えきねっと スマートex 違い。 【スマートEX】Suica・Kitaca・PASMO等の交通系ICカードで東海道山陽新幹線に乗車可能に

新幹線ネット予約サービス6種類はそれぞれどう違う?何がオススメ?

えきねっと スマートex 違い

もくじ• 新幹線のネット予約サービス6種類はそれぞれどう違う? 新幹線のネット予約サービスは以下の6種類が存在し、予約できる新幹線の路線が異なります。 サービス名 予約できる新幹線 備考 えきねっと(JR東日本) 全ての新幹線 年会費なし・割引あり エクスプレス予約(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費あり・割引あり スマートEX(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費なし・割引なし e5489(JR西日本) 東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線 有料会員になると購入できる割引切符が増える JR九州ネット予約サービス 山陽新幹線、九州新幹線、東海道新幹線 年会費なし・割引あり JRサイバーステーション 全ての新幹線 かなりクセモノ・割引なし JRと言っても、新幹線を所有するJRはJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、JR北海道の5種類が存在します。 北海道以外のそれぞれのJRが異なったネット予約サービスを展開しているので、表を見ていただいてもわかりますが、 JR東日本のネット予約サービス「」 えきねっとで予約できる新幹線 えきねっとでは日本全国のすべての新幹線の予約が可能です。 会員費や年会費は不必要。 また、東北新幹線・秋田新幹線・山形新幹線・北陸新幹線・上越新幹線・北海道新幹線が割引価格で購入することも可能です。 えきねっとを使った新幹線に乗車する方法 新幹線の予約はスマホやPCから行います。 代金はクレジットカードから引き落とし。 予約をした後は切符は基本的に駅の窓口や指定席券売機での受け取りとなります。 切符の受け取りに関しては、JR北海道、JR東日本、JR西日本の北陸エリアでのみ可能です。 えきねっとはどんな人にオススメ? えきねっとでは、上記の新幹線以外にJR東日本やJR北海道の特急列車も予約することが出来ます。 ですので、 JR東日本・JR北海道エリアの特急や新幹線をしばしば使う人にオススメのネット予約サービスです。 えきねっとでしか買えないお得な切符などもあるのでね! 新幹線ネット予約サービス「エクスプレス予約」 JR東海が運営する「」 エクスプレス予約で予約できる新幹線 エクスプレス予約で予約できる新幹線は「東海道新幹線」(東京~新大阪)と「山陽新幹線」(新大阪~博多)です。 なお、エクスプレス予約の利用には年会費1080円が必要。 エクスプレス予約を使った新幹線の乗車方法 エクスプレス予約ではスマホやパソコンから乗る新幹線の種類や座席を指定します。 チケットレス、つまり切符無しで新幹線に乗ることが出来ますが、切符の発行も可能です。 チケットレスで新幹線に乗る場合はエクスプレス予約会員登録時に「EX-IC」と呼ばれる新幹線乗車用のICカードが送付され、これを改札でかざすだけでOKです。 あとは予約時に指定した新幹線の座席に向かうのみ。 一方、切符を発券する場合は JR西日本もしくはJR東海の指定席券売機で「EX」とロゴが付いている券売機で切符を発券することが可能です。 切符を受け取った後は、普通の切符と同じような感じで新幹線に乗ればOKです。 なお、新幹線代は基本的にクレジットカード決済です。 エクスプレス予約はどんな人にオススメ? エクスプレス予約は年会費1080円かかりますので、東海道・山陽新幹線を年に最低でも2~3回は使う人でないとオススメできません。 ですが、割引サービスが豊富なので、例えば、エクスプレス予約を利用して、年に1回東京~新大阪を往復するだけでも年会費分は回収できます。 JR東海が運営する「」 スマートEXで予約できる新幹線 スマートEXで予約できる新幹線は「東海道新幹線」(東京~新大阪)と「山陽新幹線」(新大阪~博多)です。 エクスプレス予約と予約できる新幹線は全く同じですが、年会費が不必要です。 イメージとしては、エクスプレス予約の無料バージョンといった感じ。 ただし、年会費がない代わり、新幹線の割引は少ないです。 (まったくない、というわけではないのです) スマートEXを使った新幹線の乗車方法 スマートEXでも新幹線の予約はスマホやパソコンから行います。 こちらもチケットレス、つまり切符無しで新幹線に乗ることが出来ます。 チケットレスで新幹線に乗る場合、まずお手持ちの交通系ICカード(suicaやICOCAなど)をスマートEXに登録しておく必要があります。 登録した交通系ICカードを新幹線の改札にかざすと、新幹線駅構内に入ることが出来ます。 なお、 このとき新幹線代は交通系ICカードのチャージからは引き落とされず、スマートEX登録時のクレジットカードから代金は引き落とされます。 一方、切符を発券することも可能で、 JR西日本もしくはJR東海の指定席券売機で「EX」とロゴが付いている券売機で切符を発券することが可能です。 切符を受け取った後は、普通の切符と同じような感じで新幹線に乗ればOKです。 スマートEXはどんな人にオススメか JR西日本の新幹線ネット予約サービス「」 e5489で予約できる新幹線 e5489で予約できる新幹線は東海道新幹線(東京~新大阪)・山陽新幹線(新大阪~博多)・九州新幹線(博多~鹿児島中央)・北陸新幹線(東京~金沢)です。 e5489は有料会員と非有料会員がありまして、有料会員ですと割引額が増えるなどの特典があります。 e5489で新幹線に乗る方法 e5489で新幹線を予約する場合、スマホやパソコンから予約をできます。 新幹線代のお支払方法はクレジットカード、もしくはコンビニ決済です。 e5489で新幹線を予約した場合は、駅に切符を受け取りに行く必要があります。 切符の受け取りができるのは、JR西日本・JR九州・JR四国・JR東海(2019年4月~)の指定席券売機やみどりの窓口(きっぷうりば)です。 JR東日本の一部エリアでも切符のうけとりが可能ですが、JR東海区間を含む切符の受け取りができないなどの制約があります。 より 切符を受け取った後は、普段と同じ手順で新幹線に乗るだけです。 e5489はどんな人にオススメ? e5489では、上記の新幹線の予約だけでなく、主にJR西日本をはじめ、JR四国・JR九州の特急列車やお得な切符の予約も可能です。 くわえて、2019年の4月からはJR東海エリアの特急列車の予約も可能となりました。 JR西日本・JR四国・JR九州・JR東海エリアの特急や新幹線、もしくは北陸新幹線を使う機会がしばしばあり、切符も受け取りが可能な方にオススメです。 e5489でしか購入できないお得な切符などもあるので、とりあえずは非有料会員になっておくことをオススメします。 有料会員になると、割引額や特典が増えます。 新幹線ネット予約サービス「JR九州インターネット列車予約サービス」 JR九州インターネット列車予約サービスで予約できる新幹線 JR九州インターネット列車予約サービスで予約できる新幹線は九州新幹線・山陽新幹線・東海道新幹線です。 年会費・入会費などは不必要で、ネット限定の割引切符の販売などもあります。 JR九州インターネット列車予約サービスを使った新幹線の乗車方法 新幹線の予約はスマホやPCから行います。 代金はクレジットカードから引き落とし。 予約をした後は切符は基本的に駅の窓口や指定席券売機での受け取りとなります。 切符の受け取りに関しては、JR九州、JR西日本エリアでのみ可能です。 JR九州インターネット列車予約サービスはどんな人にオススメ? JR九州の在来線特急や九州新幹線・山陽新幹線をしばしば使うひとにオススメです。 JR九州インターネット列車予約サービスではJR九州の在来線特急などのお得な切符なども購入できるからです。 新幹線ネット予約サービス「JRサイバーステーション」 新幹線ネット予約サービス「」 JRサイバーステーションから新幹線を予約するための条件 JRサイバーステーションからの予約はクセ者です 笑 というのも、JRのインターネットプロバイダー「」に入会する必要があるからです。 特に割引などがあるわけでなく、ネットから予約できるというだけ。 新幹線を予約するだけのために、わざわざJRのインターネットプロバイダーに入会する人はいないと思いますので、予約方法などは省略します。 新幹線のネット予約サービスの違いまとめ サービス名 予約できる新幹線 備考 えきねっと(JR東日本) 全ての新幹線 年会費なし・割引あり エクスプレス予約(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費あり・割引あり スマートEX(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費なし・割引なし e5489(JR西日本) 東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線 有料会員になると購入できる割引切符が増える JR九州ネット予約サービス 山陽新幹線、九州新幹線、東海道新幹線 年会費なし・割引あり JRサイバーステーション 全ての新幹線 かなりクセモノ・割引なし もう一度、おさらいとして最初の表をのせておきます。 結論としては、 あなたが住んでいる地域で切符が受け取れるサービスを使った方が良いということです。 例えば.

次の

エクスプレス予約とスマートEXを比較!これから使うならどちら?

えきねっと スマートex 違い

JR各社が提供する東海道新幹線をネット予約する方法は全部で6つあります(2019年10月現在) (注)JR以外の旅行会社の提供するサービスは除く。 各サービスでは、きっぷの受取場所が制限されているため、せっかく会員登録してネット予約しても、切符が受け取れないトラブルとなります。 特に受け取りができる場所については慎重に選定ください。 JRも会社が違うのはわかりますが、受取場所ぐらいは全国で可能としてほしいものです... JR系列の新幹線ネット予約サービスは複雑 全国の北海道、四国を除いてJR各社が新幹線のネット予約サービスを独自に提供しています。 以下が全6種類です。 エクスプレス予約(JR東海)• スマートEX(JR東海)• えきねっと(JR東日本)• e5489(JR西日本)• JR九州インターネット列車予約サービス(JR九州)• JRサイバーステーション 細かく座席の位置や、号車まで指定できるものとできないサービスがあります。 また、エクスプレス予約に関しては専用クレジットカードを作る必要があります。 他はカードは必須ではありませんが、割引率に大きく差がでます。 各サービスの区間と受取場所の一覧 新幹線のネット予約 区間と受取場所一覧 サービス名 予約可能な区間 受け取り方法・場所 東京〜博多 JR東海・JR西日本 東京〜博多 JR東海・JR西日本 全国 JR東日本 東京〜鹿児島中央 東京〜金沢 東京〜那須塩原 東京〜新潟 JR西日本・JR四国JR九州・JR東日本 一部駅 東京〜鹿児島中央 JR九州・JR西日本 主要駅 全国 全国のみどりの窓口 乗車2日前まで 全国 指定住所へ郵送 JR系列以外のネット予約サービス ごちゃごちゃとややこしいサービス選定はやめてしまう手もあります。 ネット予約すれば、自宅まで郵送してくれるような旅行会社のサービスを1つご紹介します。 年会費、クレジットカード、会員登録も一切不要です。 郵送の日数がどうしても必要なのと、少しだけ割高ですが、JR以外では一番おすすめです。

次の

本日スタート「スマートEX」は旨み無し⁉新幹線は「エクスプレス予約」でお得に乗ろう!

えきねっと スマートex 違い

こんにちは、牧野直子です。 私たち家族は、お盆とお正月に、私の実家の兵庫県尼崎市に帰省しています。 お盆は、親戚のいる淡路島にも必ず行きます。 そして、お盆のときの新幹線の予約って、大変。 子供ふたりもいるから、適当にエイヤっていうわけにはいかない。 必ず、乗車日の一か月前にチケットをとっています。 新幹線の予約がWEBで出来るようになった 数年前までは、新宿駅のみどりの窓口に並びにいっていた。 でも、必ず大混雑。 40分程度、いつも並んでいたと思います。 でも、新幹線の予約がWEBでできるようになってきた。 去年初めて、「えきねっと」を使って、新幹線の予約をしました。 すると、みどりの窓口までいかなくていいんですよね。 これは便利!って思いました。 ちょっと失敗談としては、東京-新大阪で第三希望まで入れるんですが、検索であがってきた便を順番にいれてしまい、 予約が決まったのがのぞみじゃなくて、「ひかり」だったこと(笑) これ注意です!!(笑) チケット交換に行くまで、座席の詳細がわからないので気づかず、チケット取りに行ったときには、もうのぞみはどこも満員で、ひかりでゆっくり行きました(笑) えきねっとでの予約は座席指定できない ただ、えきねっとで、申し込むと座席の位置指定ができないので、2人席の前後ではなく、3人席と2人席の連番、ABCDだったんです。 それで、主人からブーイングで。。。 えきねっとだと、席が離れないようにすることはできるけれど、座席指定はできない。 えきねっととスマートEXのそもそもの違い じゃあ、どうしよう?ということで、 スマートEXは、座席まで指定できるらしい、、ということで、スマートEXにて予約チャレンジしてみたのです。 いままでイマイチ、えきねっと、スマートEXの違いがわからなかったけれど、ようやく理解!(笑) JR東日本か、JR東海かなのね。 いろいろチャレンジする中でわかりました。 ちなみに、えきねっとがJR東日本。 スマートEXがJR東海です。 スマートEXで予約にチャレンジ そして、スマートEXで予約しようとしたら、座席指定できたんですよ。 でも、2人席の前後であいているところがなく、違う時刻の便にしようかと思って、開き直したが最後。 お盆の座席指定がまったくできなくなりました。 それでも座席はおまかせで予約を続けようとすると、 予約枠がすでにいっぱいなので、受付けられません、みたいなアナウンスが出る。 あちゃー、ワンチャンス逃しちゃった~~。 23追記 スマートEXは5週間前の事前予約では座席指定が出来ないようです。 4週間前だったらできるようですね。 ということは、お盆や正月など、繁忙期は座席指定はできないものと思っておいたほうがよさそうです。 頼りになるのは、えきねっと 結局、予約ができないんじゃしょうがないので、去年予約したえきねっとで再度予約しました。 この一連の様子、主人も一緒に見てもらっていたので、ABCDの連番でもしょうがないよね、というのは了承してもらった(笑)。 えきねっとで、予約を第三希望まで入力しました。 ちなみに、新大阪発や新大阪どまりの便を3つずつ選びましたよ~。 その方が、途中から空いてくるし、乗り降りもゆっくりできるからね。 えきねっととスマートEXの違い 簡単にいうと、えきねっとと、スマートEXは、それぞれ自分のエリアのところを優遇している。 でも受け取りは、東京、品川など限定された駅のみ。 家族なので、スイカで乗車するわけにもいかない。 えきねっとは、座席指定できなかったり、割引もないけれども、関東どこでも受け取れる。 それにお盆の混みあった時期でも予約を受け付けてくれる。 一長一短です。 ここで、以前、えきねっとで米沢行きを買ったとき、割引になったのなんでだろう?って思ってたけど、納得。 米沢はJR東日本エリアだからなのね! えきねっととスマートEXの使い分け.

次の