あにこひん。 あにこびん

「あにこびん」に関するQ&A

あにこひん

オススメのアニメ教えてください! 視聴済みは以下の通りです。 (今期のアニメは除く) あいうえお順になってます。 (泣く覚悟ができてない) ・まどマギ(タイミング逃した) ・ラブライブ(自分に合わなそう…) 他の作品のことはさておき けいおんのあまりいい評判を聞かない、 というのは極めて違和感ありますね その評判というのは放送が始まってすぐに爆発的な人気になった時期に、人気の本質が全く理解出来ない層から出ていた「美少女動物園」だの、「かわいい女の子がきゃっきゃうふふしてるだけの中身のない作品」だのと言った、極めて偏った類のものでは? そうであれば最近のこの作品に対する評判をもう少し色々調べてたほうがいいですね。 というよりさっさと見た方がいいと思いますね。 最近になって初めてこの作品を見て、「なんでもっと早く見なかったのか?リアタイで放送してたときに粋がって見もせずにキモオタ向けアニメなどといって貶してた自分を殴りつけてやりたい」と後悔する人が冗談じゃなく後を絶たないです。 あと、泣けるアニメとしてクラナドやあの花等がよく挙げられますが、けいおんは一度ハマるともう一期の初回を見ただけで、ギャグシーンの連続でにやにやと顔がにやけるにも関わらず最終回などが思い出されて泣けてきてしまうという、とんでもないことが起こります。 上で例に挙げたいわゆる「泣かせにかかる作品」というのは、どれだけその作品を見て泣けてきても所詮劇中に起こっていることはあくまで人ごとですが、けいおんの場合、年齢や性別に関わらず作品内のキャラと心情的に完全に一体化して、一期の初回から最期の劇場版まで通して見ると、作品中の彼女達と共に、というよりも彼女達になりきって高校の三年間を彼女達と同じように過ごせたという実感を持ててしまいます。 そして、そこで過ごせる三年間というのはある意味理想的な三年間、誰もが送りたいと思いながら、現実には決して送れそうにもない、または、すでに高校時代が遠い過去の人間にとっては、こんな高校生活を送りたかったと心の底から思えるような三年間であり、作品の終盤及び劇場版では、作品の完結と合わせてそのような三年間でもいづれ終わらせなくてならないことに気づき、それを惜しむ気持ちと、そのような三年間を送ることができた多幸感がごちゃごちゃに感極まり、 それに加えて、卒業せずにただ一人残される 後輩がいて、その視点による感情移入も加わってしまうので、こ上で挙げたような「泣かせる」作品とは全く違う次元で泣けてしまいます。 恐らくこのような作品は前列がないし今後も難しいと思います。 スタッフが自らこの作品に惚れ込み、とんでもなく手間ひまをかけて制作していることが作品をじっくり見れば分かります。 だからと言ってよもやここまでの傑作になるとは予想していなかったでしょうけれども。 アニメーションという1つの映像表現の手段において、ある種の極限までいった作品だと思いますね。 書いてあることが全く理解出来ないかもしれないですが、それでも少しでも興味が湧いたら見ることをお勧めします。 世界観に浸って感情移入して初めて泣けるアニメなので泣く泣かないではなく普通に楽しめばいいと思います。 部員5人が『ギャグ』というより『ノリ』で過ごすアニメです。 ラノベアニメのようなラッキースケベも皆無なうえ曲がいいので万人受けします。 しかしラノベは傑作です! とらドラ! とらドラ!

次の

【ポケモン】サトシが旅をするうえで最強の旅仲間4人、これしかないwwwww

あにこひん

オススメのアニメ教えてください! 視聴済みは以下の通りです。 (今期のアニメは除く) あいうえお順になってます。 (泣く覚悟ができてない) ・まどマギ(タイミング逃した) ・ラブライブ(自分に合わなそう…) 他の作品のことはさておき けいおんのあまりいい評判を聞かない、 というのは極めて違和感ありますね その評判というのは放送が始まってすぐに爆発的な人気になった時期に、人気の本質が全く理解出来ない層から出ていた「美少女動物園」だの、「かわいい女の子がきゃっきゃうふふしてるだけの中身のない作品」だのと言った、極めて偏った類のものでは? そうであれば最近のこの作品に対する評判をもう少し色々調べてたほうがいいですね。 というよりさっさと見た方がいいと思いますね。 最近になって初めてこの作品を見て、「なんでもっと早く見なかったのか?リアタイで放送してたときに粋がって見もせずにキモオタ向けアニメなどといって貶してた自分を殴りつけてやりたい」と後悔する人が冗談じゃなく後を絶たないです。 あと、泣けるアニメとしてクラナドやあの花等がよく挙げられますが、けいおんは一度ハマるともう一期の初回を見ただけで、ギャグシーンの連続でにやにやと顔がにやけるにも関わらず最終回などが思い出されて泣けてきてしまうという、とんでもないことが起こります。 上で例に挙げたいわゆる「泣かせにかかる作品」というのは、どれだけその作品を見て泣けてきても所詮劇中に起こっていることはあくまで人ごとですが、けいおんの場合、年齢や性別に関わらず作品内のキャラと心情的に完全に一体化して、一期の初回から最期の劇場版まで通して見ると、作品中の彼女達と共に、というよりも彼女達になりきって高校の三年間を彼女達と同じように過ごせたという実感を持ててしまいます。 そして、そこで過ごせる三年間というのはある意味理想的な三年間、誰もが送りたいと思いながら、現実には決して送れそうにもない、または、すでに高校時代が遠い過去の人間にとっては、こんな高校生活を送りたかったと心の底から思えるような三年間であり、作品の終盤及び劇場版では、作品の完結と合わせてそのような三年間でもいづれ終わらせなくてならないことに気づき、それを惜しむ気持ちと、そのような三年間を送ることができた多幸感がごちゃごちゃに感極まり、 それに加えて、卒業せずにただ一人残される 後輩がいて、その視点による感情移入も加わってしまうので、こ上で挙げたような「泣かせる」作品とは全く違う次元で泣けてしまいます。 恐らくこのような作品は前列がないし今後も難しいと思います。 スタッフが自らこの作品に惚れ込み、とんでもなく手間ひまをかけて制作していることが作品をじっくり見れば分かります。 だからと言ってよもやここまでの傑作になるとは予想していなかったでしょうけれども。 アニメーションという1つの映像表現の手段において、ある種の極限までいった作品だと思いますね。 書いてあることが全く理解出来ないかもしれないですが、それでも少しでも興味が湧いたら見ることをお勧めします。 世界観に浸って感情移入して初めて泣けるアニメなので泣く泣かないではなく普通に楽しめばいいと思います。 部員5人が『ギャグ』というより『ノリ』で過ごすアニメです。 ラノベアニメのようなラッキースケベも皆無なうえ曲がいいので万人受けします。 しかしラノベは傑作です! とらドラ! とらドラ!

次の

あにこびん

あにこひん

オススメのアニメ教えてください! 視聴済みは以下の通りです。 (今期のアニメは除く) あいうえお順になってます。 (泣く覚悟ができてない) ・まどマギ(タイミング逃した) ・ラブライブ(自分に合わなそう…) 他の作品のことはさておき けいおんのあまりいい評判を聞かない、 というのは極めて違和感ありますね その評判というのは放送が始まってすぐに爆発的な人気になった時期に、人気の本質が全く理解出来ない層から出ていた「美少女動物園」だの、「かわいい女の子がきゃっきゃうふふしてるだけの中身のない作品」だのと言った、極めて偏った類のものでは? そうであれば最近のこの作品に対する評判をもう少し色々調べてたほうがいいですね。 というよりさっさと見た方がいいと思いますね。 最近になって初めてこの作品を見て、「なんでもっと早く見なかったのか?リアタイで放送してたときに粋がって見もせずにキモオタ向けアニメなどといって貶してた自分を殴りつけてやりたい」と後悔する人が冗談じゃなく後を絶たないです。 あと、泣けるアニメとしてクラナドやあの花等がよく挙げられますが、けいおんは一度ハマるともう一期の初回を見ただけで、ギャグシーンの連続でにやにやと顔がにやけるにも関わらず最終回などが思い出されて泣けてきてしまうという、とんでもないことが起こります。 上で例に挙げたいわゆる「泣かせにかかる作品」というのは、どれだけその作品を見て泣けてきても所詮劇中に起こっていることはあくまで人ごとですが、けいおんの場合、年齢や性別に関わらず作品内のキャラと心情的に完全に一体化して、一期の初回から最期の劇場版まで通して見ると、作品中の彼女達と共に、というよりも彼女達になりきって高校の三年間を彼女達と同じように過ごせたという実感を持ててしまいます。 そして、そこで過ごせる三年間というのはある意味理想的な三年間、誰もが送りたいと思いながら、現実には決して送れそうにもない、または、すでに高校時代が遠い過去の人間にとっては、こんな高校生活を送りたかったと心の底から思えるような三年間であり、作品の終盤及び劇場版では、作品の完結と合わせてそのような三年間でもいづれ終わらせなくてならないことに気づき、それを惜しむ気持ちと、そのような三年間を送ることができた多幸感がごちゃごちゃに感極まり、 それに加えて、卒業せずにただ一人残される 後輩がいて、その視点による感情移入も加わってしまうので、こ上で挙げたような「泣かせる」作品とは全く違う次元で泣けてしまいます。 恐らくこのような作品は前列がないし今後も難しいと思います。 スタッフが自らこの作品に惚れ込み、とんでもなく手間ひまをかけて制作していることが作品をじっくり見れば分かります。 だからと言ってよもやここまでの傑作になるとは予想していなかったでしょうけれども。 アニメーションという1つの映像表現の手段において、ある種の極限までいった作品だと思いますね。 書いてあることが全く理解出来ないかもしれないですが、それでも少しでも興味が湧いたら見ることをお勧めします。 世界観に浸って感情移入して初めて泣けるアニメなので泣く泣かないではなく普通に楽しめばいいと思います。 部員5人が『ギャグ』というより『ノリ』で過ごすアニメです。 ラノベアニメのようなラッキースケベも皆無なうえ曲がいいので万人受けします。 しかしラノベは傑作です! とらドラ! とらドラ!

次の