プルーム テック s モニター。 加熱式タバコの「プルーム エス」のモニターキット到着!

プルームエスを2ヶ月使ってみた感想。メリット・デメリットを詳しく紹介

プルーム テック s モニター

アイコスユーザーの皆さん、こんにちは。 ガリガリです。 フィリップ・モリってますか? 本日はそんな洋モク諸君が興味津々だと思われる「Ploom S プルームエス)のCamel」を少しレビューさせていただこうかなと思っとります。 発売は2020年1月20日(月)。 フレーバーはレギュラーとメンソールの2種類。 価格は460円(税込)。 プルームエスの他フレーバーが490円なので 「たばこスティック」の中では最安ですね。 さて、Camelといえばロータス。 ロータスといえば中嶋悟氏。 それぞれスモーカーの数だけ思い入れもあるんじゃないでしょうか。 他、マルボロマクラーレン、マイセンルノー、ケニーロバーツ(ラキスト)など。 当時のモータースポーツといえばこうした「たばこ広告」の主戦場でもありました。 そして、このCamelもまた一目おかれた存在だけに気になるところではありますよね。 では早速試していきましょう。 苦節100年のキャメルシリーズ ではここらへんで少しキャメルの歴史をご紹介。 その後、日本人向けに味を改良したため世界中のキャメラーから総スカンを食らう。 また、東日本大震災による影響で国内販売は限定されていたが現在リトルシガー枠で絶賛発売中(360円)。 そして受動喫煙防止対策が施行される2020年。 まさかのキャメルがここに誕生。 そう、それこそが「キャメル・プルームエス」なのである。 キャメル・レギュラーの率直な感想 まずはレギュラーキャメルから試していきます。 パッケージデザインはシンプルで良いですね。 「望まない受動喫煙が生じないよう・・」 そういえばプルームテックのデザイン変更により、こうした文言も変わったみたいです。 詳しくツッコみませんがちょっと煽りに乏しい気が・・。 フタ開けた瞬間の匂いがエグいっすね。 ノーマルのレギュラーと比べてクセがある。 どこか ドライフルーツっぽくて黄粉っぽい。 VAPEをやってる方ならご存知だと思いますが、リーパーブレンドに少し似ています(匂いだけ)。 ただ、私は遠い昔にしかキャメルを吸ったことがないんですよ。 では、うだうだ言ってないで試してみます。 うーん・・匂いは特徴的だったんですがクセのようなものは薄いかな。 甘さはなく、ノーマルレギュラーよりは コクが強く出てる気がします。 それにしてもプルームエスは加熱が弱い・・。 もっとダイレクトさがあれば全体像を掴みやすいのだが・・。 出力は弱いがタバコとしての存在感が増している。 これで安いなら全然あり。 匂いはお香っぽさがありますがアイコスレギュラーと比べたら雲泥の差。 それこそがプルームエス最大の強みといえるでしょう。 キャメル・メンソールの率直な感想 ではお次にキャメル・メンソール。 匂いはこれまた甘めの清涼感が鼻をつく。 ていうか、パッケージの文言がレギュラーと違いますよね。 これは何故なんでしょうか。 ランダム仕様? では、とりあえず吸ってみます。 おっ?コホッ・・ キツイね、コレ。 いや、以外なほどメンソールが強くて好印象。 よくある水っぽさは皆無で 芯がある清涼感だ。 個人的にはメンソール70でタバコ30の割合。 もしかして プルームエス史上一番美味しいかもしれない。 いやマジで。 ノーマルメンソールと比べると雑味のようなものを感じますが、それが逆に個性となって存在感を誇示している。 それに、甘い匂いとは裏腹にほろ苦さがアクセントとなっているとこが好き。 いいねキャメル。 どちらも「まさかの」個人的高評価。 フレーバーに対して本体が追いつかないプルームエス! プルームエス・キャメルパッケージには「話せばらくだメモ」なるカードが挿入されてました。 キャッチフレーズは「プルームでキャメる?」。 最初、「プルームでキめる?」と勘違いしてしまい「おいおい攻めとるな」と半ば感心してしまいましたが中身はなんともない内容。 お茶の俳句賞みたいなものでしょうか。 ラクダを怠惰の意味あいでキャメってると思われるのですが、ラクダは働き者です。 まず、ラクダに謝れと私はいいたい。 さて、プルームエス。 発売してまもなく1年が経とうとしてますが一向に浸透している気配が無い。 まず喫煙所では見ないし、そもそも本当に発売してるのかどうかも怪しいところ。 個人的にプルームエスの弱点は「加熱バランスの悪さ」にあるとみています。 200度の中温加熱を謳ってますが、それが毎回弱になったり高温になったりと動作が安定しない。 また、7,980円から2,980円までの大幅な価格改定もどうしたものか。 これは他社でも同様だが1年以内に半額以下まで下げたところは他になく、販売元自らブランド力を落としていることにも繋がる。 しかもキャンペーンなどでの上げ下げが激しく、高い時期に購入した方たちを思うといたたまれない。 なけなしのお小遣いでやっと手に入れた方もおられるでしょう。 そういった消費者を翻弄するような価格戦略はモノの価値を不明確にさせ、やがてコンセプトとの乖離が起こる気がしてならない。 今回試したキャメルはプルームSにとって砂漠の船だと感じた。 しかし、それもまた乗るモノ次第では目標も定まらなくなるだろう。 我々のオアシスが枯渇している昨今、いったいどこへ向かえばいいのか。 その道のパイオニアとしての自負があるならば確たる方向性を示してほしいと切に願う。

次の

プルームテックのモニター調査なら無料で本体がゲットできる!?

プルーム テック s モニター

Sponsored Link Ploom SはJTの命題をクリア出来たのか? JTはプルームテックとプルームテックプラスで低温加熱式タバコで独走しています。 コンビニ勤務の知人が何人かいますが、IQOSマルボロメンソールが一番売れているのはここ数年不動ですが、二番手となるとIQOSのスムースレギュラーだったり、プルームテックプラスのクリアミントだったりと分かれています。 しかし低温加熱式タバコというジャンルでJTが築いたブランドは、IQOSと並ぶものではあると言えます。 ただプルームテックでは喫煙感がなさすぎるとの意見に答えたい、JTのアンサーとして発売されたのが、Ploom Sでした。 そう、颯爽と登場したんですよ。 首に巻いたネッカチーフを風になびかせて、ストールをタラーンとしてカッコマンとして発売されました。 その反響はあまりに中途半端な立ち位置になってしまいました。 イベント等でJTの職員さんとお話する機会があって、その時の意見の吸収力や意気込みから鬼気迫るものを感じます。 これでゴーサインが出た事自体不思議なのですが、販売現場やマーケティング部署と上層部の軋轢を感じますね。 そしてついに今回のタバコ値上げで、Ploom Sのたばこスティックだけ値上げという憂き目にあい、より一層日陰者になった印象があります。 低温加熱式タバコだけではトップに立つのは難しい。 そういう判断から開発・販売されたPloom S。 glo Proの進化も目を見張るものが合って、スペック的にはキュベレイやジオクラスの勢いがあります。 JTが目指す、非喫煙者との融合にIQOSほどの、高温加熱式タバコが向かないのは事実です。 そこで最終テコ入れとも言える価格改定で半額の3980円になります。 この価格改定で、Ploom Sがまた注目されるのは間違いありません。 しかしどこまで持続出来るかが鍵になります。 Ploom Sの値下げは新型Ploom S発売の前兆か? 半額になったデバイスから受ける印象は投げ売りです。 現行機が投げ売りされたらそれはもう新型発売のフラグとも言えます。 新型でどこまで変更になるか不明ですが、プルームテックからプラスの変更を、受け入れがたい方もたくさんいます。 現行Ploom Sを愛用している方は、この機会にデバイスの買い占めがお薦めです。 新型Ploom Sはどうなるのでしょう? IQOS、glo Pro、PULZE(パルズ)が高温で戦っています。 レッドオーシャンではありますが、もう吸いごたえのみに注力したJTの高温加熱式タバコが見てみたい。 なにも全部化け物モビルスーツじゃなくていいんですよ。 JTの持っている紙巻き資産と、加熱式タバコの融合的な着地点は我々喫煙者としての大きな願望です。 加熱式タバコを開発する技術力って点ではPMIにもBATIにも負けてないと思うんですよね。 プルームテックやプルームテックプラスは既存デバイスの改良・発展型ですが、Ploom Sに関しては自社開発ですし、このノウハウを発展させてバツーンと加熱式タバコでもメビウスや、オプションが吸える!みたいな勢いのある、デバイス頼んますよ。 ゴールドリーフの発売から期待はかかっていると思います。 今回の値下げで再注目されるであろうPloom Sで新規ユーザーの声も増えることと思います。 コンセプトとしてはいい製品のPloom Sがこのポジションで終わるのはちょっと寂しいところです。 IQOS 3 DUOや、glo Proだけでなく、今後の加熱式タバコのキーマンは、PULZE(パルズ)が握っていると思います。 あの不親切さでも一定の客が付けば、喫煙者の求めているものは喫煙感にプライオリティーをおいている事になります。 個人的にはサクッと簡単に、満足感のあるタバコが吸えてメンテナンスもそれなりに楽。 ぼくのかんがえたさいきょうのかねつしきたばこ っぽいですがJTのゴールドライン並の気合いを更に見たくなっています。 なおタバコは20歳から。

次の

【モニター調査】プルームテックプラスが無料で貰えるの!?申し込んで試してみたら衝撃の(個人的に)結末が!!

プルーム テック s モニター

2019年1月29日より、Ploomオンラインショップ及び全国Ploom専門店で先行販売が開始され、同社モデルの中で唯一の高温加熱型のモデルとなります。 低温加熱型ではどうしても得られにくいキック感や煙量(蒸気量)を、よりタバコに近づけた製品です。 紙巻きたばこが敬遠され、世は禁煙ブーム。 プルーム・テック・プラスと同じタイミングでリリースされましたが、喫味は完全に別物。 競合他社のアイコス、グローなどと同様に、 紙巻きたばこに近い感覚で吸えるのが魅力です。 スペック紹介 Ploom S 本体 バッテリータイプ リチウムイオン電池 バッテリー容量 1,020mAh 充電時間 約90分 定格電圧 5V 定格電流 1. 5 A ポート microUSB Type-B サイズ 約W56. 3mm x H93. 2mm x D24. 5mm 重量 約95. 2A 定格出力 5V DC, 1. 5A サイズ L59. 5 x W31. 6 x H23. 0mm 重量 32g MicroUSBケーブル サイズ 約60cm 重量 15. 3g クリーニングブラシ サイズ 約W10. 0 x H11. 0 x D131. 3mm 重量 10. 9g Check!! 前述の通り、加熱式たばこには、「高温加熱型」と、「低温加熱型」の2つのタイプがあります。 キツ過ぎず、弱過ぎず、絶妙なバランスの喫味が得られます。 ユニセックスに使える優しいデザイン プルームデバイス全てに言えることですが、カラーバリエーションが多く、 年齢性別関係なく全ての人にフィットします。 加えて、大き過ぎず小さ過ぎず柔らかいカーブデザインとマットな質感で、手にも馴染みやすい優しいデザイン。 また価格は、 7,980円と絶妙なラインで、1台ではなく何台も持ちたくなる、そんな魅力を持っています。 JT公式のからは全ての商品が購入可能です 特有の穀物臭を抑えた独自のテイスト 上記で解説した通り、プルームエスはアイコスやグローに並ぶ、たばこ葉を直接加熱する、高温加熱型デバイスです。 そのため、 煙や独特のポップコーン臭が抑えられた設計となっています。 公式でも公開されている通り、 連続使用が可能で2台持ちの必要がなく、ヘビー(チェーン)スモーカーでも安心。 使い方も慣れてしまえば非常に簡単で、煩わしいメンテナンスもボトムの穴からシュコシュコするだけ。 ユーザビリティにもしっかり配慮しています。 あらゆる面で洗練された、未来のたばこデバイスに仕上がっています。 紙巻きタバコでいうタール量は5mg前後の満足感といったところでしょうか。 ずっと禁煙していたというのもありますが(紙巻じゃないのでセーフwというかレビューしたらすぐまた辞めますw)、キック感はソコソコ、喫味もソコソコ、なのに煙やにおいは劇的に減っています。 プルーム・テックや、プルーム・テック・プラスと比べると、充分な喫味が得られます。 同じ高温加熱型で言えば、吸いごたえは「Ploom S(プルーム・エス)」<「glo(グロー)」<「iQOS(アイコス)」といった印象。 紙巻きタバコ派からすると、やや物足りなさがあるかもしれませんが、フレーバー(たばこスティック)次第な部分もあるので、そこでカバーしていくのがいいかもしれませんね。 フレーバーのチェックはコチラから 関連 充電 充電は、底面にあるmicroUSB端子に付属のUSBケーブル、ACアダプターを接続して充電するだけです。 状態表示のLEDが点滅しながら、全て点灯に切り替わった時点で充電完了(約90分)となります。 気になった点・注意した方がいい点 機能面だけでなく、筐体もかっこかわいい洗練されたデバイスに仕上がっていると思います。 JTも、同社3デバイスのうち、どこに一番力を注いでいるかというと、ここなのかなという印象を受けました。 というのも、日本でこれだけ喫煙者(ニコ厨によるヤク漬け)が多い理由は、国策として長きに渡り、国民が政府や行政によって利用され、喫煙が推奨されてきたという背景があります。 多くの税収(2兆円以上)がのぞめるだけに、切っても切り離せないんですよね。 とはいえ、たばこのネガティブキャンペーンも必要で、従来の紙巻きたばこから、クリーンなイメージの加熱式たばこへと方法転換せざるを得ません。 現状周囲への配慮を理由に、加熱式たばこへ移行したという人も少なくありません。 Check!! 喫煙場所が少ないことや、周囲への配慮を理由に移行する人が多いという特殊な統計。 今はFDA長官が変わってアトランタ州で販売スタートされました。 長くなりましたが、たばこに近い喫味を得るには、高温加熱型タイプなんです。 そんなことを踏まえての気になった点です。 軽減しているとはいえ臭いものは臭い 喫煙具をレビューしていながら、著者はもはや喫煙者ではありません(今回は実際に吸って試しているのでどっちやねんって感じですがw)。 正直、吸ってる本人も、吸わない人も、においが抑えられているとはいえ、 臭いものは臭いです。 実際は、健康懸念物質は紙巻きたばこに比べ、90%カットされてますが、においがする=害があると、短絡的に考える人は確実にいます。 実際ゼロではないですし、これは抗えない事実。 嫌煙家の近くで吸うのは、控えた方が良さそうです。 においが苦手な方は同社の低温型デバイスの方がおすすめ。 いずれも年齢認証が必要ですが、JT公式のなら全ての商品が購入可能で、 ポイントも豊富です!また、冒頭にも開設した通り、通常価格が半額の 3,480円へ改定されました! 加熱式たばこは異臭の原因 やはり個人的に気になるのがプルームエスを含めた、加熱式たばこの香り。 慣れればさほど気になりませんが、周り(非喫煙者)からすると不快な臭いでしかありません。 かくいう僕もそうですが、人体に与える影響はさておき、 加熱式タバコの方がタバコより臭いと思っている方も少なくありません。 その名の通り、加熱式タバコであるプルーム・エスも少なからず燃えていますし、有害物質と言われるタールも含まれています。 少し触れましたが、 アプルーム・エスをはじめとした加熱式タバコは独特の香りがあります。 タバコ同様、空気の循環をするエアコンからの 異臭の原因になります。 こまめなフィルター清掃ももちろん効果的ですが、日常的な清掃だけでは決して充分とは言えません。 内部にまで侵入した 臭いや、目詰まりした ホコリまでは取り除くことは不可能なんです。 今後刷新されたアプリが開発されるはずなので、リリース次第更新します 3デバイスとともに、作り込みがすごくてさすがの資本力だと思いました。 喫煙具なだけに、少しデリケートな商材ですが、販路も独自にしっかりと作ってますし、公式ショップやサイトなどへの導線も完璧です。 サイトは少しオシャレ路線に走り過ぎていて、UIにわかりづらさを感じましたが、その完成度と金の突っ込み方たるや、競合他社のデバイスよりかなり洗練されています(随時更新されてますしね)。 年配者はちょっとだけ苦労すると思いますが、「JT(日本たばこ産業)スゲェェェ!」と素直に思いました。 たばこ市場、これから動いちゃうかもしれないですね。

次の