キャッスレスポイント還元。 キャッシュレスポイント還元は不課税か、仕入対価の返還か?

キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)

キャッスレスポイント還元

1 クレジットカード決済以外は、還元の対象にならないのですか? A1.はい。 楽天市場では、クレジットカードでの決済以外は還元の対象としておりません。 楽天カードについては。 楽天カード以外のクレジットカードについては。 2 楽天Edy、楽天ペイ、楽天銀行のデビットカードなどは、還元の対象になりますか? A2.楽天グループのキャッシュレス還元内容については、以下をご確認ください。 、、、 Q. 3 楽天カードを利用した場合、還元ポイントは、いつ付与されますか? A3.楽天カードご利用月の翌々月の22日頃に付与されます。 ご了承ください。 (2019年11月29日 金 追記) 例えば、2019年10月1日 火 に楽天カードをご利用の場合、2019年12月25日 水 頃に還元されます。 4 楽天カードを利用した場合、還元されるポイントに、上限はありますか? A4.クレジットカードごとに各月15,000ポイントが上限となります。 上限を超えた場合でも、ポイントの翌月以降への繰り越しは出来ません。 SPUなど他のキャンペーンとは別で計算されます。 5 還元ポイントを確認する方法はありますか? A5.でご確認ください。 6 楽天カードと、それ以外のクレジットカードの特典は違うの? A6.楽天市場で楽天カードで決済で、楽天スーパーポイントが5%還元されます。 その他のクレジット会社の還元方法は、各社異なりますので、ご利用のクレジットカード会社の情報をご確認ください。 7 いつまでのお買い物が還元対象になりますか? A7. <通常購入の場合> 2020年6月30日(火)23:59までにご注文、かつ2020年7月29日(水)までにショップからすべての商品が発送された注文が対象となります。 楽天カード以外のクレジットカードについて 1.決済方法により、『キャッシュレス・消費者還元事業』の対象とならない可能性がございます。 今回の事業で対象となる決済方法の一覧は 2.還元される時期や、還元される内容は、お手持ちのクレジットカードを提供する会社によって異なります。 楽天カード以外の決済方法については、経済産業省の専用サイトもしくは各社の専用サイトをご確認ください。 予めご注意ください。 条件 楽天市場内のキャッシュレス・消費者還元事業への参画ショップにて楽天カードで購入すること。 還元先 楽天カード会員様のポイント口座 還元日 楽天カードを利用し、キャッシュレス・消費者還元事業から楽天カードに、ご利用情報が到着した月の翌々月の25日頃。 例:2020年6月30日 火 に楽天カードを利用し、2020年7月10日 金 に楽天カードにご利用情報が到着した場合、2020年8月25日 火 頃に還元されます。 楽天ポイントの取消 キャンセル・返品および、キャッシュレス・消費者還元事業で定める、不正利用や不当な利用が発覚した場合は ポイント還元後であっても、一度還元した楽天ポイントを取消させていただきます。 カードのご利用におけるご注意事項 ・各月の還元対象となるカードショッピングご利用分は、ポイント還元月の前々月末までにキャッシュレス・消費者還元事業から楽天カード株式会社に到着したご利用情報分が対象となります。 ご利用加盟店からご利用情報の到着に時間がかかる場合はポイント還元が翌月以降となります。 あらかじめご了承ください。 ・楽天市場内での楽天カードのカードショッピングのご利用代金のみが対象となります。 ポイント還元におけるご注意事項 ・特典の楽天スーパーポイントの上限は、対象のクレジットカードごとに各月15,000ポイントとさせていただきます。 ・ポイント還元時点で楽天カードに登録されているポイント口座に還元いたします。 ・弊社に登録されている楽天IDが複数ある場合、いずれか1つの楽天IDにポイント還元いたします。 ・対象金額は楽天カードで決済された金額(送料等含む)のみとなります。 (ポイント、楽天キャッシュ、クーポンのご利用分は対象外となりますのでご注意ください。 ) ・カードの再発行や切り替え(楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替え等)をされた場合も、ポイント還元の対象となります。 ・獲得された特典の楽天スーパーポイントは、ポイント獲得・履歴画面でご確認ください。 ・本事業期間中に楽天カードを退会された場合であっても、ポイント還元条件を満たしている場合は楽天ポイント口座にポイント還元いたします。 <楽天ANAマイレージクラブカードについて> ・楽天ANAマイレージクラブカードをお持ちの方で「ANAマイルコース」をご選択の方も、消費者還元ポイントは楽天スーパーポイントにて還元させていただきます。 対象外となる事例 ・楽天カード以外の決済方法でご購入された場合。 ・ポイント利用によるご購入分。 ・注文後に決済方法を楽天カードから他の決済方法(銀行振り込み等)に変更された場合。 ・本事業参画ショップ以外のショップでご購入された場合。 ・楽天カードの中でも、本事業の対象でないカードでご購入された場合。 ・キャッシュレス・消費者還元事業に参画していないショップでのご購入分 ・ご注文後、注文をキャンセルされたご購入分 ・楽天銀行が提供する「楽天銀行デビットカード/楽天銀行プリペイドカード」はこちらの情報の対象外となり、還元内容や還元時期が異なります。 詳しくは(楽天銀行専用ページ)をご確認くださいませ。 ・楽天市場でご購入される際、QRコード/バーコード決済はキャッシュレス・消費者還元事業の対象外です。 予めご注意ください。 その他ご注意事項 ・本事業の特典還元は、予告なく中止・中断する場合がございます。 、、、.

次の

「キャッシュレス・ポイント還元事業」ってなに? 10月から最大5%還元

キャッスレスポイント還元

キャッシュレス・ポイント還元事業について、対象店舗を検索するための地図アプリ及びホームページ上の地図機能を公表しました。 また、主要な決済手段について、還元方法や上限設定などの概要をまとめました。 10月1日からの事業開始に向けて、現在、決済事業者と事務局間でのシステム疎通テストや各決済事業者のセキュリティ対策に関する第三者評価を実施しています。 引き続き、決済事業者と協力しながら、準備に万全を期していきます。 1.キャッシュレス・ポイント還元事業の概要 キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するものです。 2.消費者向け情報提供 対象店舗を検索するための地図アプリ及びホームページ上の地図機能を、本日、公表しました。 還元率や還元対象となる決済手段は、店舗によって異なります。 地図アプリやホームページで御確認ください。 対象店舗は随時更新していきます。 地図アプリは、Android及びiOSのデバイスで、以下のサイトから、ダウンロードすることができます。 ホームページ上の地図機能は、以下のサイトに公開しています。 また、主要な決済手段の還元方法や上限設定などの概要をまとめました。 以下のサイトに公開しています。 3.システム・セキュリティ 決済事業者と事務局間でのシステム疎通テストや、各決済事業者のセキュリティ対策に関する第三者評価を実施中です。 4.加盟店登録の今後のスケジュール 9月6日までの申請のうち、決済事業者から不備なく全ての情報・書類が提出されていれば、対象条件を満たす店舗については、10月1日からポイント還元を開始できるよう、審査を進めています。 来週後半を目処に、10月1日から参加する登録店舗数を公表予定です。 9月7日以降に受け付けた店舗及び書類等を修正中の店舗については、10月11日又は21日に登録を行う予定です。 以降、2020年4月末まで、概ね10日毎に追加登録をしていきます。 5.問合せ窓口 本事業に関する問合せは、以下の専用窓口で受け付けています。 受付時間は、平日の10時00分~18時00分ですので、お気軽にお問い合わせください。 消費者向け窓口 電話:0120-010975 中小・小規模事業者向け窓口 電話:0570-000655 決済事業者向け窓口 電話:0570-012141 関連リンク• 担当 商務・サービスグループ キャッシュレス推進室長 津脇 担当者:飯野、山脇、坂本 電話:03-3501-1511(内線4120) 03-3501-1252(直通) 03-3501-1293(FAX).

次の

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

キャッスレスポイント還元

キャッシュレス・ポイント還元事業の概要 キャッシュレス還元とは、経済産業省が推進する「 キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)」のことです。 キャッシュレス還元は、消費税が増税になる2019年10月から2020年6月まで実施されます。 キャッシュレス・ポイント還元事業とは? キャッシュレス・ポイント還元事業は、キャッシュレス決済(クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなどによる決済)を促進する目的で国が行う事業です。 キャッシュレス還元が行われている期間中、 対象店舗においてキャッシュレスで支払いすると、ポイント還元が受けられます。 クレジットカードや電子マネーには、元々カード会社等(決済事業者)のポイント還元システムがあるので、「何がどう違うの?」と思うかもしれません。 キャッシュレス還元では、 決済事業者によるポイント還元とは別に、国による最大5%のポイント還元が行われます。 消費者はキャッシュレス還元により、通常時に比べて高還元率のポイント還元を受けることができます。 消費税増税による消費者の負担を和らげるのも、本施策の目的となっています。 軽減税率との違い 消費税増税と同時に、軽減税率の制度も始まりました。 軽減税率制度とは、消費税率が10%に上がった後も、一部の飲食料品や新聞に軽減税率8%を適用させる制度です。 軽減税率とキャッシュレス還元は、どちらも消費税増税の負担を和らげるものですが、両者は別々の制度です。 軽減税率が適用される商品をキャッシュレス決済で購入すれば、両制度の恩恵を受けられることもあります。 キャッシュレス還元の期間 キャッシュレス還元が行われるのは、 2019年10月1日から2020年6月末日までの9カ月間です。 キャッシュレス還元の期間が終了しても、付与されたポイントは有効期限まで利用できます。 ポイントの還元方法と還元率 キャッシュレス還元では原則として、税込価格に対して5%分の還元が行われます。 例えば、対象店舗で1万円の商品を買った場合、消費税率10%の商品なら税込み価格は1万1,000円です。 この場合のポイント還元額は、1万1,000円の5%である550円分となります。 なお、フランチャイズチェーンの店舗やガソリンスタンドでは、ポイント還元率は2%です。 これらの店舗で税込み価格1万1,000円の買い物をした場合には、220円分のポイント還元が受けられます。 ポイント還元はどうやったら受けられる? ポイント還元を受けるには、対象店舗での買い物するときにキャッシュレス決済する必要があります。 ただし、対象店舗の買い物でも一部対象外となる商品もあるので注意しましょう。 ポイント還元の対象店舗 ポイント還元の対象となる店舗は、 加盟店登録をした小売り・飲食・サービスなどの中小店舗です。 実店舗に限らず、オンラインショップも対象になります。 大手量販店(イオン、ユニクロなど)については、ポイント還元の対象外です。 なお、フランチャイズチェーン傘下のコンビニは対象店舗になりますが、ポイント還元率は2%です。 コンビニでも直営店の場合には、対象店舗になりません(ただし、コンビニ大手では自己負担でポイント還元することになっています)。 経済産業省が対象店舗を地図上で表示するアプリを公開していますので、それを見ながらお店を探すと便利です。 ポイント還元の対象外になる買い物 対象店舗の買い物すべてがポイント還元の対象になるわけではなく、対象外の商品もあります。 金券類、自動車、住宅などは対象外商品なので、対象店舗でキャッシュレス決済をしても、ポイント還元は受けられません。 ポイントの還元時期と上限金額 ポイント還元が受けられる時期は、決済事業者によって異なります。 即時還元が受けられるケースもあれば、還元されるまでに3カ月程度かかることもあります。 各決済事業者ではポイント還元される金額にも上限を設けています。 上限金額は各社で異なりますが、 クレジットカードやデビットカードについてはおおむね月1万5,000円となっています。 なお、 キャッシュレス還元により付与されたポイントにも有効期間があり、有効期間内に使わなければ失効してしまいます。 ポイントの有効期限も、各決済事業者によって異なります。 ただし、ポイントが電子マネーのチャージ分として還元された場合には、現金と同様の扱いになるため、有効期限はありません。 ポイント還元が行われる仕組み ポイント還元の費用は国が負担します。 決済事業者が立て替えて消費者に払った後、国から決済事業者に補助金が交付されるしくみになっています。 キャッシュレス還元が行われる流れを知っておきましょう。 消費者は対象店舗でキャッシュレス決済をする 一部のキャッシュレス決済を除き、消費者がキャッシュレス還元を受けるのに、特別な手続きは必要ありません。 対象店舗で買い物をし、支払時にクレジットカードなどのキャッシュレス決済をすれば、自動的にキャッシュレス還元が受けられます。 では、還元を受けるための手続きが必要なキャッシュレス決済にはどのようなものがあるのでしょうか。 <手続きが必要なキャッシュレス決済の一例> ・PASMOやSuicaなどの交通系電子マネー: Webサイトで会員登録が必要 ・楽天Edy: Famiポートなどの受取端末、楽天Edyアプリなどから還元分のEdyを受け取る 多くの場合は手続きなしで還元を受けられますが、上記のように多くの人が使うキャッシュレス決済でも手続きが必要な場合があるので、 自分の使いたいキャッシュレス決済に必要な手続きはないか、事前に調べておくと安心です。 決済事業者から消費者にポイント還元 消費者のキャッシュレス決済を受けて、決済事業者からポイント還元が行われます。 ポイント還元の方法としては、ポイントが付与される方法以外に、電子マネーのチャージ額が付与される方法、口座引き落とし時にポイント相当額が差し引きされる方法、ポイント分が即時値引きされる方法などがあります。 国から決済事業者にポイント還元相当額の補助金を交付 決済事業者は、ポイント還元した金額分の補助金を国に請求します。 国は決済事業者の請求を受けて、補助金を交付します。 キャッシュレス還元の経理処理 事業者がキャッシュレス還元でポイントをもらった場合、どのように経理処理するべきか迷うことが多いでしょう。 現状では、ポイント還元に関する経理処理に明確なルールはありません。 一般に行われている方法を知っておきましょう。 ポイント還元を受けたときの処理 ポイント還元時の経理処理としては、ポイント付与を受けたときに「雑収入」として計上する方法があります。 例えば、カード会社から1万円分のポイント還元を受けたときの仕訳は、次のようになります。 (借方)消耗品費 20,000円 (貸方)未払金 10,000円 雑収入 10,000円 消費税の取り扱いはどうなる? 経理処理の際、消費税をどうすべきかでも悩むでしょう。 消費税については、実際に払った金額を基準に考えます。 まず、ポイント付与時には消費税は不課税です。 また、2万円の消耗品を1万円のポイントを使って購入した場合、1万円が消費税課税対象取引となり、1万円は不課税となります。 まとめ キャッシュレス還元では税込み価格の5%が還元されるので、うまく活用すれば消費税の増税分の負担を緩和することもできます。 キャッシュレス還元が行われる期間は9カ月間ですから、乗り遅れないようにしましょう。 国によるキャッシュレス還元は期間限定ですが、カード会社独自のポイント還元制度はそれ以降も続きます。 事業者も今後はキャッシュレス決済の機会が増えると思われますので、経理処理の仕方についてもルールを決めておくとよいでしょう。

次の