インディ ペン デンス 意味。 インディペンデンス砦

インデペンデンス・デイ

インディ ペン デンス 意味

インデントとは、文章の行頭に空白を挿入して先頭の文字を右に押しやること。 また、そのために左端に挿入された空白や、やの持つ字下げ機能のこと。 横書きの日本語は段落の先頭を一文字分字下げすることになっているため、文書作成ソフトなどにはそのための機能が用意されていることが多い。 ソースコードのインデント プログラミングの分野では、プログラムの構造を見やすくするために制御構文の内側にある行などの先頭に一律に同じ幅の空白を挿入することをインデントという。 どの行が同じに含まれるのか視覚的に分かりやすく表示することができ、プログラムの流れが理解しやすくなる。 範囲の取り違えなどに起因するなどを減らす効果も期待できる。 あるブロックの中に別のブロックが含まれるという(ネスト)になっている場合、各行のインデントも入れ子の深さに応じて長くなっていく。 これにより、プログラムの階層構造をコード中で視覚的に表すことができる。 インデントとして挿入されるのは文字か連続した空白文字(文字)で、タブ文字の場合はインデントの幅は表示する側のソフトウェアの設定により異なる。 空白文字で表す場合は2〜8文字程度の連続した空白でインデントする。 読む側で好みの幅を調整できるのでタブが好ましいとする人と、書く側で幅を決定して環境によらず同じように表示できるので空白文字が好ましいとする人の間で長年論争があり、また、いずれの場合も一段のインデント幅を何文字分とするかで好みが分かれる。 ほとんどのプログラミング言語ではインデントはソースコードの見た目の問題でありプログラムの意味には影響を及ぼさない(取り除いても同じように動作する)が、のようにインデントによってプログラムの構造を記述する言語もある。

次の

インディペンデンス砦

インディ ペン デンス 意味

後で、顧客や取引先などとの話の食い違いを防ぐためにエビデンスは使われます。 エビデンスはビジネスでは重要な、まさしく「証拠」となるもの。 エビデンスがしっかりとられていないと会社に損害が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。 エビデンスの例文 エビデンスを例文で解説すると下記のように使われます。 エビデンスを使った例文1:打ち合わせ内容のエビデンスを先方に送ってください。 顧客、または取引先との打ち合わせ内容の議事録を取って先方に送り、承認をもらう行為を指しています。 先方からの了承連絡がないとエビデンスとしては成り立ちませんので、注意が必要です。 もしもメールでエビデンスを取るならば「相違があった場合には、ご連絡ください」などと一言添えて送るといいでしょう。 エビデンスを使った例文2:エビデンスを提出してください。 例文2では、話が食い違っていると感じるシーンで使われます。 照合するために、先方に対して、証拠の提出を依頼する場合に使う文章です。 エビデンスの提出を要請された場合には、すぐに提出できるように整理しておく必要があります。 エビデンスは、ビジネスシーンでは重要になってきます。 上司にエビデンスを依頼されたら、しっかり取るようにしてくださいね! 文書がいいのか、メールなどのデータでいいのか、媒体も会社によって異なるため、あらかじめ確認するようにしてください。 場合によっては、押印やサインが必要になることもあります。 会社にとっての大切な証拠ですので、エビデンスは大切に保管しておくことも必要でしょう。 文・学生の窓口編集部.

次の

インディペンデンス砦

インディ ペン デンス 意味

まず航空機の搭載数ですが、同じ空母でも、載せる機種が変われば搭載数は変わります。 それどころか同じ機種を載せる場合でも、運用法が変われば搭載数が変わります。 つまり、最低でも同機種を載せるのでなければ、空母の搭載機数を比較する意味は全くありません。 実際にほぼ同型である蒼龍・飛竜・雲龍・雲龍改の搭載機数としては、60~70機の例が多く、70機を越える場合もあります。 逆に少ない例なら、45機なんて数字もあったりします。 これだけ幅があるのですから、数字で比較する意味なんてないですよね。 とくに異なるソースから採ってきた数字は、まるで比較できません。 またインディペンデンスの航空機の実運用例の多くが30機前後です。 これって、雲龍の半分の運用能力とも言えるわけです。 (もちろん、そう単純に評価できないことも上で述べた通り) またゲームの数字も、それなりに参考になる部分もありますが、やはり根拠としては使えません。 デザイナーはゲームバランスも考えますし、そもそもアメリカ製ウォーゲームはアメリカやドイツに甘い傾向にあります。 (購買層を考えれば当然です) そもそも整備能力は艦固有のものではなく、空母に配備された整備要員の数と、搭載している予備部品の数しだいですよね。 強いて言えば、艦固有の要素として整備スペースでもある格納庫甲板が広いことは重要ですが、だったら雲龍の方が有力です。 またダメージコントロールに関して言えば、インディペンデンスはあまり誉められないと思いますけど。 インディペンデンスは、貧弱な防御、狭い飛行甲板と格納庫甲板による航空機運用能力の弱さ、とくに攻撃隊の同時発進数の少なさ、不十分な倉庫スペースによる継戦能力の低さ、対空火力の弱さなどなど、艦隊空母として使うにはあまりに「足りない」空母です。 (もちろん日本の各種軽空母も同様です) あれは建造中だった巡洋艦の船体や資材を流用することで早期完成可能だったこと以外、ほとんど評価する余地はないようなものです。 同軍の中で雲龍型とインディペンデンスを並行使用すれば、文句なく雲龍に軍配が上がると思います。 もちろんそんなことをすれば、日本の造艦技術の至らなさも色々と指摘されるでしょうけど。 飛行甲板が広い分、明らかに雲龍が上。 一般に、飛行甲板が広い空母ほど、一度に多数の攻撃隊が出撃可能だし、着艦可能の航空機も増え、着艦収容時間が短縮出来ます。 着艦収容時間が短縮出来れば、反復攻撃の所要時間短縮にもなります。 あと、搭載航空ガソリンの量も含めれば、雲龍が上でしょう。 打たれ弱さなら、互角かも。 雲龍型は、いずれも戦闘参加が無いので、額面と大型艦ならでは利点でしか評価しようがないですが。 インディペンデンス型の搭載機が30機に抑えられたのは、搭載ガソリンからして、1機当たりの出撃回数を増やしたかったからではないでしょうか?搭載機が戦闘機主体で、直援飛行回数を増やしたかったからだと思います。 日本の8インチ砲搭載重巡とアメリカの6インチ砲搭載大型軽巡の比較についても米側の戦訓として8インチ有利という結論が出されています。 元々6インチ砲多数を搭載する重巡に準じた軽巡という形態は日本の最上型が元祖でアメリカのブルックリン級が真似したわけですが、スラバヤ沖海戦や一連のソロモン海戦により少々の砲数の優位よりも一発の弾量が重要と判明したためその後の米海軍は軽巡の建造計画を縮小して重巡を追加発注しています。 >補足 実際の運用ではF6Fが24機にTBFが9機だったことは英語版ウィキにも書かれていますし、むしろ45機という数字がどういう編成を表すのかがちょっと謎です。 初期計画でも戦闘機12+艦爆と艦攻9機ずつの30機ですから45機は航空機輸送任務での数字かもしれません。 「整備能力」は根拠不明。 そもそも数値化出来るものなんでしょうか。 >米艦船のダメージコントロール 日本語ウィキにも「多くの軍需物資は艦載機格納庫に収納され、それは1944年10月のプリンストン喪失の大きな要因となった」と書かれていますが、格納庫内への軍需物資搭載はダメージコントロールの観点からは問題のある行為で、小型艦ゆえにダメコンに気を使う余裕が無かったことを意味しています。 ちなみに日本空母も戦争後期には徹底した可燃物除去やガソリンタンク周囲へのコンクリート注入、消火体制の整備などによりダメコン能力は上がっていました。

次の