴールドをメインカードにして、日ごろの支払いや旅行費用の支払いなどに使いたいという人には向いています。 使えば使った分だけステージが上がっていって、ポイント還元率がどんどん上がっていきますから、年間で50万円以上をクレジットカードで支払う予定のある人にとってはいいでしょう。 年間50万円だと月の利用金額は42,000円程度ですから、通常の買い物や公共料金の支払いなどをクレジットカードでしている人なら難しい金額ではないということが言えます。 ライフカードゴールドポイント還元率を他社と比較 ライフカードゴールドのポイント還元率は、クレジットカードの中では平均値となっています。 還元率を重視したいという人のために、他のゴールドカードとポイント還元率を比較してみましょう。 2%~1. 5%~0. 3% 100円の利用で1ポイント付与 実質無期限 ライフカードゴールドが届くタイミングは? ライフカードゴールドが届くタイミングは、申し込み方法によって違ってきます。 ライフカードでは、web完結型申し込みが主流になっていて、最短3営業日での発行も可能となっています。 ライフカードでは独自の審査システムを採用しているので、審査自体は早ければ即日、もしくは1営業日以内で完了しますので、スピーディーな審査がなされるという特徴があります。 審査に通ったあとは、カードが発行されて郵送で送られてくることになるでしょう。 郵送ですので早くても郵送通知から1日、住んでいる地域によっては2~3日かかるということもあります。 早ければ審査からカードが届くまで3日ということも可能なので、できるだけ早くクレジットカードが欲しいという人にもいいでしょう。 ライフカードゴールドの引き落とし日はいつ? ライフカードの締め日は、ショッピング利用の場合には毎月5日締めとなっています。 一部の加盟店によっては締め日が異なる場合もありますが、基本的には毎月5日締めだと思っていいでしょう。 キャッシングの場合には毎月末日締めとなっています。 引き落とし日は、請求月の27日、もしくは請求月翌月の3日となっているのです。 引き落とし日がどちらになるのかは、引き落としに利用している金融機関によって変わってきますので、自分の利用している金融機関がどちらなのか調べてみましょう。 ライフカードの公式サイトに記載があります。 引き落とし日が土日祝日などに被った場合には、翌営業日に引き落とし日がずれ込みますので、こちらも覚えておいてください。 ライフカードゴールドを実際に利用した人たちの口コミ 年代 20代 職業 会社員 ゴールドカードを持ってみたくて、比較的審査難易度が低いと言われているライフカードゴールドに申し込みました。 問題なくカードを作ることができましたし、機能も充実していて満足しています。 私は地方に住んでいるので車の運転が必須なのですが、しっかりとしたロードサービスがついているので、もしも何かあったときにも安心だなと思っています。 今まではJAFに加入していたのですが、それも必要なくなりましたし旅行の際の保険もしっかりしているので、トータルで見ていいカードだと思います。 年代 20代 職業 会社員 今までライフカードを使っていたのですが、旅行に行くことも多いですしもっと保険がしっかりしているカードがいいなと思い、ライフカードゴールドを作りました。 海外、国内問わずに保険が充実しているので安心して旅行に行くことができます。 国内の空港ラウンジが使えるのも、待ち時間を快適に過ごせるので嬉しいポイントです。 年間でそれなりの金額を使うので、ポイントがステージ制プログラムもいいなと思っています。 普段の支払いなどに使うだけでポイント還元率が上がっていくので満足しています。 年代 20代 職業 会社員 飛行機や車での移動が多いので、ライフカードゴールドを選びました。 他のカードよりもロードサービスが充実していますし、年会費の割には手厚い旅行保険がついているのも魅力だと思います。 出張などでよく飛行機を利用するので、空港ラウンジが使えたり補償が充実したりしているのは、大きなメリットでした。 ロードサービスも充実していますし、10,000円の年会費でこれだけ手厚いサポートを受けることができていいのかなと思ってしまいます。 ステータスカードとしては弱いですが、そちらはあまり重視していませんし機能が充実しているので満足しています。

次の

2016年おすすめのクレジットカード【ライフカード】比較・メリット・口コミまとめ

ライフカードゴールド メリット

クリックできる目次• ライフカードゴールドESPECIALと有料ライフカードゴールドChの比較 基本情報を表で比較してみました。 ライフカードゴールドESPECIAL ライフカードゴールドCh 年会費(税抜) 永年無料 10,000円 ポイント還元率 0. ライフカードゴールドESPECIALの特徴について少し詳しく解説します。 特典や機能は有料ライフカードゴールドChの劣化版 まず結論としては、ライフカードゴールドESPECIALはライフカードゴールドChの劣化版ということです。 ChにあってESPECIALにない点はいくつかありますが、その逆はありません。 ただし年会費が無料と1万円なので差があるのは当然ですね。 誕生日月はポイント還元率1. 年間利用額に応じて翌年のポイント還元率アップ• ボーナスポイント• 海外アシスタンスサービス(LIFE DESK)• 海外お土産宅配割引• 旅行サービス(Travel Gate)• パッケージツアー割引• 旅行グッズのレンタル15%OFF• 空港ラウンジ無料利用特典が嬉しい 旅行傷害保険は外されたものの、空港ラウンジの無料利用特典は残っています。 他社を見ても一般ランクのクレジットカードだと、空港ラウンジ特典が付いていることはほとんどありません。 そのためラウンジ特典を手に入れるには、年会費をいくらか払ってゴールドカード取得する必要があります。 となると無料ゴールドカードで空港ラウンジ特典が手に入るのは非常においしい話です。 家族カードも3人までOK 家族カードも年会費無料で3人まで発行可能です。 空港ラウンジを家族全員無料にしたい場合などに、発行すると良いでしょう。 国際ブランドはJCBのみ ちょっとした注意点ですが、国際ブランドでVISAやMastercardを選択することはできません。 元々使っていたライフカードがJCB以外だったとしても、ライフカードゴールドESPECIALで選できるのはJCBのみです。 ゴールドカードとしては特典が弱い ライフカードゴールドESPECIALのデメリット1つ目は、特典の豪華さに欠ける点です。 通常ゴールドカードと言えば、ゴールド会員限定の〇〇といった豪華な特典や専用コンシェルジュなど魅力的な特典が多く付帯しています。 しかしライフカードゴールドESPECIALの特典内容は「一般ランク以上ゴールド未満」といったレベル感です。 豪華な特典を求める人は、他のカードを選びましょう。 ステータスは一般ランク並 また特典の豪華さに欠けていることも影響して、ステータスが高いとは言えません。 また年会費無料なので、実質一般ランク並と解釈することもできます。 ステータスにこだわりたいのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。 ポイント還元率が低い ライフカードゴールドChでも同じですが、還元率0. 年会費無料の一般カードでも1. 年会費無料で持てる数少ないゴールドカード メリットは非常にシンプルで「無料で持てるゴールドカード」という点ですね。 特に学生や20代前半だと周りにゴールドカードを持っている人が少なく、無料だろうと有料だろうとゴールドカードを持っていることに価値があります。 しかしそのために年会費を払うのは嫌だと人もいるでしょう。 そんなときにライフカードゴールドESPECIALは強い味方になります。 関連カードも無料発行できる 関連カードであるETCカードや家族カードが無料なのも、地味にありがたいメリットです。 ゴールドカードの家族カードであれば、大体は少なからず年会費が発生します。 またETCカードも年会費は無料だけど発行手数料はかかるというケースがよくありますが、ライフカードゴールドESPECIALは完全無料です。 ライフカードゴールドESPECIALは、ライフカード株式会社からインビテーションが来た人だけが申し込めます。 ライフカードゴールド ESPECIALは、弊社提携カードの提携終了などに伴い、切替専用カードとして発行させていただいたカードでございます 引用元: ちなみにインビテーションが来たとしても一応審査があるので、必ず発行できるわけではありません。 招待される条件 公式発表はありませんが、実際に届いた人たちの声が多数ネット上にアップされているので、おおよその予測はつきます。 解約者へゴールドインビテーションとかヤラシイねライフカードの戦略。 — Keisuke Makino kekke828 先程の公式サイトからの引用部分から察するに、ライフカード株式会社都合のカード終了の場合がまず1つ。 残りに関しては、当サイトでは以下が招待基準だと予測しています。 ライフカードシリーズを契約していて、解約した• 利用履歴が一定以上ある(1年以上が望ましい)• 利用金額は問わない• 利用期間中に支払い延滞がなかった これらの条件を満たした人に、インビテーションが届く可能性が高いです。 会員離れ引き止めの意味もあって、無料ゴールドカードに招待しているのでしょうね。 インビテーション案内はメールで来る? ライフカードゴールドESPECIALのインビテーションは、書面で届きます。 また届くタイミングは個人差があるようですが、解約から1ヶ月以内の人が多い印象です。 インビテーションが来ても断れる ちなみにインビテーションが来たからと言って、必ずカードを受け取らないといけないわけではありません。 ライフカードゴールドESPECIALはいらないということであれば、無視しても大丈夫です。 無料でも申し込まないという声が意外と多いですね。 先日解約したライフカードから「ライフカードゴールドESPECIAL」という年会費無料のゴールドカードのインピテーションが届いた。 先月解約した「ライフカード」に替わりまして「ライフカードゴールド ESPECIAL」の入会ご案内書が届きました。 年会費永年無料、空港のカードラウンジ無料利用、ショッピングカード保険の3つだけしかメリットがございません。。。 無料ならもらっておこう感覚が多い 次は発行しようとしている(orした)という人の声です。 やはり皆さん無料のゴールドカードという1点に惹かれていますね。 ライフカードを解約したらライフカードゴールドESPECIALの案内が来た。 必要性はないんだけど、年会費無料との事なのでクレカ収集好きとしてはどうしよう。 — ポタージュ 誕生石だけは紫 cornpotage2017 ライフカードゴールドESPECIALとかいうインビテーションが到着。 年会費永年無料とのこと。 貧乏性なので発行してもた。 断捨離解約したのに...

次の