りえ たく。 りえたく「恋をした」の楽曲ページ|1008542504|レコチョク

【お知らせ】りえたく につきまして。

りえ たく

2018年11月、作詞作曲を手掛けるりえい(写真右)とヴォーカルのたっくん(写真左)でユニット「りえたく」を結成。 ピュアな歌詞とメロディが印象的な楽曲と爽やかなルックス、飾らない二人の日常を綴ったツイッターが反響を呼びじわじわと支持を広げ、2019年11月1日に第一弾配信シングル「恋をした」のリリースが決定。 北海道札幌市在住。 りえいは結成のいきさつをこう語っている。 「もともと僕らはバイト先が一緒だったことがきっかけで友達になり、それから意気投合して一緒にいる時間が長くなり24時間鬼のように遊んでたので、行ったり来たりがメンドくさくなって結果的に一緒に住むことになり、今では家族同然のように生活しています。 自分の誕生日に「誕生日だから歌作るから、それ歌ってよ。 それ俺にプレゼントしてよ」という謎セルフプロデュースプレゼントを僕が即興で作り、たっくんにその歌を歌わせて自分へのプレゼントにさせたところから『りえたく』が始まった感じです。 その時の『こんな感動する歌が歌えたのかこの人(たっくん)は!』という感動が、次第にそれは色んな人にこんな感動を『届けたい』という想いに変わっていきました。 」ネットで公開したその曲が「二人だから良い」「二人にしか歌えない曲」と評判になったことがきっかけで、「音楽」という表現方法で自分たちの存在を多くの人に知ってほしいという思いが強くなっていったという。 「『恋をした』はいわゆる失恋ソングだけどみなさんでキュンとしつつショボンとしつつ明日からも頑張ろうって気持ちになってくれたらと思います。 」MV「恋をした」はポニーキャニオンYouTube公式チャンネルにてフルサイズ公開中で、すでに「ハマった」「元気出た」などリスナーコメントも続々と届いているようだ。 二人のツイッターと合わせてぜひチェックしてみよう。 ・「恋をした」MV ・「恋をした」主要配信サイト ・たっくんツイッター ・りえいツイッター.

次の

りえたくchannel 応援委員会

りえ たく

20年間、4000個のおべんとう作りから生まれた、使えるレシピを紹介! 人気のお弁当本『ラク弁当レシピ』著者長谷川りえさん、待望の新刊。 今回も20年間、料理家として活動する傍ら、家族のために毎朝作り続け、自ら撮影したリアルなお弁当を公開。 ラク弁当のポイントとお弁当作りを気負いなく続けるアイデアを紹介します。 スペシャルと題した本書では、長谷川さんが繰り返し作る、家族が何度食べても飽きない人気のラク弁当から、冷蔵庫の中にあるものでとにかく仕上げてしまう、ちゃちゃっとおかず、がんばって作らなくていい使えるシンプル常備菜まで、盛りだくさんに紹介。 巻末には、今までの本で紹介しきれなかった副菜のベストレシピも収録。 毎日のお弁当作りに役立つレシピと等身大のヒントがいっぱいです。 本書の内容 何度作っても飽きない 定番ラク弁当 ラク弁当作りのポイントは背伸びをしないこと。 家族の定番弁当を紹介! ・レンジ肉そぼろで 3色弁当 ・野菜もとれる! しょうが焼き弁当 ・前日に漬けるだけ しょうゆ鷄弁当 ・時間が経ってもふんわり! から揚げ弁当 から揚げの味変バリエーション ・夕飯がカツの日は ソースカツ丼弁当 ・盛りつけが決まる! 焼きさけのり弁当 ・肉がないときは ベーコン巻き弁当 ・冷めても柔らかい 卵焼き弁当 卵焼きの具材バリエーション 冷蔵庫にこれがあったら… 素材別おかずバリエーション 冷蔵庫にある素材を組み合わせて作る、無理をしないお弁当作りを公開。 気軽に作れるラク常備菜を紹介。

次の

りえたくの年齢は何歳で付き合ってるの?アンチや北海道・誕生日・事務所についても!|Anogate

りえ たく

北海道札幌市在住の2人組ユニット「りえたく」が、11月1日に第一弾配信シングル「恋をした」をリリースすることが決定した。 ポニーキャニオンYouTube公式チャンネルでは同曲のミュージックビデオも公開されている。 りえたくは2018年11月、作詞作曲を手掛けるりえい(写真右)とヴォーカルのたっくん(写真左)の2人で結成。 ピュアな歌詞とメロディが印象的な楽曲と爽やかなルックス、飾らない二人の日常を綴ったツイッターが反響を呼びじわじわと支持が広がっている。 りえいは結成のいきさつについて、以下のように語っている。 「もともと僕らはバイト先が一緒だったことがきっかけで友達になり、それから意気投合して一緒にいる時間が長くなり24時間鬼のように遊んでたので、行ったり来たりがメンドくさくなって結果的に一緒に住むことになり、今では家族同然のように生活しています。 自分の誕生日に『誕生日だから歌作るから、それ歌ってよ。 それ俺にプレゼントしてよ』という謎セルフプロデュースプレゼントを僕が即興で作り、たっくんにその歌を歌わせて自分へのプレゼントにさせたところから『りえたく』が始まった感じです。 その時の『こんな感動する歌が歌えたのかこの人(たっくん)は!』という感動が、次第にそれは色んな人にこんな感動を『届けたい』という想いに変わっていきました。 」 ネットで公開したその曲が「二人だから良い」「二人にしか歌えない曲」と評判になったことがきっかけで、「音楽」という表現方法で自分たちの存在を多くの人に知ってほしいという思いが強くなっていったという。 「『恋をした』はいわゆる失恋ソングだけどみなさんでキュンとしつつショボンとしつつ明日からも頑張ろうって気持ちになってくれたらと思います。 」 MV「恋をした」には、すでに「ハマった」「元気出た」などリスナーコメントも続々と届いているようだ。 二人のツイッターと合わせてチェックしてみてほしい。

次の