クレセリア ハイパーリーグ 個体値。 【GOバトルリーグ】ニャイキングの弱点と技、使うメリット・デメリット!

【GOバトルリーグ】ハイパーリーグのギラティナ厳選

クレセリア ハイパーリーグ 個体値

の生放送中、コメントで何度も何度も質問されててかわいそうだった。 と言うか、同じ質問多過ぎて見てるこっちまで鬱陶しかった ド直球 ので書きます。 ぶっちゃけ必要ない。 彼は何度もそう答えていました。 僕もそう思います。 が、彼に質問している方々は藁にもすがる思いでしょうし、 「質問してんだから真面目に答えろや…」 とか思ってるんだろうなぁと。 僕が気になったので調べちゃいました。 😋 コレを書いてる僕はハイパーリーグ素人です。 高レートの猛者たちに 「低レートのカスは引っ込んでろ!」とか言われそうで怯えています。 ブルブル。 色々やるとキリが無いですし、色々やるだけ厳選が過酷になるので、一瞬で厳選を終了させるために ミラーに限って話をします。 SCPランクを重視すると、ミラーでいぶきのダメージが1減って負けます。 防御特化のを使っているプレイヤーは存在しないと思いますが、 4096通りので防御が最も高い「171. 2」の個体にもダメージ5を与えられる個体は ミラーにおいて 最強なのではないでしょうか。 必要攻撃力137. 418超 ご丁寧に全てURLにまとめて確率まで出しときました。 万が一計算が間違っていたら確率もデタラメです。 やルギア 用 の時に得た知見から、仲良し度が上がるにつれて良個体を引く確率は下がっていくイメージがありましたが、友になっても確率が変わりません。 これは自分でも驚きです。 まぁ受けるいぶきのダメージも大抵5になるんですけどね 被ダメ考慮するとキリがないので無視します。 攻撃実数値をある程度確保してあるおかげで、SCPランク重視で厳選してる相手とのドロの同時発動に勝てるメリットが大きいです。 148以上の個体は、1番硬い防御「171. 2」の個体にシャドクロの与ダメが7になります。 同じだったことに気が付いたので修正しました。 この項いらなかったわ。 明け方に1時間弱で書き上げるのは良くない 戒め は理想個体を使ってる人が ほとんど いないので、の時と違って理想個体に勝てるか確認しても無駄です。 結局はHPや攻撃実数値が高い方が勝ってしまいます。 「最低でも攻撃実数値はこのくらい欲しいよね〜〜」って話でした。 やってるYouTuberとかで色々教えてくれる人たちに似た質問連投して疲れさせませんように。 個体くらい自分で選べ。 ここまで修正追記 今回は以上! 参考になったと思ったら高評価もチャンネル登録も不要、のフォローも別にしなくて構わないので、を作ってみました。 買わなくて結構ですので、面白かったり参考になったと思ったらまた覗いてください。 この間、とある人の覗いたらオーブンレンジとか家電が大量に入ってて衝撃でした。 世界は広いなぁ。 また何か思い付いたら書きます。 それでは ykcisor.

次の

【ポケモンGO】ディアルガの種族値と覚える技

クレセリア ハイパーリーグ 個体値

筆者が使用しているギラティナ。 当時一番個体値が高いという理由で強化してしまった。 そんな中、 さっそく結論を述べますが、ハイパーリーグにおける ギラティナの個体値厳選は不要と考えます。 ちなみに 私が使用しているギラティナは「攻撃14、防御15、HP14」の個体です。 SCPランキングで1313位となっています。 トレーナーバトルが実装された2018年末当時、持っているギラティナの中で個体値が一番高いという理由で2500近くまで強化しました。 そんな私がこのギラティナを強化してみて、 結局個体厳選は不要だったと思うに至った理由について、解説していきます。 ギラティナの個体厳選が不要な理由 ギラティナを使用することで勝率が上がった ギラティナを強化・解放してハイパーリーグ使用するようになってから、ギラティナ使わずに他のポケモンで戦っていた時期に比べて、 明確に勝率が上がりました。 具体的には、シーズン1のハイパーリーグ時期にギラティナなしで戦っていた初めの10日間程度はレート2000前後をうろうろしていました。 しかしギラティナ投入後、そこから一気に レートを300ほど上げることができました。 壁にぶち当たるまで使えばいい このことから、 ギラティナの最適個体がいないからと言って他のポケモンで代用して戦うより、さっさとギラティナを使って戦ったほうが勝率を上げることができるのは明らかです。 もちろん、もっと上のレートで戦えるようになった場合「 もう少し強い個体なら勝てたのに…」と思う場面は出てくることでしょう。 実際私がそのように感じたことはほとんどありません(厳密にはあるのかもしれませんが、実感として)。 それほどまでに厳選の必要性を感じるのは、もっと勝率を上げて上のレートで戦えるようになってからの話。 上に上がって困ったら、その時考えればいいじゃないですか。 育成コストも伝説にしてはそれほど高くない さらにギラティナは伝説ポケモンにしては それほど育成のコストが高くありません。 レイドで捕まえた個体を使う場合の育成コストは以下の通りで、CP2500まででよいので強化にそれほど負担はかかりません。 強化:ほしのすな3万強、アメ30個程度• 解放:ほしのすな10万、アメ100個 このくらいのコストならなんとかなると思いませんか?強くなってから再厳選をすることになったとしても、それほど辛くないはずです。 さらに ブースト個体(PL25)なら即戦力ですし、最悪技開放をせずにCPを2500まで上げてドラゴンクローを連発してるだけでもそれなりの仕事をしてくれます。 ギラティナの代役はいない 自分でギラティナを使ってみて思ったことは、「 ギラティナの役割はギラティナでしか果たせない。 ギラティナの代役はいない 」ということでした。 自分で使うことによってギラティナの強みを知ることができますし、逆にこういう場面だと辛いな…といった弱みも知ることができます。 環境トップの強みと弱みを知ることは、ギラティナのメタポケモンでパーティーを組む場合にも役に立ってくると思います。 手っ取り早く80点を取って、次のステージに進もう 最後はより抽象的な話になりますが、「 パレートの法則」という法則を紹介します。 80対20の法則ともいわれます。 「 100点満点を取るために全体で100の時間が必要だとした場合、80点は全体のうちの20の時間で到達することができ、残りの20点を取るためには全体のうちの80の時間が必要になる」という考え方です。 これを今回の話に例えると、• 持っているギラティナをさっさと投入し、ハイパーリーグの勝率を高める• ギラティナの厳選ができるまで他のポケモンで代用し、持ち駒の中で対策を練る どちらが早く80点に到達できると思いますか? ギラティナの強化に迷っている方の参考になれば幸いです。 引き続きGOバトルリーグがんばっていきましょう!.

次の

【ポケモンGO】ディアルガの種族値と覚える技

クレセリア ハイパーリーグ 個体値

244 なし クレセリアの詳細評価 耐久力が高いポケモン クレセリアの特徴は耐久力の高さ。 スーパーリーグではCP調整が必要 クレセリアはレイドでしか入手することができないため、強化レベルが最低でも20になってしまい、個体値も10以上しか入手することができない。 そのためスーパーリーグで使用するためには一度トレードをして個体値を10以下に下げてからでないと使用することができない。 レイドやジムでの活躍は難しい クレセリアは耐久力こそ高いものの、攻撃力はその分低くなっている。 レイドやジムバトルでは対戦と違い、攻撃力が大切になるなるためクレセリアが活躍することは難しい。 DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし クレセリアの進化系統.

次の